ファンタジー映画のネタバレ

「奇蹟の輝き」のネタバレあらすじ結末

奇蹟の輝きの紹介:1998年アメリカ映画。愛する妻を残して先立ってしまった夫が、子供たちや恩師の助けを借りながら、自殺して地獄へ堕ちてしまった妻を救おうと奮闘する愛の物語。死後の世界を油絵やアクリル絵の具で表現した映像で話題となり、1998年度アカデミー賞にて視覚効果賞を受賞した。
監督:ヴィンセント・ウォード 出演:ロビン・ウィリアムズ(クリス・ニールセン)、アナベラ・シオラ(アニー・コリンズ=ニールセン)、キューバ・グッディングJr.(アルバート・ルイス、イアン・ニールセン)、ロザリンド・チャオ(リオナ、マリー・ニールセン)、マックス・フォン・シドー(アルバート・ルイス教授) ほか

「天使のくれた時間」のネタバレあらすじ結末

天使のくれた時間の紹介:2000年アメリカ映画。ニューヨークのウォール街で成功し、優雅な独身生活を送っているジャックが、ひょんなことから13年前に分かれた恋人と、別れずにいたらどうなっていたかという、もう一つの人生を経験します。
監督:ブレット・ラトナー 出演:ニコラス・ケイジ(ジャック・キャンベル)、ティア・レオーニ(ケイト・レイノルズ) 、ドン・チードル(キャッシュ)、ジェレミー・ピヴェン(アーニー)、マッケンジー・ヴェガ(アニー・キャンベル)、ほか

「スプラッシュ」のネタバレあらすじ結末

スプラッシュの紹介:1984年アメリカ映画。幼い頃、海でおぼれた時に助けてくれた人魚の少女のことが忘れられない青年。ある日、海岸で出会った謎の美女に一目ぼれするが、彼女こそ、大人になったあの人魚だった。再会して恋におちた2人だが、人魚の存在を知った科学者が執拗に追ってくる。ニューヨークを舞台に繰り広げられる、ピュアなラブ・ストーリー。監督は、本作で第一線に躍り出たロン・ハワード。若き日のトム・ハンクスとダリル・ハンナの演技が初々しい。
監督:ロン・ハワード 出演者:トム・ハンクス(アラン)、ダリル・ハンナ(マディソン)、ジョン・キャンディ(フレディ)、ユージン・レヴィ(コンブルース)、リチャード・B・シャル(ロス博士)ほか

「ファウンテン 永遠につづく愛」のネタバレあらすじ結末

ファウンテン 永遠につづく愛の紹介:2006年アメリカ映画。脳の腫瘍で余命の少ない妻イジーを助けようと新薬の研究に没頭する医者のトミーでしたが、ある日死を覚悟したイジーに自作の小説について聞かされます。死と再生をテーマにしたファンタジーラブストーリーです。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演者:ヒュー・ジャックマン(トム・クレオ)、レイチェル・ワイズ(イジー・クレオ)、エレン・バースティン(リリアン・グゼッティ)、マーク・マーゴリス(アヴィラ神父)ほか

「Dr.パルナサスの鏡」のネタバレあらすじ結末

Dr.パルナサスの鏡の紹介:2009年イギリス,カナダ映画。制作の途中で主役のヒース・レジャーが亡くなってしまったため、彼の残りのシーンをジュード・ロウ、ジョニー・デップ、コリン・ファレルの3人の俳優がかわって撮影し、完成されました。Dr.パルナサスの鏡を通した不思議な幻想の世界が描かれるダークファンタジー作品です。
監督:テリー・ギリアム 出演者:ヒース・レジャー(トニー・シェパード)、クリストファー・プラマー(パルナサス博士)、リリー・コール(ヴァレンティナ)、トム・ウェイツ(Mr.ニック)ほか

