サスペンス映画のネタバレ

「スルース」のネタバレあらすじ結末

スルースの紹介:2007年アメリカ映画。1972探偵スルースをリメイクした作品で、初老の小説家とその妻の浮気相手の心理戦を描いた作品です。小説家の屋敷を舞台に二人の欲と嫉妬がぶつかり合います。
監督:ケネス・ブラナー 出演者:マイケル・ケイン(アンドリュー・ワイク)、ジュード・ロウ(マイロ・ティンドル)

「フェイクシティ ある男のルール」のネタバレあらすじ結末

フェイクシティ ある男のルールの紹介:2008年アメリカ映画。ロス市警で働くラドロー刑事は、何者も恐れず犯人を逮捕せず射殺するなど、事件を独自のルールで解決しています。しかし、ある日内部調査官ビッグスと元相棒ワシントンの密会の情報を得たラドローはワシントンを調査しますが、彼は強盗に殺されてしまいます。事件に疑問をもったラドローは、黒幕探しに乗り出します。
監督:デヴィッド・エアー 出演者:キアヌ・リーヴス(トム・ラドロー)、フォレスト・ウィテカー(ジャック・ワンダー)、ヒュー・ローリー(ジェームズ・ビッグス)、クリス・エヴァンス(ポール・ディスカント)ほか

「タロットカード殺人事件」のネタバレあらすじ結末

タロットカード殺人事件の紹介:2006年イギリス,アメリカ映画。ジャーナリスト志望の学生サンドラはアメリカから友人を訪ねてロンドンへやってきます。しかし、やってきたマジックショーで凄腕ジャーナリストの亡霊に出会い、マジシャンのシドとともに話題の殺人によるタロットカード連続殺人事件の捜査をはじめます。
監督:ウディ・アレン 出演者:スカーレット・ヨハンソン(サンドラ・プランスキー)、ヒュー・ジャックマン(ピーター・ライマン)、ウディ・アレン(シド・ウォーターマン)、イアン・マクシェーン(ジョー・ストロンベル)ほか

「午後8時の訪問者」のネタバレあらすじ結末

午後8時の訪問者の紹介:2016年ベルギー,フランス映画。診療所の責任者で医師のジェニーは、診療時間を一時間も過ぎた午後8時過ぎに鳴ったインターホンに応対をしなかった。翌朝、診療所の近くで身元不明の少女の遺体が発見され、警官から診療所に設置している防犯カメラの映像を求められると、そこにはインターホンを押す少女の姿があった。罪悪感に苛まれたジェニーは少女が誰なのか、何故診療所へ来たのかを調べ始めます。
監督:ホルヘ・グティエレス 出演者:アデル・エネル(ジェニー)、オリビエ・ボノー(ジュリアン)、ルカ・ミネラ(ブライアン)、ジェレミー・レニエ(ブライアンの父親)、ベン・ハミド(ベンマムート警部)、オリビエ・グルメ(ランバート)他

「ゾディアック」のネタバレあらすじ結末

ゾディアックの紹介:2006年アメリカ映画。「セブン」や「ファイト・クラブ」で有名なデヴィッド・フィンチャー監督による本格サスペンス。実際にアメリカで起きた連続殺人、ゾディアック事件を原題としている。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェイク・ギレンホール(ロバート・グレイスミス)、マーク・ラファロ(デイブ・トースキー刑事)、ロバート・ダウニー・Jr(ポール・エイブリー)、アンソニー・エドワーズ(ウィリアム・アームストロング刑事)、ほか

「パニッシャー」のネタバレあらすじ結末

パニッシャーの紹介:2004年アメリカ映画。アメリカン・コミックが原題であるが、特別な力は持たず、自らの鍛え上げた肉体とその戦略で戦う、ヒーロー物でも特殊なアンチヒーロー的ストーリーとなっている。
監督:ジョナサン・ヘンズリー 出演:トム・ジェーン(フランク・キャッスル)、ジョン・トラヴォルタ(ハワード・セイント)、ウィル・パットン(クエンティン・グラス)、ジョン・ピネット(バンポ)、ロイ・シャイダー(フランク・キャッスルSr.)、ほか

「赤ずきん」のネタバレあらすじ結末

赤ずきんの紹介:2011年アメリカ,カナダ映画。赤ずきんの物語を基に描かれた映画。血の月の晩、村を再び狼が襲う。ハンターである神父の元人狼狩りが行われるが次々に犠牲者が出る。村人の中に潜む、人狼の正体とその目的は何か。
監督:キャサリン・ハードウィック 出演:アマンダ・サイフリッド(ヴァレリー)、ゲイリー・オールドマン(ソロモン神父)、ビリー・バーク(セザール)、シャイロー・フェルナンデス(ピーター)、マックス・アイアンズ(ヘンリー)、ほか

