ラブストーリー映画のネタバレ

「もっと猟奇的な彼女」のネタバレあらすじ結末

もっと猟奇的な彼女の紹介:2016年韓国映画。チョン・ジヒョンが過激なヒロインを演じて大ヒット。ハリウッドでもリメイクされたラブ・コメディ、「猟奇的な彼女」(2001)の15年ぶりとなる続編。主人公は前作と同じくチャ・テヒョン。そして今回の“彼女”を演じるのは、人気アイドル・グループ、f(x)のビクトリア。前作で運命の出会いをした猟奇的な“彼女”に、別れを告げられたキョヌ。失恋の痛手の中、新たな“彼女”と巡り会う。それは小学校時代の同級生で、キョヌの初恋の相手だった。ユーモラスな脇役に韓国の名優ぺ・ソンウ、さらに韓国でも人気上昇中の藤井美菜が、キャリアウーマン役を好演している。
監督:チョ・グンシク 出演者:チャ・テヒョン(キョヌ)、ビクトリア(“彼女”)、ぺ・ソンウ(ヨンソプ)、藤井美菜(ユウコ)、ソン・オクスク(キョヌの母)、チェ・ジノ(専務)、チョン・ソギョン(“彼女”の祖父)ほか

「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のネタバレあらすじ結末

ナチュラル・ボーン・キラーズの紹介:1994年アメリカ映画。クエンティン・タランティーノが原案に加わったバイオレンスムービーで、行く先々で狂ったように殺人を繰り返すカップルの逃避行を、彼らを追うテレビキャスターらの姿も交えて描き、物議を巻き起こした問題作です。
監督:オリバー・ストーン 出演者:ウディ・ハレルソン(ミッキー・ノックス)、ジュリエット・ルイス(マロリー・ノックス)、ロバート・ダウニー・Jr(ウェイン・ゲール)、トミー・リー・ジョーンズ(ドワイト・マクラスキー)、トム・サイズモア(ジャック・スキャグネッティ)ほか

「今日、恋をはじめます」のネタバレあらすじ結末

今日、恋をはじめますの紹介:2012年日本映画。日比野つばきは高校1年生で地味で真面目だけが取り柄の女の子。地味で三つ編み、膝まで隠れるスカート・・・まさに「戦時中の女学生」の格好で入学式から注目の的になってしまう。椿京汰は成績トップでイケメンの学校一のモテ男。正反対の二人。クラスが同じで偶然席が隣になってしまう。そんなある事件がキッカケでつばきはフォーストキスを京汰に奪われてしまう。そんな京汰に次第に惹かれてしまうつばき。人生初の恋は競争率の激しい学校一のモテ男。どうなる!つばき!二人の恋の行方は・・・
監督:古澤健 出演:武井咲(日比野つばき)、松坂桃李(椿京汰)、木村文乃(菜奈)、山崎賢人(長谷川西希)、新川優愛(日比野さくら)、高梨臨(山内有砂)、ほか

「初雪の恋 ヴァージン・スノー」のネタバレあらすじ結末

初雪の恋 ヴァージン・スノーの紹介:2006年日本,韓国映画。父親の仕事の都合でキム・ミンは日本にやってきた。偶然立ち寄った神社で佐々木七重という女の子に会い惹かれるミン。大学に転入し、窓から七重が見え学校を飛び出し声を掛けた。ミンは七重に積極的にアプローチし次第に二人は惹かれあい付き合うようになる。ミンは初雪にデートをすると幸せになれると言うジンクスを話し約束を交わす。だが幸せは長く続かなかった。
監督:ハン・サンヒ 出演:イ・ジュンギ(キム・ミン)、宮崎あおい(佐々木七重)、塩谷瞬(小島康二)、森田彩華(厚佐香織)、柳生みゆ(佐々木百合)、乙葉(福山先生)、余貴美子(佐々木真由美)、ほか

「オン・ザ・ミルキー・ロード」のネタバレあらすじ結末

オン・ザ・ミルキー・ロードの紹介:2016年セルビア,イギリス,アメリカ映画。名匠エミール・クストリッツアが監督と主演を務めたラブストーリー。戦争が続くとある村に住む主人公の前に結婚が決まった花嫁が現れます。惹かれあう2人ですが、花嫁を追って村にやってきた多国籍軍によって、事態は急変します。
監督:エミール・クストリッツァ 出演者:エミール・クストリッツァ(コスタ)、モニカ・ベルッチ(花嫁)、プレグラグ・ミキ・マノジョロビッチ(ザガ)、スロボダ・ミチャロビッチ(ミレナ)ほか

