コメディ映画のネタバレ

「裸足のピクニック」のネタバレあらすじ結末

裸足のピクニックの紹介:1993年日本映画。「ウォーターボーイズ」でブレイクした矢口史靖監督の第一回劇場公開作品。平凡な女子高生が次々と不幸な出来事に見舞われていく様をブラックユーモア的に描いている。
監督:矢口史靖 出演:芹沢砂織(鈴木純子)、浅野あかね(鈴木陽子)、Mr.オクレ(父)、梶三和子(母)、あがた森魚(バイカー)、泉谷しげる(池田)、ほか

「阿修羅のごとく」のネタバレあらすじ結末

阿修羅のごとくの紹介:2003年日本映画。綱子、巻子、滝子、咲子の四姉妹は、父親・恒太郎に愛人と子どもがいたことを知り、集まって話し合います。母親・ふじに知られないように、どうすれば善いのか答えがでません。当の二人は何事も無く老後を過ごす夫婦にしか見えません。4姉妹の長女は不倫、次女は夫に女の気配、三女は、更新所の男に求める愛され、四女はボクサーとの恋愛に振り回されています。それぞれが、父親の浮気をきっかけに互いの抱える不安を知ることになります。気づいていても、面に出さない、心に阿修羅を持ち続ける女たち・ホームコメディー映画。
監督:森田芳光 出演者:大竹しのぶ(三田村綱子(長女))、黒木瞳(里見巻子(次女))、深津絵里(竹沢滝子(三女))、深田恭子(神内咲子(四女))、小林薫(里見鷹男)、中村獅童(勝又静男)、ほか

「大誘拐 RAINBOW KIDS」のネタバレあらすじ結末

大誘拐 RAINBOW KIDSの紹介:1991年日本映画。大金持ちの老女誘拐を実行した三人組の若者と、それに関わる人々を逆に手玉にとる老女の姿をユーモラスに描くブラックコメディ映画。天藤真原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「ジャズ大名」の岡本喜八。
監督:岡本喜八 出演者:北林谷栄(柳川とし子・刀自)、風間トオル(戸並健次)、内田勝康(秋葉正義)、西川弘志(三宅平太)、緒形拳(井狩大五郎)ほか

「料理長殿、ご用心」のネタバレあらすじ結末

料理長(シェフ)殿、ご用心の紹介:1978年アメリカ映画。女王陛下の晩餐会のシェフとして、お呼びがかかるほどの腕を持つナターシャ。晩餐会は大成功を収め、ナターシャは同僚の有名シェフと一晩を過ごします。翌朝、彼が死体で発見されます。これを期に、世界の名だたる有名シェフたちが、ヨーロッパの各都市で次々と何者かに殺されていきます。ブラックユーモアの効いた上質なミステリーに、目を見張るような豪華な料理が花を添えます。
監督:テッド・コッチェフ 出演者:ジャクリーン・ビセット(ナターシャ)、ジョージ・シーガル(ロビー・ロス)、ロバート・モーレイ(マックス)、ジャン=ピエール・カッセル(ルイ)、フィリップ・ノワレ(ムリノー)ほか

「チェンジ・アップ」のネタバレあらすじ結末

チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?の紹介:2011年アメリカ映画。仕事でも成功し、家族を持ち順風満帆そうなデイヴと、イケメンで女性には不自由せず悠々自適な独身生活を満喫していた親友のミッチは、ある日ひょんなことから体が入れ替わってしまいます。
監督:デヴィッド・ドブキン 出演:ライアン・レイノルズ、ジェイソン・ベイトマン、レスリー・マン、オリヴィア・ワイルド、アラン・アーキン、ほか

