釣りバカ日誌シリーズのあらすじ

釣りバカ日誌シリーズのネタバレあらすじ一覧です。映画 釣りバカ日誌シリーズのストーリーをネタバレや評価・感想とともに結末まで解説します。

「釣りバカ日誌5」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌5の紹介:1992年日本映画。ハマちゃんの愛児 鯉太郎はもう少しで一歳。一人で動き回り目が離せません。そんな時ハマちゃんの母が上京。鯉太郎を母に預けて、みち子さんは同窓会に出かけます。ところが母がぎっくり腰になってしまい、ハマちゃんは鯉太郎をつれて会社に行くはめに。そこで、鯉太郎が行方不明になり、会社中が大騒ぎ。ハマちゃんは騒ぎの責任を取り、丹後半島のスッポン養殖場の係に転勤。ハマちゃんは、この丹後半島でみち子さんと鯉太郎と生活することを決断するが、寂しくなるスーさんはどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、中本賢(太田八郎)、戸川純(恵)、乙羽信子(浜崎たき)ほか

「釣りバカ日誌4」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌4の紹介:1991年日本映画。ハマちゃんの所属する営業三課長にスーさんの甥・宇佐美和彦が配属されてきた。なんと、彼は仕事よりも釣りと家庭を大事にするハマちゃんに憧れます。そんな和彦が釣り船のはっちゃんの妹 町子と恋仲になり、かけおちしてしまう。ハマちゃんが連れ戻しに和歌山に、その後をスーさんが追います。みち子さんも出産が近づいている、さてどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、谷啓(佐々木和男)、尾美としのり(宇佐美和彦)、佐野量子(太田町子)、ほか

「釣りバカ日誌3」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌3の紹介:1990年日本映画。スーさんは、子どもが出きないと元気りのないハマちゃんを誘って伊豆の上伊豆町星ヶ浦に釣りにやってきた。そこで、先導さんから同船を求められて乗り込んだ女性が雪子でした。彼女の釣りの腕に関心したことから仲良くなる。なんと雪子、はスーさんの昔の恋人の娘だった。雪子はスーさんが本当の父親ではないかと思っています。ハマちゃんとみち子さんも、疑ってスーさんに攻め寄ります。真相はどうなのか、浜崎家に、あかちゃんは誕生するのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(みち子)、谷啓(佐々木課長)、五月みどり(雪子)、戸川純(恵)、ほか

「釣りバカ日誌2」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌2の紹介:1989年日本映画。スーさんが失踪した。奥さんから頼まれてハマちゃんは愛知県渥美半島に探しに行きます。浜辺で心臓発作を起こしたスーさんは、旅行中の女性に助けられます。二人がホテルの一室でいるところをハマちゃんに見られてしまう。とっさにスーさんは、彼女を自分の娘だと嘘をつきます。このう嘘が会社を巻き込む騒動になります。ハマちゃんとスーさんの友情はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、原田美枝子(間宮弥生)、谷啓(佐々木課長)、ほか

「釣りバカ日誌」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌の紹介:1988年日本映画。釣りバカ日誌シリーズ1作目。鈴木建設の高松始点から東京本社に転勤して来た浜崎伝助ことハマちゃんは、仕事や出世にまるで興味がない万年平社員。愛妻美智子さんと釣りをなによりも大事にしています。転勤初日から遅刻するありさまです。ひょんなことから、寂しそうな初老の男性と知り合い、釣りの師弟関係を結びますが、その老人はハマちゃんの勤める鈴木建設の社長・鈴木一之助・スーさんだった。そんなことはつい知らず、ハマちゃんとスーさんはとの友情が深まります。しかし、会社で二人が出会い、お互いのことを知ります。さて二人の友情はどうなるのでしょうか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之肋)、石田えり(浜崎みち子)、山瀬まみ(久美子)、谷啓(佐々木和男)、ほか

TOP↑