コメディ映画のネタバレ

「釣りバカ日誌13」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!の紹介:2002年日本映画。ハマちゃんは、釣りが縁で富山の薬問屋・黒部天狗堂の黒部五郎会長から美術館の設計を請け負いました。しかし黒部会長は変わり者で自分のデザイン通りに建てないとこの話は無しだと言ってきました。騒ぎを収集する為にハマちゃんは富山に出張。同行したミス鈴建と愛称される鈴木建設設計課の桐山桂の説得で事は収まりました。ところが黒部が桐山を気に入ったことで新たな騒ぎが起こります。
監督:本木克英 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、鈴木京香(桐山桂)、小澤征悦(鮎川透)、さとう珠緒(鯛子)、ほか

「釣りバカ日誌12」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇の紹介:2001年日本映画。高野研一郎常務が退職の挨拶に来ました。スーさんが一番信頼を置いていた役員だったのでがっかり。故郷山口の萩に帰り釣り三昧の日々を送りたいと言います。高野は鈴木建設フィッシングクラブの会長で、ハマちゃんは副会長という間柄です。釣りバカコンビは、釣り目的で高野に会いに行きます。ところが高野家にいたのは、姪の木戸梢で高野は病気で入院していることを聞きます。二人は釣りあげたフグをさばいて見舞いに行き、高野とマグロ釣りを約束して東京に戻ったのだが。
監督:本木克英 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、宮沢りえ(木戸梢)、吉岡秀隆(上杉秀隆)、加藤武(秋山専務)、ほか

「釣りバカ日誌イレブン」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌イレブンの紹介:1999年日本映画。ハマちゃんは同僚の磯村志乃にウサギの貰い手を捜してほしいと頼まれ、釣りの弟子である宇佐美吾郎を紹介した。吾郎は貰ったうさぎを事もあろうに食べてしまったのです。それを知った志乃は気を失い営業三課は大騒ぎに。そんな吾郎が沖縄に転勤し、ハマちゃんもスーさんのお陰で社命で沖縄に行きます。スーさんをほったらかしにして釣りに出た吾郎とハマちゃんはエンジントラブルで遭難してしまいます。二人が打ち上げられたのは無人島。水も無く暑い日差しの中生きて帰られるのか。
監督:本木克英 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、村田雄浩(宇佐美吾郎)、桜井幸子(磯村志乃)、余貴美子(知念玉恵)、浅田美代子(浜崎みち子)、上野友(浜崎鯉太郎)、ほか

「ねこあつめの家」のネタバレあらすじ結末

ねこあつめの家の紹介:2016年日本映画。大人気アプリ、「ねこあつめ」を映画化。可愛くて大勢いる猫達と暮らす事になった、スランプ中の作家が自分を見つめ直す物語。伊藤淳史と個性的で愛らしい猫達に注目!
監督:蔵方政俊 出演:伊藤淳史(佐久保勝)、忽那汐里(十和田ミチル)、木村多江(寺内洋子)、田口トモロヲ(浅草史郎)、大久保佳代子(猿渡めぐみ)ほか

「釣りバカ日誌10」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌10の紹介:1998年日本映画。スーさんが会社の経営方針で役員と対立、社長を辞めると会社を出ていった。仕事があって休みがあるから釣りが楽しいのだとハマちゃんに諭され、スーさんは再就職する。ボイラーの資格を利用してビルの管理会社に就職するが、派遣されたのが鈴木建設だった。変装して若い松五郎(金子賢)の助手として働き始めます。休日は釣りバカコンビに加えて、松五郎とその恋人みどり(宝生舞)と釣りをして過ごした。しかし、そんな中、みどりが実家に帰ってしまい騒動が起きる。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、金子賢(富田松五郎)、宝生舞(岩下みどり)、浅田美代子(浜崎みち子)、夏八木勲(岩下耕作)、中村梅雀(草森秘書室長)、上野友(浜崎鯉太郎)、ほか

