サスペンス映画のネタバレ

「婚活バトルロワイアル」のネタバレあらすじ結末

婚活バトルロワイアルの紹介:2010年日本映画。2015年視聴率80%を超える特番『24時間耐久婚活バトル』という番組が人となっていました。優勝すれば大金持ちのセレブト結婚、敗退すれば過酷な罰ゲームが待っているという番組に参加した、借金まみれの女たちの戦いを描いた作品です。
監督:廣田幹夫 出演:浜田翔子(新條華)、派谷恵美(伊吹琴美)、川村りか(大河内利緒)、近野衣里、浜崎慶美、友田彩也香、森本のぶ、松澤仁晶、石田雄生、ほか

「アウェイクン監禁島」のネタバレあらすじ結末

アウェイクン 監禁島の紹介:2015年アメリカ映画。ダリル・ハンナ、エドワード・ファーロング、マイケル・パレなど、80~90年代に活躍したスター達の共演が見どころ。物騒なバーで何者かに襲われ、目覚めると南の孤島にいたビリー。島には何人もの誘拐された人間がおり、1人また1人と謎の兵士達に捕獲されていく。そこには臓器売買組織の存在があった。B級エンターテインメントにこだわるマーク・アトキンス監督のアクション・ホラー。
監督:マーク・アトキンス 出演者:ナタリー・バーン(ビリー)、ダリル・ハンナ(マオ)、ジェイソン・ロンドン(リッチ)、マイケル・コポン(ニック)、ロバート・ダヴィ(クエンティン)、エドワード・ファーロング(ベルト)、クリスティーナ・キャンベル(キャット)、マイケル・パレ(ザンダー)ほか

「エル ELLE」のネタバレあらすじ結末

エル ELLEの紹介:2016年フランス映画。『ロボコップ』『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、『ベティ・ブルー / 愛と激情の日々』の原作者、フィリップ・ジャンの小説を映画化。一人の女性が強姦被害を受けていながら、全く回りに共感されない異色な女性をイザベル・ユペールが演じています。
監督:ポール・ヴァーホーヴェン 出演者:イザベル・ユペール(ミシェル)、ローラン・ラフィット(パトリック)、アンヌ・コンシニ(アンナ)、シャルル・ベルリング(リシャール)、ビルジニー・エフィラ(レベッカ)、ジョナ・ブロケ(ヴァンサン)

「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」のネタバレあらすじ結末

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲームの紹介:2016年アメリカ映画。視聴者参加型オンラインゲームに大金欲しさで参加した女性と謎の男の姿を通じて、SNSなどに代表されるインターネット社会の闇の部分を描き出したサスペンス・スリラーです。
監督:ヘンリー・ジュースト、アリエル・シュルマン 出演者:エマ・ロバーツ(ヴィーナス・“ヴィー”・デルモニコ)、デイヴ・フランコ(イアン)、ジュリエット・ルイス(ナンシー・デルモニコ)、エミリー・メーデー(シドニー)、マイルズ・ヘザー(トミー)ほか

「ハイドリヒを撃て!」のネタバレあらすじ結末

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の紹介:2016年チェコ,イギリス,フランス映画。古くはフリッツ・ラング監督の『死刑執行人もまた死す』(1943年)によってあつかわれた1942年のハイドリヒ暗殺事件。冷酷さから「金髪の野獣」とあだ名されたナチスNo.3の男の暗殺の顛末をレジスタンスの悲劇的最期に至るまで描いた実録サスペンス映画。
監督:ショーン・エリス 出演者:キリアン・マーフィ(ヨゼフ・ガブチーク)、ジェイミー・ドーナン(ヤン・クビシュ)、シャルロット・ル・ボン(マリー・コヴァルニコヴァー)、アンナ・ガイスレロヴァー(レンカ・ファフコヴァー)、ハリー・ロイド(アドルフ・オパルカ)、トビー・ジョーンズ(ヤン・ゼレンカ=ハイスキー)、ほか

