「怪しい彼女」のネタバレあらすじ結末

2016/04/08掲載

怪しい彼女の紹介:2014年韓国映画。家族にさえ無視される70代のお祖母さんがある日突然二十歳のかわいい女性に変わる。行動と考え方は70代のまま顔と体だけ20代に変わった彼女。そして20代に戻った彼女が後悔だらけの自分の人生をやる直す。
監督: ファン・ドンヒョク 出演者: シム・ウンギョン(オ・ドゥリ)、 ナ・ムニ(オ・マルスン)、 パク・イナン(パク氏)、 ソン・ドンイル( パン・ヒョンチョル)、 イ・ジヌク(ハン・スンウ)、 ジニョン (B1A4)(パン・ジハ)、 ファン・ジョンミン(エジャ)、 キム・スルギ(パン・ハナ)ほか

「ラヂオの時間」のネタバレあらすじ結末

2016/04/08掲載

ラヂオの時間の紹介:1997年日本映画。普通の主婦・鈴木みやこが書いた脚本が、始めてラジオの生ドラマで放送される。しかし、主演女優のわがままで、舞台が日本からアメリカ、はたまた宇宙にまで元の脚本とはかけ離れてしまう。最後の結末はどうなるのか・しっちゃかめっちゃかのコメディー映画です。
監督:三谷幸喜 出演:唐沢寿明(工藤学)、鈴木京香(鈴木みやこ)、西村雅彦(牛島龍彦)、戸田恵子(千本のっこ)、井上順(広瀬満俊)、細川俊之(浜村錠)、奥貫薫(永井スミ子)、梶原善(大田黒春五郎)、モロ師岡(バッキーさん)、近藤芳正(鈴木四郎)、布施明(堀ノ内修司)、藤村俊二(伊織万作)、並樹史朗(保坂卓)、田口浩正(辰巳真)、梅野泰靖(古川謙十郎)、小野武彦(野田勉)、市川染五郎(斎明寺公彦)、遠藤久美子(一之瀬弥生)、渡辺謙(大貫雷太)、桃井かおり(中浦たか子)他

「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」のネタバレあらすじ結末

2016/04/08掲載

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式の紹介:2006年日本映画。タイムマシンにのってバブル時代にタイムスリップした主人公が、バブル崩壊を阻止するために奮闘するコメディ。バブル時代の様子が忠実に再現されており、バブル時代を知る人には懐かしい光景が多く登場します。
監督:馬場康夫 出演者:阿部寛(下川路)、広末涼子(真弓)、吹石一恵(薫)、薬師丸ひろ子(真理子)ほか

「華麗なるギャツビー」のネタバレあらすじ結末

2016/04/07掲載

華麗なるギャツビーの紹介:2012年アメリカ映画。第66回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映される。日本では、6月14日から公開。誰もが偉大と言い、みんなの憧れだった彼が本当にほしかったのは他のものでもないただ彼女の愛だけだった。
監督:バズ・ラーマン 出演者: レオナルド・ディカプリオ(ジェイ・ギャツビー)、トビー・マグワイア(ニック・キャラウェイ)、キャリー・マリガン(デイジー・ブキャナン)、ジョエル・エドガートン(トム・ブキャナン )、 アイラ・フィッシャー(マートル・ウィルソン)ほか

「マネーショート 華麗なる大逆転」のネタバレあらすじ結末

2016/04/07掲載

マネーショート 華麗なる大逆転の紹介:2015年アメリカ映画。マイケルルイスが著した本「世紀の空売り、世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に映画化した作品。リーマンショックが起きる前に経済破綻の危機に気付いた男たちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットなど豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンの危険性を察知した金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうとする様子を描く。今作では豪華な俳優陣が熱演を繰り広げ、アカデミー賞にノミネートされました。
監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベイル(マイケル・バーリ)、スティーヴ・カレル(マーク・バウム)、ライアン・ゴズリング(ジャレッド・ベネット)、ブラッド・ピット(ベン・リカート)ほか

「シンプル・シモン」のネタバレあらすじ結末

2016/04/07掲載

シンプル・シモンの紹介:2010年スウェーデン映画。兄のために恋人探しを始めたシモンは人の感情を読むのが大の苦手。恋愛映画のような完璧なデートは果たしてうまく行くのか?
監督:アンドレアス・エーマン 出演:ビル・スカルスガルド、マッティン・バルストレム、セシリア・フォッシュ、ソフィー・ハミルトン、ロッタ・テイレほか

「魔法使いの弟子」のネタバレあらすじ結末

2016/04/07掲載

魔法使いの弟子の紹介:2010年アメリカ映画。この作品は、ディズニー映画「ファンタジア」の中の一作「魔法使いの弟子」をモチーフに制作された、実写映画です。普通の人の知らないところで、魔法使いの戦争が行われている世界で、物理オタクの青年が魔法使いの弟子にさせられてしまいます。最悪の魔女モルガナを彼は倒すことができるのか。そして、彼の恋の行方は?
監督:ジョン・タートルトーブ 出演:バルサザール・ブレイク(ニコラス・ケイジ/大塚明夫)/デイブ・スタットラー(ジェイ・バルチェル/山崎樹範)/マキシム・ホルヴァート(アルフレッド・モリーナ/石塚運昇)/ベッキー・バーンズ(テリーサ・パーマー/佐古真弓)/モルガナ(アリス・クリーグ/一城みゆ希)ほか

