釣りバカ日誌シリーズのネタバレ

釣りバカ日誌シリーズのネタバレあらすじ一覧です。映画 釣りバカ日誌シリーズのストーリーをネタバレや評価・感想とともに結末まで解説します。

「釣りバカ日誌20 ファイナル」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌20 ファイナルの紹介:2009年日本映画。「釣りバカ日誌」映画シリーズの最終作品になります。「釣りバカ日誌」は日本人ならば最も安心してみれる映画シリーズとも言え、最終作品もシリーズらしく安心してクスクス笑えるような作品となっています。三国連太郎が品のある会長の役を最後まで全うして演じており、この映画の後事故で亡くなった谷啓の遺作となった作品でもあります。「老い」というテーマを加えていますが、明るく陽気に描いており、シリーズ最終作品にふさわしい内容です。
監督:前原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、松坂慶子(沢村葉子)、吹石一恵(沢村裕美)、塚本高史(久保俊介)、ほか

「釣りバカ日誌19」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様の紹介:2008年日本映画。ある日三課のハマちゃんのところに厚生課の派遣社員、河井波子がやってきた。ハマちゃんに健康診断の再検査の依頼をしに来たのだ。胃カメラを極端に嫌がるハマちゃんは断固として受けないと拒絶し波子を困らせる。そこへ同じ三課の高田大輔も説得に入るが拒み続ける。家族の説得もあり再検査に臨むハマちゃんだったが大暴れ。ある日社員旅行で波子の故郷、大分に行く事になった鈴木建設御一行。波子に恋をしているがうまくアピールできない大輔。大輔の恋の行方は…。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、常盤貴子(河井波子)、竹内力(河井康平)、山本太郎(高田大輔)、ほか

「釣りバカ日誌18」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束の紹介:2007年日本映画。会長に就任したスーさんが挨拶の時に頭が真っ白になり言葉が出なくなってしまう。認知症ではないかと落ち込むスーさんが、ある日散歩に行ったきり姿を消す。心配した妻が浜崎家に相談し、大体の居所がわかったハマちゃんが岡山に探しに行くことになる。岡山のお寺でお世話になっていたスーさんはハマちゃんと遭遇した。岡山で鈴木建設が行うリゾート施設建設の反対運動に巻き込まれてしまうハマちゃん。釣りバカのハマちゃんは黙っていられず鈴木建設社員ということを隠しながら反対活動に参加するのであった。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、檀れい(木山珠恵)、谷啓(佐々木次長)、星由里子(木山温子)、高嶋政伸(高原昌平)、ほか

「釣りバカ日誌17」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!の紹介:2006年日本映画。ある日、鈴木建設の営業3課に再雇用された沢田弓子が入社してきた。弓子は離婚をし東京に一人戻ってきたのだ。兄に見合いを勧められるが過去のトラウマから縁談を断る弓子。ハマちゃんは仕事で石川県に来ていた。相変わらず目的は釣りだった。法事で石川県の実家に戻っていた弓子にばったり会う。満喫して東京に戻るハマちゃん。弓子の暮らすマンションの向かえに住む村井徹は美術講師で弓子に好意を抱いていた。そして船頭のハチもまた弓子に一目惚れをしていた。三人の恋の行方は…
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、石田ゆり子(沢田弓子)、中本賢(太田八郎)、道場六三郎(釣り人)、ダンディ坂野(市の職員)、ほか

「釣りバカ日誌16」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪の紹介:2005年日本映画。ある日ハマちゃんとスーさんは橋の連結式に参加するため長崎に向かった。そこで久保多工業の御曹司で鈴木建設の設計部久保多達也と再会する。達也の恋人の美鈴や軍人のボブと出会う。相変わらず釣り三昧のハマちゃん。そして美鈴の働く店でみんなで飲んだ。達也と美鈴は結婚を約束するが、美鈴の父に反対されてしまう。そんな時お酒でベロベロになったハマちゃんが失踪してしまい大騒ぎになります。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、伊東美咲(河口美鈴)、加藤武(秋山専務)、小野武彦(原口人事担当取締役)、鶴田忍(堀田常務)、ほか

