伝記映画のネタバレ

「ゾラの生涯」のネタバレあらすじ結末

ゾラの生涯の紹介:1937年アメリカ映画。フランスの文豪ミエール・ゾラの生涯を、フランスの将校がスパイ容疑に巻き込まれた「ドレフェス事件」と絡めて描いた歴史ドラマです。アカデミー賞では作品・助演男優・脚色の三部門を制しています。
監督:ウィリアム・ディターレ 出演者:ポール・ムニ(エミール・ゾラ)、ジョセフ・シルドクラウト(アルフレッド・ドレフュス)、ゲイル・ソンダガード(リュシー・ドレフュス)、グロリア・ホールデン(アレクサンドリーヌ)、ドナルド・クリスプ(ラボリ弁護士)ほか

「ガンジー」のネタバレあらすじ結末

ガンジーの紹介:1982年イギリス,インド映画。弁護士だった青年が、やがてイギリスに植民地支配されていたインドを独立へと導く指導者になり、暗殺されるまでを描いた歴史超大作。アカデミー賞を8部門受賞し、その他多くの映画賞に輝いた本作は、出演したエキストラの人数が30万人を超え、一つの映画作品で動員したエキストラ数の最多記録としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。
監督:リチャード・アッテンボロー 出演者:ベン・キングズレー(マハトマ・ガンジー)、ロシャン・セス(ジャワハルラール・ネルー)、アリク・パダムゼ(ムハンマド・アリー・ジーナ)、エドワード・フォックス(ダイヤー将軍)、ジョン・ミルズ(総督) ほか

「イミテーション・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の紹介:2014年イギリス,アメリカ映画。コンピューターの基礎を作った天才数学者、アラン・チューリングの伝記を基に、不当な扱いを受けた彼の内面に焦点を当ててドラマ化したサスペンス作品です。多少、史実が歪曲された部分もありながら、主人公チューリングを演じたベネディクト・カンバーバッチの迫真の演技、スリリングなドラマ構成は、最後まで観る人を惹きつけて止みません。チューリングの遺族が、ベストなキャスティングと大絶賛したのも頷ける、カンバーバッチの演技は見事です。アカデミー賞は、作品賞、監督賞、主演男優賞など8部門でノミネート、英国アカデミー賞でも9部門にノミネートされ、批評家からも非常に評価の高い作品に仕上がっています。
監督:モルティン・ティルドゥム 出演者:ベネディクト・カンバーバッチ(チューリング)、キーラ・ナイトレイ(ジョーン)、ほか

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のネタバレあらすじ結末

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札の紹介:2014年フランス,アメリカ,ベルギー,イタリア映画。実話を基に描かれたフィクションである当作は、ハリウッドのスター女優からモナコ公妃へ華麗な転身を遂げたグレース・ケリーが、公国の存亡の危機を救うために一世一代の大勝負に臨む姿を描いています。
監督:オリヴィエ・ダアン 出演者:ニコール・キッドマン(グレース・ケリー)、ティム・ロス(レーニエ3世)、フランク・ランジェラ(フランシス・タッカー神父)、パス・ヴェガ(マリア・カラス)、パーカー・ポージー(マッジ・ティヴィ=フォコン)ほか

「ジョン&ヨーコ A LOVE STORY」のネタバレあらすじ結末

ジョン&ヨーコ A LOVE STORYの紹介:1985年アメリカ映画。世界一有名なカップルの出会い、そしてその後の生活が描かれた唯一の映画。彼等が一緒にいた期間は14年間という普通の夫婦としてはあまりにも短いものだったが、濃密な日々であったことを語りかけてくれる。
監督:サンドール・スターン 出演: ジョン・レノン、ヨーコ・オノ、ポール・マッカートニー、リンゴスター、ジョージハリソン、マーク・マクギャン、キム・ミヨリ、ケネス・プライス 、ピーター・キャパルディ、レイ・チャールソン、ほか

