ラブストーリー映画のネタバレ

「私だけのハッピー・エンディング」のネタバレあらすじ結末

私だけのハッピー・エンディングの紹介:2011年に製作されたケイト・ハドソン主演のアメリカ映画。キャリアウーマンとして充実した毎日を送っていたマーリーは、本気の恋愛だけはしない主義。そんなある日、検診のために訪れた病院で、余命わずかなガンを宣告される。
監督:ニコール・カッセル 出演:ケイト・ハドソン(マーリー・コーベット)、ガエル・ガルシア・ベルナル(ジュリアン・ゴールドスタイン医師)、ウーピー・ゴールドバーグ(ゴッド)、キャシー・ベイツ(ヴェバリー・コーベット)、ほか

「25年目のキス」のネタバレあらすじ結末

25年目のキスの紹介:1999年アメリカ映画。悲惨な高校時代を送った過去を持つ25歳の女性が、仕事のため高校生に扮して潜入取材したことで過去を乗り越えて自信をもち、ファーストキスを実らせる。
監督 :ラージャ・ゴスネル 出演:ドリュー・バリモア、デヴィッド・アークエット、ジョン・C・ライリー、リーリー・ソビエスキーほか

「街の灯」のネタバレあらすじ結末

街の灯の紹介:1931年アメリカ映画。チャップリンの代表作のひとつで映画史上のベストテンにもたびたびランクインする名作。花を持ったチャップリンの顔が大写しになるラストカットは「モダン・タイムス」のラストと並んで有名。
監督:チャールズ・チャップリン 出演:放浪者(チャールズ・チャップリン)、盲目の花売り娘(ヴァージニア・チェリル)ほか

「ボクの妻と結婚してください。」のネタバレあらすじ結末

ボクの妻と結婚してください。の紹介:2016年日本映画。原作は放送作家・樋口卓治さんの小説「ボクの妻と結婚してください。」で、2012年に講談社から単行本が刊行されました。テレビ業界で奮闘する放送作家がある日余命宣告を受け、「人生最期の企画」を家族に残すため奔走する様子を描く。
監督:三宅喜重 出演:織田裕二(三村修治)、吉田羊(三村彩子)、原田泰造(伊東正蔵)、込江海翔(三村陽一郎)、森カンナ(片岡喜子)、小堺一機(俵屋三幸)、大杉漣(荒城伊知郎)、高島礼子(知多かおり)、ほか

「大奥 永遠[右衛門佐・綱吉篇]」のネタバレあらすじ結末

大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]の紹介:2012年日本映画。一人の女将軍に多くの男達が仕えるという男女逆転の異色な設定の大奥を舞台に、世継ぎの誕生をめぐり繰り広げられる権力争いや男女の愛憎を描いた作品。よしながふみの漫画が原作となっています。
監督:金子文紀 出演:堺雅人(右衛門佐)、菅野美穂(徳川綱吉)、尾野真千子(柳沢吉保)、柄本佑(秋本)、田中聖(玉栄)、要潤(伝兵衛)、堺正章(隆光)、宮藤官九郎(御台所・信平)、西田敏行(桂昌院)、ほか

「スウィート・ノベンバー」のネタバレあらすじ結末

スウィート・ノベンバーの紹介:2001年アメリカ映画。1968年に製作「今宵かぎりの恋」をリメイクした恋愛映画です。仕事人間のネルソンが携帯と時計を捨て、風変わりな女性サラと“11月の恋人”として期間限定の同棲生活をスタートさせます。サラとの生活でネルソンは、忘れかけていた人間性を取り戻していきます。主演のK・リーヴスとC・セロンは「ディアボロス 悪魔の扉」でも共演。主題歌はエンヤ。
監督:パット・オコナー 出演者:キアヌ・リーヴス(ネルソン)、シャーリーズ・セロン(サラ)、ジェイソン・アイザックス(チャズ)、グレッグ・ジャーマン(ヴィンス)、リーアム・エイケン(アブナー)ほか

「素晴らしき日」のネタバレあらすじ結末

素晴らしき日の紹介:1996年アメリカ映画。離婚歴があり幼い子供がいてキャリアもあるメラニーとジャックの最悪な出会いから恋に落ちるまでの怒涛の一日を描いたラブコメディ。
監督:マイケル・ホフマン 出演者:ミシェル・ファイファー(メラニー・パーカー)、ジョージ・クルーニー(ジャック・テイラー)、メイ・ホイットマン(マギー・テイラー)、アレックス・D・リンツ(サミー・パーカー)、チャールズ・ダーニング(ルー)ほか

「最高の人生のつくり方」のネタバレあらすじ結末

最高の人生のつくり方の紹介:2014年アメリカ映画。妻に先立たれた偏屈な男やもめが、突然孫娘の世話を任されたことをきっかけに、家族や所有するアパートの住民らと心を通わせるようになるまでを描くハートウォーミングムービー。
監督:ロブ・ライナー 出演:ダイアン・キートン(リア)、スターリング・ジェリンズ(サラ)、ロブ・ライナー(アーティー)、スコット・シェパード(ルーク)、ほか

「天国の本屋~恋火」のネタバレあらすじ結末

天国の本屋~恋火の紹介:2004年日本映画。原作本は最初売れ行きが良くなかったのですが、偶然本をとった店長がいたく感動し、独自に宣伝し広めベストセラーになりました。これに「恋火」のストーリーを加えて映画化したファンタジー映画。天国の本屋のオーナーに導かれて不思議な世界にやってきたピアニストの青年が、その天国の本屋でかつて憧れていたピアニストの女性と出会います。主演を務めた竹内結子は、天国の世界の女性と現世の女性の一人二役に初挑戦しています。顔は同じですが性格の違う女性をはつらつと演じています。映画の内容は心温まる作品で、見終わった後に心の中に一つ火が灯るような感覚になります。
監督:篠原哲雄 出演者: 竹内結子(長瀬香夏子・桧山翔子)、玉山鉄二(町山健太)、香里奈(由衣)、新井浩文(サトシ)、原田芳雄(ヤマキ)、香川照之(瀧本)、大倉孝ニ(マル)、ほか