「釣りバカ日誌9」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌9の紹介:1997年日本映画。新任の営業部長として配属されて来たのは、ハマちゃんと同期の馬場恒太郎だった。彼はハマちゃんとは正反対の仕事人間である。スーさんも彼の実直さを気に入って再婚相手まで探していた。しかし、彼には思いを寄せる女性がいたのである。その女性は行きつけのバーのママ・庄野庄野茜。ハマちゃんに勇気付けられて愛の告白をしにスナックに行くが、茜から田舎に帰ると聞かされる。果たして、二人の関係はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、小林稔侍(馬場恒太郎)、風吹ジュン(庄野茜)、浅田美代子(浜崎みち子)、中村梅之助(八城建設社長)、ほか

「釣りバカ日誌8」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌8の紹介:1996年日本映画。スーさんはかつての親友の娘・榊和美に診療してもらったお礼に、福島県いわき市に投げ釣りに誘います。もちろんハマちゃんも一緒です。釣り場の案内にハマちゃんの釣りの弟子・湯川省平、通称博士が同行します。二人はお互いに一目惚れ。恋愛下手な二人のデートもなんとかうまく行き結婚へ。式の帰り、渓流釣りに出た釣りバカコンビは、なんと遭難してしまいます。山小屋に逃げ込んだ二人だが、救助によって二人の関係がばれてしまうのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、柄本明(湯川省平)、室井滋(榊和美)、谷啓(佐々木課長)、ほか

「釣りバカ日誌7」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌7の紹介:1994年日本映画。越前若狭でチヌ釣りに行ったハマちゃんとスーさんは、美女・田上彩子に出会います。彼女は二人に誘われて初めて釣りをします。釣りの面白さに彼女はハマってしまいます。数日後、スーさんは急に歯痛を起こし飛び込んだ歯科医院で彩子に偶然再会。彼女はバツイチの歯科医だったのです。スーさんはハマちゃんに嘘をついて彩子と釣りに行きます。そこでハマちゃんとばったり出会い嘘がばれてしまいます。怒ったハマちゃんは、スーさんと絶交宣言をします。果たして二人の友情はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、名取裕子(田上彩子)、山岡久乃(田上夏江)、寺尾聰(宮本竜太)、ほか

「釣りバカ日誌6」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌6の紹介:1993年日本映画。ハマちゃんとスーさんは、岩手県釜石市の講演会の仕事にかこつけて釣りに行きます。ハマちゃんは無免許なのでスーさんが運転して行くことに。アイナメ釣りを楽しんだ後、ホテルに行くとハマちゃんが社長、スーさんが運転手に間違えられます。これが事の発端に。それを良いことにスーさんは自分の代わりにハマちゃんに講演会に出てもらいます。スーさんは、ホテルで知り合った仲居・澄子と遠野市に渓流釣りに出かけます。ハマちゃんは壇上で、出産に立ち会った話がウケて爆笑です。その後、澄子の娘の結婚式に出席する為に、またハマちゃんは社長、スーさんは運転手に、果たして二人の嘘はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、喜多嶋舞(佳奈)、中本賢(太田八郎)、戸川純(恵)、久野綾希子(澄子)ほか

「トッツィー」のネタバレあらすじ結末

トッツィーの紹介:1982年アメリカ映画。売れない中年俳優が試しに女装してオーディションを受けてみたところ予想外にウケてしまい、一躍スターダムにのし上がってしまう姿を描いたコメディ映画です。
監督:シドニー・ポラック 出演者:ダスティン・ホフマン(マイケル・ドーシー/ドロシー・マイケルズ)、ジェシカ・ラング(ジュリー・ニコルズ)、テリー・ガー(サンディ・レスター)、ダブニー・コールマン(ロン・カーライル)、チャールズ・ダーニング(レス・ニコルズ)ほか