「フォーエヴァー・ヤング」のネタバレあらすじ結末

フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白の紹介:1992年アメリカ映画。恋人が交通事故で昏睡状態となり、その回復を待ちながら冷凍睡眠の実験台になったパイロットが50年後の現代に目覚め、ある母子の協力を得ながら恋人の行方を探す姿を描いた、時を越えたラブストーリーです。
監督:スティーヴ・マイナー 出演者:メル・ギブソン(ダニエル)、ジェイミー・リー・カーティス(クレア)、イライジャ・ウッド(ナット)、イザベル・グラッサー(ヘレン)、ジョージ・ウェント(ハリー)ほか

「夫以外の選択肢」のネタバレあらすじ結末

夫以外の選択肢の紹介:2004年アメリカ,カナダ映画。アンドレ・デビュースの短編小説「We Don’t Live Here Anymore」と「Adultery」を原作として製作された官能ラブストーリーです。それぞれ複雑な事情を抱える二組の親友同士の夫婦が互いのパートナーと禁断の不倫関係に溺れていく姿を描いています。
監督:ジョン・カラン 出演者:マーク・ラファロ(ジャック)、ローラ・ダーン(テリー)、ピーター・クラウス(ハンク)、ナオミ・ワッツ(イーデス)ほか

「SAYURI」のネタバレあらすじ結末

SAYURIの紹介:2005年アメリカ映画。置屋に売られた千代は辛い労働やいじめを受けながらも、芸者になるための稽古をこなしていました。電気会社会長の岩村に憧れたさゆりは、いつか芸者になって彼に再会する事を誓います。千代はさゆりという芸名を貰い一流の芸者になりますが、太平洋戦争が始まり疎開する事になります。戦後、岩村会長の会社再建のためアメリカの融資を受ける事が出来るよう、さゆり達に接待の依頼が。岩村会長に会いたいさゆりは…。スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のゲイシャ・ムービー。1人の芸者の人生をと豪華けんらんな美の世界を描く。
監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー(さゆり)、渡辺謙(岩村会長)、ミシェル・ヨー(豆葉)、役所広司(延社長)、桃井かおり(おかあさん)、工藤夕貴(おカボ)、コン・リー(初桃)ほか

「ウエディング・クラッシャーズ」のネタバレあらすじ結末

ウエディング・クラッシャーズの紹介:2005年アメリカ映画。ジョンとジェレミーは結婚式に乗り込んでは女性をナンパするウェディングクラッシャーとして週末を楽しんでいました。ある日財務長官の長女のパーティーに潜入した所、ジョンはクレアに一目惚れ、ジェレミーはグロリアを狙い見事ナンパ成功。クレアには婚約者サックがいましたが、諦められないジョン。二人はクリアリー家の豪邸へ招待されますがジェレミーは滞在中にグロリアからの執拗な愛情表現に参り、グロリアのゲイの弟トッドに襲われそうになったりと散々な目に。
監督:デヴィッド・ドブキン 出演:オーウェン・ウィルソン(ジョン・ベックウィズ)、ヴィンス・ヴォーン(ジェレミー・グレイ)、クリストファー・ウォーケン(財務長官ウィリアム・クリアリー)、レイチェル・マクアダムス(クレア・クリアリー)、アイラ・フィッシャー(グロリア・クリアリー)、ジェーン・シーモア(キャスリーン・クリアリー)、ほか

「素晴らしき日曜日」のネタバレあらすじ結末

素晴らしき日曜日の紹介:1947年日本映画。太平洋戦争の爪痕が残る戦後の東京を舞台に、貧しくとも未来に希望を抱きながら生きていく恋人たちを日本映画界の巨匠・黒澤明監督が描きあげたラブストーリーです。
監督:黒澤明 出演者:沼崎勲(雄造)、中北千枝子(昌子)、渡辺篤(与太者)、中村是好(饅頭屋)、内海突破(街頭写真屋)ほか

