ラブストーリー映画のネタバレ

「君の香り」のネタバレあらすじ結末

君の香りの紹介:2014年中国,韓国映画。純粋で物静かな韓国人カン・インジュンとデレクターであり、少し高飛車な中国人ジュリーがお互いに少しずつ歩み寄り、互いに成長し愛を育んでいくさわやかな恋の物語です。
監督:ツァン・ツイシャン 出演:パク・シフ(カン・インジュン)、チェン・ラン(ジュリー)、アン・フー、イン・イェーツ、ほか

「8年越しの花嫁」のネタバレあらすじ結末

8年越しの花嫁 奇跡の実話の紹介:2017年日本映画。中原尚志・麻衣夫妻が実体験を基にした手記『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』を映画化した王道ラブストーリーで、結婚を前にして難病に侵された女性とその婚約者の8年間に及ぶ愛と闘いの日々を描きます。
監督:瀬々敬久 出演:佐藤健(西澤尚志)、土屋太鳳(中原麻衣)、北村一輝(柴田)、浜野謙太(室田浩輔/尚志の先輩)、中村ゆり(島尾真美子/ウェディングプランナー)、堀部圭亮(和田医師)、古舘寛治(そうめん工場社長)、杉本哲太(中原浩二/麻衣の父)、薬師丸ひろ子(中原初美/麻衣の母)、ほか

「パリ、ジュテーム」のネタバレあらすじ結末

パリ、ジュテームの紹介:2006年アメリカ映画。フランスのオムニバス映画。有名な監督たちがショートショートをつくる。この短い時間の中でそれぞれの監督らしい色々な形の愛を見ることができるのが楽しいです。どの作品が好きなのか語り合うのも楽しいです。1話が約5分で、全18話の構成となっています。

「ヴェルサイユの宮廷庭師」のネタバレあらすじ結末

ヴェルサイユの宮廷庭師の紹介:2014年アメリカ映画。ルイ14世の時世、ヴェルサイユの庭園建設を任された名もなき女性庭師が、師と仰ぐ宮廷庭師とともに苦難を乗り越えながら庭園を作り上げていく、勇気と愛の物語。
監督:アラン・リックマン 出演:ケイト・ウィンスレット(サビーヌ・ド・バラ)、マティアス・スーナールツ(アンドレ・ル・ノートル)、アラン・リックマン(ルイ14世)、スタンリー・トゥッチ(フィリップ1世、オルレアン公)、ヘレン・マックロリー(マダム・ル・ノート)、ほか

「容疑者X 天才数学者のアリバイ」のネタバレあらすじ結末

容疑者X 天才数学者のアリバイの紹介:2012年韓国映画。高校の数学教師であるソッコはアパートの隣人ファソンが働く弁当屋で弁当を買うことが毎日の楽しみでした。ある日、ソッコはファソンの部屋から見知らぬ男の声と異変に気づきます。ファソンの元夫が乗り込んでおり、一緒に住む姪のユナが襲われファソンが止めようとした最中で元夫を殺害してしまいます。この事実を知ったソッコは2人を守るためアリバイをつくることにします。日本で公開された「容疑者Xの献身」の韓国リメイク版です。
監督:パン・ウンジン 原作:東野圭吾 出演:リュ・スンボム(ソッコ)、イ・ヨウォン(ファソン)、チョ・ジヌン(ミンボム)、キム・ユンソン(サンジュン)、キム・ボラ(ユナ)、ほか

「そんな彼なら捨てちゃえば?」のネタバレあらすじ結末

そんな彼なら捨てちゃえば?の紹介:2009年アメリカ映画。いつも運命の男性に巡り合えない夢見がちなジジ。偶然出会ったバーのオーナーアレックスは彼女に恋のアドバイスをくれる、良き相談相手だった。しかしジジは案の定アレックスが自分に気があると思い込み、事態は大変なことに。ジジの同僚ジャニーンと最近ご無沙汰な夫ベン、ベスとなかなか結婚を決意してくれない恋人ニール。身近な恋人たちの進展と後退はどうなっていくのか…。
監督:ケン・クワピス 出演:ベン・アフレック(ニール)、ジェニファー・アニストン(ベス)、ドリュー・バリモア(メアリー)、ジェニファー・コネリー(ジャニーン)、ケヴィン・コナリー(コナー)、ブラッドリー・クーパー(ベン)、ジニファー・グッドウィン(ジジ)、ほか

