映画のあらすじ

「バチカンで逢いましょう」のネタバレあらすじ結末

バチカンで逢いましょうの紹介:2012年ドイツ映画。ローマ法王に謁見するために、単身でローマを訪れた老女が、ローマで出会った人々との交流をきっかけに、家族との絆を深め、人生について見つめ直していく姿を描いた心温まる作品です。
監督:トミー・ヴィガント 出演者:マリアンネ・ゼーゲブレヒト(マルガレーテ)、ジャンカルロ・ジャンニー二(ロレンツォ)、アネット・フリヤー(マリー)、ミリナム・シュタイン(マルティナ)
ほか

「ジョー・ブラックをよろしく」のネタバレあらすじ結末

ジョー・ブラックをよろしくの紹介:1998年アメリカ映画。1934年の映画『明日なき抱擁』のリメイク版です。人間界に興味を抱いた死神は、人間の青年の姿を借りて現れます。ジョー・ブラックと名乗ることになった死神は、人間の女性と恋に落ちます。第19回ゴールデンラズベリー賞最低リメイク及び続編賞にノミネートされています。
監督:マーティン・ブレスト 出演者:ブラッド・ピット(ジョー・ブラック/コーヒーショップの青年)、アンソニー・ホプキンス(ウィリアム“ビル”・パリッシュ)、クレア・フォーラニ(スーザン・パリッシュ)、ジェイク・ウェバー(ドリュー)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(アリソン・パリッシュ)ほか

「クリフハンガー」のネタバレあらすじ結末

クリフハンガーの紹介:1993年アメリカ,フランス,イタリア映画。親友の恋人を救えなっかたことに苛まれる元山岳救助隊員である シルヴェスター・スタローン(ゲイブ・ウォーカー)が、国際犯罪者の策略に飲み込まれ、広大なロッキー山脈を舞台に死闘を繰り広げるアクション映画。
監督:レニー・ハーリン 出演者:シルヴェスター・スタローン(ゲイブ・ウォーカー)、ジョン・リスゴー(エリック・クウェイラン)、マイケル・ルーカー(ハル・タッカー)、ジャニーン・ターナー(ジェシー・ディーガン)ほか

「HATCHET/ハチェット」のネタバレあらすじ結末

HATCHET/ハチェットの紹介:2006年アメリカ映画。失恋の傷を癒やそうとマーカスたちと旅行に来ていたベンはどうも気持ちが乗らず、怪奇沼ツアーに参加することに。しかし沼には恐ろしい怪物が潜んでいた。
監督:アダム・グリーン 出演:ベン(ジョエル・デヴィッド・ムーア)、メアリーベス (タマラ・フェルドマン)、マーカス (デオン・リッチモンド)、ミスティ (メルセデス・マクナブ)、シャノン (パトリカ・ダーボ)ほか

「モーテル2」のネタバレあらすじ結末

モーテル2の紹介:2009年アメリカ映画。モーテルでの盗撮映像を売り、金を稼いでいたゴードンたちは売れ行きの低下に頭を抱えていた。そんなとき初老の男がモーテルに泊まる。映像を見ると男は手にナイフを握りしめていた。
監督:ニムロッド・アーントル 出演:ジェシカ(アグネス・ブルックナー)、ゴードン(デビッド・モスコー)、スミス(スコット・G・アンダーソン)、タナー(アージェイ・スミス)、ケイレヴ(トレヴァー・ライト)ほか

「君が踊る、夏」のネタバレあらすじ結末

君が踊る、夏の紹介:2010年日本映画。よさこい踊りを踊りたいという難病の少女のために、情熱を賭けてよさこいを踊る若者たちの姿を描いた感動作。劇中で描かれる、若者たちの迫力あふれるよさこい踊りも見どころの一つとなっています。
監督:香月秀之 出演:溝端淳平(寺本新平)、木南晴夏(野上香織)、五十嵐隼士(大滝司)、大森絢音(野上さくら)、DAIGO(石黒智也)、藤原竜也(高木四郎)、ほか

「バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム)」のネタバレあらすじ結末

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム)の紹介:2003年日本映画。中学3年生の生徒たちが、最後の1人になるまで同級生達と殺し合いを繰り広げるという恐怖のサバイバル・ゲームを描いたバトルロワイヤルの続編。バトルロワイヤルで生き残った主人公が、主人公を殺すよう戦場へと送られてきた学生達と手を組み、政府軍と戦闘を繰り広げる様子を描いたアクション作品です。
監督:深作欣二、深作健太 出演:藤原竜也(秋也)、前田愛(シオリ)、忍成修吾(拓馬)、前田亜季(典子)、酒井彩名、ビートたけし、加藤夏希、竹内力、三田佳子、津川雅彦ほか

「KILLERS/キラーズ」のネタバレあらすじ結末

KILLERS/キラーズの紹介:2013年日本,インドネシア映画。殺人鬼の野村は、女を殺害しその様子をネットに投稿する。その映像に見とれるインドネシア人のバユ。二人はひょんなことから繋がり、お互いに共感を抱いていく。
監督 :ティモ・ジャイアント、キモ・スタンボエル 出演:北村一輝(野村)、オカ・アンタラ(バユ)、高梨臨(久恵)、ルナ・マヤ(ディナ)、黒川芽以(みどり)、ほか

