ファンタジー映画のネタバレ

ファンタジー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のファンタジー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ニルスのふしぎな旅(実写版・後編)」のネタバレあらすじ結末

ニルスのふしぎな旅 後編の紹介:2011年ドイツ、スウェーデン 映画。スウェーデンの作家であるセルマ・ラーゲルレーヴが執筆した児童文学を実写映画化したものの後編。後編ではキツネに仲間を殺されて復讐を誓います。ニルスは無事元の世界に戻れるのでしょうか。
監督:ディルク・リゲル 出演:ユストゥス・カメラー(ニルス・ホルガション)、パウリーネ・ルヌヴィエ(オーサ・ベルグレン)、セシリア・ユング(セルマ・ラーゲルレーヴ )、ハンス・ツィシュラー(コボル)、ほか

「ニルスのふしぎな旅(実写版・前編)」のネタバレあらすじ結末

ニルスのふしぎな旅 前編の紹介:2011年ドイツ、スウェーデン 映画。スウェーデンの作家であるセルマ・ラーゲルレーヴが執筆した児童文学を実写映画化したものの前編。少年ニルスはある日、妖精のトムテに出会う。トムテに自分のいたずらの後始末をさせようとしたニルスは、魔法をかけられ体が小さくなってしまう。
監督:ディルク・リゲル 出演:ユストゥス・カメラー(ニルス・ホルガション)、パウリーネ・ルヌヴィエ(オーサ・ベルグレン)、セシリア・ユング(セルマ・ラーゲルレーヴ )、ハンス・ツィシュラー(コボル)、ほか

「人魚姫」のネタバレあらすじ結末

人魚姫の紹介:2016年中国,香港映画。「少年サッカー」(2001)や「カンフーハッスル」(2004)の監督チャウ・シンチーによる、ノンストップ・ファンタジーコメディ。怖いものなしの青年実業家が、美しい人魚と出会ったことから大事件が巻き起こる。ナンセンスすぎるギャグ、そしてピュアなラブロマンス、さらには真面目な環境問題まで盛り込んだという、ある意味、怪作とも呼べる衝撃的な一本。中国では、歴代興業記録を塗り返る大ヒットとなった。純粋な人魚役のリン・ユンと、冷酷な悪女役のキティ・チャンの好対照な存在感も魅力。
監督:チャウ・シンチー 出演者:ダン・チャオ(リウ・シュエン)、リン・ユン(シャンシャン)、キティ・チャン(ルオラン)、ショウ・ルオ(タコ兄)、アイヴァン・コティック(ジョージ)、ジェン・ジーン(ジェン社長)、クリス・ウー(ロン・ジェンフェイ)ほか

「ダークタワー」のネタバレあらすじ結末

ダークタワーの紹介:2017年アメリカ映画。ニューヨークの少年ジェイクは黒衣の男と拳銃使いなど謎の夢を見てうなされます。その謎がとけないまま、ニューヨークから不思議な世界へと行きます。そこで待っていたのは夢の世界で見た黒衣の男と拳銃使いが謎の塔ダークタワーをめぐり争う世界でした。『ダークタワー』はスティーヴン・キングの長編ダークファンタジー小説を凝縮した激しいアクション映画です。
監督:ニコライ・アーセル 出演:イドリス・エルバ(ガスリンガー/ローランド・デスチェイン)、マシュー・マコノヒー(黒衣の男/ウォルター)、トム・テイラー(ジェイク)、クローディア・キム(アラ)、ほか

「マチルダ」のネタバレあらすじ結末

マチルダの紹介:1996年アメリカ映画。ロアルド・ダールの児童文学作品『マチルダは小さな大天才』を映画化したファンタジー・コメディ作品で、明晰な頭脳と超能力を持つ少女マチルダが周囲の悪い大人たちに立ち向かう姿を描いています。
監督:ダニー・デヴィート 出演者:マーラ・ウィルソン(マチルダ・ワームウッド)、ダニー・デヴィート(ハリー・ワームウッド)、リー・パールマン(ジニア・ワームウッド)、エンベス・デイヴィッツ(ミス・ハニー)、パム・フェリス(ミス・アガサ・トランチブル)ほか

「エクスプロラーズ」のネタバレあらすじ結末

エクスプロラーズの紹介:1985年アメリカ映画。宇宙に憧れる三人の少年が手作り宇宙船で宇宙に飛び立ち、異星人と交流するというSF冒険ファンタジーです。イーサン・ホークとリバー・フェニックスは本作品が映画デビュー作となりました。
監督:ジョー・ダンテ 出演者:イーサン・ホーク(ベン・クランドール)、リバー・フェニックス(ウォルフガング・ミューラー)、ボビー・ファイト(スティーヴ・ジャクソン)、アマンダ・ピーターソン(ロリ・スウェンソン)、ジェイソン・プレソン(ダレン・ウッズ)ほか

「何かが道をやってくる」のネタバレあらすじ結末

何かが道をやってくるの紹介:1983年アメリカ映画。SF作家レイ・ブラッドベリの同名幻想小説をディズニー制作で実写映画化したSFダークファンタジーです。アメリカの田舎町に突如現れたカーニバル団。町に住む二人の少年が偶然にもカーニバル団の正体を見てしまったことから彼らは追われる羽目に…。
監督:ジャック・クレイトン 出演者:ジェイソン・ロバーズ(チャールズ・ハロウェイ)、ジョナサン・プライス(ミスター・ダーク)、ヴィダル・ピーターソン(ウィル・ハロウェイ)、ショーン・カーソン(ジム・ナイトシェイド)、ダイアン・ラッド(ナイトシェイド夫人)ほか

