コメディ映画のネタバレ

「ハングオーバー!!!最後の反省会」のネタバレあらすじ結末

ハングオーバー!!!最後の反省会の紹介:2013年アメリカ映画。人気シリーズ、ハングオーバー3作目。父が急死し、家族からの要望で精神療養施設に入ることが決まったアラン。義兄ダグとその親友フィル、ステュの見送りで、アリゾナに連れて行くことに。しかし道中、謎の男たちに捕まる。マフィアのボスであるマーシャルに、4人の知人ウォン氏を探し出せと命令される。保険としてダグが拘束され、フィルたち3人はウォン氏を探し始める。
監督:トッド・フィリップス 出演:ブラッドリー・クーパー(フィル)、エド・ヘルムズ(ステュ)、ザック・ガリフィナーキス(アラン)、ケン・チョン(ミスター・チャウ)、ヘザー・グレアム(ジェイド)、ほか

「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」のネタバレあらすじ結末

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越えるの紹介:2011年アメリカ映画。人気シリーズ、ハングオーバー2作目。ステュの結婚式に出席するため、彼の花嫁の故郷であるタイに、フィル、ダグ、アランは飛んだ。ラスベガスでの失態のような事件を避けるべく、慎重に行動したはずだったのだが、結局バンコクの見知らぬマンションで目が覚める。汗だくのフィル、なぜか丸刈りになったアラン、顔にタトゥーが入ったステュ、そして誰かの指…。ダグは無事なようでホテルから連絡が来たのだが、今度はステュの義弟のテディがいなくなったと聞き、3人は彼の行方を追うことに。
監督:トッド・フィリップス 出演:ブラッドリー・クーパー(フィル)、エド・ヘルムズ(ステュ)、ザック・ガリフィナーキス(アラン)、ケン・チョン(ミスター・チャウ)、ジェフリー・タンバー(シド)、ほか

「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のネタバレあらすじ結末

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの紹介:2009年アメリカ映画。結婚を前に花婿ダグと仲間たちが独身最後の羽目外しに向かった先はラスベガス。カジノで最高の夜を過ごしたはずが、翌朝ダグは失踪!残る3人の記憶も無く、部屋の中には荒れ放題。記憶を取り戻し、ダグを探すため、3人はラスベガス中を駆け回ることに!
監督:トッド・フィリップス 出演:ブラッドリー・クーパー(フィル)、エド・ヘルムズ(ステュ)、ザック・ガリフィナーキス(アラン)、ヘザー・グレアム(ジェイド)、ジャスティン・バーサ(ダグ)、ほか

「サマータイムマシン・ブルース」のネタバレあらすじ結末

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年日本映画。劇団ヨーロッパ企画の舞台作品を基にした青春SFコメディ。大学のSF研究会に所属する甲本は、仲間と共にだらしなく愉快な日々を送っていた。ある夏の日、SF研究会の部室に突然タイムマシンが現れる。興奮した甲本達は気軽に過去を変えようとするが、それは思わぬ危険性を孕んでいた。
監督:本広克行 出演:瑛太(甲本拓馬)、上野樹里(柴田春華)、与座嘉秋(新見優)、川岡大次郎(小泉俊介)、ムロツヨシ(石松大悟)、ほか

「サウンド・オブ・ノイズ」のネタバレあらすじ結末

サウンド・オブ・ノイズの紹介:2010年スウェーデン,フランス映画。あらゆるものを楽器に見立てて音楽を作り上げる「音楽テロリスト」を追う一人の刑事の物語。個性的だけど腕は確かな6人のドラマーたちが作る音楽と、そのテロリストたちに翻弄されながらも、テロを阻止しようとする音楽コンプレックスを持つ刑事の奮闘ぶりが見どころの本作は、カンヌ国際映画祭にてヤング批評家賞最優秀劇映画賞を受賞した。
監督:オラ・シモンソン、ヨハネス・シェルネ・ニルソン 出演者:ベングト・ニルソン(アマデウス)、サナ・パーション(サナ)、マグナス・ボイエソン(マグナス)、フレデリック・ミア(ミア) ほか

「グレッグのダメ日記」のネタバレあらすじ結末

グレッグのダメ日記の紹介:2010年アメリカ映画。アメリカで出版された「グレッグのダメ日記」を原作とする映画。日本でも本屋さんの児童コーナーへ行くと必ず置いてある本です。内容は中学生になったグッレグのダメな日常を描いています。この映画を見ると大人が子供のことに口出しするのは良くないなと思うと同時に、親としてどうやって子供を見守っていくかを考えさせられます。「自尊心」と「友情」についてよく描かれています。
監督:トール・フロイデンタール 出演:ザカリー・ゴードン(グレッグ)、ロバート・キャプロン(ロウリー)、レイチェル・ハリス(スーザン)、スティーヴ・ザーン(フランク)、デヴォン・ボスティック(ロドリック)、ほか

「悪夢のエレベーター」のネタバレあらすじ結末

悪夢のエレベーターの紹介:2009年日本映画。嘘をテーマに、エレベーターに閉じ込められた4人の男女が織りなす騙し合いを描いた人間不信エンターテイメント。作中で描かれるキリのない嘘に何度も騙されながら、最後までわからない展開に目が離せなくなります。
監督:堀部圭亮 出演:内野聖陽(安井三郎)、佐津川愛美(愛敬カオル)、モト冬樹(牧原静夫)、斎藤工(小川順)、大堀こういち(望月)、ほか