「マイヤーリング」のネタバレあらすじ結末

マイヤーリングの紹介:1957年アメリカ映画。1889年に実際に起こった、皇太子と男爵令嬢の心中事件を描いた悲劇の恋物語。オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフは、自由と愛の無い人生に不満を抱いていた。そんな彼の前に美しい令嬢マリーが現れる。純真無垢な彼女を通して真実の愛に目覚めるルドルフ。しかし許されぬ恋は2人を悲しい結末へと導いていく。原作はクロード・アネの小説『うたかたの恋』。長らく幻の作品とされてきたが、2014年に約50年の時を経て日本初公開された。
監督:アナトール・リトヴァク 出演:オードリー・ヘプバーン(マリー・ヴェッツェラ)、メル・ファーラー(ルドルフ)、レイモンド・マッセイ(ターフェ首相)、ダイアナ・ウィンヤード(皇后)、ベイジル・シドニー(皇帝)ほか

「DESTINY 鎌倉ものがたり」のネタバレあらすじ結末

DESTINY 鎌倉ものがたりの紹介:2017年日本映画。累計発行部数1,000万部のベストセラー漫画『鎌倉ものがたり』を実写映画化。鎌倉に暮らす売れないミステリー作家作家と、その作家のもとへ嫁いだ若妻の周りで起こる奇妙な体験から、しだいに自分達の運命のなぞが紐解かれていくファンタジー作品。『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞12部門で最優秀賞を受賞した山崎貴監督が、実力派俳優、堺雅人を主演に、活躍が目覚ましい女優の高畑充希をヒロインに迎えて映画化。
監督:山崎貴 出演:堺雅人(一色正和)、高畑充希(一色亜紀子)、堤真一(本田)、安藤サクラ(死神)、田中泯(貧乏神)、中村玉緒(キン)、市川実日子(本田里子)、要潤(稲荷刑事)、古田新太(天頭鬼)、鶴田真由(一色絵美子)、薬師丸ひろ子(女将)、吉行和子(瀬戸優子)、橋爪功(優子の旦那)、三浦友和(甲滝五四朗)、ほか

「私をスキーに連れてって」のネタバレあらすじ結末

私をスキーに連れてっての紹介:1987年日本映画。スキーの腕前はプロレベルながら恋には奥手で会社では冴えない男は、スキー場で知り合った女性と恋に落ちる姿を描いたトレンディードラマで、バブル経済時代に公開され一大スキーブームに一役買った作品です。
監督:馬場康夫 出演者:原田知世(池上優)、三上博史(矢野文男)、布施博(泉和彦)、原田貴和子(佐藤真理子)、沖田浩之(小杉正明)ほか

「雷桜」のネタバレあらすじ結末

雷桜の紹介:2010年日本映画。「雷桜」は日本版「ロミオとジュリエット」として、身分違いの恋模様をテーマにした時代劇です。音楽と景色は素晴らしく、映像の美しさがあります。ロミオ役が岡田将生で、ジュリエット役が蒼井優です。2人ともみずみずしい演義で、作品を盛り上げています。男性の方が徳川家斉の息子で、女性は人里離れた村で暮らす娘です。最初は愛のない寂しい心を持った男性が、純粋な女性に出会うことで心を開き、愛や恋に目覚める過程が美しく描かれています。
監督:廣木隆一 出演:岡田将生(清水斉道)、蒼井優(雷/遊)、小出恵介(瀬田助次郎)、宮崎美子(たえ)、和田聰宏(瀬田助太郎)、須藤理彩(お初)、高良健吾(友蔵)、ほか