「モーターサイクル・ダイアリーズ」のネタバレあらすじ結末

モーターサイクル・ダイアリーズの紹介:2003年イギリス,アメリカ映画。20世紀半ばのキューバの革命家として知られるチェ・ゲバラが、若き医学生だった頃、友人と1つのバイクで、南米大陸を行した実話を基に描かれたロード・ムービー。主演は『アモーレス・ペロス』や『バベル』などでも知られるガエル・ガルシア・ベルナル。
監督:ウォルター・サレス 出演者:エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(ガエル・ガルシア・ベルナル)、アルベルト・グラナード(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)、チチナ・フェレイラ(ミア・マエストロ)他

「トーチソング・トリロジー」のネタバレあらすじ結末

トーチソング・トリロジーの紹介:1988年アメリカ映画。俳優で劇作家のハーヴェイ・ファイアスタイン原作による舞台劇がオリジナル。ゲイをカミングアウトしているファイアスタインの自伝的物語で、差別と闘いながらも誇りを失わずに生きる、エンターテイナーの半生を描く。1981年にブロードウェイで上演され、トニー賞の戯曲賞と男優賞を受賞した。過去に日本でも二度、舞台化されている。
監督:ポール・ボガート 出演者:ハーヴェイ・ファイアスタイン(アーノルド)、マシュー・ブロデリック(アラン)、アン・バンクロフト(アーノルドの母)、ブライアン・カーウィン(エド)、カレン・ヤング(ローレル)、エディ・キャストロダッド(デヴィッド)、ケン・ペイジ(マーレイ)ほか

「アメリカ交響楽」のネタバレあらすじ結末

アメリカ交響楽の紹介:1945年アメリカ映画。アメリカ音楽を築き上げた作曲家兼ピアニストであるジョージ・ガーシュインの生涯を描いた物語。38歳という若さでこの世を去ったガーシュインの、短くとも充実した人生が丹念に描写されている。彼の親友だったピアニストのオスカー・レヴァントや、ブロードウェイの人気俳優であるアル・ジョルソンら、ガーシュインと実際に親交があった数々の著名人が本人役として出演していることでも話題となった。
監督:アーヴィング・ラッパー 出演:ロバート・アルダ(ジョージ・ガーシュイン)、ジョアン・レスリー(ジュリー・アダムス)、アレクシス・スミス(クリスティーン・ギルバート)、アル・ジョルソン(本人)、オスカー・レヴァント(本人) ほか

「完全なるチェックメイト」のネタバレあらすじ結末

完全なるチェックメイトの紹介:2015年アメリカ映画。世界が東西に分断された冷戦時代。1972年、ソ連が誇るチェスの世界チャンピオン、ボリス・スパスキーの前に、幼い時からチェスの天才と呼ばれてきた若きプレイヤー、ボビー・フィッシャーが現れた。全世界が注目する対局を前にして、想像を絶するプレッシャーが彼の精神状態を破壊していく。チェスの名を借りた、アメリカのプロパガンダに利用される青年の悲劇と狂気を描く。「ラスト・サムライ」「ジャック・リ―チャ―」のエドワード・ズウィック監督作品。
監督:エドワード・ズウィック 出演:トビー・マグワィア(ボビー・フィッシャー)、リーヴ・シュレイバー(ボリス・スパスキー)、マイケル・スタールバーグ(ポール・マーシャル)、ピーター・サースガード(ビル・ロンバーディ)ほか

「ラストエンペラー」のネタバレあらすじ結末

ラストエンペラーの紹介:1987年イタリア,イギリス,中国映画。中国清王朝最後の皇帝である愛心覚羅溥儀の自伝「わが半生」を原作とし、中国共産党政府の全面協力の元で作られた本作は、アカデミー賞9部門にノミネートされ、その全ての受賞を達成するなど高く評価された。有名な観光スポットである紫禁城で撮影が行われたことで大きな話題を呼び、長い歳月をかけてイタリア、イギリス、中国が合作した歴史大作である。
監督:ベルナルド・ベルトリッチ 出演者:ジョン・ローン (愛心覚羅溥儀)、ピーター・オトゥール(レジナルド・ジョンストン)、坂本龍一(甘粕正彦)、ファン・グァン(溥傑)、ジョアン・チェン(婉容) ほか