「小悪魔はなぜモテる?!」のネタバレあらすじ結末

小悪魔はなぜモテる?!の紹介:2010年アメリカ映画。モテない、目立たない、特に特徴もない主人公オリーヴは友人のリーについた、彼氏とエッチをしたという嘘が学校中に広まり、一気に目立つ存在となる。オリーヴが目立つ存在となるとゲイのブランドンが、ゲイということをごまかすべく「俺ともエッチをしたことにしてくれないか?」と懇願してくる。仕方なくオリーヴはそのような演技をすることに。そのことをきっかけにさらに尻軽女としてのイメージがついてしまうオリーヴ。そしてさらに、そのような「エッチをしたことにしてほしい」という願いが一部の男子から殺到し、オリーヴのイメージはどんどん悪くなってしまう。
監督:ウィル・グラック 出演者:エマ・ストーン(オリーヴ)、ペン・バッジリー(トッド)、アマンダ・バインズ(マリアンヌ) ほか

「40歳からの家族ケーカク」のネタバレあらすじ結末

40歳からの家族ケーカクの紹介:2012年アメリカ映画。倦怠期を迎えたのかセックスもお互いの考え方も食い違って来た40歳を迎えるピートと妻デビーが家族のあり方を互いに考えながら、3人目の新しい家族を迎える事になりその親たちと娘二人の様々な問題を解決していく物語です。
監督:ジャド・アパトー 出演:ポール・ラッド(ピート)、レスリー・マン(デビー)、ジョン・リスゴー(オリヴァー)、ミーガン・フォックス(デジー)、アルバート・ブルックス(ラリー)、ほか

「斉木楠雄のΨ難」のネタバレあらすじ結末

斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)の紹介:2017年日本映画。ピンクの頭に不思議なアンテナ、生まれた時から超能力を操る青年斉木楠雄。ただ普通の生活を送りたいだけなのに、彼の周りは常に騒々しい。そしてそんな彼の生活に追い打ちをかけるように学園祭が始まろうとしていた。週刊少年ジャンプで人気の同名漫画『斉木楠雄のΨ難』が同じく漫画原作で大ヒットを飛ばした「銀魂」の監督福田雄一で実写映画化。脱力系超能力ムービーとしてスクリーンに登場する。
監督:福田雄一 出演:山崎賢人(斉木楠雄)、橋本環奈(照橋心美)、新井浩文(燃堂力)、吉沢亮(海藤瞬)、笠原秀幸(灰呂杵志)、賀来賢人(窪谷須亜蓮)、ムロツヨシ(蝶野雨緑)、佐藤二朗(神田品助)、内田有紀(斉木久留美)、田辺誠一(斉木國春)、ほか

「ミックス。」のネタバレあらすじ結末

ミックス。の紹介:2017年日本映画。「リーガルハイ」などで知られる脚本家、吉沢良太待望の最新作。新垣結衣、瑛太ら豪華キャストで送る卓球ラブコメディ。元天才卓球少女の主人公、富田多美子は、恋人の会社の卓球部のエース江島晃彦を同じく会社の卓球部の小笠原愛莉に寝取られてしまう。田舎へ逃げ帰った多美子は、打倒江島愛莉ペアを目指し、全日本卓球選手権大会男女混合ダブルスの部に出場することを決意する。
監督:石川淳一 出演:新垣結衣(富田多美子)、瑛太(萩原久)、瀬戸康史(江島晃彦)、永野芽郁(小笠原愛莉)、広末涼子(吉岡弥生)、佐野勇斗(佐々木優馬)、遠藤憲一(落合元信)、落合美佳(田中美佐子)

「キスキス,バンバン」のネタバレあらすじ結末

キスキス,バンバンの紹介:2005年アメリカ映画。ロバート・ダウニー・Jr.の復活作とも言われている一作。そんなロバートが演じるのは、巻き込まれ型の泥棒!?テンポよく進んでいくストーリーも爽快感がある良作。
監督:シェーン・ブラック 出演:ロバート・ダウニー・Jr(ハリー・ロックハート)、ヴァル・キルマー(ペリー)、ミシェル・モナハン(ハーモニー・フェイス・レイン)、コービン・バーンセン(ハーラン・デクスター)、ほか

