伝記映画のネタバレ

「ダイアナ」のネタバレあらすじ結末

ダイアナの紹介:2013年イギリス映画。1997年に亡くなった元イギリス皇太子妃ダイアナの人生を描いた伝記映画。交通事故死するまでの最後の2年間にスポットを当て、1人の女性としてのダイアナの葛藤と喜び、そして計り知れない苦悩を綴った作品。
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演者:ナオミ・ワッツ(ダイアナ)、ナヴィーン・アンドリュース(ハスナット・カーン)、キャス・アンバー(ドディ・アルファイド)、ジェラルディン・ジェームズ(ウーナ・トッフォロ)、チャールズ・エドワーズ(パトリック・ジェフソン)ほか

「女優マルキーズ」のネタバレあらすじ結末

女優マルキーズの紹介:1997年フランス,イタリア,スイス,スペイン映画。17世紀フランス。貧困の中、体目当ての客たち相手に踊り続けるマルキーズ。有名劇団の看板役者グロ・ルネとの結婚を境に、女優を夢見ていたマルキーズの波乱万丈な女優人生がスタートします。実在した伝説的女優マルキーズ・デュ・パルクの半生をS・マルソーが熱演します。
監督:ヴェラ・ベルモン 出演者:ソフィー・マルソー(マルキーズ)、ベルナール・ジロドー(モリエール)、ランベール・ウィルソン(ラシーヌ)、パトリック・ティムシット(グロ・ルネ)、ティエリー・レルミット(ルイ14世)ほか

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」のネタバレあらすじ結末

ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~の紹介:2014年アメリカ,イギリス映画。「ファンクの帝王」「ミスター・ダイナマイト」と呼ばれ、ソウルミュージック界のみならず、ローリングストーンズやマイケル・ジャクソンなど、多くのミュージシャンに尊敬される伝説のシンガー、ジェームス・ブラウン。その彼の生い立ちや、シンガーとなり成功した後、挫折し立ち上がっていくようすを描いた映画。
監督:テイト・テイラー 出演:チャドウィック・ボーズマン(ジェームス・ブラウン)、ネルサン・エリス(ボビー・バード)、ダン・エイクロイド(ベン・バート)、ヴィオラ・デイヴィス(スージー・ブラウン)、オクタヴィア・スペンサー(ハニーおばんさん)、ほか

「グッドフェローズ」のネタバレあらすじ結末

グッドフェローズの紹介:1990年アメリカ映画。ギャング映画の傑作。マーティン・スコセッシ監督としては「レイジング・ブル」以来の実話もので、久しぶりに力のこもった作品となり、批評家の絶賛を浴びた。トミーを演じたジョー・ペシがアカデミー助演男優賞を受賞。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レイ・リオッタ(ヘンリー・ヒル)、ロバート・デ・ニーロ(ジェームズ・“ジミー”・コンウェイ)、ジョー・ペシ、ロレイン・ブラッコ、ポール・ソルヴィノ、ほか

「聖の青春」のネタバレあらすじ結末

聖の青春(さとしのせいしゅん)の紹介:2016年日本映画。原作は大崎善生さんの「聖(さとし)の青春」。18年まで実在した天才棋士・・村上聖(1969~1998年:享年29歳)のフィクションを交えた、最後の4年間を映画化。幼少期からの難病と闘いながら棋士の道へと進んだ村山の壮絶な人生を描く。羽生善治など同世代の棋士との闘いや、周りの人たちの愛を通して描かれる。
監督:森義隆 出演:松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢)、安田顕(橘正一郎)、竹下景子(村山トミコ)、リリー・フランキー(森信雄)、ほか

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のネタバレあらすじ結末

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の紹介:2015年アメリカ映画。名作「ローマの休日」を書いた脚本家の半生を描いた伝記映画です。しかし、トランボはハリウッドから長い間、追放されていました。何故でしょう?それは、時代のせいでした。彼は他の数千人の人々同様、「赤狩り」の犠牲者だったのです。アメリカは自由の国と言われますが、それは勝ち取って掴み取った物。建国時の独立戦争の時から、銃で戦っていたため、未だに銃を手放せず、銃犯罪が絶えません。アメリカは建国から240年、未だに間違い続けることも多いですが、それでも正しい選択をした人もいて、その苦悩と葛藤の日々から得た結論は感動します。
監督:ジェイ・ローチ 出演:ブライアン・クランストン(ダルトン・トランボ)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(ヴァージル・ブルックス)、ルイス・C・K(アーレン・ハード)、デヴィッド・ジェームズ・エリオット(ジョン・ウェイン)、エル・ファニング(ニコラ・トランボ)、ほか

「ゲゲゲの女房」のネタバレあらすじ結末

ゲゲゲの女房の紹介:2010年日本映画。漫画家・水木しげるの妻・武良布枝が執筆した自伝『ゲゲゲの女房』を原作にした映画です。水木しげるが有名漫画家になるまでの苦楽の夫婦生活を描いた作品です。水木しげる役は、監督や脚本家として活躍する「クドカン」こと、宮藤官九郎が演じています。監督の鈴木卓爾はこの作品で第25回高崎映画祭・最優秀監督賞、主演・吹石一恵は最優秀主演女優賞を受賞しました。主演・吹石一恵はこの作品で、おおさかシネマフェスティバル2011の主演女優賞も受賞しました。
監督:鈴木卓爾 出演:吹石一恵(武良布枝)、宮藤官九郎(武良茂)、村上淳(金内志郎(茂の家を間借りする絵描き))、坂井真紀(田所初枝(布枝の姉))、徳井優(ぬらりひょん)、南果歩(武良琴江(茂の母))、ほか

