007は二度死ぬの紹介:1967年イギリス作品。007シリーズ5作目。舞台を日本に移した作品で、大掛かりなロケが行われた。イアン・フレミングの小説を元にしない初めての作品となり、荒唐無稽な作風ながら、ショーン・コネリーのボンド作品では評価の低いものとなっている。
監督:ルイス・ギルバート 出演:ショーン・コネリー(ボンド役)、若林映子/浜美枝(ボンドガール)、丹波哲郎ほか