青春映画のネタバレ

「風が強く吹いている」のネタバレあらすじ結末

風が強く吹いているの紹介:2009年日本映画。箱根マラソンをテーマに、挫折を味わったエースが、仲間たちと共に箱根マラソン出場への切符を勝ち取る様子を描いた青春ドラマ。夢に向かってひたむきに頑張る若者たちの姿や、仲間との絆に胸をうたれる感動作です。
監督:大森寿美男 出演:小出恵介(ハイジ/清瀬灰二)、林遣都(カケル/蔵原走)、中村優一(王子/柏崎茜))、川村陽介(ニコチャン/平田彰宏)、ダンテ・カーヴァー
(ムサ/ムサ・カマラ)、ほか

「エデンの東」のネタバレあらすじ結末

エデンの東の紹介:1954年アメリカ映画。ジョン・スタインベックの大河小説の一部を映画化。ジェームズ・ディーンにとっては初主演作で、アカデミー賞主演男優賞にノミネート。若くして死んだディーンの「理由なき反抗」と並ぶ代表作となった。
監督:エリア・カザン 出演:ジェームズ・ディーン(キャル・トラスク)、ジュリー・ハリス(アブラ)、レイモンド・マッセイ(アダム・トラスク)、ジョー・ヴァン・フリート(ケート)

「フィッシュ・タンク」のネタバレあらすじ結末

フィッシュ・タンクの紹介:2009年イギリス映画。2010年イギリスのベストフィルムに選ばれたドラマ作品です。シングルマザーの新しい彼氏であるコナーに惹かれていく、ヒップホップダンサーに憧れる15歳のミアを主人公に、イギリスのリアルを描いた作品であると評価されます。
監督:アンドレア・アーノルド 出演者:ケイティ・ジャーヴィス(ミア・ウィリアムズ)、マイケル・ファスベンダー(コナー)、カーストン・ウェアリング(ジョアンヌ ウィリアムズ)ほか

「うた魂♪」のネタバレあらすじ結末

うた魂♪(うたたま)の紹介:2008年日本映画。歌が大好きな女子高校生が、合唱を通じて、仲間との絆を深めていく様子をコメディタッチで描いた青春ドラマ。傷つきやすくも純粋な心を持つ高校生達が奮闘する姿に勇気をもらえる感動作です。
監督:田中誠 出演:夏帆(荻野かすみ)、ゴリ(権藤洋)、石黒英雄(牧村純一)、徳永えり(野村ミズキ)、亜希子(松本楓)、ほか

「17歳の肖像」のネタバレあらすじ結末

17歳の肖像の紹介:2009年イギリス映画。イギリス人女性ジャーナリスト、リン・バーバーの経験をもとに作られた映画です。ロンドンの中流階級のオックスフォード大学を目指す16歳のジェニーは、道でデイビッドに出会います。音楽会や絵画の落札など大人の世界を魅せられ、デイビッドと恋に落ちていきますが、そこにはジェニーに教訓を与える人生の失敗が待っていました。
監督:ロネ・シェルフィグ 出演:キャリー・マリガン(ジェニー)、ピーター・サースガード(デイヴィッド)、ドミニク・クーパー(ダニー)、ロザムンド・パイク(ヘレン)、アルフレッド・モリナ(ジャック)、ほか

「ラウンダーズ」のネタバレあらすじ結末

ラウンダーズの紹介:1998年アメリカ映画。キャッチコピーは「一流の弁護士の道を捨てるか…、天才ラウンダーが男を賭けた勝負に挑む!!」で、闇のポーカー・ゲームに魅了された天才的なラウンダーズ(勝負師)の青年・マイクをマット・デイモンが演じた青春ドラマです。主人公マイクを中心に、ポーカー・ゲームの世界で生きる人間模様をクールに描き、緊迫感迫るカードゲームの心理戦をスリリングに描いたギャンブル映画です。
監督:ジョン・ダール 出演:マット・デイモン(マイク・マクダーマット)、エドワード・ノートン(ワーム)、ジョン・タートゥーロ(ジョーイ・クニッシュ)、ファムケ・ヤンセン(ペトラ)、グレッチェン・モル(ジョー)、ほか

「ドニー・ダーコ」のネタバレあらすじ結末

ドニー・ダーコの紹介:2001年アメリカ映画。夢遊病である高校生のドニーはある夜中にたどり着いたゴルフ場で、銀色のうさぎに出会います。うさぎは世界が28日で終わるとドニーに示し、ドニーに学校でのいたずらなどを指示します。転校生のグレッチェンとデートをするなど、幸せを感じるドニーでしたが、うさぎの示す世界の終わりが刻々と近づいてくるのでした。複雑なストーリーが見どころのサイコロジカルミステリー作品です。
監督:リチャード・ケリー 出演者:ジェイク・ギレンホール(ドニー・ダーコ)、ジェナ・マローン(グレッチェン)ほか

「卒業」のネタバレあらすじ結末

卒業の紹介:1967年アメリカ映画。アメリカン・ニュー・シネマの代表的傑作。全く無名の俳優だったダスティン・ホフマンがいきなり主演に抜擢され、これ一作でスターとなった。マイク・ニコルズがアカデミー賞監督賞を受賞。
監督:マイク・ニコルズ 出演:ダスティン・ホフマン(ベン)、アン・バンクロフト(ミセス・ロビンソン)、キャサリン・ロス(エレーン)、マーレイ・ハミルトン(ミスター・ロビンソン)

