コメディ映画のネタバレ

「最高殊勲夫人」のネタバレあらすじ結末

最高殊勲夫人の紹介:1959年日本映画。野々宮家と三原家の兄弟同士の恋愛結婚が二度も繰り返されました。どうせならトリプル結婚をと狙う長女の企てで、今度は末っ子たちが引き合いに出されますが、当事者二人はたまったもんじゃないと同盟を組みます。ところが、次第に惹かれあってゆく若い二人。幾多の障害を乗り越えて、二人の選んだ結末は一体なんなのでしょうか。
監督:増村保造 出演者:野々宮杏子(若尾文子)、三原三郎(川口浩)、三原桃子(丹阿弥谷津子)、三原一郎(船越英二)、野々宮林太郎(宮口精二)ほか

「ちょんまげぷりん」のネタバレあらすじ結末

ちょんまげぷりんの紹介:2010年日本映画。荒木源の小説を映画化したもので、錦戸亮(関ジャニ∞)扮する江戸時代の侍が現代にタイムスリップし、シングルマザーとの出会いを経てお菓子作りに目覚めていく様を描く人情コメディーです。
監督:中村義洋 出演者:錦戸亮(木島安兵衛)、ともさかりえ(遊佐ひろ子)、鈴木福(遊佐友也)、今野浩喜(田中くん)、堀部圭亮(城崎)ほか

「家族ゲーム」のネタバレあらすじ結末

家族ゲームの紹介:1983年日本映画。本間洋平の同名小説の映画化作品で、その斬新な演出や作風で大きな話題を巻き起こした作品です。松田優作演じる変わり者の家庭教師が、受験生を抱える家庭にもたらす騒動を描いています。鹿賀丈史や長渕剛、櫻井翔(嵐)の主演で3度テレビドラマ化もされています。
監督:森田芳光 出演者:松田優作(吉本勝)、宮川一朗太(沼田茂之)、伊丹十三(沼田孝助)、由紀さおり(沼田千賀子)、辻田順一(沼田慎一)ほか

「図鑑に載ってない虫」のネタバレあらすじ結末

図鑑に載ってない虫の紹介:2007年日本映画。「あのさ、悪いんだけど、一回死んでくれない?」唐突な始まり方に度肝を抜かれつつも、ビビッドな世界観、独特なギャグセンスにぐいぐい引き込まれる中毒性の高い作品です。それを飲むと一度死んで、生き返れるという「死ニモドキ」を探して、あっちへこっちへ奔走するハイスピードコメディです。
監督:三木聡 出演者:俺(伊勢谷友介)、エンドー(松尾スズキ)、サヨコ(菊池凛子)、目玉のおっちゃん(岩松了)、チョロリ(ふせえり)ほか

「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のネタバレあらすじ結末

トム・ジョーンズの華麗な冒険の紹介:1963年イギリス映画。ヘンリー・フィールディングの小説「トム・ジョーンズ」を基に製作された作品で、親に捨てられた男が、数奇な運命のもと真実の愛を追い求めて冒険を繰り広げる姿をコメディタッチで描いた活劇です。
監督:トニー・リチャードソン 出演者:アルバート・フィニー(トム・ジョーンズ)、スザンナ・ヨーク(ソフィー・ウェスターン)、ヒュー・グリフィス(大地主ウェスターン)、リン・レッドグレイヴ(スーザン)、ジョーン・グリーンウッド(レディ・ベラーストン)ほか

「アナライズ・ユー」のネタバレあらすじ結末

アナライズ・ユーの紹介:2002年アメリカ映画。1999年に公開されたコメディ映画「アナライズ・ミー」の続編です。前作で服役していた精神を病む元マフィアのボスと、彼の主治医である精神科医が巻き起こす騒動を描いています。
監督:ハロルド・ライミス 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ポール・ヴィッティ)、ビリー・クリスタル(ベン・ソベル)、リサ・クドロー(ローラ・ソベル)、ジョー・ヴィテレリ(ジュリー)、キャシー・モリアーティ(パティー・ロプレスティ)ほか

「アナライズ・ミー」のネタバレあらすじ結末

アナライズ・ミーの紹介:1999年アメリカ映画。パニック障害を患ったマフィアのボスと、無理やり彼の主治医にさせられた精神科医の奇妙な関係を描いたコメディの第1弾です。2002年には続編「アナライズ・ユー」が公開されています。
監督:ハロルド・ライミス 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ポール・ヴィッティ)、ビリー・クリスタル(ベン・ソベル)、リサ・クドロー(ローラ・マクナマラ)、チャズ・パルミンテリ(プリモ・シンドーネ)、ジョー・ヴィテレリ(ジェリー)ほか

「ローリング」のネタバレあらすじ結末

ローリングの紹介:2015年日本映画。教え子の容子を盗撮した事件で地元を後にした元教師の権藤と、彼に連れてこられたキャバクラ嬢のみはり、そして男の元教え子だった貫一の3人の出会いで思わぬ騒動が引き起こされていく。
監督:冨永昌敬 出演:三浦貴大(貫一)、柳英里紗(みはり)、川瀬陽太(権藤)ほか

