サスペンス映画のネタバレ

「ビッグ・ドライバー」のネタバレあらすじ結末

スティーヴン・キング ビッグ・ドライバーの紹介:2014年アメリカ映画。ミステリー作家として活躍するテスはある日講演会に呼ばれる。無事にその講演会を終えるとテスに理事長が帰りの近道を教えてくれた。来た道とは少し違う森の中を抜ける道。しかししばらく進むと落ちていた釘を踏んでしまいタイヤがパンクしてしまう。立ち往生するテスだったが運よくそこに一台のトラックが止まった。しかし止まったトラックに乗る男は別の目的を持っていた。スティーブン・キング原作「ビッグ・ドライバー」のテレビ映画化。
監督:ミカエル・サロモン 出演:
ウィル・ハリス、マリア・ベロ、オリンピア・デュカキス、ジョーン・ジェット、アン・ダウド、ほか

「チャイナ・シンドローム」のネタバレあらすじ結末

チャイナ・シンドロームの紹介:1979年アメリカ映画。原発事故を扱ったサスペンス・ドラマの秀作。日本で「シンドローム」という言葉が一般化するきっかけとなった。アカデミー賞では、主演男優賞、主演女優賞、美術賞、脚本賞などにノミネート。カメラマン役のマイケル・ダグラスが製作も担当している。
監督:ジェームズ・ブリッジス 出演:ジェーン・フォンダ(キンバリー・ウェルズ)、ジャック・レモン(ジャック・ゴデル)、マイケル・ダグラス(リチャード・アダムス)、ダニエル・ヴァルデス(ヘクター・サラス)、ジム・ハンプトン(ビル・ギブソン)、ほか

「ミッドナイトクロス」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイトクロスの紹介:1981年アメリカ映画。デ・パルマ監督の代表作のひとつ。初公開当時も好評だったが、年月を経るにつれてさらに評価が高まり、「スカーフェイス」と並んで最も有名なデ・パルマ作品となっている。タランティーノ監督のお気に入り映画としても知られる。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ジョン・トラヴォルタ(ジャック・テリー)、ナンシー・アレン(サリー)、ジョン・リスゴー(バーク)、デニス・フランツ(マニー・カープ)、ほか

「ガス燈」のネタバレあらすじ結末

ガス燈の紹介:1944年アメリカ映画。1940年に制作された同名映画のリメイク作品。結婚を機に叔母が殺害された家で暮らすことになったポーラ。彼女は夫から物忘れや窃盗癖を指摘されるようになり、次第に自らの正気を疑うようになる。精神的に追い詰められていくポーラの恐怖と謎を描いた心理サスペンスの名作。ポーラ役のイングリッド・バーグマンがアカデミー主演女優賞を受賞した。
監督:ジョージ・キューカー 出演者:シャルル・ボワイエ(グレゴリー・アントン)、イングリッド・バーグマン(ポーラ・アルキスト・アントン)、ジョゼフ・コットン(ブライアン・キャメロン)、アンジェラ・ランズベリー(ナンシー・オリヴァー)、バーバラ・エヴェレスト(エリザベス・トンプキンス)ほか

「愛のメモリー」のネタバレあらすじ結末

愛のメモリーの紹介:1976年アメリカ映画。「タクシー・ドライバー」で知られたポール・シュレイダーのオリジナル脚本に基づくサスペンス・ドラマ。デ・パルマ監督の作品らしくヒッチコックの影響が強く感じられ、今回は「めまい」のバリエーションとなっている。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:クリフ・ロバートソン(マイケル)、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(エリザベス/サンドラ)、ジョン・リスゴー(ロバート)、ほか

「何がジェーンに起ったか?」のネタバレあらすじ結末

何がジェーンに起ったか?の紹介:1962年アメリカ映画。ロバート・アルドリッチが引退に追い込まれた女優姉妹の異常な生活ぶりを暴露趣味的に描いた異色作。グロテスクで残酷な内容もさることながら、撮影中のベティ・デイヴィスとジョーン・クロフォードの不仲ぶりもゴシップとして有名になった。
監督:ロバート・アルドリッチ 出演:ベティ・デイヴィス(ジェーン)、ジョーン・クロフォード(ブランチ)、アンナ・リー、ヴィクター・ブオノ、メイディー・ノーマン、ほか

「ザ・ファーム 法律事務所」のネタバレあらすじ結末

ザ・ファーム 法律事務所の紹介:1993年アメリカ映画。ジョン・グリシャムの大ベストセラー小説『法律事務所』を原作とした映画。キャッチコピーは「彼の夢が野望に変わった時、巨大な黒い力が動き始めた…」で、メンフィスの税務専門の法律事務所に入った青年が、そこでの巨大な陰謀に巻き込まれていく様子を描いた法律サスペンス映画です。
監督:シドニー・ポラック 出演:トム・クルーズ(ミッチ・マクディーア)、ジーン・ハックマン(エイヴァリー・トラー)、ジーン・トリプルホーン(アビー・マクディーア)、エド・ハリス(ウェイン・タランス)、ほか

