アクション映画のネタバレ

「ジュラシック・シャーク」のネタバレあらすじ結末

ジュラシック・シャークの紹介:2012年カナダ映画。違法掘削をしている際に掘り当ててしまった16メートルのサメが次々に人を襲う、マニアの中で名高いサメシリーズの一つ。
監督:ブレット・ケリー 出演:ジル(エマニュエル・カリエー)、ティア(クリスティーン・エメス)、クリスティン(セリーン・フィリオン)、バーブ(アンジェラ・パレント)、ほか

「マンハッタン無宿」のネタバレあらすじ結末

マンハッタン無宿の紹介:1968年アメリカ映画。ニューヨークを舞台に、一匹狼の保安官代理と凶悪犯の攻防を描く。クーガン保安官代理は囚人リンガーマンをアリゾナへ護送するため、ニューヨークまでやって来た。しかし故郷とは異なる都会のルールに順応出来ず、独断専行で突っ走った結果リンガーマンを逃がしてしまう。クーガンは孤立無援となっても尚リンガーマンを追い続ける。「ダーティハリー(1971)」の原点ともなったハードボイルド・アクション作品。
監督:ドン・シーゲル 出演者:クリント・イーストウッド(クーガン)、リー・J・コッブ(マッケルロイ)、スーザン・クラーク(ジュリー)、ドン・ストラウド(リンガーマン)、ティシャ・スターリング(レニー・レイヴン)ほか

「座頭市(1989年)」のネタバレあらすじ結末

座頭市の紹介:1989年日本映画。人気時代劇シリーズ第26作目にして勝新太郎主演最終作です。盲目ながら居合いの達人である座頭市が、旅先の地域を仕切る二組のやくざの抗争に突入していきます。
監督:勝新太郎 出演者:勝新太郎(座頭市)、樋口可南子(菩薩のおはん)、内田裕也(赤兵衛)、緒形拳(浪人)、奥村雄大(五右衛門)ほか

「ラスト・ウィッチ・ハンター」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ウィッチ・ハンターの紹介:2015年アメリカ映画。800年前に魔女の女王を殺した代わりに女王の呪いで不老不死の身になったコールダー。不死身の魔女ハンターとなったコールダーが、魔女と人間が共存共栄を図る現代に蘇った悪の女王と再び戦うアクション・ファンタジー映画。
監督:ブレック・アイズナー 出演者:ヴィン・ディーゼル(コールダー)、ローズ・レスリー(クロエ)、イライジャ・ウッド(37世ドーラン神父)、ジュリー・エンゲルブレヒト(魔女の女王)、オラフル・ダッリ・オラフソン(ベリアル)、マイケル・ケイン(36世ドーラン神父)ほか

「ICHI」のネタバレあらすじ結末

ICHIの紹介:2008年日本映画。綾瀬はるかさんが女版座頭市として、盲目の女剣士を演じる時代劇です。綾瀬はるかさんの他にも大沢たかおさん、中村獅童さんなど豪華キャスト。そしてアクションにも注目の作品となっています。
監督:曽利文彦 出演:綾瀬はるか(市)、中村獅童(万鬼)、窪塚洋介(虎次)、利重剛(喜八)、佐田真由美(美津)、杉本哲太(盲目の男)、横山めぐみ(十馬の母)、柄本明(長兵衛)、竹内力(伊蔵)、大沢たかお(十馬)、ほか

「ジャスティス・リーグ」のネタバレあらすじ結末

ジャスティス・リーグの紹介:2017年アメリカ映画。スーパーマンが死に、世界は再び闇に覆われ始める。バットマンが守るゴッサムシティは犯罪者がはびこり、同時に謎の異星人も姿を見せ始めていた。恐らく敵の襲撃は遅くない、そう感じたバットマンは世界を守る仲間探しを始める。バットマン、そしてワンダーウーマンが活躍する超人集団「ジャスティス・リーグ」が待望の実写化。DCコミックユニバースとして最高のチームが結成される。監督は「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」でも監督を務めるザック・スナイダー。
監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント/スーパーマン)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、エズラ・ミラー(バレリー・アレン/フラッシュ)、ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、レイ・フィッシャー(ビクター・“ヴィク”・ストーン/サイボーグ)、ほか

「マイ・ボディガード」のネタバレあらすじ結末

マイ・ボディガードの紹介:2004年アメリカ,メキシコ映画。元CIAの暗殺エージェントで軍人だったアルコール中毒のクリーシーは友達で元同僚のレイバーンからボディーガードの仕事を紹介される。「仕事」として渋々引き受けた彼の心を少しずつ開かせたのは彼が護衛することになった僅か9歳の少女、ピタだった。
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン(ジョン・クリーシー)、ダコタ・ファニング(ピタ・ラモス)、クリストファー・ウォーケン(ポール・レイバーン)、ラダ・ミッチェル(リサ・ラモス)、マーク・アンソニー(サムエル・ラモス)、ほか

「ダイヤモンド・イン・パラダイス」のネタバレあらすじ結末

ダイヤモンド・イン・パラダイスの紹介:2004年アメリカ映画。ダイヤモンド・イン・パラダイスの紹介:2004年アメリカ映画。引退した凄腕の大泥棒が、彼の逮捕に執念を燃やすFBI捜査官とギャングを相手に“ナポレオン・ダイヤモンド”争奪戦を繰り広げます。主演は5代目ジェームス・ボンドのP・プロズンナン。『ルパン三世』を思わせるようなコメディ・タッチのクライム・アクションに仕上がっています。
監督:ブレット・ラトナー 出演者:ピアース・ブロスナン(マックス・バデット)、サルマ・ハエック(ローラ・シリロ)、ウディ・ハレルソン(スタン・ロイド)、ヘンリー・ムーア(ドン・チードル)、ナオミ・ハリス(ソフィー)ほか

