ドラマ映画のネタバレ

「サイダーハウス・ルール」のネタバレあらすじ結末

サイダーハウス・ルールの紹介:1999年アメリカ映画。助演のマイケルケイン、そして脚本がアカデミー賞を受賞した感動的な物語で、ある孤児院の院長と孤児院を出たいと願うある青年の交流を描きます。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:トビー・マグワイア(ホーマー・ウェルズ)、シャーリーズ・セロン(キャンディ・ケンドール)、マイケル・ケイン(ウィルバー・ラーチ医師)、デルロイ・リンドー(ミスター・ローズ)、ポール・ラッド(ウォリー・ワージントン)ほか

「その木戸を通って」のネタバレあらすじ結末

その木戸を通っての紹介:1993年日本映画。平松家を継ぎ城勤めを真面目に果たしいた平松正四郎は記憶喪失の娘を家に住まわせることになる。いつしか、その娘に好意を持ち夫婦になるが娘の数奇な運命に翻弄される。叙情豊かな時代劇です。
監督:市川崑 出演:浅野ゆう子(ふさ)、中井貴一(平松正四郎)、井川比佐志、岸田今日子、石坂浩二、フランキー堺ほか

「たそがれ清兵衛」のネタバレあらすじ結末

たそがれ清兵衛の紹介:2002年日本映画。幕末の庄内地方海坂藩の井口清兵衛は妻に先だたれ、老母の世話と二人の娘の養育養と借金返済の為、質素な生活をしていた。自分の身形を気遣うことなく、いつしかたそがれ清兵衛とあだ名されていた。そんな清兵衛に藩命に逆らった者への常位打ちが命じられる・・人情剣客時代劇です。
監督:山田洋次 出演:真田広之(井口清兵衛)、宮沢りえ(飯沼朋江)、小林稔侍(久坂長兵衛)、大杉漣(甲田豊太)、岸惠子(晩年の以登)他

「朱花の月」のネタバレあらすじ結末

朱花(はねづ)の月の紹介:2011年日本映画。いまだ謎に包まれた明日香の地を舞台に繰り広げられる、一人の女を取り合う二人の男。坂東眞砂子の小説を河瀬直美が映像化。
監督:河瀬直美 出演:こみずとうた(拓未)、大島葉子(加夜子)、明川哲也(哲也)、麿赤兒(考古学者(よっちゃん))、小水たいが(拓未の祖父(久雄))、樹木希林(拓未の母)ほか

「めがね」のネタバレあらすじ結末

映画 めがねの紹介:2007年日本映画。海辺の町を訪れた女性と、そこで旅館を経営する宿の主人、そこに集う人々などの人間模様をつづるヒューマンドラマ。都会から来た女性が島の人々と触れ合いの中で落ち着きを取り戻していく。
監督:荻上直子 出演:小林聡美(タエコ)、市川実日子(ハルナ)、加瀬亮(ヨモギ)、光石研(ユージ)、もたいまさこ(サクラ)ほか

「おしん(2013年)」のネタバレあらすじ結末

おしんの紹介:2013年日本映画。放映開始30周年を迎える2013年10月12日に劇場公開された国民的ドラマ「おしん」の映画版。おしんの少女時代に焦点を合わせ、貧しい家庭のためやむなく奉公に出されたおしんが苦難に見舞われながらも、たくましく生きる姿を描く。第22回金鶏百花映画祭国際映画部門最優秀作品賞を受賞。
監督:冨樫森 出演者:濱田ここね(谷村おしん)、上戸彩(谷村ふじ)、岸本加世子(つね)ほか

「食堂かたつむり」のネタバレあらすじ結末

食堂かたつむりの紹介:2010年日本映画。声を失った倫子は、故郷に帰って食堂「食堂かたつむり」を開く。倫子のつくる料理を食べたら願いが叶う。小川糸の小説『食堂かたつむり』が原作。
監督 :富永まい 出演者:柴咲コウ(倫子)、余貴美子(ルリコ)、ブラザートム(熊さん)、田中哲司(ネオコン(根岸恒夫))、志田未来(桃ちゃん)、ほか

「マリー・アントワネットの首飾り」のネタバレあらすじ結末

マリー・アントワネットの首飾りの紹介:2001年アメリカ映画。フランス革命の遠因となった首飾り事件を題材とした映画で、女性の欲望が周囲の人間を動かし、やがて思いもよらない事態に発展する展開が見どころのストーリーとなっています。
監督:チャールズ・シャイア 出演者:ヒラリー・スワンク(ジャンヌ)、サイモン・ベイカー(レトー)、エイドリアン・ブロディ(ニコラ)、ジョナサン・プライス(ロアン枢機卿)、ブライアン・コックス(ブルトゥイユ男爵)、ジョエリー・リチャードソン(マリー・アントワネット)、クリストファー・ウォーケン(カリオストロ伯爵)ほか