「電話で抱きしめて」のネタバレあらすじ結末

電話で抱きしめての紹介:2000年アメリカ映画。電話で繋がる家族を描いたコメディ&ドラマ作品。3人姉妹の次女イヴは、認知症になった父親の世話を押し付けられ孤軍奮闘していた。姉も妹もほとんど父に関心が無く、それどころかトラブルを持ち込む始末。疲れ果てたイヴはやがて精神的に限界を迎えてしまう。名優ウォルター・マッソーの遺作ともなった。
監督:ダイアン・キートン 出演者:メグ・ライアン(イヴ)、ダイアン・キートン(ジョージア)、リサ・クドロー(マディ)、ウォルター・マッソー(ルウ)、クロリス・リーチマン(パット)ほか

「最高の贈りもの」のネタバレあらすじ結末

最高の贈りものの紹介:2013年アメリカ映画。プロアメフトプレーヤーのランスを夫に持つミアの要望で、旧友達がクリスマスパーティーに招待された。ランスとのわだかまりを残したままの作家ハーパーと妻で妊娠中のロビン、放送局の幹部にのしあがったキャリアウーマンのジョーダン、悪名高いセレブママとして名を馳せるシェルビー、気ままな独身貴族クウェンティン、シェルビーに貞操を狙われる事業家ジュリアンと妻で元風俗嬢のキャンディス。彼らと子供達の楽しい休日となるはずが、秘密、焦り、誘惑を前に互いの友情を試されることになる…。
監督:マルコム・D・リー 出演:テイ・ディグス、ニア・ロング、モリス・チェスナット、ハロルド・ペリノー、サナ・レイサン、テレンス・ハワード、ほか

「ポリスアカデミー’94 モスクワ大作戦!!」のネタバレあらすじ結末

ポリスアカデミー’94/モスクワ大作戦!!の紹介:1994年アメリカ映画。別題:ポリスアカデミー777(ラッキーセブン)/モスクワ大作戦!!。人気ポリス・ギャクコメディシリーズ第7弾にして完結編となる今作は、お馴染みポリスアカデミーの名物校長ラサールと卒業生たちがロシアのマフィアを追ってモスクワに乗り込み騒動を巻き起こす姿を描いています。
監督:アラン・メッター 出演者:ジョージ・ゲインズ(エリック・ラサール)、デヴィッド・グラフ(ユージン・タックルベリー)、マイケル・ウィンスロー(ラーヴェル・ジョーンズ)、G・W・ベイリー(サデウス・ハリス)、クリストファー・リー(アレクサンドル・ニコラエフ・ラコフ)ほか

「新ポリスアカデミー バトルロイヤル」のネタバレあらすじ結末

新ポリスアカデミー/バトルロイヤルの紹介:1989年アメリカ映画。別題:ポリスアカデミー6/バトルロイヤル。人気ポリス・ギャクコメディシリーズ第6弾は、街で相次ぐ強盗事件を解決するため、お馴染みポリスアカデミーの卒業生たちが警察内部の情報漏洩などに遭いながらも立ち向かっていきます。
監督:ピーター・ボナーズ 出演者:ババ・スミス(モーゼス・ハイタワー)、ジョージ・ゲインズ(エリック・ラサール)、デヴィッド・グラフ(ユージン・タックルベリー)、マイケル・ウィンスロー(ラーヴェル・ジョーンズ)、マット・マッコイ(ニック・ラサール)ほか

「金メダル男」のネタバレあらすじ結末

金メダル男の紹介:2016年日本映画。ウッチャンナンチャンの内村光良が2011年に上演した一人舞台『東京オリンピック生まれの男』をベースに自ら監督・脚本・主演を務めて映画化した作品で、あらゆるもの全てで“一等賞”を目指した男の半生を描いています。
監督:内村光良 出演者:内村光良(秋田泉一)、知念侑李(若き日の秋田泉一)、木村多江(亀谷頼子)、ムロツヨシ(村田俊太郎)、土屋太鳳(横井みどり)、平泉成(秋田留一)、宮崎美子(秋田房江)、笑福亭鶴瓶(難波寅太)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 32
TOP↑