アクション映画のネタバレ

「ダーティハリー2」のネタバレあらすじ結末

ダーティハリー2の紹介:1973年アメリカ映画。クリント・イーストウッドの代表作ともいえる、力と44マグナムで悪を制するハリー・キャラハン刑事が主人公の『ダーティハリー』シリーズの第2作目で、前作を超えるヒットを記録しました。監督は『続・猿の惑星』のテッド・ポスト、脚本は、ジョン・ミリアスの原案をミリアス自身と『ディア・ハンター』(1979年)などの監督で知られるマイケル・チミノが担当しています。
監督:テッド・ポスト 出演:クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン)、ハル・ホルブルック(ブリッグス警部補)、フェルトン・ペリー(アーリー・スミス)、ミッチェル・ライアン(チャーリー・マッコイ)、デヴィッド・ソウル(ジョン・デイヴィス巡査)、ほか

「用心棒 (1961年)」のネタバレあらすじ結末

用心棒の紹介:1961年日本映画。黒澤明監督がダシール・ハメットの長篇「赤い収穫」「ガラスの鍵」を翻案した時代劇。イタリアで盗作されて「荒野の用心棒」となり全世界でマカロニ・ウエスタン・ブームを巻き起こすことになる。やくざと元締めが対立する宿場町に一人の浪人者がやってくる。入った居酒屋の主人に早くこの町を出ていった方がいいと言われるが、男は用心棒として自分を売り込み始める。やがてその男をめぐって2つの勢力が対立を深めていく……。
監督:黒澤明 出演:三船敏郎(桑畑三十郎)、仲代達矢(新田の卯之助)、司葉子(小平の女房ぬい)、山田五十鈴(清兵衛の女房おりん)、加東大介(新田の亥之吉)、ほか

「シャークネード4(フォース)」のネタバレあらすじ結末

シャークネード4(フォース)の紹介:2016年アメリカ映画。サメと嵐が襲ってくる映画シャークネードシリーズ第4弾で、今作では嵐を制御する機械が完成するも、嵐が放射能を浴びてしまい、再びその嵐に立ち向かうというストーリーが展開されます。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演:アイアン・ジーリング、タラ・リード、ライアン・ニューマン、ほか

「シャークネード3 エクストリーム・ミッション」のネタバレあらすじ結末

シャークネード3 エクストリーム・ミッションの紹介:2015年アメリカ映画。サメと嵐が合体したシャークネードと呼ばれる災害から逃れる家族を描いたパニック映画で、今回はワシントンDCが舞台となります。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演:アイアン・ジーリング、タラ・リード、キャシー・スケルボ、フランキー・ムニッズ、ライアン・ニューマン、デビッド・ハッセルホフほか

「シャークネード カテゴリー2」のネタバレあらすじ結末

シャークネード カテゴリー2(シャークネード2)の紹介:2014年アメリカ映画。サメが嵐とともに街へと降ってくるパニックホラー映画の第二弾で、今作ではニューヨークに大量のサメが襲ってくるというストーリーが展開されます。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演:アイアン・ジーリング、タラ・リード、ヴィヴィカ・A・フォックス、ほか

「シャークネード」のネタバレあらすじ結末

シャークネードの紹介:2013年アメリカ映画。ジョーズのようでいて、サメが宙を舞ったり、さらには街中に散乱して人々を襲いかかるという荒唐無稽なストーリーが展開される映画です。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演:アイアン・ジーリング,タラ・リード,ジョン・ハード,キャシー・スケルボ,ジェイソン・シモンズほか

