ラブストーリー映画のネタバレ

「壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ」のネタバレあらすじ結末

壊れ始めてる、ヘイヘイヘイの紹介:2016年日本映画。若手映画作家の発掘と育成を目的とする「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」で制作された作品。サラリーマンの木吉はある日の仕事帰り、悪質なクレーマーに絡まれているコンビニ店員マコトを見かける。木吉はクレーマーに思わず飛び蹴りを食らわせ、マコトはその蹴りに目を輝かせた。それからクレーマーを見つけては飛び蹴りを食らわせるようになった木吉。しかしマコトに喜んで欲しい気持ちとは裏腹に、人を蹴ることへの罪悪感が木吉を苦しめていく。
監督:佐藤快磨 出演者:太賀(木吉)、岸井ゆきの(マコト)、牧田哲也、ぼくもとさきこ、伊達暁、ほか

「シルク」のネタバレあらすじ結末

シルクの紹介:2007年カナダ,フランス,イタリア,イギリス,日本映画。19世紀のフランスから日本に蚕の卵の買い付けに旅にでたエルヴェは、異国の地である女性に出会います。カナダ、フランス、イタリア、イギリスの合作映画であり、小説「絹」を原作としています。
監督:フランソワ・ジラール 出演者:マイケル・ピット(エルヴェ)、キーラ・ナイトレイ(エレーヌ)、役所広司(原十兵衛)、中谷美紀(マダム・ブランシュ)ほか

「ステイ・フレンズ」のネタバレあらすじ結末

ステイ・フレンズの紹介:2011年アメリカ映画。ニューヨークを舞台に男女の関係に嫌気がさし、感情抜きの体だけの関係になることを決めた親友の男女を描いたラブコメディ作品です。
監督:ウィル・グラック 出演者:ジャスティン・ティンバーレイク(ディラン・ハーパー)、ミラ・クニス(ジェイミー・レリス)、パトリシア・クラークソン(ローナ)、ジェナ・エルフマン(アニー)ほか

「ホワイト・ライズ」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・ライズの紹介:2004年アメリカ映画。1996年のフランス映画「アパートメント」をリメイクした作品で、すれ違う恋人達を描いたラブストーリーです。シカゴに2年ぶりに帰ってきたマシューは、当時突然消えてしまった恋人のリサを探し始めます。
監督:ポール・マクギガン 出演者:ジョッシュ・ハートネット(マシュー・サイモン)、ローズ・バーン(アレックス)、ダイアン・クルーガー(リサ)、マシュー・リラード(ルーク)ほか

「ジェイン・オースティン 秘められた恋」のネタバレあらすじ結末

ジェイン・オースティン 秘められた恋の紹介:2007年イギリス,アメリカ映画。イギリス人作家ジェイン・オースティンの若きころの失恋を描き、生涯独身を貫きながらも多くの恋愛小説を残すことになったいきさつが明かされます。イギリス小説を元にした伝記ラブストーリー映画です。
監督:英勉 出演者:アン・ハサウェイ(ジェイン・オースティン)、ジェームズ・マカヴォイ(トム・ルフロイ)ほか

「アーティスト」のネタバレあらすじ結末

アーティストの紹介:2011年フランス映画。ハリウッドを舞台に、トーキー映画の台頭によって無声映画の時代が終わり、没落するスター俳優と、逆に躍進していく新人女優の愛を描く物語。終始白黒で、最後の部分を除く大部分が無声映画として作られている。英国アカデミー賞で作品賞や監督賞を含む7部門の他、多数の映画賞を受賞した。
監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)、ベレニス・ベジョ(ペピー・ミラー)、ジョン・グッドマン(アル・ジマー)、ジェームズ・クロムウェル(クリフトン)、ペネロープ・アン・ミラー(ドリス) ほか

「愛は静けさの中に」のネタバレあらすじ結末

愛は静けさの中にの紹介:1986年アメリカ映画。トニー賞受賞の舞台作品『ちいさき神の、作りし子ら』が原作になっています。聾唖学校に赴任したジェームスは、そこで働く強情だが内なる情熱を秘めた聾唖者サラに惹かれてきます。瞬く間に恋に落ちた二人の前に、無音の世界と音の世界が立ちはだかります。本作品のヒロイン・サラと同様に、聾唖者であるマーリー・マトリンは第59回(1986)アカデミー賞主演女優賞を受賞しています。
監督:ランダ・ヘインズ 出演者:ウィリアム・ハート(ジェームズ)、マーリー・マトリン(サラ)、パイパー・ローリー(サラの母)、フィリップ・ボスコ(カーティス)、リディア(アリソン・ゴンプ)ほか

「一週間フレンズ。」のネタバレあらすじ結末

一週間フレンズ。の紹介:2016年日本映画。葉月抹茶のベストセラーコミック「一週間フレンズ。」を実写化した青春ラブストーリー。毎週月曜日になると友人の記憶を全て忘れてしまうという記憶障害を抱える女子高生 藤宮香織と、彼女に想いを寄せるクラスメイトの長谷祐樹が織り成す恋模様を描く。
監督:村上正典 出演:川口春奈(藤宮香織)、山崎賢人(長谷祐樹)、松尾太陽(桐生将吾)、上杉柊平(九条一)、高橋春織(山岸沙希)、ほか

