ラブストーリー映画のネタバレ

「ホットロード」のネタバレあらすじ結末

ホットロードの紹介:2014年日本映画。ホットロードの原作は紡木たくによる少女漫画です。「別冊マーガレット」に1986年~1987年まで連載されました。悩みを抱えながら、暴走族に憧れ、仲間に入り不良の道を進んでいく主人公・和希(能年玲奈)とバイクに命をかけ、死さえ覚悟しているような春山(登坂広臣)のラブストーリー。
監督:三木孝浩 出演:宮市和希役「能年玲奈(のん)」 春山洋志役「登坂広臣」、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平ほか

「セレンディピティ」のネタバレあらすじ結末

2001年アメリカ作品 監督:ピーター・チェルソム 出演:ジョン・キューザック、ケイト・ベッキンセイル、ジョン・コーベット、ジェレミー・ピヴェン、ユージン・レヴィ、ブリジット・モイナハンほか
セレンディピティの紹介: 男女が偶然出会い運命を感じつつも別れてしまう。しかしお互い忘れられず再び探し求める。ニューヨークを舞台に繰り広げられるロマンティックラブストーリー。

「恋愛適齢期」のネタバレあらすじ結末

恋愛適齢期の紹介:2003年アメリカ映画。アカデミー賞受賞経験を持つ名優ジャック・ニコルソンとオスカー女優ダイアン・キートンが、その魅力を遺憾なく発揮して臨んだ作品。誰にでも訪れるかもしれない恋の1ページを描き出す、人生のウィットに富んだ中年男女のラブ・コメディ。
監督: ナンシー・マイヤーズ 出演者:ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン、キアヌ・リーブス、フランシス・マクドーマンドほか

「恋愛小説家」のネタバレあらすじ結末

1997年アメリカ作品 監督:ジェームズ・L・ブルックス 出演:ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、グレッグ・キニア、キューバ・グッディング・Jrほか
第55回ゴールデン・グローブ賞主要3部門に輝いたジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント共演の恋愛ドラマ映画。嫌われ者で偏屈なベストセラー作家と、子持ちでバツイチのウェイトレスが織りなす不器用な恋をユーモアを交えて描く。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のネタバレあらすじ結末

カノジョは嘘を愛しすぎてるの紹介:2013年日本映画。「カノジョは嘘を愛している」は原作はアニメで青木琴美作。映画化される前にはヒロインの小枝理子役を決めるにあたり「リコを探せ!オーディション」を開催し5000名の中から大原櫻子が選ばれた。主演の小笠原秋役の佐藤健は自身初の恋愛ラブストーリー。主な出演者はCRUDEPLAY(以後クリプレと略します)のボーカル担当坂口瞬役には三浦翔平・ベース担当篠原心也役には窪田正考ほか2名の4人でクリプレを結成さてたバンドです。小笠原秋の恋人のマリ役には相武紗季・クリプレが所属する音楽プロデューサーの高木役には反町隆史が演じます。
監督:小泉徳宏 出演:佐藤健(小笠原秋)、三浦翔平(坂口瞬)、窪田正孝(篠原心也)ほか

「ただ、君を愛してる」のネタバレあらすじ結末

ただ、君を愛してるの紹介:2006年日本映画。「いま、会いにゆきます」の市川拓司の原作『恋愛寫眞 もうひとつの物語』を、玉木宏と宮崎あおい主演で映画化した切ない恋愛物語「ただ、君を愛してる」。2003年に公開した「恋愛寫眞 Collage of Our Life」のアナザーストーリーで企画当初は仮題「天国の森で君を想う」だったが、主題歌である「恋愛写真」の歌詞をヒントに「ただ、君を愛してる」という題名となった。
監督: 新城 毅彦 出演: 玉木宏(瀬川誠人)、宮崎あおい(里中静流)、黒木メイサ(富山みゆき)、小出恵介(関口恭平)、上原美佐(井上早樹)、青木崇高(白浜亮)、大西麻恵(矢口由香)ほか

「冷静と情熱のあいだ」のネタバレあらすじ結末

「冷静と情熱のあいだ」の紹介。2001年日本映画。この映画は原作を江國香織と辻仁成がそれぞれ女性からの視点・男性からの視点を小説にまとめられています。これを映画化したものです。阿形順正役を竹野内豊・あおい役をケリーチャンがダブル主演です。またサブ出演に当時役者としては無名のユースケサンタマリアと篠原涼子が起用されています。10年後の再会約束をした男女が、その後別れてしまい、別の生活や恋人を持つが、ずっと約束を大事に思い、10年後にイタリアで再会する恋愛物語。
監督: 中江 功  出演:竹野内豊(阿形順正)、ケリー・チャン(あおい)、ユースケサンタマリア(崇)、篠原涼子(芽実)、椎名桔平ほか。

