「ロボコップ2」のネタバレあらすじ結末

2016/12/21掲載

ロボコップ2の紹介:1990年アメリカ映画。この作品は、キャッチコピーは「ロボコップを破壊せよ!」で、凶悪犯をベースに作られたより強力なロボコップ2号にロボコップが立ち向かうという、映画『ロボコップ』(1987年)の続編となるSFアクション映画です。監督は『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』(1980年)などでメガホンをとったアーヴィン・カーシュナー、音楽は、『理由なき反抗』、『続・猿の惑星』『ミクロの決死圏』など、多数の映画やTVドラマのテーマミュージックを作曲したレナード・ローゼンマンが手がけました。
監督アーヴィン・カーシュナー 出演:ピーター・ウェラー(ロボコップ/マーフィ)、ナンシー・アレン(アン・ルイス)、ダニエル・オハーリヒー(オムニ社長)、ベリンダ・バウアー(ジュリエット・ファックス博士)、トム・ヌーナン(ケイン)、ほか

「ロボコップ」のネタバレあらすじ結末

2016/12/21掲載

ロボコップの紹介:1987年アメリカ映画。この作品は、殉職した警察官の遺体を利用し、開発したサイボーグ警官「ロボコップ」が活躍するSFアクション映画です。キャッチコピーは「人間か!? マシーンか!? 底知れぬ戦闘能力を秘め、巨大な犯罪ゾーンに出現した史上最強のバイオレンス・ヒーロー」で、監督は、『女王陛下の戦士』(1977年)でゴールデングローブ賞を受賞したポール・バーホーベンです。制作費は低予算であったが興行収入5300万ドルを超えるヒット作となり、後に続編やテレビシリーズ、アニメなども製作され、本作品のリメイクとして『ロボコップ』(2014年版)も製作された作品です。
監督:ポール・ヴァーホーヴェン 出演:ピーター・ウェラー(ロボコップ/アレックス・J・マーフィ)、ナンシー・アレン(アン・ルイス巡査)、ダニエル・オハーリヒー(オムニ社長)、ロニー・コックス(ディック・ジョーンズ)、カートウッド・スミス(クラレンス・ボディッカー)、ほか

「バイオハザード ディジェネレーション」のネタバレあらすじ結末

2016/12/21掲載

バイオハザード ディジェネレーションの紹介:2008年日本映画。空港に降り立ったクレアの目の前に突然一人の感染者が現れた。その直後空港に飛行機が墜落。多くの犠牲者を出すと共に次々と感染者が現れた。難を逃れたクレアはその時感染者達から逃れたデイビス上院議員と行動を共にする。上院議員はあることがきっかけで世間からの非難の的となっていた。そんなクレア達の前にある頼もしい助っ人が現れる。人気ゲーム「バイオハザード」シリーズの日本製作3DCG映画。
監督:神谷誠 声の出演:ポール・メルシエ(レオン・S・ケネディ)、アリソン・コート(クレア・レッドフィールド)、ローラ・ベイリー(アンジェラ・ミラー)、スティーヴ・ブラム(グレッグ・グレン)、ミシェル・ラフ(ラーニー・チャウラー)、ほか

「50回目のファースト・キス」のネタバレあらすじ結末

2016/12/21掲載

50回目のファースト・キスの紹介:2004年アメリカ映画。ハワイに住む、プレイボーイの獣医ヘンリー・ロスは、ある日突然一目惚れをしてしまう。その素朴な女性は、ある深刻な病気を抱えていて…。ハートウォーミング恋愛コメディ。
監督:ピーター・シーガル 出演:アダム・サンドラー(ヘンリー・ロス)、ドリュー・バリモア(ルーシー・ホイットモア)、ロブ・シュナイダー(ウーラ)、ショーン・アスティン(ダグ・ホイットモア)、ダン・エイクロイド(Dr.キーツ)、ほか

