映画のあらすじ

「死と処女」のネタバレあらすじ結末

死と処女(おとめ)の紹介:1995年アメリカ映画。アリエル・ドーフマンの同名戯曲に基づくサスペンス・ドラマ。原作の戯曲ではハッキリしなかった容疑者の正体をこの映画化では明確にしている。「死と乙女」のタイトルは映画の中で流れるシューベルトの曲名の引用。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:シガーニー・ウィーヴァー(ポーリナ)、ベン・キングズレー(ミランダ)、スチュアート・ウィルソン、ほか

「最後の人」のネタバレあらすじ結末

最後の人の紹介:1924年ドイツ映画。巨匠ムルナウ監督の代表作のひとつ。「メトロポリス」などで知られるカール・フロイントの撮影が見事な効果を上げ、ドイツの無声映画の傑作として映画史に残る作品となっている。主演はこの時期のドイツ映画を代表する名優エミール・ヤニングス。
監督:F・W・ムルナウ 出演:エミール・ヤニングス(ドアマン)、マリー・デルシャフト(娘)、マックス・ヒラー、エミリー・クルツ、ほか

「ベスト・キッド4」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド4の紹介:1994年アメリカ映画。この作品は『ベスト・キッド』シリーズの第4作目でシリーズ最後の作品です。主人公は、心を閉ざした女子高生ジュリー・ピアースを日系人空手家ミヤギが空手を通して、彼女の心を開いていく青春アクション映画です。監督は『ヤングガン』(1988年)を手がけたクリストファー・ケイン、音楽は第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたビル・コンティです。
監督:クリストファー・ケイン 出演:ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、ヒラリー・スワンク(ジュリー・ピアース)、クリス・コンラッド(エリック)、マイケル・アイアンサイド(ドゥーガン)、マイケル・カヴァリエリ(ネッド)、ほか

「ベスト・キッド3 最後の挑戦」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド3 最後の挑戦の紹介:1989年アメリカ映画。この作品は、少年ダニエル・ラルーソーが日系人空手家ミヤギから学んだ空手を通して成長していく『ベスト・キッド』シリーズの第3作目で、主人公ダニエルはこの作品で最後となります。監督と音楽は、第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたジョン・G・アヴィルドセンとビル・コンティのコンビです。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演:ラルフ・マッチオ(ダニエル・ラルーソー)、ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、ロビン・ライヴリー(ジェシカ)、トーマス・イアン・グリフィス(テリー・シルヴァー)、ほか

「ベスト・キッド2」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド2の紹介:1986年アメリカ映画。この作品は、少年ダニエル・ラルーソーが日系人空手家ミヤギから学んだ空手を通して成長していく『ベスト・キッド』シリーズの第2作目です。監督と音楽は、第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたジョン・G・アヴィルドセンとビル・コンティのコンビです。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演:ラルフ・マッチオ(ダニエル・ラルーソー)、ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、タムリン・トミタ(クミコ)、ユージ・オクモト(チョーゼン)、ほか

「009 RE:CYBORG」のネタバレあらすじ結末

009 RE:CYBORGの紹介:2012年日本映画。石ノ森章太郎原作『サイボーグ009』をリスタートする、というコンセプトの元再構築された作品。登場人物は引き継がれているが、時代設定を現代に移し、世界各地に分散していたメンバーが地球の危機に再び終結する過程を描いている。
監督:神山健治 声の出演:宮野真守(サイボーグ009:島村ジョー)、小野大輔(サイボーグ002:ジェット・リンク役)、斎藤千和(サイボーグ003:フランソワーズ・アルヌール)、大川透(サイボーグ004:アルベルト・ハインリヒ)、吉野裕行(サイボーグ007:グレート・ブリテン)、杉山紀彰(サイボーグ008:ピュンマ)、増岡太郎(サイボーグ006:張々湖)、丹沢晃之(サイボーグ005:ジェロニモ・ジュニア)、玉川砂記子(サイボーグ001:イワン・ウイスキー)、ほか

「理想の彼氏」のネタバレあらすじ結末

理想の彼氏の紹介:2009年アメリカ映画。郊外の広い家で理想の結婚生活を送っていた主人公の女性が、突然離婚しバツイチに。2人の子供を抱えてニューヨークで新たな生活に孤軍奮闘する物語。そして、ニューヨークで出会った年下の男性と接して行くうちに、本当の愛とは?本当の理想の相手とは?少しずつ何かが見えてる主人公。彼女が成長し、のちに成功を手にした先にあるものは・・・真実の愛だった。
監督:バート・フレインドリッチ 出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(サンディ)、ジャスティン・バーサ(アラム)、リン・ウィットフィールド(ローラ)、ケリー・グールド(セイディ)、ほか

