映画

「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」のネタバレあらすじ結末

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミーの紹介:2008年アメリカ映画。FBI局長のマニングはその日もまたエイブに愚痴をこぼしていた。その愚痴の発端は彼等の目の前でガールフレンドを喧嘩の真っ最中。そんな時マニング達のいる超常現象捜査防衛局にアラームが響き渡った。事件が起きたのだ。喧嘩の真っ最中だったヘルボーイは一旦中止、その事件の捜査に向かった。それはある戦争の始まりを告げる事件。人間に敵意を現したある王子の宣戦布告だった。「ヘルボーイ」シリーズ第二弾。
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:ロン・パールマン(ヘルボーイ)、セルマ・ブレア(リズ(エリザベス)・シャーマン)、ダグ・ジョーンズ(エイブ(エイブラハム・サピエン)/侍従/死の天使)、ルーク・ゴス(ヌアダ王子)、アンナ・ウォルトン(ヌアラ王女)、ほか

「オープン・シーズン」のネタバレあらすじ結末

オープン・シーズンの紹介:2006年アメリカ映画。ベスと気楽に楽しく過ごす熊のブーグが荒くれハンターに捕らえられた鹿のエリオットと知り合った事から始まった山での暮らしと友情を知り、オープン・シーズンには山の皆で協力してハンターを追い返し成長したブーグはベスのお迎えも断り、山でファミリーを作った幸せな熊と相棒の鹿の話でベスとの別れは涙を誘います。
監督ロジャー・アラーズ、ジル・カルトン、アンソニー・スタッチ 声優:マーティン・ローレンス(ブーグ)、アシュトン・カッチャー(エリオット)、デブラ・メッシング(ベス)、ジョン・ファヴロー(ライリー)、ゲイリー・シニーズ(ショー)、ほか

「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」のネタバレあらすじ結末

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗の紹介:1966年イタリア映画。「荒野の用心棒」(1964年)、「夕陽のガンマン」(1965年)に続く三部作の第3弾となるマカロニウエスタンです。南北戦争真っただ中のアメリカの荒野を舞台に、隠された金貨を手に入れようとする善玉・悪玉・卑劣漢の3人のガンマンの駆け引きを描きます。
監督:セルジオ・レオーネ 出演者:クリント・イーストウッド(ブロンディ)、リー・ヴァン・クリーフ(エンジェル・アイ)、イーライ・ウォラック(トゥーコ)、アルド・ジュフレ(北軍大尉)、マリオ・ブレガ(ウォレス伍長)ほか

「ハルク」のネタバレあらすじ結末

ハルクの紹介:2003年アメリカ映画。アメリカの人気コミックでもあり、TVドラマが放映されて日本でもお馴染みの「超人ハルク」の劇場作。実験中のトラブルにより怒りの感情で肉体が強靭かつ巨大化してしまう主人公。圧倒的な身体能力で兵器さえも蹂躙してしまうハルクはもちろん、対立する二組の親子と異常な状況にあっても信じあおうとする若い男女のストーリーにも注目。
監督:アン・リー 出演者:エリック・バナ(ブルース・バナー/ハルク)、ジェニファー・コネリー(ベティ・ロス)、サム・エリオット(ロス将軍)、ジョシュ・ルーカス(グレン・タルボット)、ニック・ノルティ(デヴィッド・バナー)ほか

「ワイルドシングス2」のネタバレあらすじ結末

ワイルドシングス2の紹介:2003年アメリカ映画。大ヒットを収めた前作(1998年公開)から5年後に製作されたシリーズ第2作は、物語の舞台である静かな港町はそのままにキャストを一新、前作との直接な繋がりはないもののコンセプトは踏襲しています。母が富豪と再婚したことに裕福な暮らしを送っていた女子高生が、富豪の実子だと名乗る同級生にたかられたことから事件に巻き込まれていきます。
監督:ジャック・ペレス 出演者:スーザン・ウォード(ブリトニー・ハーバー)、レイラ・アルシーリ(マヤ・キング)、イザイア・ワシントン(テレンス・ブリッジ)、ジョー・マイケル・バーク(ジュリアン)、トニー・デニソン(ナイルズ・ダンラップ)ほか