「J・エドガー」のネタバレあらすじ結末

J・エドガーの紹介:2011年アメリカ映画。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の知られざる半生記。隠し通した真実と愛を描く。
監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー)、ナオミ・ワッツ(ヘレン・ギャンディ)、アーミー・ハマー(クライド・トルソン)、ジョシュ・ルーカス(チャールズ・リンドバーグ)、ジュディ・デンチ(アニー・フーバー)、ほか

「ペレ 伝説の誕生」のネタバレあらすじ結末

ペレ 伝説の誕生の紹介:2016年アメリカ映画。「サッカーの王様」の名前がペレということは、サッカーを知らない人でも知っている周知の事実。でも、実際、どう凄いのかと言われると、知っている人は少ないかもしれません。むしろ、2003年頃のバイアグラのCMの印象が強いかもしれません。ペレ自身は、女癖が悪く、隠し子もいるほど、お元気なので啓発のためのCM出演でした。今回の映画はペレが9~17歳の1950~58年の話で、58~66年前です。そして、2016年現在75歳のペレご本人もカメオ出演しています。
監督:ジェフ・ジンバリスト、マイケル・ジンバリスト 出演:エドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント、レオナルド・リマ・カルヴァーリョ(9歳ペレ)、ケヴィン・デ・バウラ(16~17歳ペレ)、エドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント(ペレ本人)、セウ・ジョルジ(ジョアン・ラモス・ドゥ・ナシメント)、マリアナ・ヌネシュ(セレステ)、ディエゴ・ボネータ(ジョゼ・アルタフィーニ)、ヴィンセント・ドノフリオ(フェオラ監督)、コルム・ミ-ニィー(レイナー監督) ほか

「星になった少年」のネタバレあらすじ結末

星になった少年 Shining Boy & Little Randyの紹介:2005年日本映画。カンヌ国際映画祭で主演男優賞に輝いた柳楽優弥が主演。自らタイに渡りゾウ使いとしての道を志しながらも若干20歳で逝去した少年の半生を描く実話を基にした作品。学校でいじめにあっていた哲夢は、親の経営する動物プロダクションで購入した子供のゾウ・ランディと出会ったことで象使いになりたいと願うようになる。
監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥(小川哲夢)、常盤貴子(小川佐緒里)、高橋克実(小川耕介)、蒼井優(村上絵美)、倍賞美津子(藤沢朝子)、ほか

「フリーダ」のネタバレあらすじ結末

フリーダの紹介:2002年アメリカ映画。フリーダ・カーロのセンセーショナルな半生を、彼女の絵画へのオマージュと共に描く。内なる絵画に秘められたフリーダの感情とは?
監督:ジュリー・テイモア 出演:サルマ・ハエック(フリーダ・カーロ)、アルフレッド・モリナ(ディエゴ・リベラ)、ジェフリー・ラッシュ(レオン・トロツキー)、アシュレイ・ジャッド(ティナ・モドッティ)、アントニオ・バンデラス(ダヴィド・シケイロス)、エドワード・ノートン(ネルスン・ロックフェラー)、ヴァレリア・ゴリノ(ルペ・マリン)ほか

「ALI アリ」のネタバレあらすじ結末

ALI アリの紹介:2001年アメリカ映画。世界的に有名で伝説的な黒人のプロボクサー、モハメドアリをアメリカのスターであるウィルスミスが演じた作品で、彼は今作でアカデミー主演男優賞にノミネートされました。
監督:マイケル・マン 出演:ウィル・スミス(モハメド・アリ)、ジェイミー・フォックス(ドリュー“バンディーニ”ブラウン)、ジェフリー・ライト(ハワード・ビンガム)、ジョン・ヴォイト(ハワード・コーセル)、マリオ・ヴァン・ピーブルズ(マルコムX)ほか

「花の生涯 梅蘭芳」のネタバレあらすじ結末

花の生涯~梅蘭芳(メイ ラン ファン)~の紹介:2008年中国映画。清朝に生まれ、中華民国、中華人民共和国にかけて京劇の女形俳優として活躍し、伝統ある京劇の近代化を推進した梅蘭芳(メイ・ランファン)の生涯を描く伝記映画。
監督:陳凱歌 出演:黎明(梅蘭芳)、章子怡(孟小冬)、孫紅雷(邱如白)、王学圻(十三燕)、余少群(梅蘭芳(青年期))、六平直政(吉野中将)、安藤政信(田中隆一)ほか

「エド・ウッド」のネタバレあらすじ結末

エド・ウッドの紹介:1994年アメリカ映画。史上最低の映画監督」と言われたエド・ウッド。彼のその数奇な運命に彩られた半生と映画への情熱を彼の作品とともに鬼才ティム・バートンが描いた。
監督 :ティム・バートン 出演:エド・ウッド(ジョニー・デップ)、ベラ・ルゴシ(マーティン・ランドー)、ドロレス・フーラー(サラ・ジェシカ・パーカー)、キャシー・オハラ(パトリシア・アークエット)、アメージング・クリズウェル(ジェフリー・ジョーンズ)、バニー・ブレッキンリッジ(ビル・マーレイ)、ヴァンパイラ(リサ・マリー)ほか

「アビエイター」のネタバレあらすじ結末

アビエイターの紹介:2004年アメリカ映画。アメリカの大富豪であるハワード・ヒューズの半生を描いた作品。華やかな生活の裏に隠された、ハワードの心の闇に迫っています。第62回ゴールデン・グローブ賞受賞作。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ハワード)、ケイト・ブランシェット(キャサリン・ヘップバーン)、ケイト・ヴェッキンセイル(エヴァ・ガードナー)、ジュード・ロウ(エロール)ほか

1 2 3
TOP↑