「ツールボックス・マーダー」のネタバレあらすじ結末

ツールボックス・マーダーの紹介:2003年アメリカ映画。ラスマン・アパートに引っ越しをしたネルとスティーブン。引っ越してから住人が次々と失踪し、その魔の手はネルにも近づいていた。
監督:トビー・フーバー 出演:ネル(アンジェラ・ベティス)、ジュリア(ジュリエット・ランド)、スティーブン(ブレント・ローム)、ネッド(アダム・ギーラッシュ)、チャズ(ランス・ハワーズ)ほか

「スクリーム・ハウス」のネタバレあらすじ結末

スクリーム・ハウスの紹介:2008年アメリカ映画。サマンサたちはオープン前の「恐怖の館」というアミューズメント施設に足を踏み入れる。施設内を探索し、楽しんでいたのだが、本当の「恐怖」が彼女たちを襲うのであった。
監督:ライアン・リトル 出演:サマンサ(コリー・イングリッシュ)、ヘイリー(サンドラ・マッコイ)、カーター(コーリー・セヴィエール)、デヴォン(マイケル・J・ペイガン)、キャンディス(アリス・グレチン)、ゼイン(エリオット・ベンジャミン)ほか

「ホーリー・モーターズ」のネタバレあらすじ結末

ホーリー・モーターズの紹介:2012年フランス,ドイツ映画。アポイントにそって『誰か』を演じるオスカー。物乞い、少女の父、病床の老人、ect。彼を乗せたリムジンはどこへ向かうのか。
監督 :レオス・カラックス 出演:ドニ・ラヴァン(オスカー)、エディット・スコブ(セリーヌ)、エヴァ・メンデス(ケイ・M)、カイリー・ミノーグ(ジーン/エヴァ)、エリーズ・ロモー(レア/エリーズ)、ミシェル・ピッコリ(あざのある男)、ほか

「アパートの鍵貸します」のネタバレあらすじ結末

アパートの鍵貸しますの紹介:1960年アメリカ映画。60年代のニューヨークを舞台。出世意欲の強いサラリーマンのバドは、自分のアパートの一室を上司に貸し出すにより、勤務評価を上げて貰っている。ある日、恋心を抱いていた会社の女性が、上司の浮気相手だと知り、大慌て。自分の部屋で上司と好きな子が一線を越えるのを止めるのか止めないのかで葛藤する物語。ビリー・ワイルダーの傑作コメディ映画。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:ジャック・レモン(C・C・バクスター(バド))、 シャーリー・マクレーン(フラン・キューブリック)、フレッド・マクマレイ(ジェフ・D・シェルドレイク)ほか

「裏窓」のネタバレあらすじ結末

裏窓の紹介:1954年アメリカ映画。事故で足を負傷し自宅から出られないカメラマンが、裏窓の向こうで起きた殺人事件を追うサスペンス。視点と舞台をカメラマンとその部屋に限定し、緻密に練り上げられたヒッチコック映画の名作。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ジェームズ・スチュワート(L・B・ジェフリーズ)、グレース・ケリー(リザ・キャロル・フリーモント)、レイモンド・バー(ラーズ・ソーワルド)、セルマ・リッター(ステラ)、ウェンデル・コーリイ(トーマス・ドイル)ほか

「おしゃれ泥棒」のネタバレあらすじ結末

おしゃれ泥棒の紹介:1966年アメリカ映画。ある夜、屋敷に忍び込んだ泥棒シモン・デルモットと知り合った富豪の娘ニコル・ボネ。彼女は彼に、美術館に貸し出しているボネ家所有のヴィーナス像を盗んで欲しいと頼み込む。2人は無事ヴィーナス像を盗み出すことが出来るのか。オードリー・ヘプバーンの可憐さが光るロマンティック・コメディ。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演者:オードリー・ヘプバーン(ニコル・ボネ)、ピーター・オトゥール(シモン・デルモット)、イーライ・ウォラック(デイヴィス・リーランド)、ヒュー・グリフィス(シャルル・ボネ)ほか

「体脂肪計タニタの社員食堂」のネタバレあらすじ結末

体脂肪計タニタの社員食堂の紹介:2013年日本映画。レシピ本として大ヒットした「体脂肪計タニタの社員食堂」を元として制作した日本のコメディ映画です。ダイエットをスポコンドラマ風に描いて、何度も挫折しそうになりながらも、目標を達成するために必死に頑張る人達の人間模様を描いています。序盤は笑いを織り交ぜてストーリーが進んで行きますが、いつしかダイエットに挑む登場人物たちを応援したくなります。ただ展開はスローペースで、スピーディーな展開を望む人には不向きな映画とも言え、好みの分かれる作品です。
監督:李闘士男 出演:優香(春野菜々子)、浜野謙太(谷田幸之助)、草刈正雄(谷田卯之助)、宮崎叶夢(丸山謙吾)、小林きなこ(福原紀美子)、草野イニ(太田仁)、吉田羊(丸山の元妻)、壇蜜(看護師)ほか

1 163 164 165 166 167 168 169 170 171 285
TOP↑