青春映画のネタバレ

「ヤング・ゼネレーション」のネタバレあらすじ結末

ヤング・ゼネレーションの紹介:1979年アメリカ映画。ニートのデイヴは、イタリアかぶれのアメリカ人。進学も就職もしない仲間達とダラダラと過ごすか趣味の自転車を漕いでいる。そんなデイヴ達は希望に満ち溢れている大学生に嫉妬し、衝突してしまう。仲裁に入った大学関係者により、自転車レースで勝負することになる。果たして、社会の負け犬のデイヴたちは、大学生たちに一泡吹かせることができるのか。
監督:ピーター・イェーツ 出演:デニス・クリストファー(デイヴ)、 ダニエル・スターン(シリル)、デニス・クエイド(マイク)、ジャッキー・アール・ヘイリー(ムーチャー)、ロビン・ダグラス(キャサリン)ほか

「シド・アンド・ナンシー」のネタバレあらすじ結末

シド・アンド・ナンシーの紹介:1986年イギリス映画。実話を基にした映画。セックス・ピストルズの伝説的ペース・プレイヤーであるシド・ヴィシャスと彼の恋人であったナンシー・スパンゲンの短い間の破滅的な愛を描いた作品。真実の愛とは何か?麻薬の恐ろしさとは何か?我々に様々なことをこの作品は投げかけてくる。
監督:アレックス・コックス 出演者:ゲイリー・オールドマン(シド・ヴィシャス)、クロエ・ウェップ(ナンシー・スパンゲン)、ドリュー・スコフィールド(ジョニー・ロットン)、デイヴィッド・ヘイマン(マルコム・マクラレン)、トニー・ロンドン(スティーヴ・ジョーンズ)、ペリー・ベンソン(ポール・クック)

「チェイシング・エイミー」のネタバレあらすじ結末

チェイシング・エイミーの紹介:1997年アメリカ映画。レズの女性と恋に落ちたマンガ家を主人公とするコメディで、ケヴィン・スミスの代表作のひとつ。主演のベン・アフレックにとっても出世作となり、以後彼はスミス監督作品の常連となる。
監督:ケヴィン・スミス 出演:ベン・アフレック(ホールデン)、ジョーイ・ローレン・アダムス(アリッサ)、ジェイソン・リー、ドワイト・ユーウェル、ジェイソン・ミューズ、ほか

「ラスト・ショー」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ショーの紹介:1971年アメリカ映画。ボグダノヴィッチの長編2作目で、生涯の代表作となった。 ラリー・マクマートリーの小説が原作で、マクマートリーは監督とともに脚本も執筆。アカデミー賞では、助演男優賞、助演女優賞を受賞。
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ 出演:ティモシー・ボトムズ(ソニー)、シビル・シェパード(ジェイシー)、ジェフ・ブリッジス、ベン・ジョンソン、エレン・バースティン、ほか

「フラッシュダンス」のネタバレあらすじ結末

フラッシュダンスの紹介:1983年アメリカ映画。鉄鋼の町ピッツバーグでダンサーの夢を追う18才の少女アレックス。エキサイティングなダンスに彩られ、アイリーン・キャラの歌う主題歌「ホワット・ア・フィーリング」も大ヒットした青春映画。
監督:エイドリアン・ライン 出演者:ジェニファー・ビールス(アレックス・オーウェンズ)、マイケル・ヌーリー(ニック・ハーレイ)、リリア・スカラ(ハンナ・ロング)、サニー・ジョンソン(ジニー・サボー)、カイル・T・ヘフナー(リッチー)ほか

「ロード・オブ・ドッグタウン」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ドッグタウンの紹介:2005年アメリカ,ドイツ映画。西海岸で、大人達にサーフィンの居場所を取られて、サーフィンができない少年達は、陸のサーフィンであるスケートボードに夢中になる。ある日、サーフィンショップを営む店主スキップは、商売の嗅覚が働き、地元の子供達をチームにして、自分の作ったスケートボードの宣伝活動をさせることにする。スキップの嗅覚が働き、チームが大会などで、活躍すると、飛ぶようにスケートボートが売れ、巨大なブームになっていく。チームの中で、特に実力がある仲良し3人組は、スケボーを仕事と思う者、スケボーは遊びだと思う者、金儲けの手段だと思う者によって、別々の青春を生きていくことになる。スケボーブーム中で、彼らが行き着く先とは。1970年代のアメリカ西海岸発カルチャーを築いた若者たちの物語。
監督:キャサリン・ハードウィック 出演者:エミール・ハーシュ(ジェイ)、ヴィクター・ラサック(トニー)、ジョン・ロビンソン(ステイシー)、ヒース・レジャー(スキップ)ほか

「ベスト・キッド4」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド4の紹介:1994年アメリカ映画。この作品は『ベスト・キッド』シリーズの第4作目でシリーズ最後の作品です。主人公は、心を閉ざした女子高生ジュリー・ピアースを日系人空手家ミヤギが空手を通して、彼女の心を開いていく青春アクション映画です。監督は『ヤングガン』(1988年)を手がけたクリストファー・ケイン、音楽は第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたビル・コンティです。
監督:クリストファー・ケイン 出演:ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、ヒラリー・スワンク(ジュリー・ピアース)、クリス・コンラッド(エリック)、マイケル・アイアンサイド(ドゥーガン)、マイケル・カヴァリエリ(ネッド)、ほか

