映画のあらすじ

「銀魂 新訳紅桜篇」のネタバレあらすじ結末

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇の紹介:2010年日本映画。劇場版 銀魂 新訳紅桜篇の紹介:2010年日本映画。週刊少年ジャンプに連載中の空知英秋の少年漫画『銀魂』のテレビアニメシリーズで放映された『紅桜篇』をリニューアルした初の劇場版アニメ映画です。2013年には『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が公開、2017年7月には実写版『銀魂 紅桜篇』が公開されています。
監督:高松信司 声優:杉田智和(坂田銀時)、坂口大助(志村新八)、釘宮理恵(神楽)、石田彰(桂小太郎)、子安武人(高杉晋助)ほか

「クライモリ-禁猟区-」のネタバレあらすじ結末

クライモリ-禁猟区-の紹介:2009年イギリス映画。伝説の獣の『ボドミンムーアの獣』を撮影するために森に向かったソフィら5人が、森の中で見つけた廃屋の教会で野獣と化した弟をもつ兄に監禁され・・・という話です。『クライモリ』の邦題が付いていますがシリーズとは無関係のサバイバルホラーです。
監督:シメオン・ハリガン 出演者:ホリー・ウェストン(ソフィ)、スティーヴン・マーティン・ウォルターズ(キャビン/ヴィンセント)、サッシャ・ダーワン(サム)、セイディー・ピッカリング(ジェイン) ほか

「パラノイドパーク」のネタバレあらすじ結末

パラノイドパークの紹介:2007年フランス,アメリカ映画。コロンバイン高校銃乱射事件をテーマにした「エレファント」(2003)で、十代の心の闇を描いたカス・ヴァン・サント監督。今作では、恐ろしい秘密をひた隠す少年の鬱屈した内面をスタイリッシュかつ繊細な映像で表現している。両親の別居で冷え切った家庭から逃れるように、16才のアレックスは“パラノイドパーク”と呼ばれるスケボー仲間のたまり場に居場所を見出す。ところがそこで思わぬ殺人を犯してしまい…。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演者:ゲイブ・ネヴァンス(アレックス)、ジェイク・ミラー(ジャレッド)、テイラー・モンセン(ジェニファー)、ローレン・マッキン二―(メイシー)、ダニエル・リュー(ルー刑事)、ジェイ・ウィリアムソン(アレックスの父)、ディロン・ハインズ(ヘンリー)ほか

「ファイナル・デス・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

ファイナル・デス・ゲームの紹介:2009年アメリカ,スペイン映画。スペインのビーチリゾートでバカンスを楽しむジェイソンとトマスらの大学生が、高騰品を扱う店で『マンバ』というゲームを店主にもらい、ゲームを始めてしまったため取り返しのつかない事態に発展してしまうというスペインのホラー映画です。
監督:アルバロ・デ・アルミニャン 出演者:マイク・ヴォーゲル(ジェイソン)、エリザ・ドゥシュク(エリカ)、イーサン・レインズ(トマス)、ナイケ・リベリ(エレーナ)、リンゼイ・カーライン・ロバ(リサ)、ゲイリー・ピケール(イザール)、アレックス・オドヘリティ(マレク)、ボリス・マルティネス(パブロ)、アンデラ・パルド(ミゲル)ほか

「ホテルゾンビ」のネタバレあらすじ結末

ホテルゾンビの紹介:2004年アメリカ映画。友人の結婚式に行く途中道に迷った若者たちが泊まった田舎町の宿を中心に巻き起こるコメディゾンビ映画。話の途中にカントリーウエスタンの歌手が話の注意点を唄って教えてくれるという結構ふざけた作品ですが見ごたえのある映画に仕上がっています。
監督:マシュー・ルートワイラー 出演者:エヴァー・キャラダイン(サラ)、ポーシャ・デ・ロッシ(ケリー)、デヴィッド・キャラダイン(ワイズ)、ビアンカ・ローソン(ケイト)、ジェフリー・ディーン・モーガン(保安官)、エリク・パラディーノ(デーヴィット)、オズ・パーキンス(ジョニー)ほか