「半落ち」のネタバレあらすじ結末

半落ちの紹介:2003年日本映画。最愛の妻を殺害した警部が隠し続けた空白の2日間の行動の謎に迫るミステリー・ドラマ。事件に隠された悲しい家族の物語に、涙がとまらなくなる感動作です。横山秀夫の小説が原作となっています。
監督:佐々部清 出演者:寺尾聰(梶聡一郎)、柴田恭兵(志木和正)、原田美枝子(梶啓子)、吉岡秀隆(藤林圭吾)、鶴田真由(中尾洋子)、伊原剛志(佐瀬銛男)、國村隼(植村学)、高島礼子(植村亜紀子)、奈良岡朋子(高木医師)、樹木希林(島村康子)ほか

「ぼくの神さま」のネタバレあらすじ結末

ぼくの神さまの紹介:2001年アメリカ映画。ナチスが猛威を振るったポーランドを舞台に、ある11歳の少年が体験する出来事をハーレイジョエルオスメントが演じた作品となります。
監督:ユレク・ボガエヴィッチ 出演:ハーレイ・ジョエル・オスメント(ロメック)、ウィレム・デフォー(神父)、リアム・ヘス(トロ)、リチャード・バネル(ヴラデック)、オラフ・ルバスゼンコ(グニチオ)ほか

「I am Sam アイ・アム・サム」のネタバレあらすじ結末

I am Sam アイ・アム・サムの紹介:2001年アメリカ映画。ショーンペンが知的障害者を演じた心温まる作品で、アカデミー賞にノミネートされるだけでなく、多くの映画賞を受賞していきました。
監督:ジェシー・ネルソン 出演:ショーン・ペン(サム・ドーソン)、ミシェル・ファイファー(リタ・ハリソン)、ダコタ・ファニング(ルーシー・ダイヤモンド・ドーソン)、ダイアン・ウィースト(アニー)、ロレッタ・ディヴァイン(マーガレット)、リチャード・シフ(ターナー)ほか

「アナザー・カントリー」のネタバレあらすじ結末

アナザーカントリーの紹介:1983年イギリス映画。実際にあった二重スパイ事件を元にした戯曲の映画化。祖国イギリスを裏切り、ロシアに亡命したガイ・ベネットはモスクワにいた。高齢となった彼は、記者に自分の若き頃を語り始めた。彼はエリートを夢見る名門パブリック・スクールの学生。同性愛者であるが、校内で上手く立ち回り、自由気ままな学生生活を送っていた。ある日、彼は別寮の美少年に一目惚れをする。この作品は第37回カンヌ映画祭で芸術貢献賞主受賞している。
監督 :マレク・カニエフスカ 出演:ガイ・ベネット(ルパート・エヴェレット)、トミー・ジャド(コリン・ファース)、ジェームス・ハーコート(ケイリー・エルウィス)ほか

「クライマーズハイ」のネタバレあらすじ結末

クライマーズハイの紹介:2008年日本映画。クライマーズハイは横山秀夫による小説が原作でNHKでテレビドラマ化後、2008年に映画化された。日本航空123便墜落事故を題材として、群馬県の架空の地方新聞社を舞台に未曾有の大事故を取材する新聞記者の奮闘を描く。「クライマーズハイ」とは、登山者の興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態を意味する。
監督:堤幸彦 出演:堤真一(悠木和雅)、堺雅人(佐山達哉)、尾野真千子(玉置千鶴子)、遠藤憲一(等々力庸平)、滝藤賢一(神沢周作)、小澤征悦(安西燐太郎)、高嶋政宏(安西耿一郎)、山崎努(白河頼三)ほか

「クロサギ」のネタバレあらすじ結末

映画 クロサギの紹介:2007年日本映画。雑誌連載されていた人気漫画であるクロサギを、TBSがドラマ化。ドラマ版クロサギが好評であったため、映画化され2008年、全国公開。学生のころ、詐欺師により大変不幸な目に遭わされた青年が、復讐を秘めて詐欺師を騙すクロサギとなって生きていく様を描いています。
監督:石井康晴 出演:山下智久(黒崎)、堀北真希(吉川氷柱)、加藤浩次(白石陽一)、市川由衣(三島ゆかり)、奥貫薫(早瀬真紀子)、哀川翔(神志名警部補)、山崎努(桂木敏夫)ほか

「花より男子ファイナル」のネタバレあらすじ結末

花より男子ファイナルの紹介:2008年日本映画。TBSの大ヒットドラマ「花より男子」の完結編である映画です。見事結ばれたヒロインのつくしと道明寺司ですが、結婚式を前に様々なトラブルに見舞われます。ラブコメディでありながら、アクションも見所癌あります。様々な困難を乗り越えて、二人は無事に結婚できるのかが描かれています。
監督:石井康晴 出演:井上真央(牧野つくし)、松本潤(道明寺司)、松田翔太(西門総二郎)、阿部力(美作あきら)、加賀まりこ(道明寺)、AKIRA(謎の男)ほか

1 67 68 69 70 71 72 73 74 75 84
TOP↑