ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「私は二歳」のネタバレあらすじ結末

私は二歳の紹介:1962年日本映画。赤ん坊の視点で家族の繋がりを描くファミリードラマ。小川家に待望の赤ん坊が生まれた。太郎と名付けた子どもを家族はとても可愛がるが、太郎の心中はとても冷静だった。そうとは知らない家族は太郎の夜泣きや病気に神経をすり減らし、悪戦苦闘の毎日を過ごす。乳幼児の視点で日常を切り取ったユーモラスな作品。
監督:市川崑 出演者:鈴木博雄(ぼく(小川太郎))、船越英二(お父さん(小川五郎))、山本富士子(お母さん(小川千代))、浦辺粂子(おばあさん(小川いの))、中村メイコ(ぼく)ほか

「赤線地帯」のネタバレあらすじ結末

赤線地帯の紹介:1956年日本映画。売春禁止法案が審議されている頃、吉原の「夢の里」では女たちがそれぞれの事情を抱えながら生きているのでした。売春禁止法案の行く末は、そして女たちはどのような道を辿るのでしょうか。
監督:溝口健二 出演者:ミッキー(京マチ子)、やすみ(若尾文子)、ハナヱ(木暮美千代)、ゆめ子(三益愛子)、より江(町田博子)ほか

「蝶の舌」のネタバレあらすじ結末

蝶の舌の紹介:1999年スペイン映画。学校へ上がったモンチョ。好奇心の強い彼をグレゴリオ先生はいくらでも教えた、しかし時代はスペインの動乱期へと突入していく。病弱な少年が優しい先生との交流を通して成長する姿と、スペイン内戦という荒波にもまれて迎える2人の悲劇を描く感動ドラマ。
監督:ホセ・ルイス・クエルダ 出演: フェルナンド・フェルナン・ゴメス、マヌエル・ロサノ、ウシア・ブランコ、アレクシス・デ・ロス・サントス、ゴンサロ・ウリアルテ、タマル・ノバス、ほか

「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」のネタバレあらすじ結末

ベン・スティラー 人生は最悪だ!の紹介:2010年アメリカ映画。『メリーに首ったけ』『ミート・ザ・ペアレンツ』『ナイト ミュージアム』のベン・スティラーと、鬼才ノア・バームバック監督がタッグを組んだコメディ映画です。精神を患っことのある孤独な40歳の男が、家事手伝いの若い女性との出会いをきっかけに再生していく姿が描かれます。
監督:ノア・バームバック 出演者:ベン・スティラー(ロジャー・グリーンバーグ)、グレタ・ガーウィグ(フローレンス・マー)、リス・エヴァンス(イヴァン・シュランク)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ベス)、ブリー・ラーソン(サラ)ほか

「夏をゆく人々」のネタバレあらすじ結末

夏をゆく人々の紹介:2014年イタリア,スイス,ドイツ映画。イタリアの小さな村で養蜂業を営む一家が、テレビ番組の取材や少年更生プログラムの一環として少年を居候させたことから生じる変化を、一家の長女の視点から描いたヒューマンドラマです。カンヌ国際映画祭ではグランプリを受賞しています。
監督:アリーチェ・ロルヴァケル 出演者:マリア・アレクサンドラ・ルング(ジェルソミーナ)、サム・ルーウィック(ヴォルフガング)、アリーチェ・ロルヴァケル(アンジェリカ)、ザビーネ・ティモテオ(ココ)、アンドレ・M・ヘンニック(アドリアン)、マルガレーテ・ティーゼル(イルデ)、モニカ・ベルッチ(ミリー・カテナ)ほか

「路上のソリスト」のネタバレあらすじ結末

路上のソリストの紹介:2009年アメリカ映画。『ロサンゼルス・タイムズ』紙の記者スティーヴ・ロペスがホームレスの路上ミュウジシャン、ナサニエル・エアーズとの交流を記した連載コラムを映画化したヒューマンドラマです。ナサニエルの才能に惚れ込んだスティーヴは彼をホームレスから脱出させようとするのですが…。
監督:ジョー・ライト 出演者:ジェイミー・フォックス(ナサニエル・エアーズ)、ロバート・ダウニー・Jr(スティーヴ・ロペス)、キャサリン・キーナー(メアリー・ウェストン)、トム・ホランダー(グラハム・クレイドン)、リサ・ゲイ・ハミルトン(ジェニファー・エアーズ・ムーア)ほか

「遙かなる山の呼び声」のネタバレあらすじ結末

遙かなる山の呼び声の紹介:1980年日本映画。山田洋次監督が贈る、『家族』(1970年)、『故郷』(1972年)に続く“民子三部作”の第3作です。北海道の東にある中標津町を舞台に、訳ありの男と酪農を営む母子家庭との心の交流を描いています。
監督:山田洋次 出演者:高倉健(田島耕作)、倍賞千恵子(風見民子)、武田鉄矢(勝男)、吉岡秀隆(風見武志)、ハナ肇(虻田太郎)、渥美清(近藤)ほか

「ユダ」のネタバレあらすじ結末

ユダの紹介:2012年日本映画。高校生だった絵里香は彼氏の浮気現場に遭遇し妊娠の事で口論になり頭に怪我をした。バイト先に来ていたキャバクラの新海に怪我が治ったら連絡してと誘われた。必要なお金が貯まるまでと店で初めて働いた。中絶後、人を信用する事を辞めた絵里香は嘘を並べ精一杯接客しナンバー1に上り詰めた。自信を持った絵里香は歌舞伎町の高級店を紹介してもらいナンバー1を目指すのであった。
監督:大富いずみ 出演:水崎綾女(絵里香(瞳/胡桃))、青柳翔(大野)、水橋研二(ベートーベン)、NorA(美々)、鈴木亮平(白鳥)、青山倫子(エルセーヌ・胡桃)、板尾創路(冴木)、ほか