「マンハッタン・ラプソディ」のネタバレあらすじ結末

マンハッタン・ラプソディの紹介:1996年アメリカ映画。美人を見るとめまいが起こるという数学教授グレゴリー(ジェフ・ブリッジス)と自分の容姿に自信が無く恋におびえる文学を教えるローズ(パーブラ・ストライサンド)の不器用な二人がおりなす恋とセックスのあり方についてをおかしくも真面目に考えさせる作品を豪華キャストで描かれた作品です。
監督:バーブラ・ストライサンド 出演:バーブラ・ストライサンド(ローズ)、ジェフ・ブリッジス(グレゴリー)、ローレン・バコール(ハンナ)、ミミ・ロジャース(クレア)、ピアース・ブロスナン(アレックス)、ほか

「追憶 (1973年)」のネタバレあらすじ結末

追憶の紹介:1973年アメリカ映画。政治運動に熱心に取り組む大学生のケイティは、キャンパスでハンサムな青年ハベルに出逢う。2人は大学の創作クラスで一緒に学んでいるが、ハベルはケイティに興味を示すことはなかった。大学を卒業して、別々の道を歩んでいくケイティとハベルだが、第二次世界大戦が始まる。ある時偶然にニューヨークで海軍の制服に身を包むハベルに再会する。2人は愛し合い、戦争後に結婚する。やがてロサンゼルスに移り住み、ハベルは脚本家として生きていくが、ケイティは熱心に政治運動に取り組んでいく。政治運動に取り組むケイティとそれに関わりたくないハベルの間には少しずつすれ違いが生まれていく…
監督:シドニー・ポラック 出演:ロバート・レッドフォード(ハベル)、バーブラ・ストライサンド(ケイティ)、ジェームズ・ウッズ(フランキー)、ロイス・チャイルズ(キャロル)、ブラッドフォード・ディルマン(J・J)ほか

「イングリッシュ・ペイシェント」のネタバレあらすじ結末

イングリッシュ・ペイシェントの紹介:1996年アメリカ映画。マイケル・オンダーチェの小説「イギリス人の患者」を原作とした壮大なラブストーリーです。第二次大戦時代のイタリアと北アフリカを舞台に繰り広げられる、記憶を失った重傷の男、通称“イギリス人の患者”が辿って来た運命的な愛の日々を描いています。
監督:アンソニー・ミンゲラ 出演者:レイフ・ファインズ(ラズロ・アルマシー/イギリス人の患者)、クリスティン・スコット・トーマス(キャサリン・クリフトン)、ジュリエット・ビノシュ(ハナ)、ウィレム・デフォー(デヴィッド・カラヴァッジョ)、ナヴィーン・アンドリュース(キップ)ほか

「愛しのロクサーヌ」のネタバレあらすじ結末

愛しのロクサーヌの紹介:1987年アメリカ映画。エドモン・ロスタンの『シラノ・ド・ベルジュラック』を原作としたロマンティック・コメディです。町の人気者ながらも異常に大きい鼻にコンプレックスを持つ男が美人天文学者に恋をします。主演のスティーヴ・マーティンは脚本と製作総指揮も兼任しています。
監督:フレッド・スケピシ 出演者:スティーヴ・マーティン(チャーリー・“C・D”・ベイルズ)、ダリル・ハンナ(ロクサーヌ・コワルスキー)、リック・ロソヴィッチ(クリス・マコーネル)、シェリー・デュヴァル(ディキシー)、ジョン・カペロス(チャック)ほか

「メッセージ・イン・ア・ボトル」のネタバレあらすじ結末

メッセージ・イン・ア・ボトルの紹介:1999年アメリカ映画。全米で170万部のベストセラーとなったニコラス・スパークスの同名小説を原作としたラブストーリーです。浜辺に打ち上げられたメッセージ入りの瓶をある女性が拾ったことをきっかけに、出逢うはずのなかった二人の恋が始まりますが…。
監督:ルイス・マンドーキ 出演者:ケビン・コスナー(ギャレット・ブレイク)、ロビン・ライト・ペン(テリーサ・オズボーン)、ポール・ニューマン(ドッジ・ブレイク)、ジョン・サヴェージ(ジョニー・ランド)、イリーナ・ダグラス(リーナ・ポール)ほか

1 2 3 4 5 6 25
TOP↑