「デイ・ウォッチ」のネタバレあらすじ結末

デイ・ウォッチの紹介:2006年ロシア映画。ナイトウォチに続く続編で、強大な力を持った二人のアザーズ、イゴールとスヴェトラーナはアントンを奪い合います。アントンは運命のチョークを使い闇の勝利を導いてしまう歴史を変えようと試みます。
監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演者:コンスタンチン・ハベンスキー(アントン)、マリア・ポロシナ(スヴェトラーナ)、ウラジミール・メニショフ(ゲッサー)、ガリーナ・チューニナ(オリガ)ほか

「ナイト・ウォッチ」のネタバレあらすじ結末

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZORの紹介:2004年ロシア映画。モスクワを舞台に特殊能力を持つアザーズたちの光と闇の戦いを描いた台4作小説、第一作目の映画化作品です。特殊能力を不思議な映像美で表現したダークファンタジー作品です。
監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演者:コンスタンチン・ハベンスキー(アントン)、ウラジミール・メニショフ(ゲッサー)ディマ・マルティノフ(イゴール)、ガリーナ・チューニナ(オルガ)ほか

「キャスパー」のネタバレあらすじ結末

キャスパーの紹介:1995年アメリカ映画。友達のいないお化けの少年「キャスパー」。はお化け屋敷と呼ばれる屋敷に3人のおじさんたちと一緒に住み着いています。ある日、母を亡くしてから、父に連れられて転校ばかりしているせいで友達のいない少女「キャット」がキャスパーの住むお屋敷にやってきます。お屋敷を相続したキャリガンや3人のおじさんたちに邪魔をされながらも、キャスパーはキャットと友達になりたいと奮闘しますが、なかなかうまくいかなくてキャスパーは生き返るための方法を考え始めます。
監督:ブラッド・シルバーリング 出演者:キャット(クリスティーナ・リッチ)・キャスパーの声(マラキ・ピアソン)・ハーヴェイ博士(ビル・プルマン)・キャリガン(キャシー・モリアーティ)・ディッブス(エリック・アイドル)ほか

「いけちゃんとぼく」のネタバレあらすじ結末

いけちゃんとぼくの紹介:2009年日本映画。漫画家である西原理恵子の絵本作品を原作としたCG映画。不思議な生き物「いけちゃん」は西原理恵子の長男の落書きが元となっています。主人公の男の子にしか見えない「いけちゃん」という謎の生物が、少年の親友です。少年には辛いことが次々と起こりますが、「いけちゃん」といろいろ話しをしながら成長していきます。成長するうちに少年はいろいろなことを自分自身で乗り越えられるようになります。そうするといつしか少年には「いけちゃん」が見えなくなります。少年の成長と「いけちゃん」とは何なのかという謎解きを描いている映画です。
監督: 大岡俊彦 出演者: 深澤嵐(ヨシオ)、ともさかりえ(美津子)、萩原聖人(茂幸)、蒼井優(「いけちゃん」声の出演)、モト冬樹(清じい)ほか

「ラビリンス/魔王の迷宮」のネタバレあらすじ結末

ラビリンス/魔王の迷宮の紹介:1986年アメリカ映画。全編ジム・ヘンソンによるマペットとデヴィッド・ボウイの曲で繰り広げられるファンタジー。物語好きの少女が弟を連れ去った魔王ジャレスの元へ、弟を取り戻す冒険に出る。
監督ジム・ヘンソン、ピーター・マクドナルド、ジミー・デイヴィス 出演:デヴィッド・ボウイ(ジャレス)、ジェニファー・コネリー(サラ)、シェリー・トンプソン(継母)、ほか

「シャドウハンター」のネタバレあらすじ結末

シャドウハンターの紹介:2013年アメリカ,ドイツ,カナダ映画。人間と天使の末裔であることを知ったクラリーがシャドウハンターとして、さらわれた母親を助け出す・・・!全世界で大ベストセラーのカサンドラ・クレア原作小説「シャドウハンター 骨の街」を実写化。
監督:ハラルド・ズワルト 出演:リリー・コリンズ(クラリー・フレイ)、ジェイミー・キャンベル・バウアー(ジェイス・ウェイランド)、ロバート・シーアン(サイモン・ルイス)、ケヴィン・ゼガーズ(アレク・ライトウッド)、レナ・ヘディ(ジョスリン・フレイ)、ほか