「忘れないと誓ったぼくがいた」のネタバレあらすじ結末

忘れないと誓ったぼくがいたの紹介:2014年日本映画。日本ファンタジーノーベル大賞受賞作家である平山瑞穂の長編小説を映画化したものです。愛する人を忘れてしまわないように必死に努力をする主人公の姿がとても切ないです。理由は分からないけれど、愛した人は全ての人から忘れ去られる悲しい存在で、そんな彼女を忘れまいと必死にあらゆる手段を使って青年は記憶しようとします。彼女の方は毎日必死に一生懸命生きても、誰の記憶にも残らず、彼女を見るととても悲しくなります。そんな中で、必死に愛を育んでいく二人は時に明るく、時に切なく画面を彩ってくれます。
監督:堀江慶 出演:村上虹郎(葉山タカシ)、早見あかり(織部あずさ)、タカシの母親(ちはる)、老人ホームに通う老人(ミッキーカーチス)ほか

「ドロップ」のネタバレあらすじ結末

ドロップの紹介:2008年日本映画。芸人品川庄司の品川が発表した自伝的小説、ドロップの映画版。水嶋ヒロや成宮寛貴といった人気俳優から、綾部祐二、レイザーラモンHGなど芸人も起用した幅広いキャスティングで話題に。
監督:品川ヒロシ 出演:成宮寛貴(信濃川ヒロシ)、水嶋ヒロ(井口達也)、本仮屋ユイカ(みゆき)、上地雄輔(木村ヒデオ(ヒデ))、中越典子(信濃川ユカ)、哀川翔(刑事)、坂井真紀(教師)、ほか

「シング・ストリート 未来へのうた」のネタバレあらすじ結末

シング・ストリート 未来へのうたの紹介:2015年アイルランド,イギリス,アメリカ映画。「ONCE ダブリンの街角で」や「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、80年代のアイルランド・ダブリンを舞台に描く、半自伝的な青春ストーリー。両親の離婚や学校でのいじめに悩む高校生コナーが、友人たちとロック・バンドを組むことで成長していく。劇中で演奏されるバンドの楽曲をはじめ、デュラン・デュラン、ザ・キュアー、ザ・ジャムなど、当時のヒット・ナンバーが満載。マルーン5のアダム・レヴィーンが歌う挿入歌も、大きな話題となった。
監督:ジョン・カーニー 出演者:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(コナー)、ルーシー・ボイントン(ラフィーナ)、ジャック・レイナー(ブレンダン)、マーク・マッケンナ(エイモン)、ベン・キャロラン(ダーレン)、パーシ―・チャンブルカ(ンギグ)、エイダン・ギレン(ロバート)ほか

「キセキ あの日のソビト」のネタバレあらすじ結末

キセキ あの日のソビトの紹介:2017年日本映画。4人組の音楽グループGReeeeN。彼らの代表曲である「キセキ」の誕生秘話を映画化。GReeeeNのプロデュースを手掛けるJINとその弟でリーダーのHIDEの青春時代の話をもとに、仲間や家族との衝突を経験しながら音楽の道を志し突き進んでいく姿を描いている。
監督:兼重淳 出演:松坂桃李(ジン)、菅田将暉(ヒデ)、忽那汐里(理香)、平祐奈(結衣)、横浜流星(ナビ)、成田凌(クニ)、杉野遥亮(ソウ)ほか

「あの頃ペニー・レインと」のネタバレあらすじ結末

あの頃ペニー・レインとの紹介:2000年アメリカ映画。若干15歳の天才少年が音楽ジャーナリズムの世界に飛び込み、『ローリング・ストーン』誌の記者として、あるバンドに密着取材する青春映画です。キャメロン・クロウ監督が実体験に基づき、自ら脚本を手がけた本作は、第58回ゴールデングローブ賞作品賞を受賞し、数多くの音楽ファンからも支持されています。
監督:キャメロン・クロウ、出演者:パトリック・フュジット(ウィリアム・ミラー)、ケイト・ハドソン(ペニー・レイン)、ビリー・クラダップ(ラッセル・ハモンド)、フランシス・マクドーマンド(エレイン・ミラー)、ほか

「スケアクロウ」のネタバレあらすじ結末

スケアクロウの紹介:1973年アメリカ映画。正反対な性格を持つ男性2人の友情を描くロードムービー。マックスとライオンは、それぞれヒッチハイク中に偶然出会って意気投合した。短気で神経質なマックスと大らかで人懐っこいライオンは、ピッツバーグで洗車業を営むことにする。ライオンに影響され、笑うことの愉快さを知るマックス。しかし旅の終わりには悲劇が待ち受けていた。1973年のカンヌ国際映画祭でグランプリと国際カトリック映画事務局賞を受賞。
監督:ジェリー・シャッツバーグ 出演者:ジーン・ハックマン(マックス・ミラン)、アル・パチーノ(フランシス・ライオネル・デルブッキ)、ドロシー・トリスタン(コーリー)、アン・ウェッジワース(フレンチー)、リチャード・リンチ(ジャック・ライリー)、ペネロープ・アレン(アニー)ほか

「永遠の僕たち」のネタバレあらすじ結末

永遠の僕たちの紹介:2011年アメリカ映画。子供の頃の事故がきっかけで死にとらわれた少年が、不治の病に冒された少女に出会い、彼女の死を看取るまでの心の機微を描く。主人公の唯一の“友人”役に日本の加瀬亮が共演。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ヘンリー・ホッパー(イーノック)、ミア・ワシコウスカ(アナベル)、加瀬亮(ヒロシ)、シュイラー・フィスク(エリザベス)、ほか

1 2 3 4 5 6 10
TOP↑