ラブストーリー映画のネタバレ

「フォロー・ミー」のネタバレあらすじ結末

1973年公開イギリス映画。
会計士チャールズは妻のベリンダの行動に不信感をもっていた。チャールズは私立探偵のクリストフォローに妻の行動を調査するよう依頼した。ベリンダは日頃のうっぷんを散歩によって紛らわせていただけだったのだが、探偵の尾行に気づき次第にその探偵自身に好意を抱いていくのである。ちょっとした疑惑からはじまった夫婦間の危機を描いていく。爽やかな幕切れがとても心地の良い後味となる。ロマンティックなラブロマンス映画。

「ワイルド・ガール」のネタバレあらすじ結末

2008年 アメリカ、イギリス作品。監督:ニック・ムーア。出演:エマ・ロバーツ、ナターシャ・リチャードソン、キンバリー・ニクソン、アレックス・ペティファーほか。ロサンゼルスで暮らすポピーは、オシャレが大好きな16歳。遊び友達と気ままに過ごしていた彼女は、母親の死後に父が若いガールフレンドを作ることが許せなかった。父のガールフレンドへの嫌がらせは度を超えたイタズラになり、それまでは我慢してきた父もついに怒りを爆発。そしてポピーをイギリスの名門寄宿校に転校させてしまう。そこで彼女を待っていたのはダサイ制服に厳しい教師、学園を牛耳る意地悪な生徒会長のハリエットだった。

「幸せになるための27のドレス」のネタバレあらすじ結末

2008年公開アメリカ作品。 キャスト:キャサリン・ハイグル / ジェームズ・マースデン 監督:アン・フレッチャー。
他人の結婚式を成功させることに情熱を燃やしてきた万年“花嫁付添い人”のヒロインが、片想いの上司ジョージの結婚式のために奔走することになるロマンチック・コメディー。

「食べて、祈って、恋をして」のネタバレあらすじ結末

2010/9/18公開 アメリカ作品  エリザベス・ギルバートが自らの体験をつづった世界的ベストセラー「食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書」を、ジュリア・ロバーツ主演で映画化。

「愛の記念に」のネタバレあらすじ結末

愛の記念に の紹介:1983年フランス映画。原題:A Nos Amours 16歳の少女シュザンヌは、恋人がいながらも確かな愛を求め奔放に恋愛を重ねていく。1983年ルイ・デュリュック賞受賞、1984年セザール賞作品賞、有望若手女優賞。
監督:モーリス・ピアラ 出演:サンドリーヌ・ボネール、ドミニク・ベアネール

「私の男(2013年)」のネタバレあらすじ結末

映画 「私の男」の紹介:2013年日本映画。桜庭一樹によるベストセラーで第138回直木賞受賞作。孤児になった少女と彼女を引き受けた男が、心に空虚を抱えながらも寄り添うように生きていく姿を北海道の雄大な自然を背景に描く。北海道と東京を舞台に父と娘との歪んだ近親相姦と、それに絡む殺人事件を描いた衝撃のラブサスペンスです。
監督:熊切和嘉 出演:浅野忠信(腐野淳悟)、二階堂ふみ(腐野花)、モロ師岡(田岡)、河井青葉(大塩小町)、山田望叶(花(10歳))、三浦誠己(美郎の先輩)、三浦貴大(大輔)ほか

「今時の恋愛」のネタバレあらすじ結末

今時の恋愛の紹介:2009年インド映画。原題:LOVE AAJ KAL 英題: “Love These Days”
監督:Imtiaz Ali 出演:サイフ・アリ・カーン、ディーピカ・パドゥコン他

「眺めのいい部屋」のネタバレあらすじ結末

眺めのいい部屋の紹介:1986年イギリス映画。『モーリス』原作のE・M・フォスターの小説を映画化した作品。イギリスで名家の令嬢がフィレンツェへの旅をし、そこで出会ったある男性との恋に落ちる。それを通して内面的にも成長を遂げていく姿を描く。
監督:ジェームズ・アイヴォリー 出演:ヘレナ・ボナム=カーター(ルーシー・ハニーチャーチ)、デンホルム・エリオット(エマソン氏)、マギー・スミス(シャーロット・バートレット)、ジュリアン・サンズ(ジョージ・エマソン)、ジュディ・デンチ(エリナー・ラヴィッシュ)ほか

「カイロ・タイム~異邦人~」のネタバレあらすじ結末

カイロ・タイム~異邦人~の紹介。2009年カナダ,アイルランド映画。トロント映画祭にてBest Canadian Feature Film受賞。エジプトの首都カイロを舞台に、夫と休日を過ごすためにやって来たカナダ人女性とエジプト人男性が、こころ惹かれ合う夢のような時間を描くロマンチックな愛の物語。
監督:ルバ・ナッダ 出演:パトリシア・クラークソン(ジュリエット)、アレクサンダー・シディグ(タレク)、エレナ・アナヤ(キャサリン)、アミナ・アナビ(ヤスミン)、ほか

「デーヴダース 魅惑のインド」のネタバレあらすじ結末

デーヴダース 魅惑のインドの紹介:2002年インド映画。10年ぶりにロンドンから帰国したデーヴダースが訪ねたのは、小さい頃から結婚を夢見ていたパロー。だが、母親同士のいさかいのためデーヴダースは家出、パローはタークルに嫁がされてしまう。デーヴダースは希望を見失い、高級売春チャンドラムキーの館に入り浸り、アルコールに蝕まれてゆく・・・。
監督:サンジャイ・リーラー・バンサーリー 原作:サラットチャンドラ・チャトパディー 出演:シャー・ルク・カーン、マードゥリー・ディクシト、アイシュワリヤー・ラーイ、ジャッキー・シュロフ、キロン・ケール、ほか

「古きサナアの新しき日」のネタバレあらすじ結末

古きサナアの新しき日(原題:A New Day In Old Sana’a)の紹介。 2005年イエメン映画。カンヌ映画祭で初めて紹介されたイエメンの長編映画。結婚直前に消えた白いドレスを巡って大騒ぎとなる町、しかし意外な事実が判明する。イエメンで初の長編映画となる本作は中世の景観を現代に残すサナアの街や民族衣装も見所となっている。
監督:バドゥル・ビン・ヒルスィー

1 13 14 15 16 17
TOP↑