コメディ映画のネタバレ

「フィッシャー・キング」のネタバレあらすじ結末

フィッシャー・キングの紹介:1991年アメリカ映画。自らの発言が発端で銃乱射事件が起きた事から、すっかり落ちぶれてしまった元人気DJが、ホームレスとの出会いを通して人生と愛を見つめ直していくヒューマン・ドラマ。ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。
監督:テリー・ギリアム 出演者:ジェフ・ブリッジス(ジャック・ルーカス)、ロビン・ウィリアムズ(パリー)、マーセデス・ルール(アン)、アマンダ・プラマー(リディア)ほか

「人生万歳!」のネタバレあらすじ結末

人生万歳!の紹介:2009年アメリカ映画。ウディ・アレン監督40作品目の作品で、『メリンダとメリンダ』以来となる、ニューヨークを舞台にした作品。コメディ映画。くたびれた中年男性と若い娘の奇妙な恋愛模様を映し出す。
監督:ウディ・アレン 出演:ラリー・デヴィッド(ボリス)、エヴァン・レイチェル・ウッド(メロディ)、パトリシア・クラークソン(マリエッタ)、ヘンリー・カヴィル(ランディ)、ほか

「ムービー43」のネタバレあらすじ結末

ムービー43の紹介:2013年アメリカ映画。ある映画製作会社に一人の男が現れる。男はその会社のプロデューサーにいくつかの映画の脚本を持参していた。しかしそのどれもが酷い出来でプロデューサーはことごとく却下。しかしそれが男をある行動に駆り立ててしまう。ヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレットを始めとする豪華俳優陣が集結したコメディ。
監督:ピーター・ファレリー、グリフィン・ダン、ブレット・ラトナー、スティーブン・ブリル、エリザベス・バンクス、ジェームズ・ガン、ウィル・グラハム 出演:ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ジャックマン、クリス・プラット、アンナ・ファリス、エマ・ストーン、ユマ・サーマン、クリステン・ベル、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、リチャード・ギア、クロエ・グレース・モレッツ、ナオミ・ワッツ、テレンス・ハワード ほか

「名探偵再登場」のネタバレあらすじ結末

名探偵再登場の紹介:1978年アメリカ映画。「名探偵登場(1976年)」の姉妹編となるハードボイルド・コメディ作品。製作陣と出演者の一部は続投しているが、内容は全くの別物となっている。相棒が殺害された事件をきっかけに、私立探偵ルー・ペキンポーの前に奇妙な依頼人が次々現れる。やがて彼はある美術品の争奪戦に巻き込まれ、その上美女達からの誘惑も受け、事態は混乱を極めていく。
監督:ロバート・ムーア 出演:ピーター・フォーク(ルー・ペキンポー)、アイリーン・ブレナン(ベティ・ド・ブープ)、シド・シーザー(エズラ・デザイア)、ジェームズ・ココ(マルセル)ほか

「名探偵登場」のネタバレあらすじ結末

名探偵登場の紹介:1976年アメリカ映画。世界中に名を馳せる5人の名探偵が、「殺人晩餐会」の招待状を受け取り豪邸に集まった。彼らは屋敷の主人から名誉と賞金を賭けた知恵比べを挑まれる。探偵達は自信満々に推理を披露していくが、真実は彼らを嘲笑うのだった。有名探偵小説の名探偵をパロディ化し一堂に集めたコメディ&ミステリー。
監督:ロバート・ムーア 出演者:トルーマン・カポーティ(ライオネル・トウェイン)、ピーター・フォーク(サム・ダイヤモンド)、デヴィッド・ニーヴン(ディック・チャールストン)、ピーター・セラーズ(シドニー・ワン)ほか

