ラブストーリー映画のネタバレ

「ギター弾きの恋」のネタバレあらすじ結末

ギター弾きの恋の紹介:1999年アメリカ映画。天才ギタリスト、エメット・レイの恋の行方を描いたコメディ&ラブストーリー。エメットは奔放で自堕落な男だったが、ギターの腕前だけは誰もが認めていた。ある日ハッティという口のきけない女性と出会い、彼女の素朴な優しさに惹かれていく。ドキュメンタリー風の演出が施されているが、主人公エメット・レイは架空の人物である。
監督:ウディ・アレン 出演者:ショーン・ペン(エメット・レイ)、サマンサ・モートン(ハッティ)、ユマ・サーマン(ブランチ・ウィリアムズ)、アンソニー・ラパーリア(アル・トリオ)、ブライアン・マーキンソン(ビル・シールズ)ほか

「男と女」のネタバレあらすじ結末

男と女の紹介:1966年フランス映画。夫と死別したアンヌと妻に自殺されたジャン=ルイ。二人の大人の恋をフランシス・レイの音楽に乗せて描き出す。ピエール役のピエール・バルーも自作曲を歌う。1966年のカンヌ国際映画祭でグランプリ(最高賞)受賞。
監督:クロード・ルルーシュ 出演者:アヌーク・エーメ(アンヌ)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ジャン・ルイ)、ピエール・バルー(ピエール)ほか

「カサブランカ」のネタバレあらすじ結末

カサブランカの紹介:1942年アメリカ映画。「風と共に去りぬ」などと共にハリウッド黄金期を代表する古典で、数々の名台詞でも有名。アカデミー賞では、作品、監督、脚色の各部門で受賞。ハンフリー・ボガートにとっても代表作の一本となった。
監督:マイケル・カーティス・出演:ハンフリー・ボガート(リック・ブレイン)、イングリッド・バーグマン(イルザ・ラント)、ポール・ヘンリード(ヴィクトル・ラズロ)、クロード・レインズ(ルノー署長)、コンラート・ファイト(シュトラッサー少佐)

「ロンゲスト・ライド」のネタバレあらすじ結末

ロンゲスト・ライドの紹介:2015年アメリカ映画。ブル・ライディングのライダーのルークとアートの世界で輝くことを夢見るソフィア。お互いに惹かれ合いながらも住む世界が違い過ぎる二人が、ある老人との出会いをキッカケに愛を育んでいくラブ・ストーリー。
監督:ジョージ・ティルマン・ジュニア 出演者: スコット・イーストウッド(ルーク・コリンズ)、 ブリット・ロバートソン(ソフィア・ダンコ)、 アラン・アルダ(アイラ)、 ジャック・ヒューストン(青年時代のアイラ)、ウーナ・チャップリン(ルース)ほか

「ラブ&ドラッグ」のネタバレあらすじ結末

ラブ&ドラッグの紹介:2010年アメリカ映画。ジェイミーは製薬会社の営業マン。ある日難病のマギーと出会い恋に落ちる。しかし病気が二人の関係を壊していく。
監督:エドワード・ズウィック 出演:ジェイク・ギレンホール(ジェイミー・ランドール)、アン・ハサウェイ(マギー・マードック)、オリヴァー・プラット(ブルース)、ハンク・アザリア(スタン・ナイト)、ほか

「君への誓い」のネタバレあらすじ結末

君への誓いの紹介:2012年アメリカ映画。実話に基づく感動のラブストーリーです。交通事故により記憶喪失になった妻に、彼女の記憶から忘れられてしまった夫が、再び愛を取り戻そうと奮闘します。『君に読む物語』でブレイクしたレイチェル・マクアダムス、『G.I.ジョー』等でおなじみのチャニング・テイタムが夫婦役を演じます。
監督:マイケル・サシー 出演者:ペイジ・コリンズ(レイチェル・マクアダムス)、レオ・コリンズ (チャニング・テイタム)、リタ・ソーントン(ジェシカ・ラング)、ビル・ソーントン(サム・ニール)ほか

「セイフヘイヴン」のネタバレあらすじ結末

セイフヘイヴンの紹介:2013年アメリカ映画。『君に読む物語』の作者であるニコラス・スパークスの恋愛小説をもとに映画化されたラブサスペンス作品。小さい港町で暮らし始める女性が、妻を亡くした男性と恋に落ちるが、逃亡中の身でもあった女性の真実が明かされていく様子を描く。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:ジョシュ・デュアメル(アレックス・ウィートリー)、ジュリアン・ハフ(ケイティ・フェルドマン)、コビー・スマルダーズ(ジョー)、デヴィッド・ライオンズ(ケヴィン・ティアニー)、ほか

「君と100回目の恋」のネタバレあらすじ結末

君と100回目の恋の紹介:2016年日本映画。シンガーソングライターのmiwaと、坂口健太郎が主演を務めるラブストーリー。事故に遭う運命にある女子大生と彼女の運命から救い出すため100回人生を捧げようとした一途男子の物語。彼女を事故から助けるため何度も時間をさかのぼる青年に待ち受ける試練、そして2人の恋の行方を描く、感涙のラブソングに乗せて贈るタイムリープラブストーリー。
監督:月川翔 出演:miwa(日向葵海)、坂口健太郎(長谷川陸)、竜星涼(松田直哉)、真野恵里菜(相良里奈)、泉澤祐希(中村鉄太)、田辺誠一(長谷川俊太)、ほか