「バトルランナー」のネタバレあらすじ結末

バトルランナーの紹介:1987年アメリカ映画。近未来、情報管理が徹底された警察国家で、国民の不満を解消する為にランニングマンというテレビ番組が誕生する。公開処刑とも言えるその番組に、冤罪で投獄された元警官リチャーズは出演する事になる。リチャーズはその殺人を楽しむ番組の中で、テレビ局と国家体制を相手に挑む事になる。かのリチャード・バックマンの同名小説を映画用にアレンジしたSFアクション映画。
監督:ポール・マイケル・グレイザー 出演:ベン・リチャーズ(アーノルド・シュワルツネッガー)、アンバー・メンデス(マリア・コンチータ・アロンゾ)、デーモン・キリアン(リチャード・ドーソン)、ウィリアム・ラウリン(ヤフェット・コットー)、ハロルド・ワイス(バーヴィン・J・マッキンタイア)ほか

「G.I.ジョー」のネタバレあらすじ結末

GIジョーの紹介:2009年アメリカ映画。デューク率いる軍を突如謎の組織が襲撃した。狙いは軍が配送しているある兵器。激しい戦いの中二つを割くように現れたのはもう一つの極秘部隊、G.I.ジョーだった。彼らのおかげでなんとか兵器を奪われるのを阻止できたがデュークは一つ気がかりなことがあった。襲ってきた謎の組織の中にかつての恋人アナの姿があった。人気玩具のアニメ版を実写映画化。監督はハムナプトラシリーズの監督スティーヴン・ソマーズ。
監督:スティーヴン・ソマーズ 出演:デューク(チャニング・テイタム) スカーレット(レイチェル・ニコルズ) リップコード(マーロン・ウェインアンズ) スネークアイズ(レイ・パーク) バロネス(シエナー・ミラー) ストームシャドー(イ・ビョンホン)ほか

「リンカーン/秘密の書」のネタバレあらすじ結末

リンカーン/秘密の書の紹介:2012年アメリカ映画。ティム・バートン製作。アメリカの偉大な第16代アメリカ合衆国大統領、エイブラハム・リンカーンが実はバンパイアを狩るハンターだったという奇想天外なストーリーが展開する映画です。
監督ティムール・ベクマンベトフ 出演:ベンジャミン・ウォーカー(エイブラハム・リンカーン)、ドミニク・クーパー(ヘンリー・スタージス)、アンソニー・マッキー(ウィル・ジョンソン)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(メアリー・トッド・リンカーン)、ルーファス・シーウェル(アダム)、ほか

「シャーロックホームズ シャドウ ゲーム」のネタバレあらすじ結末

シャーロックホームズ シャドウ ゲームの紹介:2011年アメリカ映画。ホームズが世界で唯一人愛する女性アイリーンの死亡。それはイギリス全土で起こる爆発事件と関与していた。さらに調査を進めると浮上した容疑者は一人の男。その頭脳はホームズと肩を並べるほどのものだった。ホームズは相棒ワトスン、そして兄であるマイクロフト共に再び世界を狙う闇の存在と闘うことになる。ロバート・ダウニー・Jrが主演を務める名探偵シャーロック・ホームズシリーズの第二弾。今度の敵は宿敵モリアーティ。
監督:ガイ・リッチー 出演:シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr) ジョン・H・ワトスン(ジュード・ロウ) マダム・シムザ・ヘロン(ノオミ・ラパス) ジェームズ・モリアーティ(ジャレッド・ハリス) メアリー・モースタン・ワトスン(ケリー・ライリー) ほか

「SHINOBI」のネタバレあらすじ結末

SHINOBI(しのび)の紹介:2005年日本映画。松竹映画が若手俳優を多く集めて作ったファンタジー時代劇。一応原作は小説の甲賀忍法帖ですが、設定やストーリーを変えているため、原作ファンにはあまり好評ではありません。原作が奥が深い分、限られた時間でストーリーを表現するのは難しいと感じます。全体的にエンターテイメント作品としては成り立っています。若くて初々しい、オダギリジョーと仲間由紀恵を見ることができます。最後にとったヒロインの行動に驚かされます。
監督:下山天 出演者: 仲間由紀恵(朧)、オダギリジョー(甲賀弦之助)、黒谷友香(陽炎)、沢尻エリカ(蛍火)、石橋蓮司(天海)、北村和夫(徳川家康)、椎名桔平(天膳)ほか

