コメディ映画のネタバレ

「ビバリーヒルズ・チワワ」のネタバレあらすじ結末

ビバリーヒルズ・チワワの紹介:2008年アメリカ映画。ビバリーヒルズに住むお金持ちに飼われている、白いチワワのクロエはダイヤの付いた首輪にブランドの服に靴をはいたセレブなワンちゃんです。クロエは誘拐されてしまい、近所のワンちゃんたちが、救出に向かいます。救出されたクロエは初めての外の生活におっかなびっくり、世間知らずのクロエが、仲間のワンちゃんといろいろなハプニングに巻き込まれます。果たして無事に、ビバリーヒルズに帰ることが出来るのか。
監督:ラージャ・ゴスネル 出演:ドリュー・バリモア(クロエ)、ジョージ・ロペス(パピ)、アンディ・ガルシア(デルガド)、プラシド・ドミンゴ(モンテ)、パイパー・ペラーボ(レイチェル・アッシュ)、ほか

「スマーフ」のネタバレあらすじ結末

スマーフの紹介:2011年アメリカ映画。真っ青なボディが特徴的な小人「スマーフ」が人間世界に迷い込んで、周りを巻き込んだ騒動を引き起こすドタバタコメディーです。ベルギー生まれの漫画が原作で、実写とCGアニメーションがミックスされた特異な作りになっています。パパ・スマーフの声を担当したジョナサン・ウィンタースは、撮影当時は既に俳優業から引退していましたが、制作側からの強い要望で復帰が実現しました。深みのある声が、パパ・スマーフの包容力あるキャラクターを作り上げています。また、映画「スタートレック」のチェコフ役で知られ、若くして事故死したアントン・イェルチンが、本作の鍵を握るクラムジーの声を担当しています。
監督:ラジャ・ゴズネル 声優:ニール・パトリック・ハリス(パトリック)、ハンク・アザリア(ガーガメル)、ジョナサン・ウィンタース(パパ・スマーフ)ほか

「ホーリーマン」のネタバレあらすじ結末

ホーリーマンの紹介:1998年アメリカ映画。TVショッピングの、プロデューサーリッキーは、ひょんなことから巡礼の旅をしている奇妙な人物・Gと知り合い彼を番組司会に起用する。番組は大成功をおさめ、Gは視聴者の心をつかみ、一躍人気者になり業績不振で苦しむリッキーを救う。心に訴えかけてくる感動する作品です。
監督:スティーヴン・ヘレク 出演:エディ・マーフィ(G)、ジェフ・ゴールドブラム(リッキー・ヘイマン)、ケリー・プレストン (ケイト・ニューエル) 、ロバート・ロッジア(ジョン・マクベインブリッジ)、ジョン・クライヤー (バリー) 、ほか

「スクービー・ドゥー2 モンスターパニック」のネタバレあらすじ結末

スクービー・ドゥー2 モンスターパニックの紹介:2004年アメリカ映画。アメリカで1960年代~1980年代にかけて一世を風靡した人気TVアニメの実写映画第2作目です。ドジで臆病な大型犬スクービー・ドゥーと不思議な現象に立ち向かうミステリー社の4人の探偵が、モンスター製造機を巡る陰謀に挑んでいきます。
監督:ラジャ・ゴズネル 出演者:ニール・ファニング(スクービー・ドゥーの声)、マシュー・リラード(シャギー)、フレディ・プリンゼ・ジュニア(フレッド)、リンダ・カーデリーニ(ヴェルマ)、サラ・ミシェル・ ゲラー(ダフネ)ほか

「潮風のいたずら」のネタバレあらすじ結末

潮風のいたずらの紹介:1987年アメリカ映画。金持ちで高慢なジョアナが、記憶をなくして行きついた先は、貧乏人とさげすんでいた職人ディーンの家でした。彼らの悪ふざけから始まった出来事が、皆の人生をハッピーに変えていくのでした。
監督:ゲイリー・マーシャル 出演:ゴールディ・ホーン(ジョアナ)、カート・ラッセル(ディーン)、エドワード・ハーマン、キャサリン・ヘルモンド、マイケル・ハガティ、ロディ・マクドウォール、ほか

