青春映画のネタバレ

「嵐を呼ぶ男」のネタバレあらすじ結末

嵐を呼ぶ男の紹介:1957年日本映画。石原裕次郎の代表作のひとつで、主題歌も大ヒットを記録した作品です。ドラマーを目指す若者とその弟の恋愛や葛藤を描いています。後に渡哲也や近藤真彦主演でリメイクされています。
監督:井上梅次 出演者:石原裕次郎(国分正一)、北原三枝(福島美弥子)、芦川いづみ(島みどり)、金子信雄(左京徹)、青山恭二(国分英次)ほか

「ブエノスアイレス」のネタバレあらすじ結末

ブエノスアイレスの紹介:1997年香港,日本映画。同性のカップルである2人の中国人男性が、ブエノスアイレスを舞台に何度もやり直そうとする愛の物語。ウォン・カーウァイがカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したが、完成するまでの道のりは厳しかった。衣装は日本のファッションデザイナーである菊池武夫が務めている。
監督:ウォン・カーウァイ 出演:レスリー・チャン(ウィン)、トニー・レオン(ファイ)、チャン・チェン(チャン)、ほか

「黒崎くんの言いなりになんてならない」のネタバレあらすじ結末

黒崎くんの言いなりになんてならないの紹介:2016年日本映画。周囲から「黒悪魔」と恐れられる超ドS男子、黒崎晴人と、「白王子」と呼ばれる学園のスター、白河タクミとの間で心が揺れる女子高生の姿を描く。主人公にSexy Zoneの中島健人、ヒロインに小松菜奈とフレッシュな顔ぶれで話題を呼んだ大人気コミックスの実写版です。
監督:月川翔 出演:中島健人(黒崎晴人)、小松菜奈(赤羽由宇)、千葉雄大(白河タクミ)、高月彩良(芦川芽衣子)、岸優太(梶祐介)、ほか

「アクロス・ザ・ユニバース」のネタバレあらすじ結末

アクロス・ザ・ユニバースの紹介:2007年アメリカ映画。作中でつかわれている曲はすべてビートルズの楽曲というミュージカル映画です。イギリスからアメリカへ父を訪ねてやってきた若者ジュードは、親友となったマックスとともにニューヨークにやってきます。
監督:ジュリー・テイモア 出演者:ジム・スタージェス(ジュード)、エヴァン・レイチェル・ウッド(ルーシー)、ジョー・アンダーソン(マックス)、デイナ・ヒュークス(セディ)、マーティン・ルーサー・マッコイ(ジョジョ)ほか

「BECK」のネタバレあらすじ結末

BECK(ベック)の紹介:2010年日本映画。ハロルド作石の同名人気漫画を映画化したものです。バンドに青春の全てを賭けた若者たちの群像が描かれています。
監督:堤幸彦 出演者:水嶋ヒロ(南竜介)、佐藤健(田中幸雄(コユキ))、桐谷健太(千葉恒美)、中村蒼(桜井裕志(サク))、向井理(平義行)ほか

「マイ・プライベート・アイダホ」のネタバレあらすじ結末

マイ・プライベート・アイダホの紹介:1991年アメリカ映画。ガス・ヴァン・サントのポートランド3部作のひとつ。リバー・フェニックスが繊細な役を美しく演じています。感情移入して見入ってしまうほど素晴らしい演技をしています。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:リバー・フェニックス(マイク)、キアヌ・リーブス(スコット)、フリー(バド)、キアラ・カゼッリ(カルミラ)、ウド・キア(ハンス)

「炎のランナー」のネタバレあらすじ結末

炎のランナーの紹介:1981年イギリス映画。1900年代初頭のイギリス。ロンドンのケンブリッジ大学に入学したユダヤ人のハロルドと、スコットランドの宣教師の家に育ったエリック。環境も思想も全く違う二人に共通するのは走る才能と、それにかける情熱でした。それぞれのやり方で、オリンピックでの勝利を勝ち取るまでの姿を、印象的なテーマ曲にのせて描きます。
監督:ヒュー・ハドソン 出演:ベン・クロス(ハロルド・エイブラハムズ)、イアン・チャールソン(エリック・リデル)、イアン・ホルム(サム・ムサビーニ)、ナイジェル・ヘイヴァース(アンドリュー・リンゼイ)、ほか

「3月のライオン 後編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 後編の紹介:2017年日本映画。3月のライオン前編の続編。中学生にしてプロ棋士になった桐山零。家族との確執はいまだ綺麗に無くなったわけではなかったが確実に前に進みつつあった。しかしある時零が身を寄せていた家族のひなたが学校でいじめに合っているのが発覚。同時期に零は将棋のトーナメント師子王戦が始まろうとしていた。自身の腕を磨きながらひなたを守ろうと躍進する。しかし零の熱血は暴走を始めてしまう。原作者羽海野チカの同名人気コミックの実写化後編。監督は実写映画「るろうに剣心」の大友啓史。
監督:大友啓史 出演:神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊藤英明(後藤正宗)、ほか