「素顔のままで」のネタバレあらすじ結末

素顔のままでの紹介:1996年アメリカ映画。娘アンジェラの親権裁判真っ只中のエリンは、生活費を工面するためストリップショーに出演していた。ある日お忍びでやってきた大物議員がショーの最中に一般人男性を殴るという事件が発生、エリンはこの騒動に巻き込まれていく…。
監督:アンドリュー・バーグマン 出演:デミ・ムーア(エリン・グラント)、バート・レイノルズ(デヴィッド・ディルベック下院議員)、アーマンド・アサンテ(アル・ガルシア警部補)、ヴィング・レイムス(シャド)、ロバート・パトリック(ダレル・グラント)、ほか

「白い家の少女」のネタバレあらすじ結末

白い家の少女の紹介:1976年カナダ,フランス,アメリカ映画。リンは白い家に住む大人びた性格の13歳の少女。父と二人暮らしだと言い張る彼女はどこか謎めいている。ジョディフォスターが14歳で演じた冷淡でどこか怖い少女を熱演!
監督:ニコラス・ジェスネール 出演:ジョディ・フォスター(リン・ジェイコブス)、フランク・ハレット(マーティーン・シーン)、アレクシス・スミス(ハレット夫人 マーティンの母)、スコット・ジャコビー(マリオ・ポデスタ)、モルト・シュマーン(ロン・ミリオリティ)ほか

「ブラッド・スローン」のネタバレあらすじ結末

ブラッド・スローンの紹介:2017年アメリカ映画。家族と幸せに暮らすエリートサラリーマン、酒酔い運転から刑務所送りになります。そこで、反省の日々を過ごすのでなく、囚人仲間から、犯罪のノウハウを学び、家族とのコミュニケーションも断絶、悪の世界へ入り込みます。出所後も、家族と和解するのではなく、犯罪者集団の極道の世界に入り込んでいく男の運命を描いた映画です。
監督:リック・ローマン・ウォー 出演:ニコライ・コスター=ワルドー(ジェイコブ・ハーロン)、オマリ・ハードウィック(カッチャー)、レイク・ベル(ケイト)、ホルト・マッキャラニー(ビースト)、ほか

「ザ・トランスポーター ロンドン・ミッション」のネタバレあらすじ結末

ザ・トランスポーター ~ロンドン・ミッション~の紹介:2015年イギリス映画。ゲーマーのオタク男マットが何者かに捕らわれ、体に装置の付いたベストを取り付けられました。そしてマットの恋人アナの行方も分からなくなり、マットのスマホに指令が下るようになりました。シレイ通りにしないとアナを殺すというものでした。マットは指示通りに動き始めました・・・という話のサスペンス映画です。『トランスポーター』シリーズとは全く関係ない作品です。
監督:アダム・ランドール 出演者:ジョシュ・ボウマン(マット)、ニール・マスケル(ドミトリー)、ウィリアム・ヒューストン、レイラ・ミムマック(アナ)、ドク・ブラウンほか

「アメリカン・ギャングスター」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ギャングスターの紹介:2007年アメリカ映画。1960年代終盤から70年代にかけてのニューヨークのハーレムを舞台に、ギャングの運転手から麻薬王に登り詰めた男と正義感に燃える警官との駆け引きを、警察内部の汚職などを絡めて描いた実録犯罪ドラマです。
監督:リドリー・スコット 出演者:デンゼル・ワシントン(フランク・ルーカス)、ラッセル・クロウ(リッチー・ロバーツ)、キウェテル・イジョフォー(ヒューイ・ルーカス)、ジョシュ・ブローリン(ニック・トルーポ)、コモン(ターナー・ルーカス)、T.I.(スティーヴ・ルーカス)、RZA(モーゼス・ジョーンズ)ほか

「ハイジャック」のネタバレあらすじ結末

ハイジャックの紹介:1972年アメリカ映画。姿なき犯人にハイジャックされた502便は視界ゼロのアンカレジへと行き先を変える。だが、それは恐怖の旅のほんの始まりでしかなかった。チャールトン・ヘストン演じる機長が乗客全員の命を守るために奮闘する。
監督:ジョン・ギラーミン 出演者:チャールトン・ヘストン(ハンク・オハラ)、イヴェット・ミミュー(アンジェラ・サッチャー)、ジェームズ・ブローリン(ジェローム・K・ウェバー)、ウォルター・ピジョン(リンドナー上院議員)、ジーン・クレイン(クララ・ショウ)