「未来を花束にして」のネタバレあらすじ結末

未来を花束にしての紹介:2015年イギリス映画。1912年ロンドン。モード・ワッツは過酷な労働環境の洗濯工場で働きつつ、夫サニーと幼い息子ジョージの3人で慎ましく幸せな暮らしをしていた。ところがある日、女性参政権を訴える活動家の友人に代わり公聴会で話したことをきっかけに「今と違う人生があるのでは?」と疑問を持つようになる。モードはWSPU(女性社会政治同盟)のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説や友人などから感化され、次第にデモに参加するようになる。現代から想像も付かない時代に、女性の人権を勝ち取る戦いをしてきた女性たち。エメリン・パンクハーストや、エメリー・ワイルディング・ディヴィソンなど実在した人々の物語と隠された史実の物語。
監督:サラ・ガヴロン 出演:キャリー・マリガン(モード・ワッツ)、ヘレナ・ボナム=カーター(イーディス・エリン)、ベン・ウィショー(モードの夫 / サニー・ワッツ)、ブレンダン・グリーソン(アーサー・スティード警部)、アンナ=マリー・ダフ(ヴァイオレット・ミラー)、メリル・ストリープ(エメリン・パンクハースト)、ナタリー・プレス(エメリー・ワイルディング・ディヴィソン)ほか

「狂乱のアメリカ」のネタバレあらすじ結末

狂乱のアメリカの紹介:1932年アメリカ映画。大恐慌のさなか、ディクソン頭取の経営方針は他の役員の批判を浴びる。そこに銀行強盗とディクソンの結婚生活の危機が。フランク・キャプラ監督の『スミス都へ行く』、『素晴らしき哉、人生!』等の作品に通じる、理想を高く掲げる主人公をウォルター・ヒューストンが演じる。
監督:フランク・キャプラ 出演者:ウォルター・ヒューストン(トム・ディクソン)、パット・オブライエン(マット・ブラウン)、コンスタンス・カミングス(ヘレン)、ケイ・ジョンソン(フィリス・ディクソン)、ほか

「大いなる遺産 (1998年)」のネタバレあらすじ結末

大いなる遺産の紹介:1998年アメリカ映画。イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの同名長編小説の映画化作品で、数度映画化された作品の1998年版です。舞台を1998年当時のアメリカに置き換え、画家を志す青年と幼馴染との恋、脱獄囚との心の交流などを描いています。
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:イーサン・ホーク(フィネガン・“フィン”・ベル)、グウィネス・パルトロー(エステラ・ディンズモア)、アン・バンクロフト(ノーラ・ディンズモア)、クリス・クーパー(ジョー・コールマン)、ロバート・デ・ニーロ(アーサー・ラスティグ)ほか

「クロッカーズ」のネタバレあらすじ結末

クロッカーズの紹介:1995年アメリカ映画。スパイク・リーとマーティン・スコセッシが製作した黒人たちの住む地域の問題を題材にしたテーマ。肌の色の違いで収入の方法がこうも変わるのか、銃をもたない世界にはなれないのか、と思うと切なく考えさせられる作品です。
監督:スパイク・リー  出演者:ハーヴェイ・カイテル(ロッコ刑事)、ジョン・タトゥーロ(ラリー刑事)、デルロイ・リンドー(ロドニー)、メキ・ファイファー(ストライク)、イザイア・ワシントン(ヴィクター)

「エル・トポ」のネタバレあらすじ結末

エル・トポの紹介:1969年メキシコ映画。奇才アレハンドロ・ホドロフスキーによる伝説のカルト・ムービー。西部劇の体裁を取りながら、キリストの死と再生を連想させる衝撃的な内容が話題を呼びました。
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 出演:アレハンドロ・ホドロフスキー(エル・トポ)、ブロンティス・ホドロフスキー(幼少時のブロンティス)、マーラ・ロレンツィオ(マーラ)、ポーラ・ロモ(女ガンマン)、ロバート・ジョン(成人したブロンティス)ほか

「オン・ザ・ドール」のネタバレあらすじ結末

オン・ザ・ドールの紹介:2007年アメリカ映画。性的虐待の被害者という共通点を持った若者たちは過去のトラウマと闘いながら歪んだ生き方しか選択肢はなかった。自主制作映画であまりの内容の過激さに日本では劇場未公開。監督・音楽・原作はトーマス・ミグノン一人が手掛けた独特のダーク作品。
監督:トーマス・ミグノン 出演者:ジョシュ・ジャノヴィッツ(ジャロン)、(ブリタニ―・スノウ(バレリー)、キャンディス・アッコラ(メロディ)、アンジェラ・サラフィアン(タラ)、ポール・ベン・ヴィクター(ジミー)、クロエ・ドモント(コートリー)、マルクス・ギアマッティ(ルー)、ほか

「命をつなぐバイオリン」のネタバレあらすじ結末

命をつなぐバイオリンの紹介:2011年ドイツ映画。音楽の才能を持ったユダヤ人の少年少女二人がそれを頼りに、強制収容所から逃れようと奮闘し、しかしその二人と仲の良かったドイツ人の少女を描いた音楽に命をかけた迫真の映画です。
監督:マルクス・O・ローゼンミュラー 出演:エリン・コレフ(アブラーシャ)、イーモゲン・ブレル(ラリッサ)、マティルダ・アダミック(ハンナ)、カイ・ヴィージンガー(マックス・ライヒ)、カテリーナ・フレミング(ヘルガ・ライヒ)、グドルン・ランドグレーベ(イリーナ)、ほか

1 2 3 4 5 84
TOP↑