「ハウスメイド」のネタバレあらすじ結末

2018/01/07掲載

ハウスメイドの紹介:2010年韓国映画。メイドとして上流階級の邸宅で働くウニと先輩メイドのビョンシクの心の叫びとただおませで利発な6歳の娘かと思いきややはり冷淡な心を持っていたかのように見えるナミのと一家の様子を描いた作品です。
監督:イム・サンス 出演:チョン・ドヨン(ウニ)、イ・ジョンジェ(フン)、ソウ(ヘラ)、ユン・ヨジョン(ビョンシク)、パク・チヨン(ヘラの母親)、アン・ソヒョン(ナミ)、ほか

「バッド・ルーテナント」のネタバレあらすじ結末

2018/01/07掲載

バッド・ルーテナントの紹介:2009年アメリカ映画。ハリケーンの被害を受けたニューオーリンズを舞台に、表の顔は正義の刑事、裏の顔はドラッグとギャンブルに明け暮れ、盗みや暴力も辞さない悪徳刑事の顛末を描いたクライム・サスペンス作品です。1992年、過激なバイオレンスや宗教描写で話題となった『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』のリメイク。
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク 出演者:ニコラス・ケイジ(テレンス・マクドノー)、エヴァ・メンデス(フランキー・ドネンフィールド)、ヴァル・キルマー(スティーヴィ・プルイト)、アルヴィン・“イグジビット”・ジョイナー(ビッグ・フェイト)、ジェニファー・クーリッジ(ジェネヴィエヴ)ほか

「ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば」のネタバレあらすじ結末

2018/01/07掲載

ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~の紹介:2004年アメリカ,ドイツ,イギリス映画。37歳の若さでこの世を去ったアメリカのエンターテイナー、ボビー・ダーリンの半生を描いたヒューマンドラマ。監督・主演を務めたケヴィン・スペイシーが吹き替えなしの美声を披露し、話題を呼びました。
監督:ケヴィン・スペイシー 出演者:ケヴィン・スペイシー(ボビー・ダーリン)、ウィリアム・ウルリッチ(少年時代のボビー)、ケイト・ボスワース(サンドラ・ディー)、ブレンダ・ブレッシン(ポリー・カソート)、ボブ・ホスキンス(チャーリー・カソート・マフィア)

「フランケンウィニー」のネタバレあらすじ結末

2018/01/07掲載

フランケンウィニーの紹介:2012年アメリカ映画。ある日、少年がとても可愛がっていたペット、スパーキーが死んだ。そして、少年はスパーキーを蘇らせるため、とある実験にとりかかる。しかし、それが全ての事件の始まりだった。
監督:ティム・バートン 声優:キャサリン・オハラ(スーザン・フランケンシュタイン/体育の先生/フシギちゃん)、マーティン・ショート(トシアキ/ブルゲマイスター町長/ボブ)、マーティン・ランドー(ジクルスキ先生)、チャーリー・ターハン(ヴィクター・フランケンシュタイン)、アッティカス・シェイファー(エドガー)、ウィノナ・ライダー(エルザ・ヴァン・ヘルシング)、ほか

「8mm」のネタバレあらすじ結末

2018/01/07掲載

8mmの紹介:1999年アメリカ映画。“スナッフフィルム”という凄惨なトピックをテーマにした、本格サスペンス。そのテーマからも分かるように、作中には幾度も目を背けたくなるシーンが登場する。覚悟を決めた人だけが見ることをお勧めする、間違いなく良作と呼ぶべき一本です。
監督:ジョエル・シューマカー 出演:ニコラス・ケイジ(トム・ウェルズ)、マックス・カリフォルニア(ホアキン・フェニックス)、ジェームズ・ガンドンフィー二(エディ・プール)、ジェニー・パウエル(メリー・アン・マシューズ)、エイミー・モートン(ジャネット・マシューズ)、ほか

「ベン・ハー」のネタバレあらすじ結末

2018/01/06掲載

ベン・ハーの紹介:2016年アメリカ映画。歴史に残る大名作、『ベン・ハー』が再びスクリーンに!現代の技術をフル活用したその圧倒的な映像美に心奪われること間違いなし。1959年版とはまた違った解釈で描かれる新たなベン・ハー、ここに誕生。
監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:ジャック・ヒューストン(ジュダ・ベン・ハー)、トビー・ケベル(メッサラ)、ロドリゴ・サントロ(イエス)、ナザニン・ボニアディ(エスター)、アイェレット・ゾラー(ナオミ・ベン・ハー)、ピルー・アスベック(ポンティウス)、ソフィア・ブラック=デリア(ティルザ・ベン・ハー )、モーガン・フリーマン(イルデリム)、ほか

「スパイアニマル Gフォース」のネタバレあらすじ結末

2018/01/06掲載

スパイアニマル Gフォースの紹介:2009年アメリカ映画。「それは、FBIが極秘で開発した最終兵器──。」というキャッチコピーで、FBIによって養成された最強スパイの可愛いモルモットたちが、人類の未来をかけたミッションに挑み大活躍する姿を、実写と3DCGとで描いたアニマル・アドベンチャー・コメディ映画です。
監督:ホイト・H・イェットマン・Jr 出演:ザック・ガリフィナーキス(ベン・ケンドール博士)、ウィル・アーネット(キリアン部長)、ビル・ナイ(レナード・セイバー)、ニコラス・ケイジ(スペックルズ)、ジョン・ファヴロー(ハーレー)、トレイシー・モーガン(ブラスター)、ペネロペ・クルス(フアレス)、サム・ロックウェル(ダーウィン)、スティーヴ・ブシェミ(バッキー)、ほか

