サスペンス映画のネタバレ

「トゥルー・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

トゥルー・ストーリーの紹介:2015年アメリカ映画。実話をもとに描かれたサスペンス・ストーリー。捏造記事で職場を追われた一流記者マイケルが、妻子殺害の容疑で逮捕された男ロンゴと奇妙な縁で繋がる。事件の真相を追い求めるマイケルに対し、ロンゴはその発言を二転三転させ、マイケルの精神はどんどん追い詰められていく。マイケルの妻を演じる「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016)のフェリシティ・ジョーンズが、静かな佇まいの中に強烈な存在感を見せる。
監督:ルパート・グールド 出演者:ジョナ・ヒル(マイケル・フィンケル)、ジェームス・フランコ(クリスチャン・ロンゴ)、フェリシティ・ジョーンズ(ジル)、マリア・リッジア(メリージェーン・ロンゴ)、イーサン・サプリ―(パット・フレイトー)、ロバート・ジョン・バーク(グレッグ・ギャンレイ)ほか

「ワイルドシングス」のネタバレあらすじ結末

ワイルドシングスの紹介:1998年アメリカ映画。ケヴィン・ベーコンが主演と製作総指揮を兼任したエロティック・サスペンス作品です。静かな港町で発生した人気高校教師による女子高生レイプ事件をきっかけに、事件を追う刑事や弁護士を巻き込んだ男女の駆け引きが繰り広げられ、やがて事件は思わぬ展開を迎えることに…。
監督:ジョン・マクノートン 出演者:ケヴィン・ベーコン(レイ・デュケ)、マット・ディロン(サム・ロンバート)、ネーブ・キャンベル(スージー・トーラー)、ビル・マーレイ(ケン・ボウデン)、テレサ・ラッセル(サンドラ・バンライアン)ほか

「リミットレス」のネタバレあらすじ結末

リミットレスの紹介:2011年アメリカ映画。人間の脳の能力を 引き出す新薬を巡る陰謀を描いた作品。アラン・グリン原作の小説「ブレイン・ドラッグ」を映画化したサスペンス映画です。仕事も恋も人生の何もかもがうまくいかない男が、人間の脳の能力を最大限に引き出す新薬を飲んでみますが、そこには大きな陰謀が隠されていました…。
監督:ニール・バーガー 出演者:ブラッドリー・クーパー(エディ・モーラ)、 ロバート・デ・ニーロ(カール・ヴァン・ルーン)、アビー・コーニッシュ(リンディ)、アンドリュー・ハワード(ゲナディ)、 アンナ・フリエル(メリッサ・ギャント)ほか

「ザ・ドア 交差する世界」のネタバレあらすじ結末

ザ・ドア 交差する世界の紹介:2009年ドイツ映画。自分の浮気により娘を失ったことから運命が狂い始めるSFサスペンスです。主人公はもう一度幸せな未来を手に入れることができるのか、最後まで目が離せないハラハラするドイツ映画です。
監督:アノ・サオル 出演:マッツ・ミケルセン(ダビッド・アンデルナッハ)、ジェシカ・シュヴァルツ(マヤ・アンデルナッハ)、ヴァレリア・アイゼンバルト(レオニー・アンデルナッハ)、トーマス・ティーメ(シギー)、ティム・ザイフィ(マックス)、ハイケ・マカチュ(ジア)、ほか

「ソードフィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ソードフィッシュの紹介:2001年アメリカ映画。落ちぶれた天才ハッカーがある日突然片棒を担がされる事となったのは、とある闇資金の強奪だった!最後まで展開の読めない、息をつく間もない激しい転換から目が離せない。
監督:ドミニク・セナ 出演:ジョン・トラヴォルタ(ガブリエル)、ヒュー・ジャックマン(スタンリー)、ハリー・ベリー(ジンジャー)、ドン・チードル(ロバーツ)、ヴィニー・ジョーンズ(マーコ)、ほか

「サブウェイ123」のネタバレあらすじ結末

サブウェイ123 激突の紹介:2009年アメリカ映画。ニューヨークの地下鉄でハイジャック事件が発生する。贈収賄の嫌疑で降格処分を受けている主任管制官のカーバーは、犯人のリーダーと交渉を繰り返し、人質を守ろうとするが、犯人にはハイジャックで終わらない別な思惑があった。ジョン・トラヴォルタ演じる冷酷な犯人とデンゼル・ワシントン演じる主任管制官カービーとの間で行われる駆け引きを描いたクライム・サスペンス映画のリメイク。
監督:トニー・スコット 出演者:カーバー(デンゼル・ワシントン)、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)、カモネッティ(ジョン・タートゥーロ)、フィル・レイモス(ルイス・ガスマン)、市長(ジェームズ・ガンドルフィーニ)

「八つ墓村」のネタバレあらすじ結末

八つ墓村の紹介:1996年日本映画。八つ墓村の資産家である田治見家の相続をめぐって次々起こる殺人事件を名探偵金田一耕助が解決する、横溝正史のミステリーの2回目の映画化です。かつて32人の殺戮が
行われた八つ墓村の田治見家に新たな相続人が現れたことに端を発します。金田一耕助には石坂浩二に代わり豊川悦司が演じています。
監督:市川崑 出演者:豊川悦司(金田一耕助)、浅野ゆう子(森美也子)、高橋和也(寺田辰弥)、宅麻伸(里村慎太郎)、岸田今日子(田治見小竹 / 小梅)、岸部一徳(田治見要蔵 / 久弥 / 庄左衛門 )萬田久子(田治見春代)、喜多嶋舞(里村典子)、加藤武(等々力警部)ほか

