コメディ映画のネタバレ

「あぜ道のダンディ」のネタバレあらすじ結末

あぜ道のダンディの紹介:2010年日本映画。光石研が33年ぶりに主演を務めた作品です。とても演技力のある俳優さんなので、冴えない中年男の役が彼に乗り移ったように見えます。しかし彼にはかけがえのない親友がおり、けんかばかりしていますが、彼がいることによってだいぶ救われています。お父さんの気持ちを分かってあげてくれ!と子供に言いたくなる前半ですが、後半で子供は子供で言えない想いを抱えていたことを知ります。このお父さんはしばしば現実逃避のために夢をみます。その夢の内容がかわいらしく、特に後半家族で「ウサギのダンス」を踊る夢は必見です。
監督:石井裕也  出演者: 光石研(宮田淳一)、田口トモロヲ(真田)、森岡龍(宮田俊也)、阿部純子(宮田桃子)、岩松了(医師)、西田尚美(宮田美穂)、ほか

「ジングル・オール・ザ・ウェイ」のネタバレあらすじ結末

ジングル・オール・ザ・ウェイの紹介:1996年アメリカ映画。愛する息子ジェイミーの信頼を得るために、約束したクリスマス・プレゼント用の人形を手に入れるため、クリスマス・イヴで賑わう街を悪戦苦闘する父親ハワードの姿を描いたハートフル・ホーム・コメディ映画です。主演のアーノルド・シュワルツェネッガーは、この作品でゴールデン・カメラ賞インターナショナルベストアクター賞(1997年)を受賞しました。
監督:ブライアン・レヴァント 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(ハワード・ラングストン)、シンバッド(マイロン・ララビー)、フィル・ハートマン(テッド・マルティン)、リタ・ウィルソン(リズ・ラングストン)、ロバート・コンラッド(ハンメル巡査)ほか

「グッバイ、レーニン!」のネタバレあらすじ結末

グッバイ、レーニン!の紹介:2003年ドイツ映画。東西ドイツ統一をテーマに、社会主義を支持する母親にショックを与えないように、ベルリンの壁崩壊後も東ドイツの変化を隠そうとアレックスは友人達と計画します。悲劇的な結末をコミカルに描いたコメディです。
監督:ヴォルフガング・ベッカー 出演者:ダニエル・ブリュール(アレクサンダー・ケルナー)、カトリーン・ザース(クリスティアーネ・ケルナー)、チュルパン・ハマートヴァ(ララ)ほか

「大逆転」のネタバレあらすじ結末

大逆転の紹介:1983年アメリカ映画。敏腕トレーダーウィンソープは、一流の大学を出て上流階級の生活を楽しみ貧困とは無縁だった。その雇い主であるデューク兄弟は戯れから、貧困のどん底に居るビリーと立場を入れ替えて、二人を使った社会実験を行う。ウィンソープは復讐の為、ビリーは得たチャンスを守る為に、二人は協力して兄弟に立ち向かう。ダン・エイクロイド、エディ・マーフィー競演のコメディ映画。
監督:ジョン・ランディス 出演:ダン・エイクロイド(ウィンソープ)、エディ・マーフィ(ビリー・レイ・バレンタイン)、デンホルム・エリオット(コールマン)、ジェイミー・リー・カーティス(オフェーリア)、ほか

「ブルース・ブラザース」のネタバレあらすじ結末

ブルース・ブラザースの紹介:1980年アメリカ映画。「アニマル・ハウス」の大ヒットで一躍注目されたジョン・ランディス監督が潤沢な製作費を得て演出したミュージカル・コメディの傑作。日本でも高い評価を受け、この手の喜劇としては珍しくキネマ旬報のベストテンに入選した。
監督:ジョン・ランディス 出演:ジョン・ベルーシ(ジェイク・ブルース)、ダン・エイクロイド(エルウッド・ブルース)、キャリー・フィッシャー(謎の女)、アレサ・フランクリン(マット・マーフィの妻)、レイ・チャールズ(レイ)ほか