「ウッドストックがやってくる!」のネタバレあらすじ結末

ウッドストックがやってくる!の紹介:2009年アメリカ映画。脚本家のエリオット・タイバーと、トムモンテによる回想録『ウッドストックがやってくる』をもとに描かれた映画。「ウッドストック・フェスティバル」開催40周年を記念して製作されました。田舎町に住む青年が、地元に大規模音楽フェス「ウッドストックフェスティバル」を誘致する物語です。イベントを成功させるために奮闘する様子を描いた、青春ドキュメンタリー。
監督:アン・リー 出演者:エリオット・タイチバーグ(ディミトリ・マーティン)、ジェイク・タイチバーグ(ヘンリー・グッドマン)、ソニア・タイチバーグ(イメルダ・スタウントン)、マイケル・ラング(ジョナサン・グロフ)他

「ドラムライン」のネタバレあらすじ結末

ドラムラインの紹介:2002年アメリカ映画。自惚れが強く自信過剰であるものの、天才的な才能を持つマーチングドラマーの若者が、大学のマーチングバンドに入部したことで成長していく物語。製作総指揮を務めた音楽界の巨匠、ダラス・オースティンの実体験を基にしており、アメリカン・フットボールなどのスポーツ競技のハーフタイムショーで腕を競い合うマーチングバンドの演奏がたっぷり堪能できる作品である。
監督:チャールズ・ストーン三世 出演:ニック・キャノン(デヴォン・マイルズ)、ゾーイ・サルダナ(レイラ)、レナード・ロバーツ(ショーン・テイラー)、オーランド・ジョーンズ(リー監督)、GQ(ジェイソン) ほか

「無伴奏」のネタバレあらすじ結末

無伴奏の紹介:2015年日本映画。直木賞作家である小池真理子の半自叙伝的小説を映画化。日本中で学生運動が起きていた1969年の宮城県仙台市を舞台に、ある女子高校生が喫茶店『無伴奏』で2人の大学生と出会い、恋に落ちて行くさまを描く。
監督:矢崎仁司 出演者:成海璃子(野間響子)、池松壮亮(堂本渉)、斎藤工(関祐之介)、遠藤新菜(エマ)、松本若菜(堂本勢津子)ほか

「セーラー服と機関銃 卒業」のネタバレあらすじ結末

セーラー服と機関銃 卒業の紹介:2015年日本映画。「セーラー服と機関銃-卒業-」は1981年に薬師丸ひろ子主演で映画化した「セーラー服と機関銃」のその後を描いた作品。「セーラー服と機関銃」は当時社会現象を巻き起こした大ヒット映画です。ヤクザの組長という過去を持つ女子高生が、その友人達を巻き込む詐欺の黒幕と対峙する様子を描く。
監督:前田弘二 出演者:橋本環奈(星泉)、長谷川博己(月永)、安藤政信(安井)、大野拓郎(祐次)、宇野祥平(晴雄)、武田鉄矢(土井)、ほか

「セーラー服と機関銃」のネタバレあらすじ結末

セーラー服と機関銃の紹介:1981年日本映画。赤川次郎原作。2016年に続編「卒業-セーラー服と機関銃・その後」も制作されました。天涯孤独となった女子高生が、細々と続いていた暴力団「日高組」の四代目を継ぎ、たった4人の子分と奮闘します。
監督:相米慎二 出演:薬師丸ひろ子(星泉)、渡瀬恒彦(佐久間真)、風祭ゆき(三大寺マユミ)、大門正明(目高組トリオ・政)、林家しん平(目高組トリオ・ヒコ)、酒井敏也(目高組トリオ・メイ)、三國連太郎(太っちょ・三大寺一)、ほか

「すてきな片想い」のネタバレあらすじ結末

すてきな片想いの紹介:1984年アメリカ映画。80年代青春映画の巨匠、ジョン・ヒューズの監督・脚本作品。コンプレックスのかたまりの高校生サマンサ。彼女の16才の誕生日に巻き起こるドタバタと、片想いの行方を描いた胸キュンなティーン映画。ヒューズの秘蔵っ子女優、モリ―・リングウォルド主演。当時は全く無名だったジョン・キューザックが、オタク少年の役で出演しているのも注目。
監督:ジョン・ヒューズ 出演者:モリ―・リングウォルド(サマンサ)、アンソニー・マイケル・ホール(ギーク)、マイケル・シューフリング(ジェイク)、ハヴィランド・モリス(キャロリン)、ジャスティン・ヘンリー(マイク)、リアーヌ・カーティス(ランディ)、ゲディ・ワタナベ(ロン)、ジョン・キューザック(プライス)ほか

「桐島、部活やめるってよ」のネタバレあらすじ結末

桐島、部活やめるってよの紹介:2012年日本映画。日本アカデミー賞を多数受賞した作品。バレー部のスター・桐島が部活をやめることをきっかけに、高校生の日常の変化が時間軸を交差しながら描かれる。
監督: 吉田大八 出演: 神木隆之介(前田涼介)、橋本愛(東原かすみ)、東出昌大(菊池宏樹)、山本美月(飯田理沙)、松岡茉優(野崎沙菜)、清水くるみ(宮部実果)、大後寿々花(沢島亜矢)、太賀(小泉)、落合モトキ(寺島)、浅香航大(友弘)

1 2 3 4 5 6 11
TOP↑