「スーパー・チューズデー 正義を売った日」のネタバレあらすじ結末

スーパー・チューズデー 正義を売った日の紹介:2011年アメリカ映画。アメリカ大統領選、民主党代表候補のモリスの選挙戦は正念場を迎え、対するプルマン議員との接戦を繰り広げていた。ある日、敵陣営リーダーからスカウトを受けた広報官スティーヴン。そんな中、若く美しい女性モリーに出会い2人は深い関係になります。が、彼女の携帯にモリスからの着信。彼女は以前1度モリスと関係を持ち、その時の子供を妊娠していたのです。アメリカ大統領予備選挙の舞台裏をスキャンダラスに描く政治サスペンス。
監督:ジョージ・クルーニー 出演:ライアン・ゴズリング(スティーヴン・マイヤーズ)、ジョージ・クルーニー(マイク・モリス知事)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ポール・ザラ)、ポール・ジアマッティ(トム・ダフィー)、マリサ・トメイ(アイダ・ホロウィッチ)、ジェフリー・ライト(トンプソン上院議員)、ほか

「デスティニー 未来を知ってしまった男」のネタバレあらすじ結末

デスティニー 未来を知ってしまった男の紹介:2006年ドイツ,アメリカ映画。たまたま立ち寄った占いの店で、「近いうちに命を失う」と宣告されてしまったセールスマン。いつ、どこで、どんな形で“それ”は来るのか。彼の命を脅かすような事件がいくつか起こる中、精神をすりへらせたセールスマンは、再び占い師を訪ねて助けを求めるが…。「メメント」(2000)や「エイリアン コヴェナント」(2017)のガイ・ピアース主演。共演は「セッション」(2014)でアカデミー賞助演男優賞ほか多くの映画賞を受賞したJ・K・シモンズ。
監督:マーク・ガーファス 出演者:ガイ・ピアース(ジミー)、J・K・シモンズ(占い師)、パイパー・ペラーボ(ディアドラ)、ウィリアム・フィクナー(エド)、アダム・スコット(ヴィンセント)、ルース・レインズ(ロイ)、リック・ゴンザレス(ロペス)ほか

「ミモザの島に消えた母」のネタバレあらすじ結末

ミモザの島に消えた母の紹介:2015年フランス映画。「サラの鍵」(2010)の原作者でもあるタチアナ・ド・ロネによる、2009年のベストセラー小説を映画化。原作タイトルは「A Secret Kept」。30年前に亡くなった母親。その死は、親族の間でなぜか語られることはない。母が海に消えたあの日、一体何があったのか。過去を掘り起こした男が、たどりついた驚くべき秘密とは。主演は「エル ELLE」(2017)のロラン・ラフィット。共演は「イングロリアス・バスターズ」(2009)のメラニー・ロラン。
監督:フランソワ・ファヴラ 出演者:ロラン・ラフィット(アントワーヌ)、メラニー・ロラン(アガット)、ウラジミール・ヨルダノフ(シャルル)、ビュル・オジェ(ブランシュ)、オドレイ・ダナ(アンジェル)、ガブリエル・アジェ(クラリス)、ケイト・モラン(ジーン)ほか

「盗聴者」のネタバレあらすじ結末

盗聴者の紹介:2016年フランス,ベルギー映画。生きるのが不器用な真面目一筋の男。仕事を失い、妻とも別れ、アルコール依存症に陥り眠れぬ日々を過ごしていた。そんな彼が、ある謎の組織から仕事を持ちかけられる。それは国家機密に関わる“盗聴テープ”を文字に起こすことだった…。本国フランスだけでなくハリウッドでも活躍し、日本では「最強のふたり」(2011)の大富豪役で有名となったフランソワ・クリュゼ主演。国の陰謀に巻き込まれ、右往左往する善良な人間の顛末を描くサスペンス映画。
監督:トマス・クライトフ 出演者:フランソワ・クリュゼ(デュバル)、ドニ・ポダリデス(クレマン)、サミ・ブアジラ(ラバルト)、シモン・アブカリアン(ジェルフォ)、アルバ・ロルヴァケル(サラ)、フィリッぺ・レズモント(ドグリュジー)ほか

1 2 3 4 5 6 7 36
TOP↑