コメディ映画のネタバレ

「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のネタバレあらすじ結末

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!の紹介:2007年イギリス映画。90年代から2000年にかけて世界中で大人気を得たイギリス版、変なおじさんこと”Mr.ビーン”。強烈キャラクターが生み出すコメディードラマの劇場版作品の第2段となるこの作品はイギリスを飛び出してフランスでハチャメチャビーン節が大炸裂。ロシア人少年とフランス人女性と織りなす言葉と年齢の差を超えたコメディーストーリーは笑いは勿論どこかほっこりともするような作品です。
監督:スティーヴ・ベンデラック 出演:ローワン・アトキンソン(Mr.ビーン)、エマ・ドゥ・コーヌ(サビーヌ)、ウィリアム・デフォー(カーソン・クレイ)、カレル・ローデン(エミール・ダチェフスキー)、マックス・ボルドリー(ステファン)

「キアヌ」のネタバレあらすじ結末

キアヌの紹介:2016年アメリカ映画。凶悪な殺し屋、怪しいドラッグディーラー、恋人に振られた映画オタク、そんな大人のオトコ達が、可愛らしい一匹の子猫を奪い合って命がけの争奪戦を繰り広げる爆笑コメディ。アメリカで大人気の黒人コメディアン・コンビ、キーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピール主演。失恋に落ち込む映画大好き青年のレルは、拾った子猫に「キアヌ」と名付けて可愛がる。ところがキアヌは、ギャングのボスが溺愛していたペットだった。子猫キアヌの声をキアヌ・リーヴスが担当している。
監督:ピーター・アテンチオ 出演者:キーガン=マイケル・キー(レル/オイル)、ジョーダン・ピール(クラレンス/スモーク)、メソッド・マン(チェダー)、ティファニー・ハディッシュ(ハイC)、ルイス・グスマン(ベーコン)、ニア・ロング(ハンナ)、キアヌ・リーヴス(キアヌ/声のみ)、ほか

「トラブル・マリッジ」のネタバレあらすじ結末

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合の紹介:2006年アメリカ映画。建築デザイナーとして働くカールはモリーとの結婚式をハワイで盛大にあげました。モリーはカールの務める会社社長トンプソンの一人娘です。娘を取られた嫉妬からトンプソンはカールに冷たく当たっていました。ですがカールはモリーのためにひたすら耐えます。新婚生活が始まりましたが、職を失い住む場所もないカールの親友デュプリーをしばらくの間新居に住ませる事になり…。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 出演:オーウェン・ウィルソン(ランディ・デュプリー)、ケイト・ハドソン(モリー・パターソン)、マット・ディロン(カール・パターソン)、マイケル・ダグラス(トンプソン氏)、セス・ローゲン(ニール)、ほか

「釣りバカ日誌5」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌5の紹介:1992年日本映画。ハマちゃんの愛児 鯉太郎はもう少しで一歳。一人で動き回り目が離せません。そんな時ハマちゃんの母が上京。鯉太郎を母に預けて、みち子さんは同窓会に出かけます。ところが母がぎっくり腰になってしまい、ハマちゃんは鯉太郎をつれて会社に行くはめに。そこで、鯉太郎が行方不明になり、会社中が大騒ぎ。ハマちゃんは騒ぎの責任を取り、丹後半島のスッポン養殖場の係に転勤。ハマちゃんは、この丹後半島でみち子さんと鯉太郎と生活することを決断するが、寂しくなるスーさんはどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、中本賢(太田八郎)、戸川純(恵)、乙羽信子(浜崎たき)ほか

「釣りバカ日誌4」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌4の紹介:1991年日本映画。ハマちゃんの所属する営業三課長にスーさんの甥・宇佐美和彦が配属されてきた。なんと、彼は仕事よりも釣りと家庭を大事にするハマちゃんに憧れます。そんな和彦が釣り船のはっちゃんの妹 町子と恋仲になり、かけおちしてしまう。ハマちゃんが連れ戻しに和歌山に、その後をスーさんが追います。みち子さんも出産が近づいている、さてどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、谷啓(佐々木和男)、尾美としのり(宇佐美和彦)、佐野量子(太田町子)、ほか