「エラゴン 遺志を継ぐ者」のネタバレあらすじ結末

エラゴン 遺志を継ぐ者の紹介:2006年アメリカ映画。クリストファー・パオリーニ原作のファンタジー小説シリーズ『ドラゴンライダー』の第1作目を映画化した作品です。世界の命運を握るドラゴンと出会った少年が、世界を支配する邪悪な王に立ち向かいます。
監督:シュテフェン・ファンマイヤー 出演者:エドワード・スペリーアス(エラゴン)、レイチェル・ワイズ(サフィラの声)、ジェレミー・アイアンズ(ブロム)、シエンナ・ギロリー(アーリア)、ジョン・マルコヴィッチ(ガルバトリックス)ほか

「アーサーとミニモイの不思議な国」のネタバレあらすじ結末

アーサーとミニモイの不思議な国の紹介:2006年フランス映画。冒険好きな10歳の少年が家族と家を守るために小さな部族ミニモイ族に会いに行き、セレニア王女と恋に落ちるというほのぼのとした夢の世界を堪能できる作品です。吹き替えではおじいちゃんの声を永井一郎さんが行っており、「ハリーポッター」のダンブルドア校長の声の主でもあります。
監督:リュック・ベッソン 出演:フレディ・ハイモア(アーサー)、ミア・ファロー(アーサーのおばあちゃん)、ペニー・バルフォー(アーサーのお母さん)、ダグ・ランド(アーサーのお父さん)、マドンナ(セレニア)、デヴィッド・ボウイ(マルタザール)、ほか

「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」のネタバレあらすじ結末

ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタの紹介:2010年イギリス,フランス,アメリカ映画。ナニー・マクフィーシリーズの2作目。エマ・トンプソンが脚本のこの作品はとてもあたたかい愛情が詰まった作品です。キャストも豪華で見ごたえのあるコミカルなファンタジー映画です。
監督:スザンナ・ホワイト  出演者:エマ・トンプソン(ナニー・マクフィー)、マギー・ギレンホール(イザベル)、リス・エヴァンス(フィル)、マギー・スミス(ドカディー夫人)エイサ・バターフィールド(ノーマン)、ユアン・マクレガー(ノーマンの父)

「ホドロフスキーの虹泥棒」のネタバレあらすじ結末

ホドロフスキーの虹泥棒の紹介:1990年イギリス映画。「アラビアのロレンス」で知られるピーター・オトゥールとオマー・シャリフがW主演を務める、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の6作目の長編作品にして初のメジャー映画である。変人扱いされている公爵にひょんなことからこき使われる羽目になったホームレスとの間に友情は生まれるのか…。
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 出演者:オマー・シャリフ(ディマ)、ピーター・オトゥール(メレアーグラ・フォン・タナー)、クリストファー・リー(ルドルフ・フォン・タナー)、ベルタ・ドミンゲス・D(タイガー・リリー)、ジョアンナ・ディケンズ(アンブローシア) ほか

「クロウ 飛翔伝説」のネタバレあらすじ結末

クロウ/飛翔伝説の紹介:1994年アメリカ映画。この撮影中に実弾の入ったピストルで命を落としたブランドン・リーの遺作。父であるブルース・リーと同じく撮影中に命を落とすことになってしまいます。謎の死をめぐり様々な憶測なども当時は飛び交っていました。90年代らしいグランジ感のあるかっこいいブランドンのPVのような作品です。
監督:アレックス・プロヤス 出演者:ブランドン・リー(エリック)、アーニー・ハドソン(アルブレヒト)アンナ・トムソン(ダーラ)、マイケル・マッシー(ファンボーイ)、マイケル・ウィンコット(トップ・ダラー)

「椿山課長の七日間」のネタバレあらすじ結末

椿山課長の七日間の紹介:2006年日本映画。この作品は、浅田次郎の同名小説を原作にした映画で、2003年に舞台化、2006年に映画化、2009年にTVドラマ化され、2016年には韓国でもTVドラマ化された作品です。キャッチフレーズは「ひとめあなたに、会いに生きたい」で、突然死したある中年男が絶世の美女となって蘇り、同じく突然死して姿を変えて蘇った仲間と共に、現世での家族や仲間たちの隠された事情を知っていくという、死後の世界と霊を題材とした物語を、ユーモラスに描いた心温まるファンタジードラマ映画です。

「ロスト・チルドレン」のネタバレあらすじ結末

ロスト・チルドレンの紹介:1995年フランス映画。どこかの寂れた港町。一つ目族と名乗る怪しげな集団が、子供を誘拐してはどこかへ横流ししています。一体何が目的なのでしょうか。一つ目族に弟を誘拐されたワンと、泥棒少女のミエットがその真相を探ります。
監督:ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ 出演者:ワン(ロン・パールマン)、ミエット(ジュディット・ヴィッテ)、博士、6人のクローン(ドミニク・ピノン)、クランク(ダニエル・エミルフォンク)、マルチェロ(ジャン=クロード・ドレフュス)ほか

「遠くの空に消えた」のネタバレあらすじ結末

遠くの空に消えたの紹介:2007年日本映画。空港建設問題に揺れる田舎の村を舞台に、都会から来た転校生の少年が少女の夢を叶えるため、同級生と共に奮闘する姿を描いた青春ドラマです。
監督:行定勲 出演者:神木隆之介(楠木亮介)、ささの友間(土田公平)、大後寿々花(柏手ヒハル)、三浦友和(楠木雄一郎)、長塚圭史(赤星)ほか

1 2 3 4 5 7
TOP↑