「釣りバカ日誌15」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない !?の紹介:2004年日本映画。釣り好きのハマちゃんは隙を見ては釣りに出かけていた。ある日鈴木建設に経営コンサルタントの早川薫が来る。リストラの危機を抱える鈴木建設。そんな中リフレッシュ休暇を取るハマちゃんは秋田へ釣りに出かける。そこで薫と魚博士の福本哲夫に出会う。薫と福本は同級生だった。仲良くなった3人は福本の実家で飲むことになり、ハマちゃんは鈴木建設の現状を知る。相変わらずのん気なハマちゃん。今後の鈴木建設の行方は…薫と福本の関係は…
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、江角マキコ(早川薫)、筧利夫(福本哲夫)、ほか

「釣りバカ日誌14」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!の紹介:2003年日本映画。佐々木課長がめでたく営業本部次長に昇格。上海支社から新しく岩田千吉が課長に就任します。ハマちゃんを再教育しようとするがいつの間にかハマちゃんのペースに。リフレッシュ休暇を取ったスーさんはハマちゃんをお供に四国八十八箇所のお遍路の旅に出ます。そこでトラック運転手の中浜みさきと知り合います。みさきが上京して来た時、なんと岩田課長が恋をしてしまいます。果たして恋の行方はどうなるのか。
監督:朝原雄三 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、高島礼子(中浜みさき)、加藤武(秋山専務)、國村隼(川島営業担当取締役)、三宅裕司(岩田千吉)、ほか

「釣りバカ日誌13」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!の紹介:2002年日本映画。ハマちゃんは、釣りが縁で富山の薬問屋・黒部天狗堂の黒部五郎会長から美術館の設計を請け負いました。しかし黒部会長は変わり者で自分のデザイン通りに建てないとこの話は無しだと言ってきました。騒ぎを収集する為にハマちゃんは富山に出張。同行したミス鈴建と愛称される鈴木建設設計課の桐山桂の説得で事は収まりました。ところが黒部が桐山を気に入ったことで新たな騒ぎが起こります。
監督:本木克英 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、鈴木京香(桐山桂)、小澤征悦(鮎川透)、さとう珠緒(鯛子)、ほか

「釣りバカ日誌12」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇の紹介:2001年日本映画。高野研一郎常務が退職の挨拶に来ました。スーさんが一番信頼を置いていた役員だったのでがっかり。故郷山口の萩に帰り釣り三昧の日々を送りたいと言います。高野は鈴木建設フィッシングクラブの会長で、ハマちゃんは副会長という間柄です。釣りバカコンビは、釣り目的で高野に会いに行きます。ところが高野家にいたのは、姪の木戸梢で高野は病気で入院していることを聞きます。二人は釣りあげたフグをさばいて見舞いに行き、高野とマグロ釣りを約束して東京に戻ったのだが。
監督:本木克英 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、宮沢りえ(木戸梢)、吉岡秀隆(上杉秀隆)、加藤武(秋山専務)、ほか

「釣りバカ日誌イレブン」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌イレブンの紹介:1999年日本映画。ハマちゃんは同僚の磯村志乃にウサギの貰い手を捜してほしいと頼まれ、釣りの弟子である宇佐美吾郎を紹介した。吾郎は貰ったうさぎを事もあろうに食べてしまったのです。それを知った志乃は気を失い営業三課は大騒ぎに。そんな吾郎が沖縄に転勤し、ハマちゃんもスーさんのお陰で社命で沖縄に行きます。スーさんをほったらかしにして釣りに出た吾郎とハマちゃんはエンジントラブルで遭難してしまいます。二人が打ち上げられたのは無人島。水も無く暑い日差しの中生きて帰られるのか。
監督:本木克英 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、村田雄浩(宇佐美吾郎)、桜井幸子(磯村志乃)、余貴美子(知念玉恵)、浅田美代子(浜崎みち子)、上野友(浜崎鯉太郎)、ほか