「利休にたずねよ」のネタバレあらすじ結末

利休にたずねよの紹介:2013年日本映画。山本兼一の第140回直木三十五賞受賞の千利休の生涯を描いた歴史小説を原作とした時代劇映画。キャッチコピーは「この男、歴史を狂わす」で、十一代目・市川海老蔵が19歳から69歳までの主役・千利休を演じています。千利休の師匠・武野紹鴎役には、海老蔵の実父である十二代目・市川團十郎が特別出演していますが、團十郎が2013年2月に死去したため、最後の親子共演作となりました。
監督:田中光敏 出演:市川海老蔵(千利休)、中谷美紀(宗恩)、伊勢谷友介(織田信長)、大森南朋(豊臣秀吉)、市川團十郎(武野紹鴎)、ほか

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」のネタバレあらすじ結末

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙の紹介:2011年イギリス映画。この作品は、「世界を変えたのは、妻であり、母であり、ひとりの女性だった」というキャッチコピーで、英国初の女性首相“マーガレット・サッチャー”の生涯を、戦中の若年期から1990年の首相退陣に至るまでの回想をはさみながら描いたヒューマンドラマです。主演サッチャー役を熱演したメリル・ストリープは、本作品で第84回アカデミー賞主演女優賞を受賞しました。
監督:フィリダ・ロイド 出演:メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー)、ジム・ブロードベント(デニス・サッチャー)、オリヴィア・コールマン(キャロル・サッチャー)、ロジャー・アラム(ゴードン・リース)、イアン・グレン(アルフレッド・ロバーツ)、ほか

「スティーブ・ジョブズ」のネタバレあらすじ結末

スティーブ・ジョブズの紹介:2015年アメリカ映画。「最低な男が、最高の未来を創った。」というキャッチコピーで、1971年から2011年までのスティーブ・ジョブズを描いたヒューマン・ドラマ映画です。2013年サンダンス映画祭でクロージング作品として上映された。主人公のスティーブ・ジョブズ役をアシュトン・カッチャーが、Apple社の共同設立者のスティーブ・ウォズニアック役をジョシュ・ギャッドが演じました。
監督:ダニー・ボイル 原作:ウォルター・アイザックソン 出演:マイケル・ファスベンダー(スティーブ・ジョブズ)、ケイト・ウィンスレット(ジョアンナ・ホフマン)、セス・ローゲン(スティーブ・ウォズニアック)、ジェフ・ダニエルズ(ジョン・スカリー)、ほか

「バスキア」のネタバレあらすじ結末

バスキアの紹介:1996年アメリカ映画。27クラブのひとりでもあるアーティスト、ジャン・ミッシェル・バスキアの20歳から27歳で亡くなるまでを描いた作品。デヴィッド・ボウイやベニチオ・デル・トロ、ゲイリー・オールドマンなどの豪華な顔ぶれもこの作品の見所です。
監督:ジュリアン・シュナーベル 出演者:ジェフリー・ライト(ジャン・ミッシェル・バスキア[セイモ])、マイケル・ウィンコット(ルネ・リカード)、デヴィッド・ボウイ(アンディ・ウォーホル)、デニス・ホッパー(ブルーノ・ビショップバーガー)、ベニチオ・デル・トロ(ベニー・ダルモー)

「マシンガン・プリーチャー」のネタバレあらすじ結末

マシンガン・プリーチャーの紹介:2011年アメリカ映画。アフリカの紛争地帯で、内戦に巻き込まれた子どもの救出に奔走するアメリカ人活動家サム・チルダースの半生を描いた作品。元麻薬密売人のサムは、ある事件をきっかけに更生して、今はまじめに働いている。ある日、教会で、牧師からアフリカで起こっている内戦の話を聞き、アフリカに向かう。そこで、子供達を救うために、戦うことになる。
監督:マーク・フォースター 出演:ジェラルド・バトラー(サム・チルダース)、ミシェル・モナハン(リン・チルダース)、マイケル・シャノン(ドニー)、キャシー・ベイカー(デイジー)、ほか

1 2 3 4
TOP↑