「ジャズ大名」のネタバレあらすじ結末

ジャズ大名の紹介:1986年日本映画。音楽好きな藩主と漂着した黒人達が織り成すコメディ時代劇。江戸時代末期、小藩の海岸に3人組の黒人達が流れ着いた。彼らがもたらした未知の楽器と音楽は藩内に一大旋風を巻き起こし、戊辰戦争そっちのけで人々はジャムセッションに興じるのだった。原作は筒井康隆の同名小説。
監督:岡本喜八 出演者:古谷一行(海郷亮勝)、財津一郎(石出九郎左衛門)、神崎愛(文子姫)、岡本真実(松枝姫)、殿山泰司(玄斉)ほか

「ベートーベン2」のネタバレあらすじ結末

ベートーベン2の紹介:1993年アメリカ映画。セント・バーナードのベートーベンが巻き起こす傑作ファミリー・コメディシリーズ第2作目。町を散歩していたベートーベンは、公園で同じセント・バーナードの雌ミッシーに出会う。惹かれ合う2匹は逢瀬を重ね、ついに4匹の子犬が生まれた。ニュートン家の子ども達は父ジョージに内緒で飼育しようとするが、子犬を巡って新たなトラブルが巻き起ころうとしていた。
監督:ロッド・ダニエル 出演者:チャールズ・グローディン(ジョージ・ニュートン)、ボニー・ハント(アリス・ニュートン)、ニコール・トム(ライス・ニュートン)、クリストファー・キャスタイル(テッド・ニュートン)、サラ・ローズ・カー(エミリー・ニュートン)ほか

「ベートーベン」のネタバレあらすじ結末

ベートーベンの紹介:1992年アメリカ映画。セント・バーナードのベートーベンが巻き起こす騒動を描いたファミリー・コメディ。ある日、ニュートン家にペット泥棒の手から逃げ出したセント・バーナードの子犬が迷い込む。犬嫌いの一家の長ジョージは追い出そうとするが、妻や子ども達に懇願され渋々飼うことにした。ベートーベンと名付けられた犬は家族に愛されながら暮らしていたが、再びペット泥棒の魔の手が迫る。
監督:ブライアン・レヴァント 出演者:チャールズ・グローディン(ジョージ・ニュートン)、ボニー・ハント(アリス・ニュートン)、ディーン・ジョーンズ(ヘルマン・ヴァーニック)、ニコール・トム(ライス・ニュートン)、クリストファー・キャスタイル(テッド・ニュートン)、サラ・ローズ・カー(エミリー・ニュートン)ほか

「お葬式」のネタバレあらすじ結末

お葬式の紹介:1984年日本映画。伊丹十三の監督デビュー作となった当作品は、監督自らの経験を元に書き下ろしたオリジナルストーリーで、妻の父が急死し、喪主を務めることになった男の姿を周囲の人間関係とともにコメディタッチで描き大ヒットした作品です。
監督:伊丹十三 出演者:山崎努(井上侘助)、宮本信子(雨宮千鶴子)、菅井きん(雨宮きく江)、大滝秀治(雨宮正吉)、江戸家猫八(海老原)ほか

「アドレナリン・ドライブ」のネタバレあらすじ結末

アドレナリン・ドライブの紹介:1999年日本映画。優柔不断で平凡な男と超地味な看護師の女が、ひょんなことから暴力団の資金を持ち逃げしてしまい、ドタバタの逃走劇を繰り広げる恋愛アクションコメディ映画です。
監督:矢口史靖 出演者:石田ひかり(佐藤静子)、安藤政信(鈴木悟)、松重豊(黒岩)、角替和枝(婦長)、マギー(山田)ほか