「SEXテープ」のネタバレあらすじ結末

SEXテープの紹介:2014年アメリカ映画。関係の冷え切った夫婦が寄りを戻そうと撮影したセックスの動画がひょんなことから流出してしまい、大騒動になる様を描いたお色気ドタバタコメディです。
監督:ジェイク・カスダン 出演者:キャメロン・ディアス(アニー)、ジェイソン・シーゲル(ジェイ)、 ロブ・コードリー(ロビー)、エリー・ケンパー(テス)、ロブ・ロウ(ハンク・ローゼンバーグ)ほか

「パーフェクト・プロファイラー」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛の紹介:2016年韓国映画。ドラマ「シークレット・ガーデン」や「ファン・ジニ」などで知られる女優ハ・ジウォン主演。落ち目の女流作家が一目惚れしたのは、アメリカから来たFBIの敏腕プロファイラー。恋の到来にときめく彼女だったが、ある時、彼が連続女性殺人事件の犯人かもしれないという証拠をつかんでしまい…という、あり得ないシチュエーションのドタバタ・ラブコメディー。共演は日本でも活躍している台湾の俳優チェン・ボーリン。
監督:ソン・ミンギュ 出演者:ハ・ジウォン(ハン・ジェイン)、チョン・ジョンミョン(ソル・ロクファン)、チェン・ボーリン(ジェイソン・チェン)、オ・ジョンセ(ホ・ジョング)、チョン・ヘギョン(事務所社長)、ユン・ソヒ(ジェインの妹)ほか

「素敵なサプライズ」のネタバレあらすじ結末

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店の紹介:2015年オランダ映画。人生に何の意味も見出せず、虚しい毎日を生きる大富豪の男。ふとしたきっかけで、“生涯でたった一度の旅”を請け負う代理店の存在を知る。男が依頼したのは、「サプライズな死」。だが、1人の美しい女性と知り合ったことで、色あせた日々が徐々に輝き始める。オランダの国民的人気コメディアン、イェルン・ファン・コーニングスブルッヘが悩み多き大富豪を演じる、ブラック・ユーモアたっぷりのシニカル・コメディ。
監督:マイク・ファン・ディム 出演:イェルン・ファン・コーニングスブルッヘ(ヤーコブ)、エリザベス・アンダーセン(ヤーコブの母)、ジョルジナ・フェルバーン(アンネ)、ヤン・デクレール(ムラ―)、ヘンリー・グッドマン(Mr.ジョーンズ)、テイマー・バルーク(マリッサ)ほか

「イタリアは呼んでいる」のネタバレあらすじ結末

イタリアは呼んでいるの紹介:2014年イギリス映画。プライベートでも仲の良いコメディアン二人が、本人役でグルメ取材でイタリアを回る作品。基本的にゆったりとした展開だが、人気コメディアンのキレのあるギャグが光る一面も多数。
監督:マイケル・ウィンターボトム 出演:スティーヴ・クーガン(スティーヴ)、ロブ・ブライドン(ロブ)、クレア・キーガン(エマ)、ロージー・フェルナー(ルーシー)、マルタ・バリオ(ヨランダ)、ティモシー・リーチ(ジョー)

「セトウツミ」のネタバレあらすじ結末

セトウツミの紹介:2016年日本映画。原作者・此元和津也による、大阪の高校生2人が川辺でただ会話劇を繰り広げるだけの漫画を映画化。監督は、「まほろ駅前多田便利軒」などを手がける大森立詞。出演者は、今旬の俳優、菅田将暉・池松壮亮がダブル主演を努めます。
監督:大森立詞 出演:池松壮亮(内海想)、菅田将暉(瀬戸小吉)、中条あやみ(樫村一期)、成田瑛基(鳴山)

「フィラデルフィア物語」のネタバレあらすじ結末

フィラデルフィア物語の紹介:1940年アメリカ映画。ブロードウェイの舞台劇の映画化作品で、フィラデルフィアの上流階級の令嬢を巡って恋人と前の夫との恋の駆け引きを描いています。
監督:ジョージ・キューカー 出演者:キャサリン・ヘプバーン(トレイシー・ロード)、ケーリー・グラント(デクスター・ヘイヴン)、ジョン・ハワード(ジョージ・キットリッジ)、ジェームズ・スチュワート(マコーレイ・コナー)、ルース・ハッセイ(エリザベス・イムブリー)ほか

「マフィアは夏にしか殺らない」のネタバレあらすじ結末

マフィアは夏にしか殺らないの紹介:2013年イタリア映画。1970年代のシチリアを舞台に、フローラへの恋心を胸に成長していくアルトゥーロ。マフィアの抗争にまつわる暗黒時代の史実を交えながら描くヒューマンコメディ。本作に出てくる政治家やマフィアは実在の人物で、特に最後のデモのきっかけとなった2人の判事は、現在のパレルモ空港の正式名称にもなっている。イタリア・アカデミー賞やイタリア映画記者賞で見事新人監督賞を受賞し、2016年にはTVドラマ化され大ヒットを記録した、ピフことピエルフランチェスコ・ディリベルト監督の初監督作品。
監督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト 出演:ピフ(アルトゥーロ)、クリスティアーナ・カポトンディ(フローラ)、アレックス・ビスコンティ(幼少期のアルトゥーロ)、ジネヴラ・アントーナ(幼少期のフローラ)、クラウディオ・ジョエー(フランチェスコ)、エンツォ・サロモーネ(ロッコ・キンニーチ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 26
TOP↑