「シャッフル (2007年)」のネタバレあらすじ結末

シャッフルの紹介:2007年アメリカ映画。新居に引っ越してきたリンダは、夫のジムと二人の娘と新しい生活を始めようとしています。しかし、ジムは出張に向かう先で事故にあい死んでしまいます。悲しみのなか眠り目覚めたリンダは翌日ジムが変わりなく生きていることを見つけます。
監督:メナン・ヤボ 出演者:サンドラ・ブロック(リンダ・ハンソン)、ジュリア・マクマホン(ジム・ハンソン)、シャイアン・マクルーア(ミーガン・ハンソン)、コートニー・テイラー・バーネス(ブリジット・ハンソン)ニア・ロング(アニー)ほか

「私が、生きる肌」のネタバレあらすじ結末

私が、生きる肌の紹介:2011年スペイン映画。皮膚の研究をしているロベルは学会で研究中の人工皮膚を発表する。その人工皮膚を使えばこれからの医学の発展の大きな進歩となる、しかし彼の研究には大きな秘密があった。それは彼の住む大きな屋敷の一室にある。ベラという美しい女性。彼女はロベルの屋敷に監禁されていた。彼女がその屋敷へと来たのは遡ること6年前。あるパーティの日に事件は起こった。「蜘蛛の微笑」を原作にしたスペイン製作のサスペンス。
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:アントニオ・バンデラス(ロベル・レガル)、エレナ・アナヤ(ベラ・クルス)、マリサ・パレデス(マリリア)、ジャン・コルネット(ビセンテ)、ロベルト・アラモ(セカ)、ほか

「彼が二度愛したS」のネタバレあらすじ結末

彼が二度愛したSの紹介:2008年アメリカ映画。ニューヨークで働く会計士のジョナサンは同僚のセックス・クラブに参加し出会った女性Sに恋をします。しかし、Sは誘拐されてしまい、自分がある事件に巻き込まれていることにジョナサンは気づくのでした。
監督:マーセル・ランゲネッガー 出演者:ヒュー・ジャックマン(ワイアット・ボーズ)、ユアン・マクレガー(ジョナサン・マコーリー)、ミシェル・ウィリアムズ(S)ほか

「ステイ」のネタバレあらすじ結末

ステイの紹介:2005年アメリカ映画。精神科医のサムはある日、ヘンリーという患者に自殺予告をされます。ヘンリーを救おうと彼について調べるサムでしたが、サムの身に説明がつかない出来事が次々と起こり始めます。
監督:マーク・フォースター 出演者:ユアン・マクレガー(サム・フォスター)、ライアン・ゴズリング(ヘンリー・レサム)、ナオミ・ワッツ(ライラ)、ボブ・ホスキンス(レオン・パターソン)ほか

「ボディヒート」のネタバレあらすじ結末

ボディヒートの紹介:1992年アメリカ映画。美しく妖艶な少女を家に引き入れたことから、彼女に翻弄され、崩壊していくまでの一家の悲劇を描いたサスペンス。生徒役でレオナルド・ディカプリオがほんの数秒出ている。
監督:カット・シア・ルーベン 出演:ドリュー・バリモア、サラ・ギルバート、トム・スケリット、シェリル・ラッド、アラン・ストック、レオナルド・ディカプリオ、ほか

「目撃」のネタバレあらすじ結末

目撃の紹介:1997年アメリカ映画。この作品は、デイヴィッド・バルダッチの同名小説『Absolute Power』(1996年)を原作にした作品です。あるプロの大泥棒がある政界の大物の邸宅に忍び込んだとき、偶然、大統領の殺人現場を目撃、それを発端に大統領から命を狙われますが、逆に単身で闘いを挑む大泥棒の姿を描いたサスペンス・ミステリー映画です。
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド(ルーサー・ホイットニー)、ジーン・ハックマン(アレン・リッチモンド大統領)、エド・ハリス(セス・フランク)、ローラ・リニー(ケイト・ホイットニー)、スコット・グレン(ビル・バートン)、ほか

「クロエ」のネタバレあらすじ結末

クロエの紹介:2009年アメリカ,カナダ,フランス映画。夫の不倫を疑う妻が、その確証を得るために娼婦クロエに夫を誘惑するよう依頼したことで家庭崩壊へと追い詰つめられていく。フランス映画「恍惚」をリメイクした官能サスペンス。
監督:アトム・エゴヤン 出演:ジュリアン・ムーア(キャサリン・スチュアート)、リーアム・ニーソン(デビッド・スチュアート)、アマンダ・セイフライド(クロエ)、マックス・シエリオット(マイケル・スチュアート)、ほか

「サイド・エフェクト」のネタバレあらすじ結末

サイド・エフェクトの紹介:2013年アメリカ映画。担当するうつ病患者が殺人を犯したことで窮地に立たされた精神科医が、その裏に隠されていた陰謀を知り、全てを失いながらも真実を突き止めようともがく様を描く。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ジュード・ロウ(ジョナサン・バンクス博士)、ルーニー・マーラ(エミリー・テイラー)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴィクトリア・シーバート博士)、チャニング・テイタム(マーティン・テイラー)、ほか

1 2 3 4 5 6 24
TOP↑