「恋におちたシェイクスピア」のネタバレあらすじ結末

恋におちたシェイクスピアの紹介:1998年アメリカ映画。若かりし頃のシェイクスピアと、富豪の娘ヴァイオラとのロマンスが、名作「ロミオとジュリエット」の物語と巧みに交差させて描かれています。ストーリーはフィクションでありながら、セットや衣装などの時代背景は丁寧に再現され、実在の人物を多数盛り込むことで、現実味のある作品に仕上がっています。劇中劇の主役ロミオを演じるために、男装を披露するグウィネス・パルトロー他、圧倒的な存在感を醸し出すジュディ・デンチなど、名俳優の競演を見るのも楽しい、アカデミー賞作品賞を始め多数の賞を受賞した秀作です。
監督:ジョン・マッデン 出演:ジョゼフ・ファインズ(シェイクスピア)、グウィネス・パルトロー(ヴァイオラ)、ジュディ・デンチ(エリザベス女王)、コリン・ファース、ベン・アフレック、ほか

「アラフォー女子のベイビー・プラン」のネタバレあらすじ結末

アラフォー女子のベイビー・プランの紹介:2010年アメリカ映画。アラフォー女子のキャシーは結婚せずに子どもを産むことを決意する。親友のウォーリーはキャシーに想いを寄せていたが、キャシーは他の男の子を産んだ。しかし子どもが実は自分の子だと気づいたウォーリーは・・・?
監督:ジョシュ・ゴードン、ウィル・スペック 出演:ジェニファー・アニストン(キャシー・ラーソン)、ジェイソン・ベイトマン(ウォーリー・マーズ)、トーマス・ロビンソン(セバスチャン・ラーソン)、ジェフ・ゴールドブラム(レナード)、ジュリエット・ルイス(デビー)、パトリック・ウィルソン(ローランド)、ほか

「MARS ただ、君を愛してる」のネタバレあらすじ結末

MARS(マース) ただ、君を愛してるの紹介:2016年日本映画。90年代に「別冊フレンド」に連載され、ディープなテーマや禁断の世界観で人気を博した惣領冬実による少女漫画が原作のテレビドラマ「MARS(マース) ただ、君を愛してる」の劇場版。幼なじみの2人と人見知りなヒロインとの交錯する思いが描かれる。
監督:耶雲哉治 出演:藤ヶ谷太輔(樫野零)、窪田正孝(桐島牧生)、飯豊まりえ(麻生キラ)、山崎紘菜(杉原晴美)、稲葉友(木田達也)、ほか

「未来予想図 アイシテルのサイン」のネタバレあらすじ結末

未来予想図 アイシテルのサインの紹介:2007年日本映画。「未来予想図~アイシテルのサイン」は2007年に、ドリームズカムトゥルーの楽曲「未来予想図I」、「未来予想図II」の楽曲の世界観を映像化しようという目的で映画化されました。ドリカムのリーダー中村正人が音楽監修をしており、随所に代表曲が挿入されています。一つの恋を月日を追って追跡しているような、少し工夫された作品です。スペインでのロケも敢行しています。エンディングロールが流れた後も、ストーリーが続いているので最後まで見ることをおすすめします。
監督:蝶野博 出演者:松下奈緒(宮本さやか)、竹財輝之介(福島慶太)、原田泰造(井上拓巳)、西田尚美(井上苑)、石黒賢(後藤大介)、松坂慶子(宮本陽子)ほか

「L・DK」のネタバレあらすじ結末

L・DKの紹介:2014年日本映画。別冊フレンドにて連載されていた、渡辺あゆ原作の漫画L・DKを映画化。校内でも有名なモテ男子と一緒に暮らすことになった女子高生が、ツンデレな彼にほんろうされながらも心惹かれていく様子を描くラブ青春コメディ。
監督:川村泰祐 出演:剛力彩芽(西森葵)、山崎賢人(久我山柊聖)、中尾明慶(佐藤亮介)、岡本玲(渋谷萌)、ほか

「ロミオ&ジュリエット」のネタバレあらすじ結末

ロミオ&ジュリエットの紹介:1996年アメリカ映画。シェイクスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」を原作に、現代のブラジルを舞台にしたラブストーリー作品です。マフィアの2大勢力でモンタギュー家とキャピュレット家それぞれの出身であるジュリエットとロミオを恋に落ちてしまいます。
監督:バズ・ラーマン 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ロミオ)、クレア・デインズ(ジュリエット)、ジョン・レグイザモ(ティボルト)、ハロルド・ペリーノ(マキューシオ)、ピート・ポスルスウェイト(ロレンス神父)ほか

「スイートリトルライズ」のネタバレあらすじ結末

スイートリトルライズの紹介:2010年日本映画。江國香織のベストセラー小説『スイートリトルライズ』を映画化した美しくも切ない大人のラブストーリー。岩本瑠璃子と聡の夫婦は表面上は仲の良い夫婦だが、瑠璃子はどこが寂しさを感じていた。そしてある日浮気をしてしまう。
監督:矢崎仁司 出演:中谷美紀(岩本瑠璃子)、大森南朋(岩本聡)、池脇千鶴(三浦しほ)、小林十市(津川春夫)、大島優子(岩本文)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 17
TOP↑