「ナイアガラ」のネタバレあらすじ結末

ナイアガラの紹介:1953年アメリカ映画。ちょっと遅れたハネムーンを楽しむはずだった若い夫婦。だが、宿泊先で出会った繊細な夫と不貞の妻のカップルのせいで、全く予期しなかった恐怖に突き落とされる。ナイアガラ瀑布と不貞の妻を演じるマリリン・モンローの二大スペクタクル付きのサスペンス映画。「モンロー・ウォーク」が披露された作品。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演者:マリリン・モンロー(ローズ・ルーミス)、ジョセフ・コットン(ジョージ・ルーミス)、ジーン・ピータース(ポリー・カトラー)、ケイシー・アダムス(レイ・カトラー)

「ブルース・オールマイティ」のネタバレあらすじ結末

ブルース・オールマイティの紹介:2003年アメリカ映画。ニューヨークのローカル放送局でリポーターとして働くブルースは、道を歩いたら水たまりにハマり、良かれと思ってやったら逆効果、その上仕事もイマイチ冴えない日々を送っていました。そんな中、アンカーマンを目指し頑張っていたのに同僚のエバンにその座を奪われ、自分が世界一不幸なのは神様のせいだと攻める彼の前に本物の神様が現れ、そこまで言うなら神としての力を全て授けるからやってみろと言われます。
監督:トム・シャドヤック 出演: ジム・キャリー(ブルース・ノーラン)、モーガン・フリーマン(神)、ジェニファー・アニストン(グレース)、フィリップ・ベイカー・ホール(ジャック・ケラー)、キャサリン・ベル(スーザン)、ほか

「処刑人」のネタバレあらすじ結末

処刑人の紹介:1999年アメリカ映画。決して激しく無いとは言い切れない展開と描写の為、一見男性人気が強いと思われる作品であるが、兄弟の仲睦まじい様子や愛らしいキャラクターに、案外女性人気も強い一作。第2弾も製作されている。
監督:トロイ・ダフィー 出演:ショーン・パトリック・フラナリー(コナー・マクマナス)、ノーマン・リーダス(マーフィー・マクマナス)、ウィレム・デフォー(ポール・スメッカー)

「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」のネタバレあらすじ結末

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレの紹介:1998年イギリス映画。実在のチェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレの伝記映画です。少女時代からプロになるまで、そして若くして亡くなるまでを描いています。
監督:アナンド・タッカー 出演:エミリー・ワトソン(ジャクリーヌ・デュ・プレ)、レイチェル・グリフィス(ヒラリー・デュ・プレ)、ジェームズ・フレイン(ダニエル・バレンボイム)、デヴィッド・モリッシー(キーファー)、チャールズ・ダンス(デレク・デュ・プレ)、ほか

「スーサイド・ショップ」のネタバレあらすじ結末

スーサイド・ショップの紹介:2012年フランス,ベルギー,カナダ映画。日本では2013年に劇場公開されたフランス発の長編アニメーション映画。映画のテーマが「自殺」という一件重い作品であるが、最後まで見ると生きる事への希望が湧く名作。
監督:パトリス・ルコント 声優: ベルナール・アラヌ(ミシマ)、イザベル・スパッド(ルクレス)、ケイシー・モッテ・クライン(アラン)、イザベル・ジアニ(マリリン)、ロラン・ジャンドロン(ヴァンサン)、ほか