「マダム・メドラー」のネタバレあらすじ結末

マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まりの紹介:2015年アメリカ映画。「エンド・オブ・ザ・ワールド」(2013)で、人類滅亡寸前の恋愛を優しくユーモラスに描いたローリーン・スカフェリア監督。今作では、母と娘の心のすれ違いを温かな笑いで包み込む。脚本家として活躍するロリの住むロサンゼルスに、母親のマーニーが引っ越してくる。仕事や恋人など生活の全てに干渉してくる母親に、ついにロリの堪忍袋の緒が切れてしまう。
監督:ローリーン・スカファリア 出演者:スーザン・サランドン(マーニー)、ローズ・バーン(ロリ)、J・K・シモンズ(ジッパー)、ジェイソン・リッター(ジェイコブ)、セシリー・ストロング(ジリアン)、ジェロッド・カーマイケル(フレディ)、マイケル・マッキーン(マーク)ほか

「キューティ・ブロンド3」のネタバレあらすじ結末

キューティ・ブロンド3の紹介:2009年アメリカ映画。ブロンド美女エル・ウッズのいとこであるピンクの似合う双子の姉妹アニーとイジーはイギリスからビバリーヒルズのパシフイック学園で楽しい学園生活を夢に見て引越しをしましたがその学園生活は奨学生に嫌がらせをするお嬢様とお坊ちゃまがいる学園でした。さて二人はウッズの様に自分を向上させる学園生活を送ることが出来るのでしょうか。
監督:サヴェージ・スティーヴ・ホランド 出演:ミリー・ロッソ(アニー)、ベッキー・ロッソ(イジー)、リサ・ベインズ(校長)、クリストファー・カズンズ(パパ)、ブリタニー・カラン(ティファニー)、ボビー・カンポ(クリス)、ほか

「俺のムスコ」のネタバレあらすじ結末

俺のムスコの紹介:2012年アメリカ映画。アダム・サンドラー製作・主演のハートフルコメディです。中学生の時に女教師と関係を持ち、若くして一児の父になった男。落ちぶれて税金の滞納で苦しんでいるとき、生き別れた息子が成功を収めていると知り…。
監督:ショーン・アンダース 出演者:アダム・サンドラー(ドニー)、アンディ・サムバーグ(ハン・ソロ/トッド)、レイトン・ミースター(ジェレミー)、マイロ・ヴィンティミリア(チャド)、スーザン・サランドン(メアリー)ほか

「ブルース・オールマイティ」のネタバレあらすじ結末

ブルース・オールマイティの紹介:2003年アメリカ映画。ニューヨークのローカル放送局でリポーターとして働くブルースは、道を歩いたら水たまりにハマり、良かれと思ってやったら逆効果、その上仕事もイマイチ冴えない日々を送っていました。そんな中、アンカーマンを目指し頑張っていたのに同僚のエバンにその座を奪われ、自分が世界一不幸なのは神様のせいだと攻める彼の前に本物の神様が現れ、そこまで言うなら神としての力を全て授けるからやってみろと言われます。
監督:トム・シャドヤック 出演: ジム・キャリー(ブルース・ノーラン)、モーガン・フリーマン(神)、ジェニファー・アニストン(グレース)、フィリップ・ベイカー・ホール(ジャック・ケラー)、キャサリン・ベル(スーザン)、ほか

「明烏(アケガラス)」のネタバレあらすじ結末

明烏 あけがらすの紹介:2015年日本映画。一千万の借金を追ったホストアキラが借金返済のため周りの人間を巻き込み奮闘するコメディ映画です。、アキラは様々な手段を使って借金返済を試みるがどれも失敗します。とうとう借金返済のリミット翌朝6時になり覚悟を決めるアキラでしたが、ラストは意外な結末が待っていました。
監督:福田雄一 出演者:菅田将暉(ナオキ)、城田優(アオイ)、若葉竜也(ノリオ)、吉岡里帆(山本明子)、ムロツヨシ(アキラ)、新井浩文(山崎)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 29
TOP↑