「北国の帝王」のネタバレあらすじ結末

北国の帝王の紹介:1973年アメリカ映画。北国の帝王の紹介:大不況の影響で失業者が溢れた1930年代アメリカで、無賃乗車をする浮浪者と車掌との命をかけた熱い闘いが繰り広げられる。
監督:ロバート・アルドリッチ 出演:リー・マーヴィン(Aナンバーワン)、アーネスト・ボーグナイン(シャック)、キース・キャラダイン(シガレット)、ほか

「アトランティック・シティ」のネタバレあらすじ結末

アトランティック・シティの紹介:1980年フランス,カナダ映画。名匠・ルイ・マルが特別な資金の提供を受けて製作したフランスとカナダの合作映画。登場人物の性格が極めて巧みに描かれ、マルの作品の中でも完成度の高い1本となっている。主演のバート・ランカスター、スーザン・サランドンも好演を見せ、共にアカデミー主演賞候補に選ばれている。
監督:ルイ・マル 出演:バート・ランカスター(ルー)、スーザン・サランドン(サリー)、ロバート・ジョイ(デイヴ)、ケイト・レイド(グレース)、ほか

「殺し屋チャーリーと6人の悪党」のネタバレあらすじ結末

殺し屋チャーリーと6人の悪党の紹介:2014年アメリカ,オーストラリア映画。凄腕の殺し屋チャーリーは、ある日暗殺の依頼を受けとある街へと赴きました。しかし、そこは色々なタイプの悪党しか存在しない、とんでもない場所だった!「この中の2人しか生き延びません」と銘打ったハチャメチャ作品。
監督:クリフ・ステンダーズ 出演:サイモン・ペッグ(チャーリー)、スティーヴ・ル・マルカンド(サム)、アリシー・ブラガ(アリス)、テリーサ・パーマー(ルーシー)、サリヴァン・ステイプルトン(ネイサン)、ルーク・ヘムズワース(ディラン)、ほか

「ドライブ・ハード」のネタバレあらすじ結末

ドライブ・ハードの紹介:2014年カナダ映画。一流の元レーサーだったピーターは、結婚、妻の出産を機に引退、今はしがない自動車教習所の教官に就いていた。妻に蔑まされ、娘に馬鹿にされる日々が続いていてが、ある日ケラーという男が教習を申し込んでくる。ケラーは一級の強盗で、自分を売った元クライアントが重役を務める銀行を襲い、ピーターを巻き込みその逃走を手伝わせる。ピーターは嫌々それを手伝うが、その内ケラーとの奇妙な友情を築き、自分への尊厳を取り戻していく。ユーモラスな展開で綴るクライムアクション映画。
監督:ブライアン・トレンチャード=スミス 出演:ジョン・キューザック(サイモン・ケラー)、トーマス・ジェーン(ピーター・ロバーツ)、ゾーイ・ヴェントゥーラ(ウォーカー)、クリストファー・モリス(マリオ・ロッシ)、ダミアン・ガーヴェイ(スミス)、ほか

「ゴジラVSメカゴジラ」のネタバレあらすじ結末

ゴジラVSメカゴジラの紹介:1993年日本映画。根強い人気を誇る、『ゴジラ』シリーズの記念すべき第20弾となった今作。なんと、今作ではゴジラの子供であるベビーゴジラが登場!迫り来る危機に、人類はどう対応するのか。
監督:大河原孝夫 出演:高嶋政宏(青木一馬)、佐野量子(五条梓)、小高恵美(三枝未希)、原田大二郎(佐々木拓也)、中尾彬(麻生司令官)、ラサール石井(桂木邦雄)ほか

「コロンビアーナ」のネタバレあらすじ結末

コロンビアーナの紹介:2011年アメリカ,フランス映画。コロンビアに住む9歳のカトレアは、マフィアの元で働いていた父ファビオと母をボスのルイスに殺害され、叔父エミリオが住むアメリカ、シカゴへ身を寄せます。成人し殺し屋となった彼女は両親の復讐をすべくルイスに関わる犯罪者達をすべて殺害していきます。彼女の危険なやり方にエミリオは何度も忠告しますが、カトレアはひたすら復讐に向かい殺人を繰り返します。
監督:オリヴィエ・メガトン 出演:ゾーイ・サルダナ(カトレア)、ジョルディ・モリャ(マルコ)、レニー・ジェームズ(ロス)、アマンドラ・ステンバーグ(カトレア(9歳))、マイケル・ヴァルタン(ダニー・デラネイ)、クリフ・カーティス(エミリオ・レストレポ)、ほか

「殺し屋1」のネタバレあらすじ結末

殺し屋1の紹介:2001年日本,香港,韓国映画。いじめられっこだったイチは大人になって鍛えた体で切れると殺人を犯すようになっていました。そのころ安生組の組長が行方不明になり3億円が消えていました。若頭の垣原らは組長を探すため同じ系列の組員を拷問し始めます。やがてイチの仕業とわかり対決することに・・・という話です。過激なバイオレンス映画です。
監督:三池崇史 出演者:浅野忠信(垣原)、大森南朋(イチ)、SABU(金子)、塚本晋也(ジジイ)、松尾スズキ(二郎・三郎)、菅田俊(高山)、寺島進(鈴木)ほか

1 2 3 4 5 6 43
TOP↑