西の魔女が死んだの紹介:2008年日本映画。梨木香歩の同名小説を映画化したものです。魔女の血を引く英国人の祖母と、その祖母の下で魔女修行に励む不登校の孫娘との、夏の1ヵ月間のふれあいを描いたヒューマンドラマです。
監督:長崎俊一 出演者:サチ・パーカー(おばあちゃん)、高橋真悠(まい)、りょう(ママ)、大森南朋(パパ)、木村祐一(ゲンジ)ほか