アクション映画のネタバレ

「プロジェクトA2/史上最大の標的」のネタバレあらすじ結末

プロジェクトA2/史上最大の標的の紹介:1987年香港映画。海賊ロウ・サンポウ一味を退治した水上警察隊長ロン(ドラゴン)に新たな任務が課せられる。それは腐敗した陸上警察の建て直しで、彼はもっとも悪名高いチャン署長と入れ替わり、サイワン地区警察の署長に就任する。香港では本土の清王朝への地下活動も盛んで、ロンは活動家を付け狙う王朝密偵、署長復帰を狙うチャン、そしてサンポウ一味残党と、幾つもの敵と戦いながら香港の平和を守る為に奮闘する。人気香港アクション映画プロジェクトAの第2弾。
監督:ジャッキー・チェン 出演者:ロン/ドラゴン(ジャッキー・チェン)、チン(デヴィット・ラム)、サンサン(マギー・チャン)、ソウリン(カリーナ・ラウ)、パク(ロザムンド・クワン)、大口(マース)、ほか

「野性の証明」のネタバレあらすじ結末

野性の証明の紹介:1978年日本映画。森村誠一の小説を角川春樹のプロデュースで映画化したもので、高倉健と今作がデビュー作となる薬師丸ひろ子が主演しています。東北の寒村で起こった大量殺人事件を巡って、生き残りの少女と自衛隊員が壮大な陰謀に巻き込まれていきます。
監督:佐藤純彌 出演者:高倉健(味沢岳史)、薬師丸ひろ子(長井頼子)、夏八木勲(北野刑事)、舘ひろし(大場成明)、三國連太郎(大場一成)ほか

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のネタバレあらすじ結末

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船の紹介:2011年フランス,アメリカ,イギリス,ドイツ映画。時は17世紀フランス。フランス宮廷で三銃士と呼ばれる三人、アトス、ポルトス、アラミスは、ダ・ヴィンチの残した兵器の設計図を手に入れようとするが、仲間であったミレディの裏切りで失敗する。宰相リシュリューは、その設計図で英国と密約を交わし、国の実権を握ろうと陰謀を張り巡らせる。立身出世を夢見る若い剣士ダルタニアンと共に、三銃士は王と国を英国の魔の手から守る為に冒険を繰り広げる。有名冒険小説三銃士を原作とした冒険アクション映画。
監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演者:アトス(マシュー・マクファディン)、ポルトス(レイ・スティーブンソン)、アラミス(ルーク・エヴァンズ)、ダルタニアン(ローガン・ラーマン)、プランシュ(ジェームズ・コーデン)、ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)、コンスタンス(ガブリエラ・ワイルド)、アンヌ王妃(ジュノー・テンプル)、ルイ13世(フレディ・フォックス)ほか

「キッズ・リベンジ」のネタバレあらすじ結末

キッズ・リベンジの紹介:2012年アメリカ映画。原題は「The Aggression scale」で、「攻撃性尺度」という意味を持つ。マフィアが狙いをつけた一組の家族。ごくごく平凡に見える彼らの中に、とんでもない凶暴性を隠し持った少年がいた。家族を殺害された彼はその本性を露わにし、殺し屋を相手に恐るべきリベンジを仕掛けていく。“バイオレンスなホーム・アローン”とも呼ばれたアクション・スリラー。
監督:スティーヴン・C・ミラー 出演者:ライアン・ハーツィッグ(オーエン)、ファビアンヌ・テリース(ローレン)、ベルヴァンス(レイ・ワイズ)、ダナ・アシュブルック(ロイド)、ボイド・ケスト(ビル)、リサ・ロトンディ(マギー)、ジル・バーレス(ケイ)ほか

「トランスポーター イグニション」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター イグニションの紹介:2015年フランス映画。映画トランスポーター4作目のシリーズで主役をエド・スクレインに変えたアクション映画です。リュック・ベッソンが制作、脚本を務めた注目作品です。主役が変わったことで賛否両論ありますが、前作同様、スリリングな運び屋の仕事を描くスタイルは変わっていません。美しい街並みと、かっこいい車、美女がたくさん出てくるので、男の人は好きな映画かもしれません。
監督: カミーユ・ドゥラマーレ 出演者: エド・スクライン(フランク・マーティン)、レイ・スティーヴンソン(フランク・シニア)、ロアン・シャバノル(アンナ)、ガブリエラ・ライト(ジーナ)、タティアナ・パイコビッチ(マリア)、ウェンシア・ユー(キャオ)、ほか

