青春映画のあらすじ

青春映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで青春映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「エンパイアレコード」のネタバレあらすじ結末

エンパイア レコードの紹介:1995年アメリカ映画。老舗レコード店“エンパイアレコード”の買収騒ぎをめぐって、雇われ店長と超個性的な店員たちが巻き起こす大騒動を描いた青春コメディ。
監督:アラン・モイル 出演:リヴ・タイラー(コリー)、アンソニー・ラパリア(ジョー)、マックスウェル・コールフィールド、デビ・メイザー、ジョニー・ホイットワース、トビー・マグワイア、ほか

「チョコリエッタ」のネタバレあらすじ結末

チョコリエッタの紹介:2014年日本映画。幼い頃交通事故で母親を亡くし、その後心のよりどころだった飼い犬も死んでしまい、完全に心を閉ざした少女が、映研の先輩と親しくするうちに徐々に変化していくという青春ドラマです。名作といわれるフェリーニの『道』のシーンが挿入され、『道』へのオマージュも感じさせる2時間40分の長い作品です。
監督:風間志織 出演者:森川葵(宮永知世子)、菅田将暉(正岡正宗)、市川実和子(宮永香世子)、村上淳(宮永周一)、須藤温子(宮永霧湖)ほか

「サタデー・ナイト・フィーバー」のネタバレあらすじ結末

サタデー・ナイト・フィーバーの紹介:1977年アメリカ映画。ジョン・トラボルタの出世作にして全世界にディスコブームを巻き起こした青春映画です。週末のダンスだけが人生の全てだった青年が、年上の女性と出会ったことをきっかけに大人の男へと変貌していく姿を描いています。
監督:ジョン・バダム 出演者:ジョン・トラボルタ(アンソニー・“トニー”・マネロ)、カレン・リン・ゴーニイ(ステファニー・マンガーノ)、ドナ・ペスコウ(アネット)、バリー・ミラー(ボビーC)、ポール・ベイブ(ダブルJ)ほか

「パーティで女の子に話しかけるには」のネタバレあらすじ結末

パーティで女の子に話しかけるにはの紹介:2017年アメリカ映画。1977年、ロンドン郊外に住むパンクロックが大好きな内気な少年エンは偶然見つけた不思議なパーティーで少し変わり者で魅力的な少女ザンと出会う。2人は48時間という限られた時間でパンクを通じ恋に落ちる。
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル 出演:エル・ファニング(ザン)、アレックス・シャープ(エン)、ルース・ウィルソン(PT ステラ)、マット・ルーカス(PT ワイン)、ニコール・キッドマン(ボディシーア)、ほか

「草原の輝き」のネタバレあらすじ結末

草原の輝きの紹介:1961年アメリカ映画。世界恐慌の嵐が吹き荒れる20世紀前半を舞台に、愛し合いながらも翻弄されて引き裂かれていく若い男女の悲恋を描いた作品です。
監督:エリア・カザン 出演者:ナタリー・ウッド(ウィルマ・ディーン・“ディーニー”・ルーミス)、ウォーレン・ベイティ(バット・スタンパー)、パット・ヒングル(エース・スタンパー)、ゾーラ・ランパート(アンジェリーナ)、サンディ・デニス(ケイ)ほか

「火花」のネタバレあらすじ結末

火花の紹介:2017年日本映画。芥川賞を受賞したお笑い芸人ピースの又吉直樹原作の小説「火花」を実写映画化。監督もお笑い芸人の板尾創路が務める。漫才の世界へ飛び込んだが一向に売れる気配のないお笑い芸人の徳永と、型破りな漫才でカリスマ的存在の神谷との10年間を描く。主演の徳永を菅田将暉、神谷を桐谷健太が演じる。
監督:板尾創路 出演:菅田将暉(徳永)、桐谷健太(神谷)、木村文乃(真樹)、川谷修士(山下)、三浦誠己(大林)、加藤諒(鹿谷)、ほか

「きょうのできごと」のネタバレあらすじ結末

きょうのできごと a day on the planetの紹介:2003年日本映画。柴崎友香の小説を映画化した作品です。友人の引っ越し祝いに集まった、今時の大学生のありふれた1日を、様々なエピソードを織り交ぜて描いた青春群像ストーリーです。
監督:行定勲 出演者:田中麗奈(真紀)、妻夫木聡(中沢)、伊藤歩(けいと)、柏原収史(正道)、山本太郎(山田)ほか

「転校生」のネタバレあらすじ結末

転校生の紹介:1982年日本映画。山中恒の児童小説「おれがあいつであいつがおれで」を大林宣彦監督が映像化した青春ドラマで、「尾道三部作」のうちの1作品です。2007年にはリメイクされています。尾道を舞台に、ひょんなことから心と体が入れ替わってしまった少年と転校生の少女が引き起こす騒動を描いています。
監督:大林宣彦 出演者:尾美としのり(斉藤一夫)、小林聡美(斉藤一美)、佐藤允(斉藤明夫)、樹木希林(斉藤直子)、宍戸錠(斉藤孝造)ほか