「俺たち賞金稼ぎ団」のネタバレあらすじ結末

俺たち賞金稼ぎ団の紹介:2014年日本映画。舞台の公演資金を稼ぐため、指名手配犯に懸けられた報奨金目当てに、しがない劇団の団員達が指名手配犯捜しに奔走するドタバタのコメディー作品。期待の若手俳優が出演する「TOEI HERO NEXT」シリーズ第4弾の作品です。
監督:坂本浩一 出演者:竜星涼(竜也)、斉藤秀翼(黒田賢)、金城大和(青木純蔵)、塩野瑛久(緑慎太郎)、今野鮎莉(桜川カオリ)、丸山淳史(金原寿郎)、杉本有美(安藤リコ)ほか

「キャノンボール」のネタバレあらすじ結末

キャノンボールの紹介:1980年アメリカ,香港映画。コネチカット州ダーリンからロサンゼルス郊外のレドンドビーチを目指し、北米大陸横断レースが始まる。各参加者たちは自慢の愛車に乗り込み、あちこちで待ち構える警察の取り締まりをかいくぐり、無事フィニッシュすることができるのか・・・
監督:ハル・ニーダム 出演:バート・レイノルズ(J・J・マクルーア)、ジャッキー・チェン(ジャッキー・チェン)、ロジャー・ムーア(シーモア・ゴ-ルドファーブ・Jr)、ファラ・フォーセット(パメラ・グローヴァー)、ほか

「フィッシャー・キング」のネタバレあらすじ結末

フィッシャー・キングの紹介:1991年アメリカ映画。自らの発言が発端で銃乱射事件が起きた事から、すっかり落ちぶれてしまった元人気DJが、ホームレスとの出会いを通して人生と愛を見つめ直していくヒューマン・ドラマ。ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。
監督:テリー・ギリアム 出演者:ジェフ・ブリッジス(ジャック・ルーカス)、ロビン・ウィリアムズ(パリー)、マーセデス・ルール(アン)、アマンダ・プラマー(リディア)ほか

「人生万歳!」のネタバレあらすじ結末

人生万歳!の紹介:2009年アメリカ映画。ウディ・アレン監督40作品目の作品で、『メリンダとメリンダ』以来となる、ニューヨークを舞台にした作品。コメディ映画。くたびれた中年男性と若い娘の奇妙な恋愛模様を映し出す。
監督:ウディ・アレン 出演:ラリー・デヴィッド(ボリス)、エヴァン・レイチェル・ウッド(メロディ)、パトリシア・クラークソン(マリエッタ)、ヘンリー・カヴィル(ランディ)、ほか

「ムービー43」のネタバレあらすじ結末

ムービー43の紹介:2013年アメリカ映画。ある映画製作会社に一人の男が現れる。男はその会社のプロデューサーにいくつかの映画の脚本を持参していた。しかしそのどれもが酷い出来でプロデューサーはことごとく却下。しかしそれが男をある行動に駆り立ててしまう。ヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレットを始めとする豪華俳優陣が集結したコメディ。
監督:ピーター・ファレリー、グリフィン・ダン、ブレット・ラトナー、スティーブン・ブリル、エリザベス・バンクス、ジェームズ・ガン、ウィル・グラハム 出演:ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ジャックマン、クリス・プラット、アンナ・ファリス、エマ・ストーン、ユマ・サーマン、クリステン・ベル、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、リチャード・ギア、クロエ・グレース・モレッツ、ナオミ・ワッツ、テレンス・ハワード ほか

「名探偵再登場」のネタバレあらすじ結末

名探偵再登場の紹介:1978年アメリカ映画。「名探偵登場(1976年)」の姉妹編となるハードボイルド・コメディ作品。製作陣と出演者の一部は続投しているが、内容は全くの別物となっている。相棒が殺害された事件をきっかけに、私立探偵ルー・ペキンポーの前に奇妙な依頼人が次々現れる。やがて彼はある美術品の争奪戦に巻き込まれ、その上美女達からの誘惑も受け、事態は混乱を極めていく。
監督:ロバート・ムーア 出演:ピーター・フォーク(ルー・ペキンポー)、アイリーン・ブレナン(ベティ・ド・ブープ)、シド・シーザー(エズラ・デザイア)、ジェームズ・ココ(マルセル)ほか

