アクション映画のネタバレ

「ウルトラマンサーガ」のネタバレあらすじ結末

ウルトラマンサーガの紹介:2012年日本映画。怪獣が地球の平和を脅かしていた。しかし、この世界には、ウルトラマンはいなかった。残された人類の中で、7人の女性で構成されたチームUが未来を守るため結成される。厳しいサバイバル生活が始まる。その期待に応えて、別の次元からウルトラマンゼロがやってくる。地球人のDAIGOと一体化して、地球の平和を脅かす怪獣達と死闘を繰り広げる。
監督:おかひでき 出演:DAIGO(タイガ・ノゾム)、つるの剛士(アスカ・シン)、杉浦太陽(春野ムサシ)、秋元才加(アンナ/チームU)、宮澤佐江(サワ/チームU)、ほか

「モンキー・マジック 孫悟空誕生」のネタバレあらすじ結末

モンキー・マジック 孫悟空誕生の紹介:2014年中国,香港映画。遥か昔、天界と魔界の間に大きな闘いが起こった。魔界の王牛魔王は闘いに敗れ天界が勝利をおさめたが天は酷く荒れてしまう。天界を修復した創造の神ジョカ、天界の再生とともに消えた彼女と引き換えに一つの命が誕生した。孫悟空と名付けられたその命は後に天界を脅かす存在となる。日本でも有名な「西遊記」、その主人公孫悟空の誕生と三蔵法師と出会うまでの話を描いたアクション大作。
監督:ソイ・チェン 出演:ドニー・イェン(孫悟空)、アーロン・クォック(牛魔王)、チョウ・ユンファ(玉帝)、ジョー・チェン(鉄扇公主)、ケリー・チャン(観世音)、ほか

「バイオハザード:ザ・ファイナル」のネタバレあらすじ結末

バイオハザード:ザ・ファイナルの紹介:2016年アメリカ映画。バイオハザード:ザ・ファイナルは、日本発人気テレビゲームの映画シリーズ。バイオハザード6作目で最終章。世界中に蔓延するウィルスにより人類は絶滅の危機に瀕していた。その数少ない生き残りであるアリスもまたこの世界で孤独な闘いを繰り返していた。いくつかの大きな闘いの後、気が付くと荒廃した世界で一人でいたアリス。ある日そんなアリスにかつて彼女を陥れたレッド・クイーンが接触を図る。それは人類を救うためのアリスへの相談だった。人類を救う為の薬が存在する。場所は破滅の始まりの場所、ハイブ。制限時間は48時間。『バイオハザード:ザ・ファイナル』アリスの最後闘いが幕を開ける。
監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス)、アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)、ショーン・ロバーツ(アルバート・ウェスカー)、イアン・グレン(アイザックス博士)、ほか

「土竜の唄 香港狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲の紹介:2016年日本映画。交番勤務だったダメ巡査、菊川玲二は潜入捜査官・モグラとして日浦匡也と兄弟の契りを交わし極道世界に深く潜ることになりながらも、轟周宝の尻尾をつかむ為に動いていた。その頃、警視庁では組織犯罪対策部のエースとして正義感あふれるエリート警官・兜真矢が就任する。兜は執拗に玲二を追いかけていた。そんな玲二に轟周宝にチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすことを命じられる…。
監督:三池崇史 出演者:生田斗真(菊川玲二)、瑛太(兜真矢)、本田翼(轟迦蓮)、菜々緒(胡蜂)、上地雄輔(黒河剣太)、仲里依紗(若木純奈)、ほか