「大魔神怒る」のネタバレあらすじ結末

大魔神怒るの紹介:1966年日本映画。大魔神シリーズ2作目です。魔人像が祀られる神ノ島を崇める名越の国と千草の国に攻め込んだ隣国の御子柴の悪行に大魔神が怒り、制圧するという話です。一作目の大ヒットに続き同じ年に急遽制作された作品です。
監督:三隅研次 出演者:本郷功次郎(千草十郎時貞)、藤村志保(早百合)、丸井太郎(度々平)、内田朝雄(名越兵衛)、北城寿太郎(鬼子島玄蕃)、藤山浩二(荒井一角)、上野山功一(名越勝茂)、神田隆(御子柴弾正)ほか

「イヴの時間 劇場版」のネタバレあらすじ結末

イヴの時間 劇場版の紹介:2009年日本映画。リクオは家族とハウスロイドサミィと暮らす普通の高校生だ。人々はハウスロイドを便利な道具として扱っている。ある日サミィの行動に不可解な点が。GPS記録から訪れた場所は人間とアンドロイドを区別しないという喫茶店「イヴの時間」にたどり着いた。そこではアンドロイドは頭のリングを消し人間のように振舞っていた。リクオはアンドロイドの気持ちを知っていくのであった。
監督:吉浦康裕 声優:福山潤(リクオ)、野島健児(マサキ)、田中理恵(サミィ)、佐藤利奈(ナギ)、ゆかな(アキコ)、中尾みち雄(コージ)、ほか

「PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring of Birth」のネタバレあらすじ結末

PERSONA3 THE MOVIE ―#1 Spring of Birth―の紹介:2013年日本映画。大人気RPGゲーム「ペルソナシリーズ」の中から、シリーズ三作目に当たる「PERSONA3」を劇場版アニメーション化。ペルソナと呼ばれる特殊な能力を使い、少年少女がシャドウという敵との戦いを繰り広げる。
原作:ATLUS 声優:石田彰(結城 理)、豊口めぐみ(岳羽ゆかり)、鳥海浩輔(伊織順平)、田中理恵(桐条美鶴)、緑川光(真田明彦)、能登麻美子(山岸風花)、中井和哉(荒垣真次郎)、ほか

「ポリスアカデミー5/マイアミ特別勤務」のネタバレあらすじ結末

ポリスアカデミー5/マイアミ特別勤務の紹介:1988年アメリカ映画。人気ポリス・ギャクコメディシリーズ第5弾は、いよいよ定年の迫ったポリスアカデミー名物校長ラサールが永年勤続の表彰を受けるためマイアミで開かれる警察署長大会に行くことになり、同行したアカデミーのおなじみの卒業生らとともに大騒動を巻き起こします。
監督:アラン・マイヤーソン 出演者:ババ・スミス(モーゼス・ハイタワー)、ジョージ・ゲインズ(エリック・ラサール)、デヴィッド・グラフ(ユージン・タックルベリー)、マイケル・ウィンスロー(ユージン・タックルベリー)、マット・マッコイ(ニック・ラサール)ほか

「ポリスアカデミー4/市民パトロール」のネタバレあらすじ結末

ポリスアカデミー4/市民パトロールの紹介:1987年アメリカ映画。人気ポリス・ギャクコメディシリーズ第4弾は、定年間近のポリスアカデミー名物校長ラサールがかねてからの計画だった一般市民による自警団結成に乗り出したことからとんでもな大騒動に発展するさまを面白おかしく描いています。
監督:ジム・ドレイク 出演者:スティーヴ・グッテンバーグ(ケーリー・マホニー)、ババ・スミス(モーゼス・ハイタワー)、デヴィッド・グラフ(ユージン・タックルベリー)、マイケル・ウィンスロー(ユージン・タックルベリー)、ジョージ・ゲインズ(エリック・ラサール)ほか

