アバターの紹介:2009年アメリカ映画。アバターは3D映画の走りとも呼ぶべき作品で、世界歴代興行収入1位も獲得した名作。アバターとは人造生命体に人間の神経を接続し、操作できるようになった存在のことを指す。とある衛星へとやって来た人類と、その星の先住者たちの激しい戦いを、大迫力の映像で見せる。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)、ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)、シガーニー・ウィーヴァー(グレース・オーガスティン)、スティーヴン・ラング(マイルズ・クオリッチ大佐)、ミシェル・ロドリゲス(トゥルーディ・チャコン)、ほか