「波止場」のネタバレあらすじ結末

波止場の紹介:1954年アメリカ映画。ギャングに牛耳られるニュヨークの湾岸労働者の実態をドキュメンタリータッチで描いた名作。エリア・カザン監督が赤狩りの際の自らの証言行為を正当化しようとした作品とも言われる。アカデミー賞では作品、監督はじめ8部門で受賞。
監督:エリア・カザン 出演:マーロン・ブランド(テリー)、エヴァ・マリー・セイント(イディ)、リー・J・コッブ(ジョニー)、ロッド・スタイガー(チャーリー)、ほか

「野いちご」のネタバレあらすじ結末

野いちごの紹介:1957年スウェーデン映画。ベルイマン監督の代表作のひとつで、映画史上のオールタイム・ベストに選ばれる古典。幻想と現実が重なって描かれる手法は後の監督に大きな影響を及ぼした。特にウディ・アレンは非公式に「私の中のもうひとりの私」としてリメイクした。
監督:イングマール・ベルイマン 出演:ヴィクトル・シェストレム(イサク教授)、イングリッド・チューリン(マリアンヌ)、グンナール・ビョルンストランド、ビビ・アンデショーン、ほか

「スパルタカス」のネタバレあらすじ結末

スパルタカスの紹介:1960年アメリカ映画。主演のカーク・ダグラスが自らプロデュース、「突撃」でコンビを組んだキューブリックを監督に起用したスペクタクル史劇の名作。キューブリック監督としては、そのキャリアで唯一の自らの企画ではない作品となった。
監督:スタンリー・キューブリック 出演:カーク・ダグラス(スパルタカス)、ローレンス・オリヴィエ(マーカス・リシニアス・クラサス)、チャールズ・ロートン(グラッカス)、ジーン・シモンズ(バリニア)、ほか

「暗黒街の顔役」のネタバレあらすじ結末

暗黒街の顔役の紹介:1932年アメリカ映画。伝説的な大富豪ハワード・ヒューズが製作、ハワード・ホークスが監督したギャング映画の古典。主人公のモデルはシカゴのマフィア界を牛耳っていたアル・カボネ。原題の Scarface はカポネの実際のあだ名である。
監督:ハワード・ホークス 出演:ポール・ムニ(トニー・カモンテ)、ジョージ・ラフト(リナルド)、アン・ドヴォラック、ボリス・カーロフ、カレン・モーリイ、ほか

「禁断のケミストリー」のネタバレあらすじ結末

禁断のケミストリーの紹介:2014年アメリカ・イギリス映画。義父の薬局を継いで薬剤師として働いているダグが、不倫相手の女性エリザベスと共謀してエリザベスの夫を殺害しようとしますが・・。真面目で冴えないダグがエリザベスと出会ったことから殻を破っていくコメディ・ドラマ。
監督:ジェフ・ムーア 出演者:サム・ロックウェル(ダグ・バーニー)、ミシェル・モナハン(カラ)、オリヴィア・ワイルド(エリザベス)、レイ・リオッタ(ジャック)ほか

「ニューヨーク 冬物語」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク 冬物語の紹介:2014年アメリカ映画。100年の時を超えて、1人の男が繰り広げる愛と奇跡の物語を描くファンタジー。「ビューティフル・マインド」でオスカーを受賞した脚本家の監督デビュー作。
監督:アキヴァ・ゴールズマン 出演:コリン・ファレル(ピーター・レイク)、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(ベバリー・ペン)、ジェニファー・コネリー(バージニア)、ウィリアム・ハート(アイザック・ペン)、エヴァ・マリー・セイント(ウィラ)、ラッセル・クロウ(パーリー・ソームズ)、ほか

「トレヴィの泉で二度目の恋を」のネタバレあらすじ結末

トレヴィの泉で二度目の恋をの紹介:2014年アメリカ映画。アパートで隣同士となったシルバーエイジの男女。性格は正反対ながらも互いに惹かれあい、愛をはぐくんでいく姿をベテラン、オスカー俳優2人が演じたハートフルコメディ。
監督:マイケル・ラドフォード 出演:シャーリー・マクレーン(エルサ)、クリストファー・プラマー(フレッド)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(リディア)、ウェンデル・ピアース(アルマンデ)、ほか

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」のネタバレあらすじ結末

ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~の紹介:2014年アメリカ,イギリス映画。「ファンクの帝王」「ミスター・ダイナマイト」と呼ばれ、ソウルミュージック界のみならず、ローリングストーンズやマイケル・ジャクソンなど、多くのミュージシャンに尊敬される伝説のシンガー、ジェームス・ブラウン。その彼の生い立ちや、シンガーとなり成功した後、挫折し立ち上がっていくようすを描いた映画。
監督:テイト・テイラー 出演:チャドウィック・ボーズマン(ジェームス・ブラウン)、ネルサン・エリス(ボビー・バード)、ダン・エイクロイド(ベン・バート)、ヴィオラ・デイヴィス(スージー・ブラウン)、オクタヴィア・スペンサー(ハニーおばんさん)、ほか

1 163 164 165 166 167 168 169 170 171 319
TOP↑