「劔岳 点の記」のネタバレあらすじ結末

2016/12/21掲載

劔岳 点の記(つるぎだけ てんのき)の紹介:2008年日本映画。この作品は、明治時代末期に日本地図を完成させるために、陸軍陸地測量部(現在の国土地理院)により実際に北アルプスの立山連峰で行われた山岳測量計画を、信念と勇気をもち多難な山岳測量に挑んだ男たちを描いた新田次郎の同名小説を原作とした感動のヒューマンドラマ映画です。第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞、第52回ブルーリボン賞作品賞など多数の賞を受賞した作品でもあります。
監督:木村大作 出演:浅野忠信(柴崎芳太郎(陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、香川照之(宇治長次郎(測量隊案内人))、松田龍平(生田信(陸軍参謀本部 陸地測量部測夫))、宮崎あおい(柴崎葉津よ(柴崎芳太郎の妻))、小澤征悦(玉井要人(日本陸軍大尉))、石橋蓮司(岡田佐吉(立山温泉の宿の主人))、國村隼(矢口誠一郎(日本陸軍中佐))、役所広司(古田盛作(元陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、ほか

「コードネーム U.N.C.L.E.」のネタバレあらすじ結末

2016/12/21掲載

コードネーム UNCLEの紹介:2015年イギリス映画。時は1960年代、東西冷戦の最中。敵対するCIAとKGBは、巨大犯罪組織のテロを阻止するため手を組むことになります。敏腕CIAエージェントのナポレオン・ソロは、KBGの超エリートのイリヤ・クリヤキンと共に任務に挑みます。1960年代の人気ドラマ「0011ナポレオン・ソロ」を大胆にアレンジしたスタイリッシュなスパイ映画です。
監督:ガイ・リッチー 出演者:ヘンリー・カヴィル(ナポレオン・ソロ)、アーミー・ハマー(イリヤ・クリヤキン)、 アリシア・ヴィキャンデル(ギャビー・テラー)、アレキサンダー・ウェーバリー(ウェーバリー)、エリザベス・デビッキ(ヴィクトリア・ヴィンチグエラ)ほか

「セレブリティ」のネタバレあらすじ結末

2016/12/21掲載

セレブリティの紹介:1998年アメリカ映画。セレブリティの世界の内情をシニカルに描いたブラックユーモア満載の人間ドラマ。人生の皮肉を描くのが得意なウッディ・アレンの本領が存分に発揮された作品に仕上がっています。作中では多くのセレブリティが登場し、豪華なキャスト陣も作品の目玉となっています。
監督:ウディ・アレン 出演:ケネス・ブラナー、ジュディ・デイヴィス、レオナルド・ディカプリオ、メラニー・グリフィス、ジョー・マンテーニャ、ウィノナ・ライダー、
シャーリーズ・セロン ほか

「ダイアナ」のネタバレあらすじ結末

2016/12/20掲載

ダイアナの紹介:2013年イギリス映画。1997年に亡くなった元イギリス皇太子妃ダイアナの人生を描いた伝記映画。交通事故死するまでの最後の2年間にスポットを当て、1人の女性としてのダイアナの葛藤と喜び、そして計り知れない苦悩を綴った作品。
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演者:ナオミ・ワッツ(ダイアナ)、ナヴィーン・アンドリュース(ハスナット・カーン)、キャス・アンバー(ドディ・アルファイド)、ジェラルディン・ジェームズ(ウーナ・トッフォロ)、チャールズ・エドワーズ(パトリック・ジェフソン)ほか

「ドン・ジョン」のネタバレあらすじ結末

2016/12/20掲載

ドン・ジョンの紹介:2013年アメリカ映画。顔も体も申し分なく女にも不自由しない男通称ドン・ジョン。そのプレイボーイな性格で毎晩女をとっかえひっかえ、一人と長い付き合いをすることはなかった。そんな彼だったがある日運命的な出会いをする。絶世の美女が現れたのだ。しかも彼女はジョンの誘いを断ってしまう。それ以来忘れることが出来なくなったジョン。そしてもう一つジョンには秘密があった。主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットが監督・脚本も務めた恋愛コメディ映画。
監督:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・“ドン・ジョン”・マテーロ・Jr.)、スカーレット・ヨハンソン(バーバラ・シュガーマン)、ジュリアン・ムーア(エスター)、トニー・ダンザ(ジョン・マテーロ・Sr.)、ロブ・ブラウン(ボビー)、ほか

「ダイヤルM」のネタバレあらすじ結末

2016/12/20掲載

ダイヤルMの紹介:1998年アメリカ映画。富豪の実業家が妻の不倫相手に妻の殺害を依頼するが・・・。ヒッチコック監督の「ダイヤルMを廻せ!」をリメイクしたサスペンス。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者: マイケル・ダグラス(スティーヴン・テイラー)、グウィネス・パルトロウ(エミリー・ブラッドフォード・テイラー)、ヴィゴ・モーテンセン(デイヴィッド・ショー)、デヴィッド・スーシェ(モハメド・カラマン)、ほか