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

特攻野郎Aチーム THE MOVIEの紹介:2010年アメリカ映画。米軍特殊部隊ハンニバル率いるAチームは特殊任務に就かせたら最強。抜群の知能と行動力を買われ、偽装紙幣の原版をイラクのフセイン政権残党から奪取することになる。無事に原版を回収したものの、パイクなる私兵の裏切りで原版は強奪され、将軍殺害の汚名を着せられる。チームの汚名を返上するため、ハンニバルはCIAの手を借り脱獄。チームメンバーのフェイス、B.A.、マードックとともにパイクの元へ向かう。
監督:ジョー・カーナハン 出演:リーアム・ニーソン(ハンニバル(ジョン・スミス大佐))、ブラッドリー・クーパー(フェイス(テンプルトン・ペック))、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(B.A.(B・A・バラカス))、ジェシカ・ビール(ソーサ)、ほか

「スピード2」のネタバレあらすじ結末

スピード2の紹介:1997年アメリカ映画。1994年公開の大ヒット映画「スピード」の続編で、豪華客船のシージャックに巻き込まれた主人公たちの闘いを描いています。前作で主人公・ジャックを演じたキアヌ・リーブスの降板により、ヒロイン役のサンドラ・ブロックが主人公に昇格しています。
監督:ヤン・デ・ボン 出演者:サンドラ・ブロック(アニー)、ジェイソン・パトリック(アレックス)、ウィレム・デフォー(ガイガー)、テムエラ・モリソン(ジュリアーノ)、ブライアン・マッカーディ(マーセド)ほか

「キル・ビル Vol.2」のネタバレあらすじ結末

キル・ビル Vol.2の紹介:2004年アメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督のアクションエンターテインメント、キルビル第2弾。今作では夫と娘を殺された最強の女エージェント、ザ・ブライドの復讐劇を描き、テキサス、中国、メキシコを舞台としたマカロニ・ウエスタンが展開される。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ユマ・サーマン(ザ・ブライド/“ブラック・マンバ”/ベアトリクス・キドー)、デヴィッド・キャラダイン(ビル/“スネーク・チャーマー”)、ダリル・ハンナ(エル・ドライバー/“カリフォルニア・マウンテン・スネーク”)、マイケル・マドセン(バド/“サイドワインダー”)、ゴードン・リュウ(パイ・メイ)、ほか

「キル・ビル」のネタバレあらすじ結末

キル・ビルの紹介:2003年アメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督がユマ・サーマンをヒロインに迎えて贈るアクション・エンタテインメント大作。結婚式の日、昔のボスに襲撃され何もかも失った女暗殺者の復讐の旅を、壮絶なバイオレンス描写とB級アクション作品のオマージュを込めて描くアクション映画。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ユマ・サーマン(ザ・ブライド/“ブラック・マンバ”)、デヴィッド・キャラダイン(ビル)、ダリル・ハンナ(エル・ドライバー/“カリフォルニア・マウンテン・スネーク”)、ルーシー・リュー(オーレン・イシイ/“コットンマウス”)、千葉真一(服部半蔵)、栗山千明(ゴーゴー夕張)、ほか

「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」のネタバレあらすじ結末

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃の紹介:2001年日本映画。ゴジラシリーズ第25作目にして第3期(ミレニアムシリーズ)3作目となる今作は、平成ガメラシリーズを手掛けた金子修介監督を迎え、ゴジラ・モスラ・キングギドラという東宝を代表する大人気怪獣同士の壮絶な死闘が描かれます。
監督:金子修介、神谷誠 出演者:新山千春(立花由里)、宇崎竜童(立花泰三)、小林正寛(武田光秋)、佐野史郎(門倉春樹)、天本英世(伊佐山嘉利)ほか