「ガールズ・ステップ」のネタバレあらすじ結末

ガールズ・ステップの紹介:2015年日本映画。宇山佳佑の同名小説を映画化した作品で、それぞれの事情を抱えた5人の冴えない女子高生がひょんなことからダンス部を結成、ダンスフェスティバルへの出場を目指すうちにダンスの面白さと友情に目覚めていく青春ドラマです。
監督:川村泰祐 出演者:石井杏奈(西原あずさ)、小芝風花(片瀬愛海)、小野花梨(小沢葉月)、秋月三佳(岸本環)、上原実矩(貴島美香)ほか

「合葬」のネタバレあらすじ結末

合葬の紹介:2015年日本映画。江戸風俗研究家でもある杉浦日向子の同名漫画を映画化した時代劇ドラマです。幕末を舞台に、時代の波に翻弄される彰義隊の若き隊士たちの儚い青春の日々を描いています。
監督:小林達夫 出演者:柳楽優弥(秋津極)、瀬戸康史(吉森柾之助)、岡山天音(福原悌二郎)、門脇麦(福原砂世)、オダギリジョー(森篤之進)ほか

「NANA2」のネタバレあらすじ結末

NANA2の紹介:2006年日本映画。多くの女性ファンを魅了した伝説の少女漫画、『NANA』の実写化。ブラストのデビューにハチの恋人、妊娠など多くのストーリーが展開される怒涛の第二弾。青春の輝きを見逃すな。
監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 出演:中島美嘉(木崎ナナ)、市川由衣(小松奈々(ハチ))、玉山鉄二(一ノ瀬巧)、姜暢雄(本城蓮)、丸山智己(高木泰士)、本郷奏多(岡崎真一)、成宮寛貴(寺島伸夫)、伊藤由奈(芹澤レイラ)、ほか

「HICK ルリ13歳の旅」のネタバレあらすじ結末

HICK ルリ13歳の旅の紹介:2011年アメリカ映画。米女流作家・アンドレア・ポーテスによる、ベストセラー小説の映画化。ヒロインには、これが初の単独主演作となるクロエ・グレース・モレッツ。タイトルの「HICK」には“田舎者”という意味がある。人生の全てにうんざりしている13歳の少女が、故郷の田舎町を飛び出してたった1人でラスベガスを目指す。しかし、ヒッチハイクで出会う人間は変わり者ばかりだった…。未知の世界へ旅立つ少女の成長を描くロード・ムービー。共演は「ロスト・バケーション」のブレイク・ライヴリー、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン。
監督:ディック・マルティーニ 出演者:クロエ・グレース・モレッツ(ルリ)、ブレイク・ライヴリー(グレンダ)、エディ・レッドメイン(エディ)、ボー(アレック・ボールドウィン)、ジュリエット・ルイス、(タミー)、レイ・マッキノン(ロイド)ほか

「ボーイ・ミーツ・ガール」のネタバレあらすじ結末

ボーイ・ミーツ・ガールの紹介:1983年フランス映画。レオス・カラックス監督が23歳の時に撮った長編デビュー作品。主人公の名前にちなんで「アレックス三部作」と呼ばれるうちの一つであるこの作品は、カンヌ国際映画祭でヤング大賞を、公開された翌年のシネデグヴェルト賞を受賞し、監督は一躍脚光を浴びた。全編白黒で描かれている。
監督:レオス・カラックス 出演者:ドニ・ラヴァン(アレックス)、ミレーユ・ペリエ(ミレーユ)、アンナ・バルダッチニ(フロランス) ほか

「ファイブ・イージー・ピーセス」のネタバレあらすじ結末

ファイブ・イージー・ピーセスの紹介:1970年アメリカ映画。「イージー・ライダー」でプロデューサーを務めたボブ・ラフェルソンが旧友ジャック・ニコルソンと再びタッグを組み、人生の目標もなく浮草暮らしをする男の姿を鮮烈に描いた作品。アメリカン・ニュー・シネマの傑作のひとつとされ、ニコルソンはこの作品で初めてアカデミー主演男優賞候補となった。
監督:ボブ・ラフェルソン 出演:ジャック・ニコルソン(ボビー・エロイカ・デュピー)、カレン・ブラック(レイ・ディペスト)、ビリー・グリーン・ブッシュ(エルトン)、スーザン・アンスパック(キャサリン・ヴァン・オスト)

「ルシアンの青春」のネタバレあらすじ結末

ルシアンの青春の紹介:1973年フランス,イタリア,西ドイツ映画。第2次大戦中、ナチスの協力者となった少年の姿を通し、人間を動かす運命の恐ろしさを描いたルイ・マル監督の秀作。アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた。ジャンゴ・ラインハルトの曲が効果的に使われている。
監督:ルイ・マル・出演:ピエール・ブレーズ(ルシアン)、オルガー・ローウェンアドラー(オルン)、オロール・クレマン(フランス)、テレーゼ・ギーゼ(ベラ)、ほか

1 2 3 4 5 16
TOP↑