「釣りバカ日誌3」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌3の紹介:1990年日本映画。スーさんは、子どもが出きないと元気りのないハマちゃんを誘って伊豆の上伊豆町星ヶ浦に釣りにやってきた。そこで、先導さんから同船を求められて乗り込んだ女性が雪子でした。彼女の釣りの腕に関心したことから仲良くなる。なんと雪子、はスーさんの昔の恋人の娘だった。雪子はスーさんが本当の父親ではないかと思っています。ハマちゃんとみち子さんも、疑ってスーさんに攻め寄ります。真相はどうなのか、浜崎家に、あかちゃんは誕生するのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(みち子)、谷啓(佐々木課長)、五月みどり(雪子)、戸川純(恵)、ほか

「釣りバカ日誌2」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌2の紹介:1989年日本映画。スーさんが失踪した。奥さんから頼まれてハマちゃんは愛知県渥美半島に探しに行きます。浜辺で心臓発作を起こしたスーさんは、旅行中の女性に助けられます。二人がホテルの一室でいるところをハマちゃんに見られてしまう。とっさにスーさんは、彼女を自分の娘だと嘘をつきます。このう嘘が会社を巻き込む騒動になります。ハマちゃんとスーさんの友情はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、原田美枝子(間宮弥生)、谷啓(佐々木課長)、ほか

「釣りバカ日誌」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌の紹介:1988年日本映画。釣りバカ日誌シリーズ1作目。鈴木建設の高松始点から東京本社に転勤して来た浜崎伝助ことハマちゃんは、仕事や出世にまるで興味がない万年平社員。愛妻美智子さんと釣りをなによりも大事にしています。転勤初日から遅刻するありさまです。ひょんなことから、寂しそうな初老の男性と知り合い、釣りの師弟関係を結びますが、その老人はハマちゃんの勤める鈴木建設の社長・鈴木一之助・スーさんだった。そんなことはつい知らず、ハマちゃんとスーさんはとの友情が深まります。しかし、会社で二人が出会い、お互いのことを知ります。さて二人の友情はどうなるのでしょうか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之肋)、石田えり(浜崎みち子)、山瀬まみ(久美子)、谷啓(佐々木和男)、ほか

「バッド・ママ」のネタバレあらすじ結末

バッド・ママの紹介:2016年アメリカ映画。主婦業に追われながら忙しい日々を過ごしていたエミリーは体力も気力も限界寸前。そんな中旦那の浮気が発覚、子供たちはいうことを聞かず、ママでいる自信がなくなったエミリーは、「良いママ」のふりをやめて自分らしくいる決意をし動き始めます。
監督:ジョン・ルーカス、スコット・ムーア 出演:ミラ・クニス、クリステン・ベル、キャスリン・ハーン、アニー・マモロー、ジェイダ・ピンケット・スミス、ほか

「ブロンズ!私の銅メダル人生」のネタバレあらすじ結末

ブロンズ! ~私の銅メダル人生~の紹介:2015年アメリカ映画。オタクの日常を描いた海外ドラマ「ビッグバン・セオリー」のバーナデット役でブレイクしたメリッサ・ラウシュ。彼女が脚本・主演をつとめたハチャメチャ・コメディ。オリンピックの銅メダリストという過去にしがみつき、今でもスター気取りの元体操選手ホープ。口を開けば毒舌に下ネタ、何かと言えばキレまくるという危ない彼女にある日突然、50万ドルという遺産相続の話が舞い込むが…。「オデッセイ」(2015)や「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016)のセバスチャン・スタンが、マッチョな性悪コーチ役で強烈なインパクトを放っている
監督:ブライアン・バックリー 出演者:メリッサ・ラウシュ(ホープ・アナベル・グレゴリー)、セバスチャン・スタン(ランス・タッカー)、ヘイリー・ルー・リチャードソン(マギー・タウンゼント)、トーマス・ミドルディッチ(ベン・ラウフォート)、ゲイリー・コール(スタン・グレゴリー)、セシリー・ストロング(ジャニス・タウンゼント)ほか