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」のネタバレあらすじ結末

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの紹介:2015年イタリア映画。過激派による爆破テロや暴力が蔓延するローマ。エンツォは強盗を繰り返しその日暮らしを送っていたが、ある出来事をきっかけに超人的パワーを身に付ける。父親のような存在セルジオを失い、鋼鉄ジーグに熱をあげている娘のアレッシアのために正義に目覚める。ルパン三世をモチーフにした短編「Basette(もみあげの意味)」(2008年日本未公開)や、タイガーマスクの覆面を被った少年が主人公の短編「Tiger Boy」(2012年日本未公開)など、ジャパンアニメを愛するマイネッティ監督初の長編作品。イタリアのアカデミー賞と言われているダヴィド・ディ・ドナテッロ賞で最多16部門にノミネート、新人監督部門など最多7部門を受賞し、現代イタリア映画を代表する作品になった。
監督:ガブリエレ・マイネッティ 出演:クラウディオ・サンタマリア(エンツォ・チェッコーティ)、ルカ・マリネッリ(ジンガロ)、イレニア・パストレッリ(アレッシア)、ステファノ・アンブロージ(セルジオ)ほか

「2ガンズ」のネタバレあらすじ結末

2ガンズの紹介:2013年アメリカ映画。片田舎の銀行で強盗を企む二人組み。だが二人にはお互いが知らない秘密の素顔があった。それは潜入捜査官。二人は別々の組織から送り込まれ、ある犯罪組織を捜査していた。だがその命令には裏があり、二人は大金を巡る大きな陰謀に巻き込まれていく。デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ競演のバディムービー。
監督:バルタザ-ル・コルマウクル 出演者:ボビー・トレンチ(デンゼル・ワシントン)、マイケル・スティグマン(マーク・ウォールバーグ)、デビー(ポーラ・パットン)、ハロルド・クインズ(ジェームズ・マースデン)、パピ・グレコ(エドワード・ジェームズ・オルモス)、アール(ビル・パクストン)ほか

「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のネタバレあらすじ結末

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒の紹介:1999年日本映画。平成ガメラシリーズの完結編。ガメラを憎む少女がイリスという生物を産み出す。ガメラは新たに発生したギャオスを撃破するが多くの犠牲者が出てしまう。ガメラは人類の敵か、味方か。ガメラ、イリス、少女を交えた最終決戦が始まる。
監督:金子修介 出演:中山忍(長峰真弓)、前田愛(比良坂綾奈)、藤谷文子(草薙浅黄)、山咲千里(朝倉美都)、手塚とおる(倉田真也)、ほか

「ガメラ2 レギオン襲来」のネタバレあらすじ結末

ガメラ2 レギオン襲来の紹介:1996年日本映画。平成ガメラシリーズの第2作目。ギャオス襲撃の一年後、流星群に乗って何かが日本に飛来する。それは巨大な生物と小型の群れであった。繁殖を防ぐために、ガメラ、自衛隊、関わった人々が立ち向かう。
監督:金子修介 出演:永島敏行(渡良瀬佑介/二等陸佐)、水野美紀(穂波碧)、石橋保(花谷)、吹越満(帯津)、藤谷文子(草薙浅黄)、川津祐介(野尻)、沖田浩之(笹井)、ほか

「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」のネタバレあらすじ結末

ゴースト・エージェント/R.I.P.D.の紹介:2013年アメリカ映画。刑事ニックは、麻薬組織に対しての大規模捜索の最中、長年信頼を置いていた相棒の手に掛かり殉職する。しかし死後の世界で刑事にスカウトされ、姿を変えて現世に戻ってきた。彼は新しい相棒と共に新たな任務就くが、その捜査は世界を混沌へ落とす巨大な陰謀に繋がっていた。ダークホースコミックの同名漫画を原作とするオカルティック・アクション映画。
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演者:ニック・ウォーカー(ライアン・レイノルズ)、ロイシーファス・“ロイ”・パルシファー(ジェフ・ブリッジス)、ジュリア・ウォーカー(ステファニー・ショスタク)、管理官(メアリー=ルイーズ・パーカー)、ボビー・ヘイズ(ケヴィン・ベーコン)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 36
TOP↑