新海誠監督作品のあらすじ

新海誠監督作品のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。新海誠監督作品のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ほしのこえ」のネタバレあらすじ結末

ほしのこえの紹介:2002年日本映画。新海監督作品の原点。少年と少女の間に横たわる否応ない時間と空間を、思春期と言う一つの変わり目にある二人はどう乗り越えるのか。
監督:新海誠 声の出演:篠原美香(長峰美加子/オリジナル版)、新海誠(ノボル/オリジナル版)、武藤寿美(長峰美加子/声優版)、鈴木千尋(ノボル/声優版)、

「君の名は。」のネタバレあらすじ結末

君の名は。の紹介:2016年8月26日公開。映画「君の名は。」は新海誠が監督を務めるアニメ映画で前作「言の葉の庭」から3年ぶりの新作。大都会東京に憧れる田舎暮らしの宮水三葉と東京の街で父と二人で暮らす高校生の立花瀧。出会ったこともない2人がある日夢の中でお互いの身体が入れ替わっていることに気付く。戸惑いながらもお互いの生活を体験する2人、ある日を境にその不思議な入れ替わりは無くなってしまうが…。主題歌はRADWINPSの『前前前世』。 公開3ヶ月で興行収入200億円を突破、邦画としては歴代2位の興収になるほどの話題作。
監督:新海誠 声優:神木隆之介(立花瀧)、上白石萌音(宮水三葉)、長澤まさみ(奥寺ミキ)、市原悦子(一葉)、成田凌(勅使河原克彦)、悠木碧(名取早耶香)、島崎信長(藤井司)、石川界人(高木真太)、谷花音(宮水四葉)ほか

「秒速5センチメートル」のネタバレあらすじ結末

秒速5センチメートルの紹介:2007年日本映画。高い評価だった前作『雲のむこう、約束の場所』公開から2年ぶりの新海誠監督映画。誰もが経験する日々を切り取った切なくも美しいラブストーリー。貴樹は、明里が桜びらの落ちる速度について話していた夢をみた。山崎まさよしの名曲に乗せて送る三つの切ない物語。
監督:新海誠 声優:水橋研二(遠野貴樹)、近藤好美(篠原明里(第1話「桜花抄」))、花村怜美(澄田花苗(第2話「コスモナウト」))、尾上綾華(篠原明里(第3話「秒速5センチメートル」))ほか

「星を追う子ども」のネタバレあらすじ結末

星を追う子どもの紹介:2011年日本映画。死んだ人にひと目会いたい。淡い恋心を抱え少女と、亡き妻への執念を秘めた男が神の叡智が眠る地下世界で禁断の扉を開く。
監督:新海誠 声優:金元寿子(アスナ(渡瀬 明日菜))、入野自由(シュン/シン)、井上和彦(モリサキ(森崎 竜司))、島本須美(リサ)、日高里菜(マナ)、竹内順子(ミミ)、ほか

「雲のむこう、約束の場所」のネタバレあらすじ結末

雲のむこう、約束の場所の紹介:2004年日本映画。日本が南北に分断されているIFの世界。約束を交わしたまま離れ離れになってしまった少年たち。衝突の緊張が走る海峡を目前に、彼らの約束は果たされるのか?
監督:新海誠 声の出演:吉岡秀隆(ヒロキ(藤沢浩紀))、萩原聖人(タクヤ(白川拓也))、南里侑香(サユリ(沢渡佐由理))、石塚運昇(岡部)、井上和彦(富澤)、水野理紗(マキ(笠原真希)ほか

「言の葉の庭」のネタバレあらすじ結末

言の葉の庭の紹介:2013年日本映画。雨の日には庭園で靴を描いている孝雄と雨の日には庭園に行き時間を過ごす雪野。梅雨の間、偶然に会うようになった二人はお互いのことを知り、どんどん好きになる。『秒速5センチメートル』や『星を追う子ども』の新海誠が原作・監督・脚本を手掛けたアニメーション作品。現代の東京、男子高校生と、生きることに不器用な年上女性との淡い恋物語を描く。
監督:新海誠 声優:入野自由(秋月孝雄(タカオ))、花澤香菜(雪野由香里(ユキノ))、平野文(タカオの母)、前田剛(タカオの兄)、寺崎裕香(タカオの兄の彼女)、ほか

TOP↑