「僕達急行 A列車で行こう」のネタバレあらすじ結末

僕達急行 A列車で行こうの紹介:2011年日本映画。鉄道を通じて意気投合した2人の若者が、恋や仕事に奮闘する姿を描いたヒューマン・コメディ。鉄道会社の協力を得て行われた本作には、多くの列車や駅が登場し、物語だけでなく鉄道も楽しめる鉄道ファン必見の内容となっています。
監督:森田芳光 出演:松山ケンイチ(小町圭)、瑛太(小玉健太)、貫地谷しほり(相馬あずさ)、ピエール瀧(筑紫雅也)、村川絵梨(日向みどり)、星野知子(日向いなほ)、ほか

「サバイバルファミリー」のネタバレあらすじ結末

サバイバルファミリーの紹介:2017年日本映画。ある朝家中の電気が止まっていることに気付いた鈴木義之。ただの停電だと思い込んでいたがそれから一週間その状態が続いた。水も食料も尽きかけた頃鈴木はある決意をする。妻の実家のある鹿児島へと家族で向かうことにしたのだ。しかし車も電車も飛行機でさえも止まっているこの現状、鈴木一家は自転車で東京から鹿児島への長い道のりを行くことになる。「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督最新作。
監督:矢口史靖 出演:小日向文世(鈴木義之)、深津絵里(鈴木光恵)、泉澤祐希(鈴木賢司)、葵わかな(鈴木結衣)、時任三郎(斎藤敏夫)、藤原紀香(斎藤静子)、志尊淳(斎藤翔平)、ほか

「ホーム・アローン4」のネタバレあらすじ結末

ホーム・アローン4の紹介:2002年アメリカ映画。マーブ達の企みを阻止すべく豪邸のハイテク設備で立ち向かうケビンの奮闘を描いた作品。ホーム・アローン/ホーム・アローン2の続編として製作されたが、テレビ映画。前作から10年経過しているため、主演がマコーレー・カルキンからマイケル・ワインバーグとなっている。ホーム・アローン3とは関連が無いため、時系列はホーム・アローン→ホーム・アローン2→ホーム・アローン4となる。
監督:ロッド・ダニエル 出演:マイケル・ワインバーグ(ケビン・マカリスター)、ジェイソン・ベギー(ピーター・マカリスター)、フレンチ・スチュワート(マーブ・チャント)、ミッシー・パイル(ベラ)ほか

「ホーム・アローン3」のネタバレあらすじ結末

ホーム・アローン3の紹介:1998年アメリカ映画。少年ケビンが泥棒二人とたたかうホームアローンシリーズの3作目です。主人公はシカゴに住む8歳のアレックスで世界的に指名手配の4人とトップシークレットのチップをめぐって戦います。
監督:ラージャ・ゴスネル 出演:アレックス・D・リンツ(アレックス)、オレク・クルパ(ポープレー)、リア・キルステッド(アリス)、レニー・フォン・ドーレン(ジャーニガン)、デヴィッド・ソーントン(アンガー)、ほか

「ホーム・アローン2」のネタバレあらすじ結末

ホーム・アローン2の紹介:1992年アメリカ映画。家族とはぐれ、たった一人で泥棒に立ち向かうことになったケビンのドタバタ劇を描くコメディ。当時、プラザホテルのオーナーだった現アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプがカメオ出演している。ホームレスの女性=鳩おばさん役のブレンダ・フリッカーは、奇しくも私生活で本当に破産してしまったことを明かしている。劇中使用されているプラザホテルの電話番号は実際の電話番号。
監督:クリス・コロンバス 出演:マコーレー・カルキン(ケビン)、ジョー・ペシ(ハリー)、ダニエル・スターン(マーヴ)、ジョン・ハード(ピーター)、キャサリン・オハラ(ケイト)、ブレンダ・フリッカー(鳩の婦人)、ティム・カリー(ホテルの接客係)、ほか

「お熱いのがお好き」のネタバレあらすじ結末

お熱いのがお好きの紹介:1959年アメリカ映画。ビリー・ワイルダー・コメディの代表作で、多くの映画に影響を与えた。ゲイのキャラクターを取りあげたことでも先駆的な作品とされている。映画の最後のセリフは古典的な名文句となった。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:マリリン・モンロー(シュガー)、トニー・カーティス(ジョー)、ジャック・レモン(ジェリー)、ジョージ・ラフト(スパッツ・コロンボ)

「恋妻家宮本」のネタバレあらすじ結末

恋妻家宮本の紹介:2016年日本映画。「家政婦のミタ」などの人気脚本家・遊川和彦の初監督映画。重松清の小説「ファミレス」が原作で、子供が独り立ちして25年ぶりに2人きりになった夫婦が、周囲の人と関わる中で家族の在り方を見つめ直していく様子を描く。
監督:遊川和彦 出演:阿部寛(宮本陽平)、天海祐希(宮本美代子)、菅野美穂(五十嵐真珠)、相武紗季(門倉すみれ)、工藤阿須加(大学生の陽平)、ほか

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のネタバレあらすじ結末

破門 ふたりのヤクビョーガミの紹介:2017年日本映画。「疫病神」シリーズは現在6作あり、黒川博行の小説で2015年にドラマ化され、今回の作品「破門」は2014年2月に第151回直木賞を受賞しています。映画製作の出資金を持ち逃げされたヤクザと建設コンサルタントが、詐欺師を追い資金を回収する中、ヤクザの組同士のトラブルに巻き込まれていく様子を描く。
監督:小林聖太郎 出演:佐々木蔵之介(桑原保彦)、横山裕(二宮啓之)、北川景子(渡辺悠紀)、濱田崇裕(木下)、矢本悠馬(セツオ)、橋本マナミ(玲美/真鍋恵美)、ほか

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 32
TOP↑