「ダイヤルM」のネタバレあらすじ結末

ダイヤルMの紹介:1998年アメリカ映画。富豪の実業家が妻の不倫相手に妻の殺害を依頼するが・・・。ヒッチコック監督の「ダイヤルMを廻せ!」をリメイクしたサスペンス。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者: マイケル・ダグラス(スティーヴン・テイラー)、グウィネス・パルトロウ(エミリー・ブラッドフォード・テイラー)、ヴィゴ・モーテンセン(デイヴィッド・ショー)、デヴィッド・スーシェ(モハメド・カラマン)、ほか

「間違えられた男」のネタバレあらすじ結末

間違えられた男の紹介:1956年アメリカ映画。ニューヨークで実際に起きた冤罪事件を題材に、無実の人間とその家族が追い込まれていく恐怖をサスペンス映画の巨匠ヒッチコックが描き出す。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:ヘンリー・フォンダ、ヴェラ・マイルズ、アンソニー・クエイル、ハロルド・J・ストーン、ほか

「エクスペリメント」のネタバレあらすじ結末

エクスペリメントの紹介:2010年アメリカ映画。心理実験に参加した被験者が、刑務所での看守役と囚人役という役割を担う中で、次第にその役割に応じた人格に変貌し、制御不可能な狂乱を引き起こしていく様子を描いたサスペンス・ドラマ。実験という枠組みを超越した衝撃の結末に、最後まで目が離せません。
監督:ポール・T・シュアリング 出演:エイドリアン・ブロディ(トラヴィス)、フォレスト・ウィテカー(バリス)、カム・ジガンデイ(チェイス)、クリフトン・コリンズ・Jr(ニックス)、ほか

「死と処女」のネタバレあらすじ結末

死と処女(おとめ)の紹介:1995年アメリカ映画。アリエル・ドーフマンの同名戯曲に基づくサスペンス・ドラマ。原作の戯曲ではハッキリしなかった容疑者の正体をこの映画化では明確にしている。「死と乙女」のタイトルは映画の中で流れるシューベルトの曲名の引用。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:シガーニー・ウィーヴァー(ポーリナ)、ベン・キングズレー(ミランダ)、スチュアート・ウィルソン、ほか

「フォーリング・ダウン 」のネタバレあらすじ結末

フォーリング・ダウンの紹介:1993年アメリカ映画。俳優として知られるエブ・ロー・スミスの処女シナリオをジョエル・シュマッカーが監督した異色のサスペンス・ドラマ。マイケル・ダグラスが自ら認める代表作で、カルト映画となっている。
監督:ジョエル・シューマカー 出演:マイケル・ダグラス(ウィリアム・フォスター)、ロバート・デュヴァル(プレンダガスト刑事)、レイチェル・ティコティン、フレデリック・フォレスト、ほか

「熱砂の秘密」のネタバレあらすじ結末

熱砂の秘密の紹介:1943年アメリカ映画。名匠ビリー・ワイルダーのハリウッドでの監督2作目。ラヨス・ビロの戯曲「帝国ホテル」をワイルダー自身とチャールズ・ブラケットが共同で脚色。ブラケットはプロデュースも行っている。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:フランチョット・トーン(ブランブル伍長)、エリッヒ・フォン・シュトロハイム(エリッヒ・フォン・シュトロハイム)、ペーター・ヴァン・アイク、アン・バクスター、ほか

「脱出」のネタバレあらすじ結末

脱出の紹介:1972年アメリカ映画。ジョン・ブアマン監督の異色作。都会人の傲慢さと、彼らが自然の過酷さと人間の残酷さに直面して野性に目覚めてゆく様子を描く。全裸のネッド・ビーティが男たちにレイプされる場面は有名。
監督:ジョン・ブアマン 出演:ジョン・ヴォイト(エド・ジェントリー)、バート・レイノルズ(ルイス・メドロック)、ロニー・コックス(ドリュー・ボーリンジャー)、ネッド・ビーティ(ボビー・トリップ)、ほか

「私は告白する」のネタバレあらすじ結末

私は告白するの紹介:1953年アメリカ映画。幼いころにカトリックの学校で教育を受けたヒッチコックが、告解の守秘義務をモチーフに、冤罪を受け苦悩する神父の姿をサスペンスを交えて描いた異色作。カナダが舞台という点でも他のヒッチコック作品とは雰囲気が違っている。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:モンゴメリー・クリフト(マイケル・ローガン神父)、アン・バクスター(ルース・グランドフォート)、カール・マルデン(ラルー警視)、O・E・ハッセ(オットー・ケラー)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 19
TOP↑