「トッド・ソロンズの子犬物語」のネタバレあらすじ結末

2018/01/06掲載

トッド・ソロンズの子犬物語の紹介:2015年アメリカ映画。可愛いけども何気に問題ばかり起こす1匹のダックスフンドが次々と冴えない飼い主の元を転々とする姿を通じて人生の残酷さや儚さを映し出した、4つのエピソードからなる動物ブラック・コメディ作品です。
監督:トッド・ソロンズ 出演者:キートン・ナイジェル・クック(レミ)、グレタ・ガーウィグ(ドーン・ウィナー)、キーラン・カルキン(ブランドン)、ダニー・デヴィート(デイヴ・シュメルツ)、エレン・バースティン(ナナ)ほか

「K-9 はみだしコンビ大復活!」のネタバレあらすじ結末

2018/01/06掲載

K-9 はみだしコンビ大復活!の紹介:2002年アメリカ映画。刑事ドゥーリーと愛犬ジェリー・リーのコンビによるコメディアクション映画シリーズ第二弾です。定年を迎えたドゥーリーは偶然出くわした事件により、元刑事として元上司やFBIに邪魔されながらも事件解決に活躍する話です。
監督:リチャード・J・ルイス  出演者:ジェームズ・ベルーシ(マイク・ドゥーリー)、ゲイリー・バサラバ(ピート・ティモンズ)、ケヴィン・デュランド(ヴェルナー)、ジェイソン・ションビング(カルロス・クエスタ)、マシュー・ベネット(ヘンリー)、ジョディ・ラシコット(モーリス)、キム・ハフマン(ローラ・フィールド)、バーバラタイソン(キャサリン)ほか

「ビジランテ」のネタバレあらすじ結末

2018/01/06掲載

ビジランテの紹介:2017年日本映画。埼玉県深谷市を舞台に、地元有力者の父を持ち、それぞれ別々の人生を歩んでいた三兄弟が、父の遺産を巡って骨肉の争いを繰り広げる姿を、地方都市の悲哀も絡めて描いた作品です。タイトルの“ビジランテ”は、劇中に登場する“自警団”を意味しています。
監督:入江悠 出演者:大森南朋(神藤一郎)、鈴木浩介(神藤二郎)、桐谷健太(神藤三郎)、篠田麻里子(神藤美希)、般若(大迫護)ほか

「この首一万石」のネタバレあらすじ結末

2018/01/06掲載

この首一万石の紹介:1963年日本映画。武士の娘に恋心を抱き、自らも武士になりたいと願った日雇い人足の男が、二つの藩の“伝説の名槍”を巡る抗争に巻き込まれていく悲劇を、武士社会の理不尽さを含めて描いた時代劇です。
監督:伊藤大輔 出演者:大川橋蔵(槍の権三)、江利チエミ(千鶴/ちづる(二役))、平幹二朗(御所内)、東野英治郎(凡河内典膳)、水原弘(山添志津馬)ほか

「夜逃げ屋本舗」のネタバレあらすじ結末

2018/01/06掲載

夜逃げ屋本舗の紹介:1992年日本映画。借金に追われる者たちを合法的に逃がす “夜逃げ屋”と執拗な取り立てを進める大手金融業者との攻防を描く社会派コメディのシリーズ第1作です。後に映画版の続編やテレビドラマシリーズが製作されました。
監督:原隆仁 出演者:中村雅俊(源氏雅彦)、高木美保(相沢康子)、益岡徹(野口浩介)、榊原利彦(新藤恭)、大竹しのぶ(秋川芙美子)ほか

「愛の断片」のネタバレあらすじ結末

2018/01/06掲載

愛の断片の紹介:2016年プエルトリコ,コロンビア映画。コロンビアを舞台に、恋人を失い創作意欲を失った元作曲家でピアノ調律師の男と、奔放な恋愛遍歴を持つ美しき女性との愛欲と嫉妬のうごめく恋愛模様を描いたエロティックドラマです。
監督:フェルナンド・バジェホ 出演者:アンジェリカ・ブランドン(スサーナ・メヒア)、ホセ・アンヘル・ビチル(ロドリゴ・ボレロ)、アンジェリカ・アラゴン(カルメン)、アルフレッド・デ・ケサダ(イザヤ)、ラウラ・アレマン(アマリア)ほか

「Mr.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

2018/01/05掲載

Mr.マックスマンの紹介:2015年日本映画。いつも失敗してばかりのダメなテレビアナウンサーが、偶然手にした不思議な力でスーパーヒーローに変身、父の死の真相を探るため戦う姿を描いた特撮コメディ作品です。『天装戦隊ゴセイジャー』でブレイクした主演・千葉雄大をはじめ、歴代の仮面ライダー・スーパー戦隊出演者やスタッフが数多く参加しています。
監督:増田哲英 出演者:千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、要潤(谷口真一郎)、高田延彦(深大寺亮)、大和田伸也(海東剛史)ほか

「妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」のネタバレあらすじ結末

2018/01/05掲載

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活の紹介:2017年日本映画。人気テレビアニメ・ゲームの映画シリーズ第4作にして新章の幕開けとなる作品です。今回はテレビシリーズの世界から30年後を舞台に、リニューアルされたジバニャンらお馴染みのキャラクターが新キャラクターと組み、地球を襲う脅威に立ち向かいます。スペシャルゲストとして『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターも登場します。
監督:ウシロシンジ 声の出演者:上白石萌音(天野ナツメ)、千葉雄大(月浪トウマ)、黒田崇矢(ジバニャン)、関智一(ウィスパー)、平川大輔(コマさん)、田村睦心(有星アキノリ)、野沢雅子(鬼太郎)ほか

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 371
TOP↑