「セックス・アンド・ザ・シティ2」のネタバレあらすじ結末

セックス・アンド・ザ・シティ2の紹介:2010年アメリカ映画。キャリーの劇的な結婚式から2年の月日が経った頃、キャリーの友人スタンフォードが犬猿の仲だと思っていたアンソニーと結婚した。そんな幸せ絶頂の二人とは裏腹にキャリー、サマンサ、シャーロットそしてミランダの4人はそれぞれの悩みと葛藤していた。そんなある日サマンサの元にある人物から連絡が入る。かつてサマンサが愛したスミス、そして彼の再会から何故か4人はアブダビへと旅をすることになった。人気ドラマシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」の映画化第2弾。
監督:マイケル・パトリック・キング 出演:サラ・ジェシカ・パーカー(キャリー・ブラッドショー)、キム・キャトラル(サマンサ・ジョーンズ)、クリスティン・デイヴィス(シャーロット・ヨーク)、シンシア・ニクソン(ミランダ・ホッブス)、ほか

「滝を見にいく」のネタバレあらすじ結末

滝を見にいくの紹介:2014年日本映画。「南極料理人」などを制作した沖田修一の監督脚本作品。出演者は全員オーディションをして、演技経験のない素人を含む7人が抜擢されました。「40歳以上の女性ならどなたでも」という条件の元、集まった女性たちがおもしろくもせつない演技をして、見る人たちを魅了した作品です。独特の作風で、素人の女性を使っていることが、かえって現実的でおもしろい映画に仕上がっています。紅葉を見にきたはずのおばさんたちが、頼りないガイドのせいで道に迷ってしまいます。山に取り残された女性たちは、やがて本性を表し始め、泣いたり笑ったりの騒動を巻き起こします。
監督:沖田修一 出演者:根岸遥子(根岸純子)、安澤千草(谷由美子)、荻野百合子(関本百合子)、桐原三枝(桑田三枝)、川田久美子(田丸久美子)、徳納敬子(花沢敬子)、渡辺道子(三角道子)、黒田大輔(ツアーガイド)

「六月燈の三姉妹」のネタバレあらすじ結末

六月燈の三姉妹(ろくがつどうのさんしまい)の紹介:2013年日本映画。鹿児島県鹿児島市の商店街の和菓子さん一家の様子をホームドラマとして描いています。経営不振に陥っているお菓子屋さん「とら屋」が起死回生に向けて新しいお菓子を編み出していきます。寂れつつある商店街の、それでも元気に頑張って盛り上げていこうという人々の活気も描いています。この「とら屋」の家族長谷部他とは違って、少し複雑な関係性でつながっており、そのことで展開におもしろさが増しており、ストーリーもしっかりしています。いつも癖のある役か悪役ばかり演じている津田寛治さんが、今回ばかり誠実で一途な役を演じているのが印象的です。
監督:佐々部清 出演者: 吹石一恵(平川奈美江)、吉田羊(中薗 静江)、徳永えり(中薗 栄)、津田寛治(平川徹)、市毛良枝(中薗 惠子)、西田聖志郎(有馬 眞平)ほか

「メイフィールドの怪人たち」のネタバレあらすじ結末

メイフィールドの怪人たちの紹介:1989年アメリカ映画。アメリカの郊外生活者の不安を描くダーク・コメディ。「グレムリン」で知られたジョー・ダンテが監督。やはり監督として知られたロン・ハワードが共同製作者を務めている。撮影はすべてスタジオのオープンセットで行われた。
監督:ジョー・ダンテ 出演:トム・ハンクス(レイ・ピーターソン)、キャリー・フィッシャー(キャロル・ピーターソン)、ブルース・ダーン、コリー・フェルドマン、リック・デュコモン、ほか

「恋はデジャ・ブ」のネタバレあらすじ結末

恋はデジャ・ブの紹介:1993年アメリカ映画。同じ日が繰り返されることによって、自分勝手だった天気予報士が善人となってゆく様子をコミカルに描く。初公開当時の評判はさほどでもなかったが、時間が経つにつれて評価が高まり、今ではSFコメディの名作となっている。
監督:ハロルド・ライミス 出演:ビル・マーレイ(フィル・コナーズ)、アンディ・マクダウェル(リタ・ハンソン)、クリス・エリオット、スティーヴン・トボロウスキー、ほか