「スナッチ」のネタバレあらすじ結末

スナッチの紹介:2000年アメリカ映画。ガイ・リッチーのコメディ映画。ブラット・ピットのつくりこんだ肉体は必見です。細かい設定が面白く、様々な人の角度から物語を観せ、最終的につながる作風は観ていて楽しいです。
監督:ガイ・リッチー 出演者:ジェイソン・ステイサム(ターキッシュ)、ベニチオ・デル・トロ(フランキー)、デニス・ファリナ(アビー)、ヴィニー・ジョーンズ(ブレット)、ブラッド・ピット(ミッキー)、ほか

「蘇える金狼」のネタバレあらすじ結末

蘇える金狼の紹介:1979年日本映画。東和油脂の社員である、朝倉哲也。彼は大きな野望を持っていた。朝倉は多くの人々を巻き込み、次々と自らの欲望を満たしていく。果たして、朝倉は野望を果たすことができるのか。
監督:村川透 出演:松田優作(朝倉哲也)、風吹ジュン(永井京子)、佐藤慶(清水)、成田三樹夫(小泉)、小池朝雄(金子)、草薙幸二郎(竹島)、ほか

「クリムゾン・タイド」のネタバレあらすじ結末

クリムゾン・タイドの紹介:1995年アメリカ映画。ロシアでクーデターが発生、それに伴いアメリカへの核攻撃が現実味を帯びる。その危機に対応する為潜水艦アラバマが出航するが、核ミサイルによる先制攻撃、即ち核戦争の引き金となりうる判断を巡り艦長と副長が対立、艦内が揺れていた。密閉された艦内で世界を揺るがす決断を巡り、対立する二人の軍人を描いたミリタリー・スリラー映画。
監督:トニー・スコット 出演者:ロン・ハンター少佐(デンゼル・ワシントン)、フランク・ラムジー大佐(ジーン・ハックマン)、ピーター・“ウェップス”・インス大尉(ヴィゴ・モーテンセン)、ウォルターズ先任伍長(ジョージ・ズンザ)、ボビー・ドガーティ大尉(ジェームズ・ギャンドルフィーニ)ほか

「あるスキャンダルの覚え書き」のネタバレあらすじ結末

あるスキャンダルの覚え書きの紹介:2006年イギリス映画。定年間近の教師バーバラは新任で職場に入ってきた若い教師シーバに惹かれます。そして、シーバが15歳で生徒である少年と関係を持っていることを知り、彼女に更に近づこうとします。アメリカで実際に起きた女教師の事件がもとになっています。
監督:リチャード・エアー 出演者:ジュディ・デンチ(バーバラ・コヴェット)、ケイト・ブランシェット(シーバ・ハート)、ビル・ナイ(リチャード・ハート)、アンドリュー・シンプソン(スティーヴン・コナリー)、ジュノー・テンプル(ポリー・ハート)ほか

「オープン・ユア・アイズ」のネタバレあらすじ結末

オープン・ユア・アイズの紹介:1997年スペイン映画。これまで何不自由なく過ごしてきたプレイボーイの男が、ある事故をきっかけに現実と夢の見境がつかなくなり転落していく恐怖を描いたスペイン発のサスペンスです。後にこの作品に惚れ込んだトム・クルーズの製作・主演により「バニラ・スカイ」(2001年公開)としてリメイクされています。
監督:アレハンドロ・アメナバル 出演者:エドゥアルド・ノリエガ(セサル)、ペネロペ・クルス(ソフィア)、ナイワ・ニムリ(ヌーリア)、フェレ・マルティネス(ベライヨ)、チェテ・レーラ(アントニオ)ほか

「クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴」のネタバレあらすじ結末

クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴の紹介:2015年アメリカ映画。アメリカで実際に起きた女性監禁事件の真実に迫るサスペンスドラマ。シングルマザーのミシェルは、引き離されてしまった最愛の息子を取り戻そうと奮闘していた。審査日に遅刻しそうになった彼女は友人の父カストロに車で送って貰うことにする。それが11年にも渡る監禁の始まりだった。カストロはその後アマンダ、ジーナの2人も誘拐して監禁。3人の少女たちの叫びは暗い家の中に消えていく。
監督:アレックス・カリムニオス 出演者:タリン・マニング(ミシェル・ナイト)、レイモンド・クルツ(アリエル・カストロ)、ジョー・モートン(ソラノ捜査官)、サマンサ・ドゥローク(アマンダ・ベリー)、ケイティ・サリフ(ジーナ・デヘスース)ほか

「汚名」のネタバレあらすじ結末

汚名の紹介:1946年アメリカ映画。核兵器に絡んだエスピオナージもので、同時にヒッチコックとしては初めてロマンチックな恋愛要素を前面に押し出した作品となっている。鍵への移動ショットと長いキスシーンが有名。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:ケーリー・グラント(T・R・デヴリン)、イングリッド・バーグマン(アリシア・ハバーマン)、クロード・レインズ(アレクサンダー・セバスチャン)、ルイス・カルハーン(ポール・プレスコット)

「バルカン超特急」のネタバレあらすじ結末

バルカン超特急の紹介:1938年イギリス映画。ヒッチコックのイギリス時代の代表作のひとつ。大ヒットし、ハリウッドのプロデューサー・セルズニックによってアメリカに招かれるきっかけとなった。何度かリメイクされている。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:マーガレット・ロックウッド(アイリス・ヘンダーソン)、マイケル・レッドグレイヴ(ギルバート)、ポール・ルーカス(ハーツ医師)、メイ・ウィッティ(ミス・フロイ)

1 2 3 4 5 6 30
TOP↑