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のネタバレあらすじ結末

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの紹介:2016年アメリカ映画。ジェイクは死んだ祖父がかつて過ごしたウェールズの島を訪れる。そこには様々な不思議な能力をもつ子供たちと、子供たちを庇護する強くて不思議な女性、ミス・ペレグリンがいた。だが、そこにも危機が迫っていた。子供たちが力を合わせて怪物たちと戦うファンタジーアクション映画。ティム・バートン史上最も奇妙な物語です。
監督:ティム・バートン 出演者:エヴァ・グリーン(ミス・ペレグリン)、エイサ・バターフィールド(ジェイク)、サミュエル・L・ジャクソン(バロン)、エラ・パーネル(エマ)、ジュディ・デンチ(アヴォセット)ほか

「ネバーエンディングストーリー」のネタバレあらすじ結末

ネバーエンディングストーリーの紹介:1984年西ドイツ,イギリス映画。気弱な少年が不思議な本と出会い、心を成長させていくファンタジー・アドベンチャー。母を亡くし落ち込むバスチアンは、偶然入った書店で『ネバーエンディング・ストーリー』という本を手に取った。それは魔法の国を救うため旅をする勇者アトレーユの冒険譚だったが、読み進める内にバスチアンも本の世界に入り込んでいく。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演者:バレット・オリバー(バスチアン)、ノア・ハザウェイ(アトレーユ)、タミー・ストロナッハ(幼ごころの君)、モーゼス・ガン(カイロン)、アラン・オッペンハイマー(ファルコン/グモルク/ロック・バイター)ほか

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」のネタバレあらすじ結末

ライラの冒険 黄金の羅針盤の紹介:2007年アメリカ映画。両親を失くしたライラは寮で生活中北極の地のある噂を耳にする。それはこの世界と他の世界を結びつける”ダスト”の存在の確認。北極に強く惹かれたライラはある女性に誘われ共に北極の地へ行くこととなった。しかし同時にこの世界にある不穏な噂が流れる。切り離し、という謎の研究、そして子供達の数々の消息不明の事件、そしてライラに手渡された黄金の羅針盤の意味。一人の少女とその相棒が世界を揺るがす大冒険へと動き出す。原作はイギリス作家フィリップ・プルマンの「黄金の羅針盤」。2008年に続編の製作を無期限延期することが決まっている。
監督:クリス・ワイツ 出演:ニコール・キッドマン(コールター夫人)、ダコタ・ブルー・リチャーズ(ライラ・ベラクア)、サム・エリオット(リー・スコーズビー)、エヴァ・グリーン(セラフィナ・ペカーラ)、ほか

「オテサーネク 妄想の子供」のネタバレあらすじ結末

オテサーネク 妄想の子供の紹介:2000年チェコ,イギリス映画。チェコ民話の食人木『オテサーネク』を下敷きにしたファンタジーホラー。不妊症に悩む妻ボジェナのため、夫カレルは赤ん坊の姿に似せた切り株をプレゼントする。カレルは慰めのつもりだったが、ボジェナは切り株を我が子として溺愛するようになった。オティークと名付けられた切り株の子供には生命が宿り、異常な食欲を見せ始める。その様子に、隣家の少女アルジュビェトカは『オテサーネク』の惨劇を予感するのだった。
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 出演者:ヴェロニカ・ジルコヴァ(ボジェナ・ホラーク)、ヤン・ハルトゥル(カレル・ホラーク)、ヤロスラヴァ・クレチュメロヴァ(シュタードレル夫人)、パヴェル・ノヴィー(シュタードレル)、クリスティーナ・アダムコヴァ(アルジュビェトカ)ほか

1 2 3 4 5 6
TOP↑