「名探偵登場」のネタバレあらすじ結末

名探偵登場の紹介:1976年アメリカ映画。世界中に名を馳せる5人の名探偵が、「殺人晩餐会」の招待状を受け取り豪邸に集まった。彼らは屋敷の主人から名誉と賞金を賭けた知恵比べを挑まれる。探偵達は自信満々に推理を披露していくが、真実は彼らを嘲笑うのだった。有名探偵小説の名探偵をパロディ化し一堂に集めたコメディ&ミステリー。
監督:ロバート・ムーア 出演者:トルーマン・カポーティ(ライオネル・トウェイン)、ピーター・フォーク(サム・ダイヤモンド)、デヴィッド・ニーヴン(ディック・チャールストン)、ピーター・セラーズ(シドニー・ワン)ほか

「セックス・アンド・ザ・シティ2」のネタバレあらすじ結末

セックス・アンド・ザ・シティ2の紹介:2010年アメリカ映画。キャリーの劇的な結婚式から2年の月日が経った頃、キャリーの友人スタンフォードが犬猿の仲だと思っていたアンソニーと結婚した。そんな幸せ絶頂の二人とは裏腹にキャリー、サマンサ、シャーロットそしてミランダの4人はそれぞれの悩みと葛藤していた。そんなある日サマンサの元にある人物から連絡が入る。かつてサマンサが愛したスミス、そして彼の再会から何故か4人はアブダビへと旅をすることになった。人気ドラマシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」の映画化第2弾。
監督:マイケル・パトリック・キング 出演:サラ・ジェシカ・パーカー(キャリー・ブラッドショー)、キム・キャトラル(サマンサ・ジョーンズ)、クリスティン・デイヴィス(シャーロット・ヨーク)、シンシア・ニクソン(ミランダ・ホッブス)、ほか

「滝を見にいく」のネタバレあらすじ結末

滝を見にいくの紹介:2014年日本映画。「南極料理人」などを制作した沖田修一の監督脚本作品。出演者は全員オーディションをして、演技経験のない素人を含む7人が抜擢されました。「40歳以上の女性ならどなたでも」という条件の元、集まった女性たちがおもしろくもせつない演技をして、見る人たちを魅了した作品です。独特の作風で、素人の女性を使っていることが、かえって現実的でおもしろい映画に仕上がっています。紅葉を見にきたはずのおばさんたちが、頼りないガイドのせいで道に迷ってしまいます。山に取り残された女性たちは、やがて本性を表し始め、泣いたり笑ったりの騒動を巻き起こします。
監督:沖田修一 出演者:根岸遥子(根岸純子)、安澤千草(谷由美子)、荻野百合子(関本百合子)、桐原三枝(桑田三枝)、川田久美子(田丸久美子)、徳納敬子(花沢敬子)、渡辺道子(三角道子)、黒田大輔(ツアーガイド)

「六月燈の三姉妹」のネタバレあらすじ結末

六月燈の三姉妹(ろくがつどうのさんしまい)の紹介:2013年日本映画。鹿児島県鹿児島市の商店街の和菓子さん一家の様子をホームドラマとして描いています。経営不振に陥っているお菓子屋さん「とら屋」が起死回生に向けて新しいお菓子を編み出していきます。寂れつつある商店街の、それでも元気に頑張って盛り上げていこうという人々の活気も描いています。この「とら屋」の家族長谷部他とは違って、少し複雑な関係性でつながっており、そのことで展開におもしろさが増しており、ストーリーもしっかりしています。いつも癖のある役か悪役ばかり演じている津田寛治さんが、今回ばかり誠実で一途な役を演じているのが印象的です。
監督:佐々部清 出演者: 吹石一恵(平川奈美江)、吉田羊(中薗 静江)、徳永えり(中薗 栄)、津田寛治(平川徹)、市毛良枝(中薗 惠子)、西田聖志郎(有馬 眞平)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 19
TOP↑