「ハネムーン・キラーズ」のネタバレあらすじ結末

2016/04/06掲載

ハネムーン・キラーズの紹介:1970年アメリカ映画。アメリカで実際に起こった連続殺人事件の顛末を描いた作品で、詐欺師の男女が協力して次々と殺人を犯していくというストーリーが展開され、作品内から熱狂的なファンを生み出した映画です。
監督 :レナード・カッスル 出演:シャーリー・ストーラー、トニー・ロー・ビアンコ、メアリー・ジェーン・ヒグビー、ドーサ・ダックワース、ドリス・ロバーツ、マリリン・クリスほか

「ビッグ・ダディ」のネタバレあらすじ結末

2016/04/06掲載

ビッグ・ダディの紹介:1999年アメリカ映画。コメディアンであるアダム サンドラー主演の映画で、ある子供と大人の交流を通して、大人が成長するというストーリーをコメディタッチで描いた作品です。
監督:デニス・デューガン 出演:アダム・サンドラー、ジョーイ・ローレン・アダムス、ジョン・スチュワート、コール・スプラウス、ディラン・スプラウス、レスリー・マン、
スティーヴ・ブシェミほか

「ロッタちゃんと赤いじてんしゃ」のネタバレあらすじ結末

2016/04/06掲載

ロッタちゃんと赤いじてんしゃの紹介:1992年スウェーデン映画。アストリッドリンドグレーン氏が書いた児童文学作品であるロッタちゃんシリーズからちいさいロッタちゃん、ロッタちゃんと自転車を原作として描かれた映画です。
監督 :ヨハンナ・ハルド 出演:グレテ・ハヴネショルド、ベアトリス・イェールオース、クラース・マルムベリー、マルティン・アンデションほか

「スパイダーズ」のネタバレあらすじ結末

2016/04/06掲載

スパイダーズの紹介:2000年アメリカ映画。スペースシャトルで実験されていた遺伝子操作のクモがシャトルの落下により地球上へと現れ、そのスクープを狙った大学生記者たちにクモが襲い掛かかるというB級映画です。
監督 :ゲイリー・ジョーンズ 出演:ラナ・パリラ、ジョシュ・グリーン、オリヴァー・マクレディ、ニック・スワーツ、マーク・フェラン、ジョナサン・ブレックほか

「サイダーハウス・ルール」のネタバレあらすじ結末

2016/04/06掲載

サイダーハウス・ルールの紹介:1999年アメリカ映画。助演のマイケルケイン、そして脚本がアカデミー賞を受賞した感動的な物語で、ある孤児院の院長と孤児院を出たいと願うある青年の交流を描きます。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:トビー・マグワイア(ホーマー・ウェルズ)、シャーリーズ・セロン(キャンディ・ケンドール)、マイケル・ケイン(ウィルバー・ラーチ医師)、デルロイ・リンドー(ミスター・ローズ)、ポール・ラッド(ウォリー・ワージントン)ほか

「白雪姫」のネタバレあらすじ結末

2016/04/05掲載

白雪姫の紹介:1937年アメリカ、ディズニーアニメ映画。ディズニーの最初の長編アニメーション映画であり、世界初のアニメーション映画でもある作品です。城に住む白雪姫は、継母の女王にこき使われながらも美しい心と容姿をしていました。しかし、彼女の美しさに嫉妬した女王に殺されそうになった白雪姫は、森に入り込みます。白雪姫は、助かることができるのでしょうか。思わず口ずさんでしまう曲にも注目です。
監督:デイヴィッド・ハンド 出演:白雪姫(アドリアナ・カセロッティ/小鳩くるみ)/女王(ルシル・ラ・ヴァーン/里見京子)/魔法の鏡(モローニ・オルセン/大木民夫)/狩人(スチュアート・ブキャナン/八代駿)/先生(ロイ・アトウェル/熊倉一雄)ほか

「シンデレラ(1950年)」のネタバレあらすじ結末

2016/04/05掲載

シンデレラの紹介:1950年アメリカ、ディズニーアニメ映画。シャルル・ペローの童話「シンデレラ」を原作に作られた、ディズニーのアニメ映画。継母や義理の姉たちにこき使われながらも、希望を持ち続けたシンデレラは、ある日妖精に出会います。「12時の鐘が鳴り終わるまで」彼女は、お城の舞踏会へ行き、王子様恋に落ちます。シンデレラと王子は、再び巡り会うことができるのでしょうか。
監督:ウォルフレッド・ジャクソン/ハミルトン・ラスク/クライド・ジェロニミ 出演:シンデレラ(アイリーン・ウッズ/鈴木より子)/プリンス・チャーミング王子(ウィリアム・ピップズ/風雅なおと)/トレメイン夫人(エレノア・オードリー/寺島信子)/フェアリー・ゴットマザー(ヴェルナ・フェルトン/京田尚子)/大公(ルイス・ヴァン・ロッテン/吉永慶)ほか

「バグズ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

2016/04/05掲載

バグズ・ライフの紹介:1998年アメリカ映画。虫の世界を舞台に、ディズニー・ピクサーで制作されたフルCG作品です。アリと、アリを虐げるバッタとの関係を断ち切ろうと、空回りをしまくる主人公と、サーカス一座が行動を引き起こします。主人公は、仲間達をバッタの脅威から救うことができるのでしょうか。
監督:ジョン・ラセター/アンドリュー・スタントン 出演:フリック(デイブ・フォーリー/宮本充)/ホッパー(ケヴィン・スペイシー/壌晴彦)/アッタ姫(ジュリア・ルイス=ドレイファス/土井美加)/ドット姫(ヘイデン・パネッティーア/須藤祐実)/スリム(デヴィッド・ハイド・ピアース/伊藤和晃)ほか

1 163 164 165 166 167 168 169 170 171 238
TOP↑