「ベスト・キッド3 最後の挑戦」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド3 最後の挑戦の紹介:1989年アメリカ映画。この作品は、少年ダニエル・ラルーソーが日系人空手家ミヤギから学んだ空手を通して成長していく『ベスト・キッド』シリーズの第3作目で、主人公ダニエルはこの作品で最後となります。監督と音楽は、第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたジョン・G・アヴィルドセンとビル・コンティのコンビです。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演:ラルフ・マッチオ(ダニエル・ラルーソー)、ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、ロビン・ライヴリー(ジェシカ)、トーマス・イアン・グリフィス(テリー・シルヴァー)、ほか

「ベスト・キッド2」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド2の紹介:1986年アメリカ映画。この作品は、少年ダニエル・ラルーソーが日系人空手家ミヤギから学んだ空手を通して成長していく『ベスト・キッド』シリーズの第2作目です。監督と音楽は、第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたジョン・G・アヴィルドセンとビル・コンティのコンビです。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演:ラルフ・マッチオ(ダニエル・ラルーソー)、ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、タムリン・トミタ(クミコ)、ユージ・オクモト(チョーゼン)、ほか

「理由なき反抗」のネタバレあらすじ結末

理由なき反抗の紹介:1955年アメリカ映画。ジェームズ・ディーンが「エデンの東」に続いて主演した名作。世代間の断絶を描いた作品として最初期のもので、ディーンの演技ともども、後の映画に大きな影響を与えた。ディーンはこのあと「ジャイアンツ」に出演後急死する。
監督:ニコラス・レイ 出演:ジェームズ・ディーン(ジム)、ナタリー・ウッド(ジュディ)、サル・ミネオ(プラトー)、ジム・バッカス(ジムの父)、アン・ドラン(ジムの母)、ほか

「わたしを離さないで」のネタバレあらすじ結末

わたしを離さないでの紹介:2010年イギリス,アメリカ映画。日系イギリス人作家のカズオ・イシグロの同名の小説を原作とし、不治の病の治療が可能となった世界で、小さな学園でともに育った三人の男女の物語。三人の課せられた、残酷な生きる目的と絆の物語。
監督:マーク・ロマネク 出演:キャリー・マリガン(キャシー)、アンドリュー・ガーフィールド(トミー)、キーラ・ナイトレイ(ルース)、シャーロット・ランプリング(エミリ先生)、ほか

「フェーム」のネタバレあらすじ結末

フェームの紹介:1980年アメリカ映画。ニューヨークの芸能学校で繰り広げられる学園青春映画です。それぞれの学生が夢を叶えるために様々な事を乗り越え、奮闘し、成長していく姿を描いた作品です。
監督 :アラン・パーカー 出演:アイリーン・キャラ(コーコ・ヘルナンデス)、リー・カレーリ(ブルーノ・マルテッリ)、ジーン・アンソニー・レイ(リロイ・ジョンソン)、モーリン・ティーフィ(ドリス・フィンセカー)、バリー・ミラー(ラウル・ガルシア、ラルフ・ガーシー)ほか

「ヒミズ」のネタバレあらすじ結末

ヒミズの紹介:2011年日本映画。古谷実原作の人気漫画『ヒミズ』を映画化した衝撃作。中学生の住田祐一は貸しボート屋を営み、被災した半ホームレス状態の人たちに囲まれながらも平凡な生活を夢見ていた。しかしある事をきっかけに、祐一の人生は急転する。
監督:園子温 出演:染谷将太(住田祐一)、二階堂ふみ(茶沢景子)、渡辺哲(夜野正造)、諏訪太朗(まーくん)、ほか

「僕は友達が少ない」のネタバレあらすじ結末

僕は友達が少ないの紹介:2014年日本映画。平坂読原作のライトノベル「僕は友達が少ない」を映画化した作品。友達の少ない青年を主人公にした、その心の葛藤や動きを表現した作品。青年に個性豊かな奇妙な友人が数少ないながらできますが、その友人たちに振り回されます。青春時代をドラマやアニメのようにきらきらと過ごした人にスポットをあてるより、青春を理想と現実に悩みながらもがき苦しんできた人の方が多いのではと思います。そういったきらきら青春映画と一線を引いた不思議な映画だとも言えます。
監督:及川拓郎 出演:瀬戸康史(羽瀬川小鷹)、北乃きい(三日月夜空)、大谷澪(柏崎星奈)、高月彩良(楠幸村)、神定まお(志熊理科)、ほか

「偉大なる、しゅららぼん」のネタバレあらすじ結末

偉大なる、しゅららぼんの紹介:2013年日本映画。滋賀県湖畔の街を舞台に、先祖代々より神から授かった特殊な力を持つ一族が巻き込まれる奇想天外な騒動をコミカルに描いた作品。万城目学の同名小説が原作となっており、予想できない展開に最後まで目が離せません。
監督:水落豊 出演:濱田岳(日出淡十郎)、岡田将生(日出涼介)、深田恭子(日出清子)、渡辺大(棗広海)、大野いと(速水沙月)、ほか

1 2 3 4 5 6 8
TOP↑