アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「デルタフォース2」のネタバレあらすじ結末

デルタフォース2の紹介:1990年アメリカ映画。1986年公開の映画「デルタフォース」の続編となるアクション映画です。主演は前作に引き続きチャック・ノリス、監督はチャックの弟アーロン・ノリスで、特殊部隊デルタフォースと南米の麻薬王との激しい戦いを描きます。
監督:アーロン・ノリス 出演者:チャック・ノリス(スコット・マッコイ)、ビリー・ドラゴ(ラモン・コタ)、ジョン・P・ライアン(テイラー将軍)、マーク・マーゴリス(オルメド将軍)、リチャード・ジャッケル(ジョン・ペイジ)ほか

「バニシングIN60”」のネタバレあらすじ結末

バニシングIN60”の紹介:1974年アメリカ映画。“カー・クラッシュ・キング”との異名を持つ伝説のカースタント、H・B・ハリッキーが監督・脚本・主演・スタントを手掛けた、作中の約半分がカーチェイスシーンで構成されたカーアクション映画です。高級車ばかりを狙い、60秒以内に盗み出す窃盗団の窃盗計画を描いています。
監督:H・B・ハリッキー 出演者:H・B・ハリッキー(メインドリアン・ペイス)、マリオン・ブシア(パンプキン・チェイス)、ジェリー・ドーギルダ(ユージーン・チェイス)、ジェームズ・マッキンタイア(スタンリー・チェイス)、ジョージ・コール(アトリー・ジャクソン)ほか

「ギャンブラー」のネタバレあらすじ結末

ギャンブラーの紹介:1971年アメリカ映画。20世紀初頭のアメリカ西部の炭鉱町を舞台に、この町で賭博場を開いたギャンブラーと売春宿の女将を中心に、ライバルたちとの権力争いを描いた西部劇です。
監督:ロバート・アルトマン 出演者:ウォーレン・ベイティ(ジョン・マッケイブ)、ジュリー・クリスティ(コンスタンス・ミラー)、ルネ・オーベルジョノワ(パトリック・シーハン)、マイケル・マーフィー(ユージーン・シアーズ)、アンソニー・ホーランド(アーネスト・ホランダー)ほか

「超高層プロフェッショナル」のネタバレあらすじ結末

超高層プロフェッショナルの紹介:1979年アメリカ映画。超高層ビルの建設ラッシュに沸く1970年代後半のニューヨークを舞台に、事故死した建設会社社長の遺志を継いだ作業員らが危険な作業に挑む姿を描いた作品です。
監督:スティーヴ・カーヴァー 出演者:リー・メジャース(マイク・キャットン)、ジェニファー・オニール(キャス・キャシディ)、アート・カーニー(ピグノーズ・モーラン)、ハリス・ユーリン(エディ・キャシディ)、ジョージ・ケネディ(ビッグ・ルー・キャシディ)ほか

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの紹介:2017年日本映画。石ノ森章太郎原作の特撮ドラマ「平成仮面ライダー」シリーズより“ビルド”“エグゼイド”“ゴースト”“鎧武”“フォーゼ”“オーズ”の歴代6大仮面ライダーとオリジナルキャストが登場するSF超大作です。6人の仮面ライダーが大槻ケンヂ(筋肉少女帯、特撮)演じる悪の科学者の野望に立ち向かいます。
監督:上堀内佳寿也 出演:犬飼貴丈(桐生戦兎/仮面ライダービルド)、飯島寛騎(宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド)、西銘駿(天空寺タケル/仮面ライダーゴースト)、佐野岳(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武)、福士蒼汰(如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼ)、渡部秀(火野映司/仮面ライダーオーズ)、三浦涼介(アンク)、赤楚衛二(万丈龍我/仮面ライダークローズ)、大槻ケンヂ(最上魁星/カイザー/カイザーリバース/バイカイザー)ほか

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のネタバレあらすじ結末

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアの紹介:1997年ドイツ映画。末期患者のマーチンとルディ。海を見に行こうと乗ったのはギャングの車で、やがて警察も巻き込んでいく。二人は海を見られるのか。
監督:トーマス・ヤーン 出演:ティル・シュヴァイガー(マーチン・ブレスト)、ヤン・ヨーゼフ・リーファース(ルディ・ウルリツァー)、ティエリー・ファン・ヴェルフェーケ(ヘンク、ベルギー人)、モーリッツ・ブライブトロイ(アブドゥル、アラビア人)、フープ・スターペル(フランキー・“ボーイ”・ベルーガ)、ほか

「地下室のメロディー」のネタバレあらすじ結末

地下室のメロディーの紹介:1963年フランス映画。フランス映画界の二大スター、アラン・ドロンとジャン・ギャバンが共演した犯罪映画です。フランス・カンヌのカジノから大金を奪おうと企む引退寸前の老ギャングと若いチンピラの顛末を描きます。
監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演者:ジャン・ギャバン(シャルル)、アラン・ドロン(フランシス・ヴェルロット)、ヴィヴィアーヌ・ロマンス(ジャネット)、モーリス・ビロー(ロイス・ノーダン)、ジャン・カルメ(バーマン)ほか

「鋼の錬金術師」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師の紹介:2017年日本映画。「鋼の錬金術師」は2001年から約10年間『月刊少年ガンガン』に連載された荒川弘の大人気コミック。アニメ化もされているこの作品が満を持して実写化された。監督は、「ピンポン」でもコミック実写化に成功している曽利文彦監督。錬金術は、物質を分解して新たなものに作り替える魔法のような術。物語はその錬金術が存在している19世紀ヨーロッパ風の世界が舞台。幼い兄弟が錬金術によって失った身体を取り戻すため、“賢者の石”を求めて旅をする壮大なファンタジーである。
監督:曽利文彦 キャスト:山田涼介(エド)、本田翼(ウィンリィ)、ディーン・フジオカ(マスタング大佐)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉)、佐藤隆太(ヒューズ中佐)、小日向文世(ハクロ将軍)、大泉洋(ショウ・タッカー)、夏菜(ロス少尉)、水石亜飛夢(アル:声)、松雪泰子(ラスト)、本郷奏多(エンヴィィ)、内山信二(グラトニー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ)、原田夏希(ヒューズ中佐の妻)ほか

