スミス都へ行くの紹介:1939年アメリカ映画。アカデミー賞では原案賞のみの受賞に終わったが、キャプラ監督の代表作のひとつとして有名な作品。最後の24時間を越える演説シーンは名場面で、いわゆる牛タン戦術の代表的な描写として知られる。
監督:フランク・キャプラ 出演:ジェームズ・スチュワート(スミス)、ジーン・アーサー(サンダース)、クロード・レインズ(ペイン上院議員)、エドワード・アーノルド(ジム・テイラー)、ガイ・キビー(ホッパー州知事)、ほか