「テキサス・チェーンソー ビギニング」のネタバレあらすじ結末

テキサス・チェーンソー ビギニングの紹介:2006年アメリカ映画。伝説の名作ホラー『悪魔のいけにえ』のリメイク作品で『テキサス・チェーンソー』の続編。ビギニング(始まり)となっていますが、登場人物などがオリジナルとは違うため別物と考えていいですが、オリジナルに一番近い内容です。2006年作品とあって描写がリアルになっています。
監督:ジョナサン・リーベスマン 出演者:ジョーダナ・ブリュースター(クリッシー)、マシュー・ボーマー(エリック)、テイラー・ハンドリー(ディーン)、ディオラ・ベアード(ベイリー)、アンドリュー・ブリニアースキー(レザーフェイス)、R・リー・アーメイ(ホイト保安官)、マリエッタ・マリク(ルダ・メイ )ほか

「コンボイ」のネタバレあらすじ結末

コンボイの紹介:1978年アメリカ映画。今日もアメリカを横断して荷を運ぶトラッカー、通称ラバーダック。スピード違反はもとより、各種の法律違反を犯す無法者として彼を付け狙う保安官ライルと小さな諍いを繰り返して居たが、遂に刑務所行きの大喧嘩をしてしまう。仲間を連れダックは逃げ出すが、そこに彼を慕う仲間が集まってきていつしか巨大なコンボイを形勢していく。コンボイはダックを先頭に、ライルとの因縁に終止符を付ける為アメリカを走り抜ける。無数のトラックが暴れ回る痛快カーアクション映画。
監督:サム・ペキンパー 出演者: クリス・クリストファーソン(ラバー・ダック /マーティン・ペンウォルド)、アリ・マッグロー(メリッサ)、アーネスト・ボーグナイン(ライル・ウォーレス保安官)、バート・ヤング(ラブ・マシーン /ボビー・“ピッグ・ペン”)、ほか

「ハリウッド的殺人事件」のネタバレあらすじ結末

ハリウッド的殺人事件の紹介:2003年アメリカ映画。ある夜、ライブハウスでラッパーグループが皆殺しにされる。事件を担当するのは不動産業を副業に持つ刑事ギャヴィランと、ヨガ教室を副業で営んでいる若い刑事コールデンのコンビだった。二人はハリウッドを駆け回り、芸能界の暗部に挑んで行く。コメディ演出満載で展開されるバディムービー。
監督:ロン・シェルトン 出演者:ハリソン・フォード(ジョー・ギャヴィラン)、ジョシュ・ハートネット(K・C・コールデン)、レナ・オリン(ルビー)、マスターP(ジュリアス・アーマス)、ブルース・グリーンウッド(ベニー・マッコ)、ほか

「善き人のためのソナタ」のネタバレあらすじ結末

善き人のためのソナタの紹介:2006年ドイツ映画。アカデミー賞外国語映画賞を受賞。ベルリンの壁崩壊前の東ドイツの監視社会をテーマにした作品。共産主義体制の中枢を担っていた、旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)の実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を描く。
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ(ヴィースラー大尉)、マルティナ・ゲデック(クリスタ=マリア・ジーラント)、セバスチャン・コッホ(ゲオルク・ドライマン)、トーマス・ティーメ(ハムプフ大臣)、ウルリッヒ・トゥクル(グルビッツ部長)、フォルクマー・クライネルト(アルベルト・イェルスカ)

「不滅の恋/ベートーヴェン」のネタバレあらすじ結末

不滅の恋/ベートーヴェンの紹介:1994年アメリカ映画。作曲家ベートーヴェンは生涯独身を通したが、遺書には「不滅の恋人」の存在があった。その女性は誰か?の謎を追うミステリーを、ベートーヴェンの名曲で彩った作品。
監督:バーナード・ローズ 出演:ゲイリー・オールドマン(ベートーヴェン)、ジェローン・クラッペ(シンドラー)、ヨハンナ・テア・シュテーゲ(ヨハンナ)、イザベラ・ロッセリーニ(アンナ・マリー)、マルコ・ホーフシュナイダー(カール)

1 2 3 4 5 6 7 285
TOP↑