「スティーヴオースティン SWAT」のネタバレあらすじ結末

スティーヴ・オースティン S.W.A.T.の紹介:2011年アメリカ映画。元プロレスラーの“ストーン・コールド”ことスティーヴ・オースティンが主演を務めるアクション作品です。型破りで問題行動の多いロス市警の特殊部隊S.W.A.T.が再訓練を命じられますが、訓練場は敵対する2つのマフィアの取引場所だったことから大乱戦に発展します。
監督:アダモ・P・カルトラロ 出演者:スティーヴ・オースティン(テイト)、マイケル・J・ホワイト(ハント)、スティーヴ・ベーシック(ブランコ)、レクサ・ドイグ(ジャナード)、マイケル・エクランド(ケニー)ほか

「シャドー・チェイサー」のネタバレあらすじ結末

シャドー・チェイサーの紹介:2012年アメリカ映画。スペインを舞台に、株で大損をしたウォール街の青年実業家の家族が突如謎の失踪を遂げ、更には父の知られざる一面を見たことから国家の陰謀に巻き込まれていくサスペンス・アクションです。
監督:マブルク・エル・メシュリ 出演者:ヘンリー・カヴィル(ウィル・ショー)、シガニー・ウィーバー(ジーン・キャラック)、ブルース・ウィリス(マーティン・ショー)、ベロニカ・エチェーギ(ルシア・カルデラ)、キャロライン・グッドール(ローリー・ショー)ほか

「パリより愛をこめて」のネタバレあらすじ結末

パリより愛をこめての紹介:2010年アメリカ映画。リュック・ベッソン原案で、ピエール・モレル監督とのタッグによるスパイアクション作品です。フランス・パリを舞台に、CIAの凄腕エージェントと見習いがコンビを組んでテロ組織、そして裏切り者と対峙します。
監督:ピエール・モレル 出演者:ジョン・トラボルタ(チャーリー・ワックス)、ジョナサン・リース=マイヤーズ(ジェームズ・リース)、カシア・スムトゥニアク(キャロリン)、リチャード・ダーデン(ベニントン大使)、アンバー・ローズ・レヴァ(ニコール)ほか

「ボビーZ」のネタバレあらすじ結末

ボビーZの紹介:2007年アメリカ,ドイツ映画。ドン・ウィンズロウの小説『ボビーZの気怠く優雅な人生』を原作としたアクション映画です。無罪放免と引き換えに囮捜査に協力することになった元海兵隊員の服役囚が、伝説の麻薬ディーラーに成りすますことになり…。
監督:ジョン・ハーツフェルド 出演者:ポール・ウォーカー(ティム・カーニー)、ローレンス・フィッシュバーン(タッド・クルーズ)、ジェイソン・ルイス(ボビーZ)、オリヴィア・ワイルド(エリザベス)、キース・キャラダイン(ジョンソン)ほか

「Mr.&Mrs. スパイ」のネタバレあらすじ結末

Mr.&Mrs. スパイの紹介:2016年アメリカ映画。かの名作、「Mr.&Mrs.Smith」を彷彿とさせるバディ映画。コメディ要素も十分で、見終わった後清々しい気持ちになれる一本です。「ワンダーウーマン」を演じ話題となった、ガル・ガドットも出演。
監督:グレッグ・モットーラ 出演:ザック・ガリフィアナキス(ジェフ・ギャフニー)、アイラ・フィッシャー(カレン・ギャフニー)、ジョン・ハム(ティム・ジョーンズ)、ガル・ガドット(ナタリー・ジョーンズ)、パットン・オズワルト(スコーピオン)、マット・ウォルシュ(ダン・クラバーストン)

「カンフーハッスル」のネタバレあらすじ結末

カンフーハッスルの紹介:2004年中国,アメリカ映画。同監督による映画「少林サッカー」の関連映画として作られた作品。武道の達人達による頂上決戦から目が離せない。主人公の目覚めまでをテンポ良く描いたアクションコメディの名作。
監督:チャウ・シンチー 出演:チャウ・シンチー(シン)、ユン・ワー(楊過)、ユン・チウ(小龍女)、チャン・クォックワン(斧頭会組長)、ブルース・リャン(火雲邪神)、ほか

「ジョン・カーペンターの要塞警察」のネタバレあらすじ結末

ジョン・カーペンターの 要塞警察の紹介:1976年アメリカ映画。ストリートギャングを迎え撃つ警官と囚人の共闘を描いた籠城アクション作品。カーペンター監督が心酔するハワード・ホークス監督作品「リオ・ブラボー(1959年)」のオマージュである。治安最悪のアンダーソン地区を訪れたローソンは、ストリートギャングに幼い娘を殺害されてしまった。半狂乱で復讐を遂げた彼は逆にギャングから狙われる身となってしまい、慌てて警察署に逃げ込む。あっという間に大勢のギャングに囲まれる警察署。臨時で指揮を任されていたビショップ警部補は、少ない人員でなんとか窮地を脱しようとする。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:オースティン・ストーカー(イーサン・ビショップ警部補)、ダーウィン・ジョストン(ナポレオン・ウィルソン)、ローリー・ジマー(リー)、マーティン・ウェスト(ローソン)、トニー・バートン(ウェルズ)ほか

1 2 3 4 5 43
TOP↑