「大停電の夜に」のネタバレあらすじ結末

大停電の夜にの紹介:2005年日本映画。第18回東京国際映画祭の特別招待映画作品です。東京のクリスマスの夜に大停電が発生したという設定で、その元で繰り広げられる人間ドラマを描いています。様々な人を描いているので、一人は自分の今の気持ちに近い登場人物が見つけられそうなおもしろい映画です。大停電が起きたからこそ起きた出来事がちりばめられています。それぞれ別の出来事や人が終盤になってだんだんと繋がっていくところが、まるで電気系統が復旧するように描かれています。実際にニューヨークで起こった大停電をモチーフにしています。
監督:源 孝志 出演者: 豊川悦司(木戸晋一)、田口トモロヲ(佐伯遼太郎)、原田知世(佐伯静江)、吉川晃司(大鳥銀次)、寺島しのぶ(杉田礼子)、井川遥(草野美寿々)、阿部力(李冬冬)、ほか

「僕の初恋をキミに捧ぐ」のネタバレあらすじ結末

僕の初恋をキミに捧ぐの紹介:2009年日本映画。青木琴美原作の少女漫画の実写化で岡田将生と井上真央が主演。20歳まで生きられない限られた命の少年と、献身的に彼を支えようとする少女のまっすぐで純粋な恋の行方が描かれる。
監督:新城毅彦 出演:井上真央(種田繭)、岡田将生(垣野内逞)、杉本哲太(垣野内稔)、森口瑤子(垣野内涼子)、細田よしひこ(鈴谷昂)、原田夏希(上原照)、堀内敬子(鈴谷良美)、窪田正孝(杉山律)、仲村トオル(種田孝仁)、ほか

「ジョー・ブラックをよろしく」のネタバレあらすじ結末

ジョー・ブラックをよろしくの紹介:1998年アメリカ映画。1934年の映画『明日なき抱擁』のリメイク版です。人間界に興味を抱いた死神は、人間の青年の姿を借りて現れます。ジョー・ブラックと名乗ることになった死神は、人間の女性と恋に落ちます。第19回ゴールデンラズベリー賞最低リメイク及び続編賞にノミネートされています。
監督:マーティン・ブレスト 出演者:ブラッド・ピット(ジョー・ブラック/コーヒーショップの青年)、アンソニー・ホプキンス(ウィリアム“ビル”・パリッシュ)、クレア・フォーラニ(スーザン・パリッシュ)、ジェイク・ウェバー(ドリュー)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(アリソン・パリッシュ)ほか

「運命の元カレ」のネタバレあらすじ結末

運命の元カレの紹介:2011年アメリカ映画。ことごとく付き合う男とは上手くいかないアリー。その上仕事までクビになってしまい絶望に暮れる中更なる絶望へと追いやられる。それはふと見た雑誌に書いてある経験人数に関する記事。それによると経験人数が20人を超えた女性のほとんどが未婚だという。焦ったアリーは一つの方法を思いつく。過去の男を漁ればいいのだ。「最終絶叫計画」のアンナ・ファリスと「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスが送るラブコメディー。
監督:マーク・マイロッド 出演:アリー(アンナ・ファリス)、コリン(クリス・エヴァンス)、デイジー(アリ・グレイナー)、リック(ザカリー・クイント)、ドナルド(クリス・プラット)、サイモン(マーティン・フリーマン)、トム(アンソニー・マッキー)

「陽だまりの彼女」のネタバレあらすじ結末

陽だまりの彼女の紹介:2013年日本映画。人気小説「陽だまりの彼女」を原作とした映画です。嵐の松本潤と女優の上野樹理が温かい映像美とともに好演しています。結末が驚くものなので、その結末までの過程が無理のないように自然に描かれています。特に前半の二人の恋模様がCDのプロモーション画像のようにとてもきれいなものなので、後半の衝撃的な動きのある展開に涙してしまいます。しかし結末は希望をもたせ、人の縁に終わりがないことに気付かされ少し安心したような気持ちになります。
監督:三木孝浩 出演:松本潤(奥田浩介)、上野樹理(渡来真緒)、新藤春樹(玉山鉄二)、老女(夏木マリ)、谷村美月(峰岸ゆり)、塩見三省(渡来幸三)ほか

「僕は妹に恋をする」のネタバレあらすじ結末

僕は妹に恋をするの紹介:2006年日本映画。人気漫画である「僕は妹に恋をする」を原作とした映画です。嵐の松本潤の初主演映画として話題になりました。主人公である青年が妹に恋をしてしまうというタブーに踏み込んだ内容の作品です。そのことにより周囲を巻き込んで起こるトラブルや複雑な関係を描いています。主に映画を見た人たちは嵐の松本潤のファンである人が多かったと思われますが、詩的な映像美を好む人や青年期の感情の揺れ動きを感じ取りたい人にもおすすめの映画です。
監督:安藤尋 出演:松本潤(結城 頼)、榮倉奈々(結城 郁)、平岡祐太(矢野 立芳)、小松彩夏(楠 友華)、浅野ゆう子(結城 咲)ほか

1 2 3 4 5 6 7 14
TOP↑