「ドン・ジョン」のネタバレあらすじ結末

ドン・ジョンの紹介:2013年アメリカ映画。顔も体も申し分なく女にも不自由しない男通称ドン・ジョン。そのプレイボーイな性格で毎晩女をとっかえひっかえ、一人と長い付き合いをすることはなかった。そんな彼だったがある日運命的な出会いをする。絶世の美女が現れたのだ。しかも彼女はジョンの誘いを断ってしまう。それ以来忘れることが出来なくなったジョン。そしてもう一つジョンには秘密があった。主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットが監督・脚本も務めた恋愛コメディ映画。
監督:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・“ドン・ジョン”・マテーロ・Jr.)、スカーレット・ヨハンソン(バーバラ・シュガーマン)、ジュリアン・ムーア(エスター)、トニー・ダンザ(ジョン・マテーロ・Sr.)、ロブ・ブラウン(ボビー)、ほか

「俺たちは天使じゃない」のネタバレあらすじ結末

俺たちは天使じゃないの紹介:1989年アメリカ映画。なりゆきで神父になりすました脱獄囚が騒動を起こしていくコメディ作品。1935年、窃盗犯ネッドとジムは収監されていた刑務所から脱走してしまう。小さな町にたどり着いた彼らは、いくつもの偶然が重なり神父として身を潜めることになった。逃げる機会を窺う2人に思わぬ事態が次々襲いかかる。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ネッド)、ショーン・ペン(ジム)、デミ・ムーア(モリー)、ジェームズ・ルッソ(ボビー)、ホイト・アクストン(レヴェスク神父)ほか

「インスタント沼」のネタバレあらすじ結末

インスタント沼の紹介:2009年日本映画。三木聡の監督、脚本によるヒューマンコメディー映画です。出演者はテレビ放送された連続ドラマの「時空警察」からの出演者が多く出ています。麻生久美子主演で、語りもほぼ彼女が行っていています。展開は彼女の語りに合わせておかしなことが起こり、見ている方はそのリズムに合わせるのが少し大変ですが、慣れていくとそのストーリーや展開に引きこまれます。好きな役者さんで好きな映画を作ったというような作品で、出演している人たちが自由に演じている印象を受けます。なぜか見終わった後に明日もがんばろうと思える作品です。
監督:三木聡 出演者: 麻生久美子(沈丁花ハナメ)、風間杜夫(沈丁花ノブロウ)、加藤亮(ガス)、松坂慶子(沈丁花翠)、笹野高史(西大立目部長)、ふせえり(市ノ瀬千)、相田翔子(飯山和歌子)、ほか

「デンジャラス・ビューティー」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・ビューティーの紹介:2001年アメリカ映画。男勝りな女性のFBI捜査官が、囮捜査のためにミス・アメリカ・コンテストに参加することになって奮闘するハリウッド映画です。主演のサンドラ・ブロックは制作にも参加しています。ミス・コンテストなんて、男に媚びるくだらない催しものだと思っていた主人公が、ひたむきにコンテストに向けて努力する女性たちや美容家に囲まれて、考えを次第に改めて、周囲との友情を深めていきます。アクションもあり、サンドラ・ブロックの美しさもありストーリーもしっかりしていて、全体的に良くできた作品です。
監督:ドナルド・ペトリ 出演:サンドラ・ブロック(グレイシー・ハート)、マイケル・ケイン(ヴィクター・メリング)、ベンジャミン・ブラッド(エリック・マシューズ)、ヘザー・バーンズ(シュリル)、ウィリアム・シャトナー(スタン・フィールズ)、ほか

「メリーに首ったけ」のネタバレあらすじ結末

メリーに首ったけの紹介:1998年アメリカ映画。美人で明るく人気者のヒロインを巡って、男達が争奪戦を繰り広げる、お色気要素満載のラブコメディー。この映画の大ヒットで、ヒロインを演じたキャメロン・ディアスは一躍有名になりました。キャメロン・ディアスの魅力がいっぱい詰まった、キュートなラブ・コメディとなっています。
監督:ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー 出演:キャメロン・ディアス(メリー)、マット・ディロン(ヒーリー)、ベン・スティラー(テッド)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 17
TOP↑