「フォロー・ミー」のネタバレあらすじ結末

1973年公開イギリス映画。
会計士チャールズは妻のベリンダの行動に不信感をもっていた。チャールズは私立探偵のクリストフォローに妻の行動を調査するよう依頼した。ベリンダは日頃のうっぷんを散歩によって紛らわせていただけだったのだが、探偵の尾行に気づき次第にその探偵自身に好意を抱いていくのである。ちょっとした疑惑からはじまった夫婦間の危機を描いていく。爽やかな幕切れがとても心地の良い後味となる。ロマンティックなラブロマンス映画。

「ワイルド・ガール」のネタバレあらすじ結末

2008年 アメリカ、イギリス作品。監督:ニック・ムーア。出演:エマ・ロバーツ、ナターシャ・リチャードソン、キンバリー・ニクソン、アレックス・ペティファーほか。ロサンゼルスで暮らすポピーは、オシャレが大好きな16歳。遊び友達と気ままに過ごしていた彼女は、母親の死後に父が若いガールフレンドを作ることが許せなかった。父のガールフレンドへの嫌がらせは度を超えたイタズラになり、それまでは我慢してきた父もついに怒りを爆発。そしてポピーをイギリスの名門寄宿校に転校させてしまう。そこで彼女を待っていたのはダサイ制服に厳しい教師、学園を牛耳る意地悪な生徒会長のハリエットだった。

「幸せになるための27のドレス」のネタバレあらすじ結末

幸せになるための27のドレスの紹介:2008年アメリカ映画。他人の結婚式を成功させることに情熱を燃やしてきた万年“花嫁付添い人”のヒロインが、片想いの上司ジョージの結婚式のために奔走することになるロマンチック・コメディー。
監督:アン・フレッチャー 出演:キャサリン・ハイグル(ジェーン・ニコルズ)、ジェームズ・マースデン(ケビン・ドイル)、マリン・アッカーマン(テス・ニコルズ)、ジュディ・グリア(ケイシー)、エドワード・バーンズ(ジョージ)、ほか

「食べて、祈って、恋をして」のネタバレあらすじ結末

食べて、祈って、恋をしての紹介:2010年アメリカ映画。エリザベス・ギルバートが自らの体験をつづった世界的ベストセラー「食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書」を、ジュリア・ロバーツ主演で映画化。
監督:ライアン・マーフィー 出演:ジュリア・ロバーツ(リズ・ギルバート)、ハビエル・バルデム(フェリペ)、ジェームズ・フランコ、リチャード・ジェンキンス、ヴィオラ・デイヴィス、ビリー・クラダップ

「愛の記念に」のネタバレあらすじ結末

愛の記念に の紹介:1983年フランス映画。原題:A Nos Amours 16歳の少女シュザンヌは、恋人がいながらも確かな愛を求め奔放に恋愛を重ねていく。1983年ルイ・デュリュック賞受賞、1984年セザール賞作品賞、有望若手女優賞。
監督:モーリス・ピアラ 出演:サンドリーヌ・ボネール、ドミニク・ベアネール

「私の男(2013年)」のネタバレあらすじ結末

私の男の紹介:2013年日本映画。桜庭一樹によるベストセラーで第138回直木賞受賞作。孤児になった少女と彼女を引き受けた男が、心に空虚を抱えながらも寄り添うように生きていく姿を北海道の雄大な自然を背景に描く。北海道と東京を舞台に父と娘との歪んだ近親相姦と、それに絡む殺人事件を描いた衝撃のラブサスペンスです。
監督:熊切和嘉 出演:浅野忠信(腐野淳悟)、二階堂ふみ(腐野花)、モロ師岡(田岡)、河井青葉(大塩小町)、山田望叶(花(10歳))、三浦誠己(美郎の先輩)、三浦貴大(大輔)ほか

「今時の恋愛」のネタバレあらすじ結末

今時の恋愛の紹介:2009年インド映画。原題:LOVE AAJ KAL 英題: “Love These Days”
監督:Imtiaz Ali 出演:サイフ・アリ・カーン、ディーピカ・パドゥコン他

「眺めのいい部屋」のネタバレあらすじ結末

眺めのいい部屋の紹介:1986年イギリス映画。『モーリス』原作のE・M・フォスターの小説を映画化した作品。イギリスで名家の令嬢がフィレンツェへの旅をし、そこで出会ったある男性との恋に落ちる。それを通して内面的にも成長を遂げていく姿を描く。
監督:ジェームズ・アイヴォリー 出演:ヘレナ・ボナム=カーター(ルーシー・ハニーチャーチ)、デンホルム・エリオット(エマソン氏)、マギー・スミス(シャーロット・バートレット)、ジュリアン・サンズ(ジョージ・エマソン)、ジュディ・デンチ(エリナー・ラヴィッシュ)ほか

1 24 25 26 27 28 29
TOP↑