「人狼ゲーム2 ビーストサイド」のネタバレあらすじ結末

2016/12/20掲載

人狼ゲーム(ビーストサイド)の紹介:2014年日本映画。大人気の心理ゲーム「人狼」ゲームをテーマに、高校生達が村人と人狼に分かれ、お互いを殺し合う顛末をスリリングに描いたサバイバル・サスペンス。主人公が村人を演じていた前作とは打って変わり、今度は人狼から見た目線でゲームを展開しています。
監督:熊坂出 出演:土屋太鳳(樺山由佳)、森川葵(宗像美海)、青山美郷(萬田麗子)、藤原季節(平一也)、佐久間由衣(対馬瞳)、加藤諒(小曽根正則)、ほか

「人狼ゲーム」のネタバレあらすじ結末

2016/12/20掲載

人狼ゲームの紹介:2013年日本映画。大人気の心理ゲーム「人狼」ゲームをテーマに、高校生達が村人と人狼に分かれ、お互いを殺し合う顛末をスリリングに描いたサバイバル・サスペンス。命懸けの心理戦に、最後まで目が離せません。
監督:熊坂出 出演:桜庭ななみ(仁科愛梨)、太賀(多田友宏)、竹富聖花(井上このみ)、岡山天音(町村誠一郎)、大沢ひかる(稲葉瞳)、藤井美菜(井上真理絵)、ほか

「ゆれる」のネタバレあらすじ結末

2016/12/20掲載

ゆれるの紹介:2006年日本映画。この作品は、西川美監督・原案・脚本の映画で、キャチコピーは「あの橋を渡るまでは、兄弟でした」、キャッチフレーズは「兄と僕は、どこかでつながっている、思っていました、これまでは。」という旧知の女性の転落死から裁判になる兄弟の姿を描いたヒューマン・サスペンスドラマです。第28回ヨコハマ映画祭作品賞、第49回朝日ベストテン映画祭日本映画1位、第61回毎日映画コンクール日本映画大賞など、数多くの賞を受賞した作品です。この作品で主演のオダギリジョーは、第30回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を、香川照之は優秀助演男優賞を受賞しました。
監督:西川美和 出演:オダギリジョー(早川 猛)、香川照之(早川 稔)、伊武雅刀(早川 勇)、新井浩文(岡島洋平)、真木よう子(川端智恵子)、ほか

「女優マルキーズ」のネタバレあらすじ結末

2016/12/20掲載

女優マルキーズの紹介:1997年フランス,イタリア,スイス,スペイン映画。17世紀フランス。貧困の中、体目当ての客たち相手に踊り続けるマルキーズ。有名劇団の看板役者グロ・ルネとの結婚を境に、女優を夢見ていたマルキーズの波乱万丈な女優人生がスタートします。実在した伝説的女優マルキーズ・デュ・パルクの半生をS・マルソーが熱演します。
監督:ヴェラ・ベルモン 出演者:ソフィー・マルソー(マルキーズ)、ベルナール・ジロドー(モリエール)、ランベール・ウィルソン(ラシーヌ)、パトリック・ティムシット(グロ・ルネ)、ティエリー・レルミット(ルイ14世)ほか

「愛を読むひと」のネタバレあらすじ結末

2016/12/20掲載

愛を読むひとの紹介:2008年アメリカ,ドイツ映画。15歳のマイケルはその21歳年上のハンナと第二次世界対戦後のドイツで出会い恋をします。朗読を好むハンナに、マイケルは様々な本を朗読して聞かせますが、ハンナはある日姿を消してしまいます。大学に進学したマイケルは、被告人席にたつハンナを見つけます。ナチスの強制収監所の看守として働いていたハンナが、ある秘密を持っていたことにマイケルは気づきます。
監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:ケイト・ウィンスレット(ハンナ・シュミッツ)、レイフ・ファインズ(マイケル・バーグ)、デヴィッド・クロス(青年時代のマイケル・バーグ)、レナ・オリン(ローズ・メイザー/イラナ・メイザー)、アレクサンドラ・マリア・ララ(若き日のイラナ・メイザー)、ブルーノ・ガンツ(ロール教授)、ほか

1 160 161 162 163 164 165 166 167 168 319
TOP↑