「イーグル・アイ」のネタバレあらすじ結末

イーグル・アイの紹介:2008年アメリカ映画。人工知能が大統領抹殺を計画!テロリストと間違えられFBIに追われているジェリーは計画を阻止できるのか。
監督:D・J・カルーソー 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、エドワード・L・マクドネル 出演:シャイア・ラブーフ(ジェリー・ショー)、ミシェル・モナハン(レイチェル・ホロマン)、ロザリオ・ドーソン(ゾーイ・ペレス)、マイケル・チクリス(カリスター)ほか

「シャーロック・ホームズ」のネタバレあらすじ結末

シャーロック・ホームズの紹介:2009年アメリカ映画。ある日探偵ホームズと助手のワトスンの元に一人の警官が現れる。慌てた様子の彼はホームズ達に同行を求めた。墓地。そこにいたレストレード警部から衝撃の話を聞かされる。先日逮捕し処刑されたブラックウッド卿の墓が今朝破壊されたという。そして彼の眠るはずの棺からは別の男の死体が出てきた。同名小説の再映画化。主演に「アイアンマン」シリーズのロバート・ダウニー・Jr。
監督:ガイ・リッチー 出演:ロバート・ダウニー・Jr(シャーロック・ホームズ)、ジュード・ロウ(ジョン・ワトソン)、レイチェル・マクアダムス(アイリーン・アドラー)、マーク・ストロング(ブラックウッド卿)、ケリー・ライリー(メアリー)、エディ・マーサン(レストレード警部)、ジェームズ・フォックス(トマス卿)、ハンス・マシソン(カワード卿)、ほか

「ウォッチメン」のネタバレあらすじ結末

ウォッチメンの紹介:2009年アメリカ映画。1980年代のアメリカ。ある条例によりヒーロー活動を禁止された時代。一人の男の殺害によりゆっくりと物語は動き始める。殺されたのは元ヒーローコメディアン。その死に違和感を覚えた同じく元ヒーローのロールシャッハはそれをヒーロー狩りだと考えた。そして時を同じくして一つの街だけではなく世界を巻き込む事件が動き初めていた。アメリカの同名コミックの実写映画化。監督は「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」のザック・スナイダー。
監督:ザック・スナイダー 出演:マリン・アッカーマン(ローリー・ジュスペクツィク/シルク・スペクター)、ビリー・クラダップ(ジョン・オスターマン/DR.マンハッタン)、マシュー・グード(エイドリアン・ヴェイト/オジマンディアス)、カーラ・グギーノ(サリー・ジュピター/初代シルク・スペクター)、ジャッキー・アール・ヘイリー(ウォルター・コバックス/ロールシャッハ)、ジェフリー・ディーン・モーガン(エドワード・ブレイク/コメディアン)、パトリック・ウィルソン(ダン・ドライバーグ/ナイトオウル)、スティーヴン・マクハティ(ホリス・メイソン/初代ナイトオウル)、マット・フルーワー(エドガー・ジャコビ/モーロック)、ほか

「ジェイソン・ボーン」のネタバレあらすじ結末

ジェイソン・ボーンの紹介:2016年アメリカ映画。CIAのパソコンがある人物からハッキングを受けた。盗まれた情報はある極秘の作戦。それはジェイソン・ボーンに関するものだった。過去の苦悩に悩まされ隠れて生きるジェイソン・ボーン。再び彼は表の世界に引きずり出され闘いを余儀なくされる。その彼を追うのは新しくCIAに配属された新人リー。彼女はジェイソンを追う傍ら長官であるデューイに不信感を抱く。
監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン(ジェイソン・ボーン)、ジュリア・スタイルズ(ニッキー・パーソンズ)、アリシア・ヴィカンダー(ヘザー・リー)、ヴァンサン・カッセル(アセット)、トミー・リー・ジョーンズ(ロバード・デューイ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 24
TOP↑