ドラゴンボールシリーズのあらすじ

ドラゴンボールシリーズのネタバレあらすじ一覧です。映画ドラゴンボールシリーズのストーリーをネタバレや評価・感想とともに結末まで解説します。

「ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦の紹介:1990年日本映画。地球を滅ぼす神精樹が、何者かによって植え付けられた。Z戦士たちは神精樹を破壊する為に、神精樹の元へ向かうが、そこに謎の異星人達が待ち受ける。そして悟空にそっくりなサイヤ人・ターレス達との死闘が幕を開ける。
監督:西尾大介 声優:野沢雅子(孫悟空・孫悟飯、ターレス)、鶴ひろみ(ブルマ)、田中真弓(クリリン)、古谷徹(ヤムチャ)、古川登志夫(ピッコロ)ほか

「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!! 熱戦・烈戦・超激戦」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!! 熱戦・烈戦・超激戦の紹介:1993年日本映画。伝説の超サイヤ人が南の銀河を破壊している。そんな事を界王から聞いた悟空は、伝説の超サイヤ人の調査へ向かう。そして、そこにはブロリーと名乗るサイヤ人がいた。悟空達とブロリーの激闘が始まる。
監督:山内重保 出演者:野沢雅子(孫悟空、孫悟飯)、堀川亮(ベジータ)、田中真弓(クリリン)、島田敏(ブロリー)、家弓家正(パラガス)

「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の紹介:1991年日本映画。地球にスラッグという名の異星人が現れ、地球の侵略を始める。その侵略を食い止めるために悟空達、Z戦士たちが反撃を試みるがスラッグの正体は何とスーパーナメック星人だった。
監督:橋本光夫 声優:野沢雅子(孫悟空、孫悟飯)、古川登志夫(ピッコロ)、田中真弓(クリリン)、鶴ひろみ(ブルマ)、屋根有作(スラッグ)ほか

「ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たちの紹介:1992年日本映画。かつて倒したはずのフリーザの兄、クウラが宇宙を漂うコンピュータチップと融合、巨大な要塞を操って新ナメック星を飲み込もうとしていた。再び戦いを挑む悟空、新ナメック星の運命は・・・
監督:西尾大介 原作:鳥山明 声優:野沢雅子(孫悟空)、田中真弓(クリリン)、古川登志夫(ピッコロ)、亀仙人(宮内幸平)、ベジータ(堀川亮)ほか

「ドラゴンボールZ 龍拳爆発 悟空がやらねば誰がやる」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる の紹介:1995年日本映画。オルゴールより蘇った謎の青年タピオン、しかし彼の体には恐ろしい幻魔人、ヒルデカーンが封印されていた。魔導士ホイの企みに気づかなかった孫悟空達はついにヒルデカーンを現代に蘇られてしまう。地球滅亡を食い止めることはできるのか。
声優:孫悟空・孫悟飯・孫悟天(野沢雅子)、トランクス(草尾毅)、ベジータ(堀川りょう)、ビーデル(皆口裕子)、タピオン(結城比呂)、魔導士ホイ(松田重治)、ほか

「ドラゴンボールZ 神と神」のネタバレあらすじ結末

劇場版ドラゴンボールZ 神と神の紹介:2013年日本映画。この世で最も強く、かつ最も恐ろしい神、破壊神ビルスが眠りから覚め、スーパーサイヤ人ゴッドを求めて地球を訪れる。孫悟空たちは地球滅亡を食い止めることはできるのか!
声の出演:孫悟空・孫悟飯・孫悟天(野沢雅子)、ベジータ(堀川りょう)、ピッコロ(古川登志夫)、界王神(三ツ矢雄二)、破壊神ビルス(山寺宏一)ほか

「ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強の紹介:1991年日本映画。フリーザの兄、クウラが一族の栄光に泥を塗った孫悟空をたおすべく地球に到来する。悟空はクウラを倒し、地球の滅亡を食い止めることができるのだろうか。
監督:橋本光夫 声優:孫悟空・孫悟飯(野沢雅子)、クリリン(田中真弓)、ピッコロ(古川登志夫)、クウラ(中尾隆聖)ほか

「ドラゴンボールZ 復活のF」のネタバレあらすじ結末

劇場版ドラゴンボールZ 復活のFの紹介:2015年日本映画。復活の「F」の映画のポイントはなんといっても悪役として名が高い帝王フリーザの復活です。フリーザの復活は過去に復活のフュージョン、ドラゴンボールGTなどで2回ほど復活をしていますが脇役にすぎず、すぐに葬られましたが、復活のFではしっかりとしたドラマがあります。原作者である鳥山明が脚本もつとめた完全新作。
監督:山室直儀 原作/脚本:鳥山明 声優:野沢雅子(孫悟空/孫悟飯)、中尾隆聖(フリーザ)、山寺宏一(ビルス)、森田成一(ウイス)、堀川りょう(ベジータ)ほか 

TOP↑