「バッド・ティーチャー」のネタバレあらすじ結末

バッド・ティーチャーの紹介:2011年アメリカ映画。信じられないような身勝手な中学教師をキャメロンディアスが演じます。自分の容姿をフルに利用して次々と悪事を重ねて、裏の顔では真面目な教師を演じ玉の輿に乗ろうと日々努力をしていく中で最後には一番大切なものを見つけるまでを描いたコメディです。
監督:ジェイク・カスダン 出演:キャメロン・ディアス(エリザベス)、ジャスティン・ティンバーレイク(スコット)、ジェイソン・シーゲル(ラッセル)、ルーシー・パンチ(エイミー)、ジョン・マイケル・ヒギンズ(校長)、ほか

「ホタルノヒカリ」のネタバレあらすじ結末

映画 ホタルノヒカリの紹介:2012年日本映画。ひうらさとる原作漫画を2シーズンに渡るテレビドラマ放送から、その人気ゆえに映画版ホタルノヒカリとして製作された続編です。ドラマ版最終話から2年後、高野夫妻がローマへ新婚旅行にいくのですが、そこでまさかのドタバタ劇に巻き込まれていきます。
監督:吉野洋 出演者:綾瀬はるか(高野(雨宮)蛍)、藤木直人(高野誠一)、手越祐也(冴木優)、板谷由夏(二ツ木(山田)早智子)、安田顕(二ツ木昭司)、松雪泰子(冴木莉央)

「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」のネタバレあらすじ結末

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬の紹介:2011年イギリス映画。「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」はスパイコメディで「ジョニー・イングリッシュ」の続編映画です。コメディの王様ローワン・アトキンソンが主演で、スパイ映画としてストーリーがしっかりと出来ていて、とても楽しめます。こんなドジで間抜けな男がエージェントなわけがないと思いつつ、いつの間にか主人公を応援してしまいます。ハラハラドキドキもさせてくれて、とても出来の良い映画です。
監督:オリヴァー・パーカー 出演者:ローワン・アトキンソン(ジョニー・イングリッシュ)、シリアン・アンダーソン(パメラ・ソーントン)、ドミニク・ウェスト(サイモン・アンブローズ)、ロザムンド・パイク(ケイト・サマー)、ティム・マッキナリー(パッチ)、ほか

「キートンの大列車追跡」のネタバレあらすじ結末

キートンの大列車追跡の紹介:1926年アメリカ映画。南北戦争のアメリカで、北軍のスパイに恋人を愛車の機関車共々さらわれた機関士が取り戻すために奮闘する姿を描いたアクションコメディです。世界の三大喜劇王のひとりバスター・キートンが共同監督と主演を兼ねています。
監督:バスター・キートン、クライド・ブラックマン 出演者:バスター・キートン(ジョニー・グレイ)、マリオン・マック(アナベル)、グレン・キャベンダー(アンダーソン大尉)、ジョー・キートン、エルジン・レスリーほか

「桜蘭高校ホスト部」のネタバレあらすじ結末

桜蘭高校ホスト部の紹介:2012年日本映画。「映画 桜蘭高校ホスト部 」は、人気漫画を原作とした映画です。最初TBSでドラマ化されました。富豪の子息ばかりが通う桜蘭高校に、庶民でありながら成績優秀で奨学金をもらって通うこととなった女子高生が、桜蘭高校のホスト部の高価な壺を誤って割ってしまったことから、男性としてホスト部の一員として活動することになってしまいます。そのことで巻き起こる騒動をドラマに引き続き映画でも描いています。
監督:韓哲 出演者:川口春奈(藤岡ハルヒ)、山本裕典(須王 環)、竜星涼(猫澤 梅人)、中村昌也(銛之塚 崇)、千葉雄大(埴之塚 光邦 )、市川知宏(九瀬 猛 )、鈴木勝大(垂水隼人)、杉咲花(伽名月麗子)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 32
TOP↑