「ミニミニ大作戦(2003年)」のネタバレあらすじ結末

ミニミニ大作戦の紹介:2003年アメリカ映画。「ミニミニ大作戦」は1963年にイギリスで制作された「The Italian Job」のリメイク作品で、2003年にアメリカで制作されました。舞台はイタリアのヴェネチアから始まります。伝説の大泥棒であるある大御所の男が信頼する相棒と仲間とタッグを組み、最後の大仕事を成し遂げようとしますが、仲間の裏切りに遭い命を落としてしまいます。主人公の相棒だったチャーリーは彼に育てられた若者で彼の死を悲しみ復讐しようと誓います。伝説の大泥棒にはまじめに生きている娘がいました。彼女は父親から天才的な金庫破りの技術の才能を受け継いでおり、時が経ち、チャーリーと仲間達と共に父親を裏切った仲間に復讐をする活劇です。
監督: F・ゲイリー・グレイ 出演者: マーク・ウォールバーグ(チャーリー・クローカー)、シャーリーズ・セロン(ステラ)、エドワード・ノートン(スティーヴ・フレゼリ)、セス・グリーン(ライル)、ドナルド・サザーランド(ジョン)ほか

「ブラック・レイン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・レインの紹介:1989年アメリカ映画。大阪を舞台に日米の刑事たちが、文化的思想やスタイルの違いから対立しながらも互いに理解・協力し、ヤクザと戦う活躍と友情の絆を描くポリス・アクション映画。キャッチコピーは、「男達の深い悲しみと怒りが、激しく心をうつ。大都会の夜を降りしきる冷たい雨のように…」で、豪華な日米の出演陣でも話題になりました。また、惜しくも劇場映画作品としては、松田優作の遺作となった映画でもあります。
監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ダグラス(ニック・コンクリン)、高倉健(松本正博)、アンディ・ガルシア(チャーリー・ヴィンセント)、松田優作(佐藤浩史)、ケイト・キャプショー(ジョイス)、若山富三郎(菅井)、内田裕也(梨田)、ほか

「スタントマン」のネタバレあらすじ結末

スタントマンの紹介:1980年アメリカ映画。映画の撮影現場を舞台とする異色作で、その寓話的な内容が当時絶賛を受けた。アカデミー賞では、主演男優賞、監督賞、脚色賞にノミネート。ピーター・オトゥールの代表作のひとつ。
監督:リチャード・ラッシュ・出演:ピーター・オトゥール(イーライ・クロス)、スティーヴ・レイルズバック(キャメロン)、バーバラ・ハーシー(ニーナ・フランクリン)、アレン・ゴーウィッツ(サム)、ほか

「スカーフェイス」のネタバレあらすじ結末

スカーフェイスの紹介:1983年アメリカ映画。ギャング映画の古典「暗黒街の顔役」のリメイク。公開当時は批評家から酷評されたが、のちにファンが増え、いまではデ・パルマ監督作品でもトップの知名度を誇るカルト映画となっている。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:アル・パチーノ(トニー・モンタナ)、スティーヴン・バウアー(マニー・リベラ)、ミシェル・ファイファー(エルヴィラ)、ポール・シェナー(ソーサ)、ロバート・ロジア(フランク・ロペス)、ほか

「椿三十郎」のネタバレあらすじ結末

椿三十郎の紹介:1962年日本映画。黒澤監督が東宝からの要請により、「用心棒」の続編として作ったアクション時代劇。「用心棒」で初めて使った刀で切る際の効果音をさらに大きくし、のちのテレビ時代劇に強い影響を与えた。残酷時代劇のブームを招いたことでも有名。
監督:黒澤明 出演:三船敏郎(椿三十郎)、仲代達矢(室戸半兵衛)、小林桂樹(見張りの侍(木村))、加山雄三(井坂伊織)、団令子(千鳥)、ほか

「バイオハザード ディジェネレーション」のネタバレあらすじ結末

バイオハザード ディジェネレーションの紹介:2008年日本映画。空港に降り立ったクレアの目の前に突然一人の感染者が現れた。その直後空港に飛行機が墜落。多くの犠牲者を出すと共に次々と感染者が現れた。難を逃れたクレアはその時感染者達から逃れたデイビス上院議員と行動を共にする。上院議員はあることがきっかけで世間からの非難の的となっていた。そんなクレア達の前にある頼もしい助っ人が現れる。人気ゲーム「バイオハザード」シリーズの日本製作3DCG映画。
監督:神谷誠 声の出演:ポール・メルシエ(レオン・S・ケネディ)、アリソン・コート(クレア・レッドフィールド)、ローラ・ベイリー(アンジェラ・ミラー)、スティーヴ・ブラム(グレッグ・グレン)、ミシェル・ラフ(ラーニー・チャウラー)、ほか