「釣りバカ日誌10」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌10の紹介:1998年日本映画。スーさんが会社の経営方針で役員と対立、社長を辞めると会社を出ていった。仕事があって休みがあるから釣りが楽しいのだとハマちゃんに諭され、スーさんは再就職する。ボイラーの資格を利用してビルの管理会社に就職するが、派遣されたのが鈴木建設だった。変装して若い松五郎(金子賢)の助手として働き始めます。休日は釣りバカコンビに加えて、松五郎とその恋人みどり(宝生舞)と釣りをして過ごした。しかし、そんな中、みどりが実家に帰ってしまい騒動が起きる。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、金子賢(富田松五郎)、宝生舞(岩下みどり)、浅田美代子(浜崎みち子)、夏八木勲(岩下耕作)、中村梅雀(草森秘書室長)、上野友(浜崎鯉太郎)、ほか

「釣りバカ日誌9」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌9の紹介:1997年日本映画。新任の営業部長として配属されて来たのは、ハマちゃんと同期の馬場恒太郎だった。彼はハマちゃんとは正反対の仕事人間である。スーさんも彼の実直さを気に入って再婚相手まで探していた。しかし、彼には思いを寄せる女性がいたのである。その女性は行きつけのバーのママ・庄野庄野茜。ハマちゃんに勇気付けられて愛の告白をしにスナックに行くが、茜から田舎に帰ると聞かされる。果たして、二人の関係はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、小林稔侍(馬場恒太郎)、風吹ジュン(庄野茜)、浅田美代子(浜崎みち子)、中村梅之助(八城建設社長)、ほか

「釣りバカ日誌8」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌8の紹介:1996年日本映画。スーさんはかつての親友の娘・榊和美に診療してもらったお礼に、福島県いわき市に投げ釣りに誘います。もちろんハマちゃんも一緒です。釣り場の案内にハマちゃんの釣りの弟子・湯川省平、通称博士が同行します。二人はお互いに一目惚れ。恋愛下手な二人のデートもなんとかうまく行き結婚へ。式の帰り、渓流釣りに出た釣りバカコンビは、なんと遭難してしまいます。山小屋に逃げ込んだ二人だが、救助によって二人の関係がばれてしまうのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、柄本明(湯川省平)、室井滋(榊和美)、谷啓(佐々木課長)、ほか

「釣りバカ日誌7」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌7の紹介:1994年日本映画。越前若狭でチヌ釣りに行ったハマちゃんとスーさんは、美女・田上彩子に出会います。彼女は二人に誘われて初めて釣りをします。釣りの面白さに彼女はハマってしまいます。数日後、スーさんは急に歯痛を起こし飛び込んだ歯科医院で彩子に偶然再会。彼女はバツイチの歯科医だったのです。スーさんはハマちゃんに嘘をついて彩子と釣りに行きます。そこでハマちゃんとばったり出会い嘘がばれてしまいます。怒ったハマちゃんは、スーさんと絶交宣言をします。果たして二人の友情はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、浅田美代子(浜崎みち子)、名取裕子(田上彩子)、山岡久乃(田上夏江)、寺尾聰(宮本竜太)、ほか

「釣りバカ日誌6」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌6の紹介:1993年日本映画。ハマちゃんとスーさんは、岩手県釜石市の講演会の仕事にかこつけて釣りに行きます。ハマちゃんは無免許なのでスーさんが運転して行くことに。アイナメ釣りを楽しんだ後、ホテルに行くとハマちゃんが社長、スーさんが運転手に間違えられます。これが事の発端に。それを良いことにスーさんは自分の代わりにハマちゃんに講演会に出てもらいます。スーさんは、ホテルで知り合った仲居・澄子と遠野市に渓流釣りに出かけます。ハマちゃんは壇上で、出産に立ち会った話がウケて爆笑です。その後、澄子の娘の結婚式に出席する為に、またハマちゃんは社長、スーさんは運転手に、果たして二人の嘘はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、喜多嶋舞(佳奈)、中本賢(太田八郎)、戸川純(恵)、久野綾希子(澄子)ほか

1 2
TOP↑