コメディ映画のネタバレ

「王妃の館」のネタバレあらすじ結末

王妃の館の紹介:2015年日本映画。名だたる有名人の泊まった王妃の館。そこへやって来たツアーには社運をかけたトンでもない計画が隠されていた。直木賞作家・浅田次郎の長編小説『王妃の館』を、橋本一監督(「相棒」シリーズ)が映画化。笑いあり涙ありの人間ドラマを描く。
監督:橋本一 出演:水谷豊(北白川右京)、田中麗奈(朝霧玲子)、吹石一恵(桜井香)、尾上寛之(戸川光男)、青木崇高(近藤誠)、ほか

「笑の大学」のネタバレあらすじ結末

笑の大学の紹介:2004年日本映画。脚本家である三谷幸喜の舞台用の戯曲である作品を映画用の脚本に書き直して制作されました。舞台のような臨場感あるやりとりが映画で楽しめる作品となっています。「笑い」を巡って、検閲官と喜劇作家の軽妙なやりとりが笑いを誘います。最初は対立していた二人ですが、攻防を続けるうちに二人には友情が芽生えます。見ている者をあっという間に作品の中に取り込んでしまう、三谷幸喜作品の中でも魅力ある作品の一つです。
監督:三谷幸喜 出演:役所広司(向坂睦男)、稲垣吾郎(椿一)、高橋昌也(制服警官)、小松政夫(青空寛太)、小橋めぐみ(ロミエット)、河野康夫(ジュリオ)、長江英和(石川三十五右衛門)、眞島秀和(貫一)、木村多江(お宮)ほか

「ゴーストバスターズ (2016年)」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ (2016)の紹介:2016年アメリカ映画。物理学の教授をしていたエリンは過去に幽霊に関する書物を出版していたこともありある幽霊屋敷の調査を依頼される。そして古くからの友人であるアビーと彼女の同僚ホルツマンの3人でその屋敷へと足を運んだ。そしてそこで見たものはとても美しい本物の幽霊の姿だった。本物を初めて見たことで興奮する3人だったが裏ではある人物による計画が始まっていた。1984年に公開され社会現象にもなった「ゴーストバスターズ」のリブート作品。
監督:ポール・フェイグ 出演:エリン・ギルバート(クリステン・ウィグ/友近)、アビー・イェーツ(メリッサ・マッカーシー/渡辺直美)、ジリアン・ホルツマン(ケイト・マッキノン)、パティ・トラン(レスリー・ジョーンズ)、ケヴィン(クリス・ヘムズワース)ほか

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

ジゴロ・イン・ニューヨークの紹介:2013年アメリカ映画。本屋を廃業した男と、職を転々としたあげく花屋でアルバイト中の男がポン引きとジゴロになって巻き起こす騒動。おかしくて、ちょっぴりせつない大人のラブストーリー。
監督:ジョン・タートゥーロ 出演:ジョン・タートゥーロ(フィオラヴァンテ)、ウディ・アレン(マレー)、ヴァネッサ・パラディ(アヴィガル)、リーヴ・シュレイバー(ドヴィ)、シャロン・ストーン(Dr.パーカー)、ほか

「指輪をはめたい」のネタバレあらすじ結末

指輪をはめたいの紹介:2011年日本映画。婚約指輪を渡そうとして記憶喪失になった主人公が、花嫁探しに奔走する恋のラビリンスを描いたラブ・ファンタジー。婚約指輪を渡そうとしていた相手がわかったときの、ちょっぴり切ないラストシーンが見どころとなっています。
監督:岩田ユキ 出演者:山田孝之(片山輝彦)、小西真奈美(住友智恵)、真木よう子(潮崎めぐみ)、池脇千鶴(鈴木和歌子)、二階堂ふみ(エミ)、ほか

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

ヤング・アダルト・ニューヨークの紹介:2014年アメリカ映画。作品作りに行き詰まっていたドキュメンタリー監督のジョシュは、若いジェイミーと交流するうちに突破口を開いたかのように見えたのだが……
監督:ノア・バームバック 出演:ベン・スティラー(ジョシュ)、ナオミ・ワッツ(コーネリア)、アダム・ドライヴァー(ジェイミー)、アマンダ・サイフリッド(ダービー)、チャールズ・グローディン(ブライトバート)、アダム・ホロヴィッツ(フレッチャー)、ほか

「ミート・ザ・ペアレンツ」のネタバレあらすじ結末

ミート・ザ・ペアレンツの紹介:2000年アメリカ映画。交際中のパムにプロポーズをしようとしていたグレッグ。途中彼女の妹から電話が入りプロポーズは失敗に終わる。さらに両親への挨拶が先だと知らされたグレッグは急遽パムの両親の元へ挨拶に訪れることに。しかしその当日グレッグは飛行機に乗る際に預けた荷物の紛失に始まりその行動がことごとく裏目に出てしまう。さらに彼女の父親の裏の顔も発覚する。
監督:ジェイ・ローチ 出演:グレッグ(ベン・スティラー) ジャック(ロバート・デ・ニーロ) パム(テリー・ポロ) ディナ(ブライス・ダナー) デビー(ニコル・デハッフ) ケヴィン(オーウェン・ウィルソン)ほか

「バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!」のネタバレあらすじ結末

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!の紹介:2012年アメリカ映画。おデブのベッキーがプロポーズされたことに驚くレーガン達。高校時代からの友人同士彼女のためにバチェロレッテを開くことになる。久しぶりに集まった4人。しかし当日彼女達の前に現れたストリッパーの一言でパーティは台無しになる。さらに酔った勢いでベッキーのウエディングドレスを破ってしまった。
監督:レスリー・ヘッドランド 出演:レーガン(キルステン・ダンスト)、ケイティ(アイラ・フィッシャー)、ジェナ(リジー・キャプラン)、ベッキー(レベル・ウィルソン)ほか

「俺はまだ本気出してないだけ」のネタバレあらすじ結末

俺はまだ本気出してないだけの紹介:2013年日本映画。自分探しのため、会社を辞めたバツイチ子持ちの主人公が、漫画家になるという夢を実現するため奮闘する様子をコメディタッチで描いた作品。青野春秋の漫画が原作となっています。
監督:福田雄一 出演者:堤真一(シズオ)、橋本愛(鈴子)、生瀬勝久(宮田)、山田孝之(市野沢)ほか

「タイピスト!」のネタバレあらすじ結末

タイピスト!の紹介:2012年フランス映画。1950年代のフランスを舞台に、都会に憧れて田舎から出てきたヒロインが “タイプライター早打ち世界一”を目指して奮闘するサクセス・ストーリー。
監督:レジス・ロワンサル 出演:ロマン・デュリス(ルイ・エシャール)、デボラ・フランソワ(ローズ・パンフィル)、ベレニス・ベジョ(マリー・テイラー)、ショーン・ベンソン(ボブ・テイラー)、ミュウ=ミュウ(マドレーヌ・エシャール)、ほか

「みんなのいえ」のネタバレあらすじ結末

みんなのいえの紹介:2001年日本映画。夫婦の新居建設を巡る騒動を描いたドタバタコメディ。素敵なマイホームを夢見る飯島夫妻は設計をインテリアデザイナーに、施工を大工である妻の父に依頼する。しかしアメリカ式にこだわるデザイナーと従来の様式を重んじる大工は全く意見が合わず、衝突ばかりを繰り返す。果たして無事に家は建つのか?三谷幸喜監督作品第2作目。
監督:三谷幸喜 出演者:唐沢寿明(柳沢英寿)、田中邦衛(岩田長一郎)、田中直樹(飯島直介)、八木亜希子(飯島民子)、白井晃(須賀)ほか

「ミセス・ダウト」のネタバレあらすじ結末

ミセス・ダウトの紹介:1993年アメリカ映画。離婚によって家族と引き離された売れない役者が、子供たちと一緒に過ごしたいがために家政婦に変装して元妻の家に潜り込んで騒動を巻き起こすハートウォーミング・コメディ。
監督:クリス・コロンバス 出演:ロビン・ウィリアムズ、サリー・フィールド、ピアース・ブロスナン、ハーヴェイ・ファイアスタイン

「12人の優しい日本人」のネタバレあらすじ結末

12人の優しい日本人の紹介:1991年日本映画。「日本にもし、陪審員制度が導入されたら?」初演は、三谷幸喜が東京サンシャインボーイズのために書き下ろした、超人気舞台を映画化!集められた12人の陪審員は、満場一致で「無罪」となりかけたが、陪審員2号の「有罪」の一言で、密室劇の幕があがる!
監督: 中原俊 出演者:陪審員1号:塩見三省、陪審員2号:相島一之、陪審員3号:上田耕一、陪審員4号:二瓶鮫一、陪審員5号:中村まり子、陪審員6号:大河内浩、陪審員7号:梶原善、陪審員8号:山下容莉枝、陪審員9号:村松克己、陪審員10号:林美智子、陪審員11号:豊川悦司、陪審員12号:加藤善

「猫侍」のネタバレあらすじ結末

猫侍の紹介:2013年日本映画。猫との出会いにより、家族の大切さや命の尊さに気付いていく浪人の姿を描いた、人情溢れる時代劇。作中に登場する猫の可愛さに癒される、猫好き必見の作品となっています。
監督:山口義高 出演者:北村一輝(斑目久太郎)、蓮佛美沙子(お梅)、浅利陽介(前場新助)、戸次重幸(米沢三郎太)、寺脇康文(島崎新右衛門)、ほか

「シャーロック・ホームズの冒険」のネタバレあらすじ結末

シャーロック・ホームズの冒険の紹介:1970年アメリカ映画。名探偵シャーロック・ホームズの活躍を描いたミステリー映画。ホームズと相棒ワトソンの元に現れた記憶喪失の女性。謎の解明に乗り出すホームズは、やがて国家規模の機密に巻き込まれていく。ホームズのほろ苦い恋愛を漂わせた、巨匠ビリー・ワイルダーによるホームズ・ストーリー。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:ロバート・スティーブンス(シャーロック・ホームズ)、コリン・ブレークリー(ジョン・ワトソン)、ジュヌヴィエーヴ・パージュ(ガブリエル・バラドン)、クリストファー・リー(マイクロフト・ホームズ)、モリー・モーリン(ビクトリア女王)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 16
TOP↑