「コードネーム U.N.C.L.E.」のネタバレあらすじ結末

コードネーム UNCLEの紹介:2015年イギリス映画。時は1960年代、東西冷戦の最中。敵対するCIAとKGBは、巨大犯罪組織のテロを阻止するため手を組むことになります。敏腕CIAエージェントのナポレオン・ソロは、KBGの超エリートのイリヤ・クリヤキンと共に任務に挑みます。1960年代の人気ドラマ「0011ナポレオン・ソロ」を大胆にアレンジしたスタイリッシュなスパイ映画です。
監督:ガイ・リッチー 出演者:ヘンリー・カヴィル(ナポレオン・ソロ)、アーミー・ハマー(イリヤ・クリヤキン)、 アリシア・ヴィキャンデル(ギャビー・テラー)、アレキサンダー・ウェーバリー(ウェーバリー)、エリザベス・デビッキ(ヴィクトリア・ヴィンチグエラ)ほか

「エスケープ・フロム・L.A.」のネタバレあらすじ結末

エスケープ・フロム・L.A.の紹介:1996年アメリカ映画。反政府勢力の力が増した事で国家警察を編成したアメリカの大統領に宗教家が選出される。彼は巨大地震で孤島化し、廃墟となったL.A.をニューヨーク同様の巨大刑務所にする。酒も、タバコも、配偶者以外の性的関係も禁止されたアメリカで、国家機密兵器を盗み出し転覆を図る大統領令嬢が逃げ込み、それを回収する為にあの男が選ばれた。ファン待望のカルトSFアクション映画のセルフリメイクにして続編。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:カート・ラッセル(スネーク・プリスキン)、ステイシー・キーチ(マロイ)、スティーヴ・ブシェミ(エディ)、ピーター・フォンダ(パイプライン)、ジョージ・コラフェイス(クレボ・ジョーンズ)、ブルース・キャンベル(ビバリーヒルズの外科医)、ほか

「SAFE/セイフ」のネタバレあらすじ結末

SAFE/セイフの紹介:2012年アメリカ映画。薄幸の天才少女を救うため、元凄腕刑事のジェイソン・ステイサムが鍛えられた肉体と銃撃センスで、ロシアン・マフィア、チャイニーズ・マフィア、悪徳警官たちをなぎ倒す痛快アクション映画。
監督:ボアズ・イェーキン 出演:ジェイソン・ステイサム(ルーク・ライト)、キャサリン・チェン(メイ)、ジェームズ・ホン(ハン・ジャオ)、クリス・サランドン(トラメロ市長)、ジョセフ・シコラ(ヴァシリー)、ほか

「手錠のまゝの脱獄」のネタバレあらすじ結末

手錠のまゝの脱獄の紹介:1958年アメリカ映画。憎み合うもの同士が手錠につながれるという設定を用いた映画は多くあるが、その代表作といえる名作。シドニー・ポワチエがスターへと登りつめるきっかけとなった。アカデミー賞では脚本賞を受賞。
監督:スタンリー・クレイマー 出演:トニー・カーティス(ジョン・“ジョーカー”・ジャクソン)、シドニー・ポワチエ(カレン)、セオドア・バイケル(ミラー)、チャールズ・マックグロー、ほか

「サンダーボルト」のネタバレあらすじ結末

サンダーボルトの紹介:1974年アメリカ映画。前年イーストウッド主演の「ダーティハリー2」の脚本を書いたマイケル・チミノが監督としてデビューしたアクション映画。ジェフ・ブリッジスが風変わりなチンピラを軽妙に演じ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。
監督:マイケル・チミノ 出演:クリント・イーストウッド(サンダーボルト)、ジェフ・ブリッジス(ライトフット)、ジョージ・ケネディ、ジェフリー・ルイス、キャサリン・バック、ほか

1 2 3 4 5 6 24
TOP↑