ファンタジー映画のネタバレ

「レジェンド・オブ・ゴースト」のネタバレあらすじ結末

レジェンド・オブ・ゴースト ~カンタヴィル城と秘密の部屋~の紹介:2016年フランス,ベルギー映画。オスカー・ワイルドの「カンタヴィルの亡霊」をベースに作られた作品。とてもコミカルで面白おかしい内容に美しいCGが加わり、お城での亡霊との生活もいいのではないかと思わせるような楽しい作品です。
監督:ヤン・サミュエル 出演者:オドレイ・フルーロ(エリナー・ド・カンタヴィル)、ミカエル・ユーン(グレイルム)、ジュリアン・フリソン(エルワン)、マチルド・ダフェ(ヴァージニア)

「魔女の宅急便(実写版)」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便(実写版)の紹介:2014年日本映画。魔女として生きることを決めたキキは13歳の満月の夜、両親の元を離れ故郷を旅立った。辿り着いたある港街は自然も美しくたくさんの人で賑わっている。キキは相棒の黒猫ジジと共にこの街での生活を決めることにした。そこで出会った一人の女性おソノに住む場所を紹介してもらいキキは空飛ぶ「宅急便」を始めることにする。しかし上手くは事は運ばなかった。角野栄子原作「魔女の宅急便」を実写映画化。監督はホラー映画「呪怨」などを製作した清水崇。
監督:清水崇 出演:キキ(小芝風花) とんぼ(広田亮平) ジジ(寿美菜子)  おソノ(尾野真千子) フクオ(山本浩司) すみれ(吉田羊) ナヅル(新井浩文) タカミ・カラ(YURI) ラジオDJ(LiLiCo) イシ先生(浅野忠信) オキノ(筒井道隆) コキリ(宮沢りえ) 

「グースバンプス モンスターと秘密の書」のネタバレあらすじ結末

グースバンプス モンスターと秘密の書の紹介:2015年アメリカ映画。『ガリバー旅行記』のジャック・ブラックとロブ・レターマン監督が再び手を組み、R・L・スタインの児童小説「グースバンプス」シリーズを基に描くファンタジー映画。突然現実の世界に飛び出してきた伝説のモンスターたちと、人間たちの壮絶な闘いを描く。
監督:ロブ・レターマン 出演者:ジャック・ブラック(スタイン)、ディラン・ミネット(ザック)、オデイア・ラッシュ(ハンナ)、エイミー・ライアン(ゲイル)ほか

「蜜のあわれ」のネタバレあらすじ結末

蜜のあわれの紹介:2016年日本映画。室生犀星の幻想文学『蜜のあわれ』を映画化。登場人物の「老作家」は室生犀星自身の投影とも言われている。老作家は無邪気で愛くるしい少女赤子と仲睦まじく暮らしていた。しかし彼女には秘密があった。赤子の正体は金魚だったのだ。老作家と金魚、そして老作家に思いを寄せる幽霊の三角関係を美しくエロティックに描いた幻想ロマンス。
監督:石井岳龍 出演者:二階堂ふみ(赤井赤子)、大杉漣(老作家)、真木よう子(田村ゆり子)、高良健吾(アクタガワ)、永瀬正敏(辰夫)ほか

「ブンミおじさんの森」のネタバレあらすじ結末

ブンミおじさんの森の紹介:2010年イギリス,タイ,フランス,ドイツ,スペイン映画。タイの田舎を舞台に、死期の迫った男が亡き妻の霊や行方不明になっていた息子との邂逅や不思議な出来事に遭遇していくファンタジーです。
監督:アピチャートポン・ウィーラセータクン 出演者:タナパット・サーイセイマー(ブンミ)、ジェンチラー・ポンパス(ジェン)、サックダー・ケァウブアディー(トン)、ナッタカーン・アパイウォン(フエイ)、(ブンソン)ほか

「第七の封印」のネタバレあらすじ結末

第七の封印の紹介:1956年スウェーデン映画。「夏の夜は三たび微笑む」で注目されたベルイマンが初めて深奥な神学的テーマを扱い、その国際的名声を決定づけた傑作。擬人化された死神の描写は、後の映像作品で数多くの模倣やパロディを生み出した。
監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー(アントニウス・ブロック)、グンナール・ビョルンストランド(ヨンス)、ベント・エケロート(死神)、ニルス・ポッペ(旅芸人)、ビビ・アンデショーン(旅芸人の妻)

「リザとキツネと恋する死者たち」のネタバレあらすじ結末

リザとキツネと恋する死者たちの紹介:2014年ハンガリー映画。主人公のリザは友達もいない30歳の女性。日本人の旦那を亡くし未亡人のマルタ田中の下に住み込みで看護師として働いていた。そんな彼女の唯一の友達は日本人歌手の亡霊であるトミー谷。リザが誕生日に外出したいという話をマルタ田中にするとしぶしぶ了承がもらえた。しかしリザが外出している間にマルタ田中は死んでしまった。その他にもリザにかかわった人が次々と死んでしまう。その原因は嫉妬深い亡霊のトミー谷にあるようだが…。
監督:ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ 出演:モーニカ・バルシャイ(リザ)、デヴィッド・サクライ(トミー谷)、ゾルターン・シュミエド(ヘンリク)、ガーボル・レヴィツキ(ゾルタンの上司)、サボルチ・ベデ・ファゼカシュ(ゾルタン)、ほか