「ダゲレオタイプの女」のネタバレあらすじ結末

ダゲレオタイプの女の紹介:2016年フランス,ベルギー,日本映画。ジャンは写真家ステファンの助手となる。ステファンのダゲレオタイプによる撮影は銀盤上でモデルに永遠の命を与えるが、それは非常な苦痛を伴うものだった。青いドレスの幽霊が階段を上り下りするパリ郊外の古い屋敷を舞台とする、ジャンと写真家の娘マリーの恋の物語。
監督:黒沢清 出演者:タハール・ラヒム(ジャン・マラシス)、コンスタンス・ルソー(マリー・エグレー)、オリヴィエ・グルメ(ステファン・エグレー)、マチュー・アマルリック(ヴァンサン)、マリック・ジディ(トマ)ほか

「ギター弾きの恋」のネタバレあらすじ結末

ギター弾きの恋の紹介:1999年アメリカ映画。天才ギタリスト、エメット・レイの恋の行方を描いたコメディ&ラブストーリー。エメットは奔放で自堕落な男だったが、ギターの腕前だけは誰もが認めていた。ある日ハッティという口のきけない女性と出会い、彼女の素朴な優しさに惹かれていく。ドキュメンタリー風の演出が施されているが、主人公エメット・レイは架空の人物である。
監督:ウディ・アレン 出演者:ショーン・ペン(エメット・レイ)、サマンサ・モートン(ハッティ)、ユマ・サーマン(ブランチ・ウィリアムズ)、アンソニー・ラパーリア(アル・トリオ)、ブライアン・マーキンソン(ビル・シールズ)ほか

「男と女」のネタバレあらすじ結末

男と女の紹介:1966年フランス映画。夫と死別したアンヌと妻に自殺されたジャン=ルイ。二人の大人の恋をフランシス・レイの音楽に乗せて描き出す。ピエール役のピエール・バルーも自作曲を歌う。1966年のカンヌ国際映画祭でグランプリ(最高賞)受賞。
監督:クロード・ルルーシュ 出演者:アヌーク・エーメ(アンヌ)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ジャン・ルイ)、ピエール・バルー(ピエール)ほか

「カサブランカ」のネタバレあらすじ結末

カサブランカの紹介:1942年アメリカ映画。「風と共に去りぬ」などと共にハリウッド黄金期を代表する古典で、数々の名台詞でも有名。アカデミー賞では、作品、監督、脚色の各部門で受賞。ハンフリー・ボガートにとっても代表作の一本となった。
監督:マイケル・カーティス・出演:ハンフリー・ボガート(リック・ブレイン)、イングリッド・バーグマン(イルザ・ラント)、ポール・ヘンリード(ヴィクトル・ラズロ)、クロード・レインズ(ルノー署長)、コンラート・ファイト(シュトラッサー少佐)

「ロンゲスト・ライド」のネタバレあらすじ結末

ロンゲスト・ライドの紹介:2015年アメリカ映画。ブル・ライディングのライダーのルークとアートの世界で輝くことを夢見るソフィア。お互いに惹かれ合いながらも住む世界が違い過ぎる二人が、ある老人との出会いをキッカケに愛を育んでいくラブ・ストーリー。
監督:ジョージ・ティルマン・ジュニア 出演者: スコット・イーストウッド(ルーク・コリンズ)、 ブリット・ロバートソン(ソフィア・ダンコ)、 アラン・アルダ(アイラ)、 ジャック・ヒューストン(青年時代のアイラ)、ウーナ・チャップリン(ルース)ほか

「ラブ&ドラッグ」のネタバレあらすじ結末

ラブ&ドラッグの紹介:2010年アメリカ映画。ジェイミーは製薬会社の営業マン。ある日難病のマギーと出会い恋に落ちる。しかし病気が二人の関係を壊していく。
監督:エドワード・ズウィック 出演:ジェイク・ギレンホール(ジェイミー・ランドール)、アン・ハサウェイ(マギー・マードック)、オリヴァー・プラット(ブルース)、ハンク・アザリア(スタン・ナイト)、ほか

「君への誓い」のネタバレあらすじ結末

君への誓いの紹介:2012年アメリカ映画。実話に基づく感動のラブストーリーです。交通事故により記憶喪失になった妻に、彼女の記憶から忘れられてしまった夫が、再び愛を取り戻そうと奮闘します。『君に読む物語』でブレイクしたレイチェル・マクアダムス、『G.I.ジョー』等でおなじみのチャニング・テイタムが夫婦役を演じます。
監督:マイケル・サシー 出演者:ペイジ・コリンズ(レイチェル・マクアダムス)、レオ・コリンズ (チャニング・テイタム)、リタ・ソーントン(ジェシカ・ラング)、ビル・ソーントン(サム・ニール)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 19
TOP↑