「ハート・オブ・ウーマン」のネタバレあらすじ結末

ハート・オブ・ウーマンの紹介:2000年アメリカ映画。女心が全く分からないニックがひょんなことから女性の心の声が聞こえるようになります。女心が分からなかったニックがどのように変わっていくかを描いた作品です。果たしてニックは女心を掴めるようになるのでしょうか。
監督:ナンシー・マイヤーズ 出演:メル・ギブソン(ニック・マーシャル)、ヘレン・ハント(ダーシー・マグワイヤー)、ローレン・ホリー(ジー二)マリサ・トメイ(ローラ)、マーク・フォイアスタイン(モーガン・ファレル)、アシュレー・ジョンソン(アレックス・マーシャル)、ほか

「禁断のエチュード マルグリットとジュリアン」のネタバレあらすじ結末

禁断のエチュード マルグリットとジュリアンの紹介:2015年フランス映画。1603年、近親相姦の罪で処刑されたラヴァレ家のジュリアンとマルグリット兄妹の実話が元になっています。設定は現代ですか、元となる中世の世相や風俗を織り交ぜたパラレルワールドのような世界観で、ある兄妹の禁断の愛を儚くもドラマチックに描いている注目の作品です。トリュフォーのために準備した脚本をドンゼッリ監督が映画化。第68回カンヌ国際映画祭の公式コンペティションで世界初公開しており、日本ではWOWOWの放送が初公開となります。
監督:ヴァレリー・ドンゼッリ 出演者:アナイス・ドゥムースティエ(成人後のマルグリット)、ジェレミー・エルカイム(成人後のジュリアン)、フレデリック・ピエロ(ジャン)、カトリーヌ・ムシェ(ジャクリーヌ)

「パーフェクト・マン」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・マン ウソからはじまる運命の恋の紹介:2005年アメリカ映画。シングルマザーの寂しさからダメ男にばかり恋をしては失恋を繰り返し、引っ越しばかりの人生を終わりにしようと最高の架空の恋人を作り奮闘をする娘の母親への愛と自分探しを描いたロマンティック・コメディです。
監督:マーク・ロスマン 出演:ヒラリー・ダフ(ホリー)、ヘザー・ロックリア(ジーン)、クリス・ノース(ベン)、マイク・オマリー(レニー)、ベン・フェルドマン(アダム)、ほか

「テス」のネタバレあらすじ結末

テスの紹介:1979年フランス,イギリス映画。文豪トーマス・ハーディの同名原作を元に、ポランスキー監督が見事なロケーション効果を活かして悲劇のヒロインを描く。アカデミー賞では作品賞候補となり、主演を務めたナスターシャ・キンスキーが一躍スターダムにのし上がった。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ナスターシャ・キンスキー(テス・ダービフィールド)、ピーター・ファース(エンジェル・クレア)、リー・ローソン(アレック・ダーバヴィル)、ジョン・コリン(ジョン・ダービフィールド)

「ミス・ワイフ」のネタバレあらすじ結末

ミス・ワイフの紹介:2015年韓国映画。男に頼ることなく、キャリアウーマンとして人生を切り開いてきた敏腕弁護士のヨヌ、39才独身。交通事故で意識不明となり、助かるはずなのにどういうわけか“天国の中継所”へと来てしまった。生き返るにためは、ある女性の余命1ヵ月を代わりに生きることが課せられる。それはヨヌとは正反対の女性、平凡な夫と2人の子供を持つ専業主婦の人生だった…。韓国の実力派女優オム・ジョンファが、人生の選択を迫られる女性をコメディタッチ全開で演じる。笑いと涙のファンタジー映画。
監督:カン・ヒョジン 出演者:オム・ジョンファ(ヨヌ)、ソン・スンホン(ソンファン)、キム・サンホ(イ所長)、ソ・シネ(ハヌル)、コ・スヒ(婦人会会長)ラ・ミラン(ミソン)ほか

1 2 3 4 5 6 7 30
TOP↑