「ビッグ・フィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・フィッシュの紹介:2003年アメリカ映画。アラバマ出身のある男の物語をファンタジックに描いた作品です。父と仲違い中であったウィルは病に倒れた父の元を3年ぶりに訪れます。父エドワードは自分の過去の物語をよくウィルにきかせていましたが、奇想天外な内容であるため父がウソの話をしていると考えていたウィルは彼の物語の地を訪れます。
監督:ティム・バートン 出演者:ユアン・マクレガー(若い頃のエドワード・ブルーム)、アルバート・フィニー(エドワード・ブルーム)、ビリー・クラダップ(ウィル・ブルーム)、ジェシカ・ラング(サンドラ・ブルーム)

「ラブ&ピース」のネタバレあらすじ結末

ラブ&ピースの紹介:2015年日本映画。「ラブ&ピース」は園子温監督の「愛」をテーマにした映画作品です。園子監督初の特撮技術を使った大変変わった作品です。うだつが上がらない主人公が屋上で亀を拾ったことにより巻き起こるファンタジックな出来事を描いています。謎の老人役を西田敏行が演じています。いつもクールでかっこよい役が多い長谷川博己がこの上なく惨めな主人公を演じます。
監督:園子温 出演者:長谷川博己(鈴木良一 )、麻生久美子(寺島裕子)、西田敏行(謎の老人)、渋川清彦(マネージャー/稲川さとる)、マキタスポーツ(良一の会社の課長)、ほか

「ベイブ」のネタバレあらすじ結末

ベイブの紹介:1995年オーストラリア映画。平凡な子豚のベイブが、無口で風変わりな農場主にもらわれたことで、農場の仲間たちと触れ合いながら牧羊豚として成長していく物語。アカデミー賞に多数ノミネートされ、アニマトロニクスやCGなどの特殊効果を駆使して作られた本作は視覚効果賞を受賞。その他にもNY批評家協会賞やゴールデン・グローブ賞など数々の映画賞で評価された。
監督:クリス・ヌーナン 出演者:クリスティーン・カヴァナー(ベイブ)、ジェームズ・クロムウェル(アーサー・ホゲット)、マグダ・ズバンスキー(エズメ・ホゲット)、ミリアム・マーゴリーズ(フライ)、ヒューゴ・ウィービング(レックス) ほか

「奇蹟の輝き」のネタバレあらすじ結末

奇蹟の輝きの紹介:1998年アメリカ映画。愛する妻を残して先立ってしまった夫が、子供たちや恩師の助けを借りながら、自殺して地獄へ堕ちてしまった妻を救おうと奮闘する愛の物語。死後の世界を油絵やアクリル絵の具で表現した映像で話題となり、1998年度アカデミー賞にて視覚効果賞を受賞した。
監督:ヴィンセント・ウォード 出演:ロビン・ウィリアムズ(クリス・ニールセン)、アナベラ・シオラ(アニー・コリンズ=ニールセン)、キューバ・グッディングJr.(アルバート・ルイス、イアン・ニールセン)、ロザリンド・チャオ(リオナ、マリー・ニールセン)、マックス・フォン・シドー(アルバート・ルイス教授) ほか

「天使のくれた時間」のネタバレあらすじ結末

天使のくれた時間の紹介:2000年アメリカ映画。ニューヨークのウォール街で成功し、優雅な独身生活を送っているジャックが、ひょんなことから13年前に分かれた恋人と、別れずにいたらどうなっていたかという、もう一つの人生を経験します。
監督:ブレット・ラトナー 出演:ニコラス・ケイジ(ジャック・キャンベル)、ティア・レオーニ(ケイト・レイノルズ) 、ドン・チードル(キャッシュ)、ジェレミー・ピヴェン(アーニー)、マッケンジー・ヴェガ(アニー・キャンベル)、ほか

「スプラッシュ」のネタバレあらすじ結末

スプラッシュの紹介:1984年アメリカ映画。幼い頃、海でおぼれた時に助けてくれた人魚の少女のことが忘れられない青年。ある日、海岸で出会った謎の美女に一目ぼれするが、彼女こそ、大人になったあの人魚だった。再会して恋におちた2人だが、人魚の存在を知った科学者が執拗に追ってくる。ニューヨークを舞台に繰り広げられる、ピュアなラブ・ストーリー。監督は、本作で第一線に躍り出たロン・ハワード。若き日のトム・ハンクスとダリル・ハンナの演技が初々しい。
監督:ロン・ハワード 出演者:トム・ハンクス(アラン)、ダリル・ハンナ(マディソン)、ジョン・キャンディ(フレディ)、ユージン・レヴィ(コンブルース)、リチャード・B・シャル(ロス博士)ほか

「ファウンテン 永遠につづく愛」のネタバレあらすじ結末

ファウンテン 永遠につづく愛の紹介:2006年アメリカ映画。脳の腫瘍で余命の少ない妻イジーを助けようと新薬の研究に没頭する医者のトミーでしたが、ある日死を覚悟したイジーに自作の小説について聞かされます。死と再生をテーマにしたファンタジーラブストーリーです。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演者:ヒュー・ジャックマン(トム・クレオ)、レイチェル・ワイズ(イジー・クレオ)、エレン・バースティン(リリアン・グゼッティ)、マーク・マーゴリス(アヴィラ神父)ほか

「Dr.パルナサスの鏡」のネタバレあらすじ結末

Dr.パルナサスの鏡の紹介:2009年イギリス,カナダ映画。制作の途中で主役のヒース・レジャーが亡くなってしまったため、彼の残りのシーンをジュード・ロウ、ジョニー・デップ、コリン・ファレルの3人の俳優がかわって撮影し、完成されました。Dr.パルナサスの鏡を通した不思議な幻想の世界が描かれるダークファンタジー作品です。
監督:テリー・ギリアム 出演者:ヒース・レジャー(トニー・シェパード)、クリストファー・プラマー(パルナサス博士)、リリー・コール(ヴァレンティナ)、トム・ウェイツ(Mr.ニック)ほか

1 2 3 4 5 6 7
TOP↑