「パーシージャクソンとオリンポスの神々:魔の海」のネタバレあらすじ結末

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海の紹介:2013年アメリカ映画。海の神ポセイドンと人間の間に生まれたパーシー・ジャクソンがハーフゴット(半神半人)の訓練所を救うため、仲間と共に悪と戦うファンタジー・アドベンチャーのシリーズ第2弾。
監督:トール・フロイデンタール 出演:ローガン・ラーマン(パーシー・ジャクソン)、アレクサンドラ・ダダリオ(アナベス・チェイス)、ブランドン・T・ジャクソン(グローバー)、ジェイク・アベル(ルーク)、ダグラス・スミス(タイソン)、スタンリー・トゥッチ(ミスターD)、ほか

「図書館戦争 革命のつばさ」のネタバレあらすじ結末

図書館戦争 革命のつばさの紹介:2012年日本映画。「図書館戦争 革命のつばさ」は漫画「図書館戦争」を原作とするアニメの映画化作品です。大変人気のある作品であり、漫画、小説、アニメ、実写化映画はどれもヒットしました。近未来において、自由の表現を守る図書館を守る部隊と、表現を規制する検閲部隊との戦いを描いています。今回は全面戦争ではなく、裁判での戦いもあり、逃亡劇もあり、一味違った内容になっています。また、笠原と堂上の恋もしっかり描かれています。
監督:浜名孝行 声優:井上麻里奈(笠原郁)、前野智昭(堂上篤)、沢城みゆき(柴崎麻子)、石田彰(小牧幹久)、鈴木達央(手塚光)、鈴森勘司(玄田竜助)、ほか

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロードの紹介:2003年日本映画。映画クレヨンしんちゃんシリーズの劇場版11作目の作品です。クレヨンしんちゃんのファミリーが指名手配され、ひたすら終われる映画です。想いは、「一家でヤキニクを食べたい。」というその一心で、家族が協力しあい危機を乗り越えます。
監督:水島努 声優:矢島晶子(しんのすけ)、ならはしみき(みさえ)、藤原啓治(ひろし)、こおろぎさとみ(ひまわり)、大西健晴(隊員)、華原朋美(トモちゃん)、徳弘夏生(堂ヶ島少佐)、石塚運昇(ボス)、ほか

「ラスト・クライム 華麗なる復讐」のネタバレあらすじ結末

ラスト・クライム 華麗なる復讐の紹介:2017年フランス映画。初対面のキャロラインとキャロルは、父親パトリックの死で自分たちが異母姉妹だと知ります。そんな2人の前に現れた、死を偽装した稀代の大泥棒である父親は娘たちをある計画に巻き込みます。生物学的には親子である3人は、騙し騙されている内に家族の絆が芽生え始めていきます。主演は、日本でもお馴染みのフランス人俳優ジャン・レノです。
監督:パスカル・ブルデュー 出演者:ジャン・レノ(パトリック)、リーム・ケリシ(キャロライン)、カミール・シャムー(キャロル)、パスカル・ドゥモロン(ロマン)ほか

「奇跡のシンフォニー」のネタバレあらすじ結末

奇跡のシンフォニーの紹介:2007年アメリカ映画。ニューヨーク郊外の孤児院で育ったエヴァンが、音楽の力を信じ、音楽に導かれて様々な人との出会い、数々のすれ違いを経て生き別れた両親と出会う感動のストーリーです。
監督:カーステン・シェリダン 出演: フレディ・ハイモア(エヴァン・テイラー/オーガスト・ラッシュ)、ケリー・ラッセル(ライラ・ノヴァチェク)、ジョナサン・リス=マイヤーズ(ルイス・コネリー)、テレンス・ハワード(リチャード・ジェフリーズ)、ロビン・ウィリアムズ(マックスウェル・“ウィザード”・ウォラス)、レオン・トマス三世(アーサー)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 285
TOP↑