「グレートレース」のネタバレあらすじ結末

グレートレースの紹介:1965年アメリカ映画。冒険家レスリーは、様々な挑戦を行いその名声を博していた。彼は更なる冒険を求め自動車企業と協力、ニューヨークをスタートしパリをゴールとする大規模レースを企画する。それに自称ライバルで卑怯な手段が得意な発明家フェイトや、女性の社会参画を推進する新聞記者マギーも参戦、七転八倒のレースが開幕する。「チキチキマシン猛レース」に大きな影響を与えたと言われるコメディ・アドベンチャー映画。
監督:ブレイク・エドワーズ 出演者:グレート・レスリー・ギャラント3世(トニー・カーティス)、フェイト教授/ハプニック皇太子(ジャック・レモン)、マギー・デュボワ(ナタリー・ウッド)、マクシミリアン・“マックス”・ミーン(ピーター・フォーク)、ヘゼカイヤ・スターディ(キーナン・ウィン)

「シンクロナイズドモンスター」のネタバレあらすじ結末

シンクロナイズドモンスターの紹介:2016年カナダ映画。シンクロナイズドモンスターの紹介:『プラダを着た悪魔』『マイインターン』のアカデミー賞受賞女優のアン・ハサウェイが主演、製作総指揮を務めた意欲作。酒に溺れ仕事、彼氏、住むところまで失う負け組女性が、突如韓国ソウルに現れた巨大怪獣とシンクロしてしまうが、それにより自身が成長をとげるという異色なSFコメディ。
監督:ナチョ・ビガロンド 出演:アン・ハサウェイ(グロリア)、ジェイソン・サダイキス(オスカー)、ダン・スティーヴンス(ティム)、オースティン・ストウェル(ジョエル)、ティム・ブレイク・ネルソン(ガース)、ほか

「刺さった男」のネタバレあらすじ結末

刺さった男の紹介:2012年スペイン映画。まさかの事故により後頭部に鉄筋が突き刺さって動けなくなってしまった失業中の男。彼を取り巻く人間たちの様々な欲望や思惑をシニカルに描いたスペイン発の風刺ブラックコメディです。
監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア 出演者:ホセ・モタ(ロベルト・ゴメス)、サルマ・ハエック(ルイサ)、カロリーナ・バング(ピラール・アルバレス)、ブランカ・ポルティージョ(メルセデス)、フェルナンド・テヘロ(ジョニー)ほか

「ドッジボール」のネタバレあらすじ結末

ドッジボールの紹介:2004年アメリカ映画。潰れかけのスポーツジムのオーナー、ピーターは資金不足で支払いも出来ず、30日以内に5万ドルの支払いが出来なければ、大手スポーツジム、グロボ・ジムのオーナー、ホワイトにジムを乗っ取られる事態に陥る。ピーターは彼のジムを愛する会員達と共に、ドッジボール大会に出場し、優勝資金5万ドルを獲得し返済に充てることに。
監督:ローソン・マーシャル・サーバー  出演:ヴィンス・ヴォーン(ピーター・ラ・フルール)、ベン・スティラー(ホワイト・グッドマン)、クリスティーン・テイラー(ケート)、リップ・トーン(パッチーズ・オフーリハン)、ジャスティン・ロング(ジャスティン)、ほか

「ブロンド・ライフ」のネタバレあらすじ結末

ブロンド・ライフの紹介:2002年アメリカ映画。ローカル番組のレポーターのレイニーは、次々と成功を手に入れついに夢だったニューヨークへ旅立つことが決まった矢先、預言者というホームレスに死を宣告されてしまいます。
監督:スティーヴン・ヘレク 出演:アンジェリーナ・ジョリー(レイニー)、エドワード・バーンズ(ピート)、トニー・シャルーブ(ジャック)、クリスチャン・ケイン(カル)、ジェームズ・ギャモン(レイニーの父)、メリッサ・エリコ(アンドレア)、ストッカード・チャニング(デボラ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 32
TOP↑