「天の茶助」のネタバレあらすじ結末

2017/08/20掲載

天の茶助の紹介:2014年日本映画。SABU監督が書き下ろした自身の小説を映画化。天界という想像を膨らませたユニークな設定の映画です。天界では、地上に生きる人間たちの人生や運命のシナリオを書きつづる天界の脚本家たちがいました。そんな彼らにお茶を振る舞う、お茶くみ係である茶助がこの物語の主人公です。彼は地上のユリという女性に魅了されていましたが、自分が不用意に脚本家に発した言葉により、天界のシナリオが書き換えられ、人間界で生きるユリが交通事故で死ぬ運命であることを知ってしまいます。ユリを助けるために茶助は人間界に降りたつことになります。ユリの暮らす沖縄に向かうこととなります。主演の茶助役には、監督の作品である「うさぎドロップ」以来2度目の主演となる松山ケンイチが演じています。独特何とか世界観があり、その中で松山ケンイチが泥臭い一面を見せていきます。
監督:SABU 出演者:松山ケンイチ(茶助)、大野いと(新城ユリ)、大杉漣(種田潤一)、伊勢谷友介(彦村ジョー)、田口浩正(チャーリー・ポン)、ほか

「ベートーベン2」のネタバレあらすじ結末

2017/08/20掲載

ベートーベン2の紹介:1993年アメリカ映画。セント・バーナードのベートーベンが巻き起こす傑作ファミリー・コメディシリーズ第2作目。町を散歩していたベートーベンは、公園で同じセント・バーナードの雌ミッシーに出会う。惹かれ合う2匹は逢瀬を重ね、ついに4匹の子犬が生まれた。ニュートン家の子ども達は父ジョージに内緒で飼育しようとするが、子犬を巡って新たなトラブルが巻き起ころうとしていた。
監督:ロッド・ダニエル 出演者:チャールズ・グローディン(ジョージ・ニュートン)、ボニー・ハント(アリス・ニュートン)、ニコール・トム(ライス・ニュートン)、クリストファー・キャスタイル(テッド・ニュートン)、サラ・ローズ・カー(エミリー・ニュートン)ほか

「ベートーベン」のネタバレあらすじ結末

2017/08/20掲載

ベートーベンの紹介:1992年アメリカ映画。セント・バーナードのベートーベンが巻き起こす騒動を描いたファミリー・コメディ。ある日、ニュートン家にペット泥棒の手から逃げ出したセント・バーナードの子犬が迷い込む。犬嫌いの一家の長ジョージは追い出そうとするが、妻や子ども達に懇願され渋々飼うことにした。ベートーベンと名付けられた犬は家族に愛されながら暮らしていたが、再びペット泥棒の魔の手が迫る。
監督:ブライアン・レヴァント 出演者:チャールズ・グローディン(ジョージ・ニュートン)、ボニー・ハント(アリス・ニュートン)、ディーン・ジョーンズ(ヘルマン・ヴァーニック)、ニコール・トム(ライス・ニュートン)、クリストファー・キャスタイル(テッド・ニュートン)、サラ・ローズ・カー(エミリー・ニュートン)ほか

「美男(イケメン)ですね 劇場編集版」のネタバレあらすじ結末

2017/08/20掲載

美男(イケメン)ですね 劇場編集版の紹介:2009年韓国映画。韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」を劇場版として再編集した映画。韓国でも日本でも爆発的ヒットとなったドラマだったため、劇場版が制作されました。日本でもリメイクとして日本人の俳優を使ってドラマ化されました。このドラマで韓国の俳優、チャン・グンソクは日本でも有名な俳優として名を知られることになりました。
監督:ホン・ソンチャン 出演者:チャン・グンソク(ファン・テギョン)、パク・シネ(コ・ミナム、コ・ミニョ)、シヌ(ジョン・ヨンファ)、イ・ホンギ(ジェルミ)、ジョン・ヨンファ(カン・シヌ)、ほか

「アルフィー」のネタバレあらすじ結末

2017/08/19掲載

アルフィーの紹介:2004年アメリカ映画。「アルフィー」はマイケル・ケイン主演で昔作られた映画のリメイク作品です。今回はジュード・ロー主演で、プレイボーイの成れの果てを描いています。主人公は見事な容姿を武器にさまざまな女性と遊び歩きます。結婚は墓場だと考えていて、良い女とワインがあればそれで満足であると考えています。しかしやがてそのツケは自分に回ってきます。結局はひとりぼっちになってしまう主人公を通して、「人生とは一体何なのか?」を考える作品です。
監督:チャールズ・シャイア 出演者:ジュード・ロウ(アルフィー)、マリサ・トメイ(ジュリー)、オマー・エップス(マーロン)、ニア・ロング(ロネット)、ジェーン・クラコウスキー(ドリー)、スーザン・サランドン(リズ)、ほか

「コングの復讐」のネタバレあらすじ結末

2017/08/19掲載

コングの復讐の紹介:1933年アメリカ映画。特撮映画の金字塔「キングコング」(1933年公開)の続編です。前作の事件から1ヶ月後、キングコングをニューヨークに連れてきたことから街を混乱に陥れたとして損害賠償を求められ生活に困った興行師と船長が再びコングの故郷の島を訪れ、そこでコングの息子と遭遇します。
監督:アーネスト・B・シェードザック 出演者:ロバート・アームストロング(カール・デンハム)、ヘレン・マック(ヒルダ・ピーターソン)、フランク・ライヒャー(エングルホーン船長)、ジョン・マースト(ニルス・ヘルストローム)、ヴィクター・ウォン(チャーリー)ほか

「100歳の少年と12通の手紙」のネタバレあらすじ結末

2017/08/19掲載

100歳の少年と12通の手紙の紹介:2009年フランス映画。余命わずかな10歳の少年が、愛を遠ざけて生きてきたピザ屋の女主人と心を通わせて、残された日々を懸命に生きる姿をファンタジックな映像を交えて描いたハートウォーミングストーリー。
監督:エリック・=エマニュエル・シュミット 出演:ミシェル・ラロック(ローズ)、アミール(オスカー)、マックス・フォン・シドー(デュッセルドルフ医師)、アミラ・カサール(ゴメット婦長)、ミレーヌ・ドモンジョ(ローズの母)、ほか

「八月の狂詩曲」のネタバレあらすじ結末

2017/08/19掲載

八月の狂詩曲(ラプソディー)の紹介:1991年日本映画。日本映画界の巨匠・黒澤明監督が村田喜代子の芥川賞受賞作品「鍋の中」を映画化したもので、長崎で原爆体験をした祖母と4人の孫たちのひと夏の交流を描いています。
監督: 黒澤明 出演者:村瀬幸子(鉦)、吉岡秀隆(縦男)、大寶智子(たみ)鈴木美恵(みな子)、伊崎充則(信次郎)、リチャード・ギア(クラーク)ほか

「空気人形」のネタバレあらすじ結末

2017/08/19掲載

空気人形の紹介:2009年日本映画。空気人形の紹介:業田良家の心を持った人形を描く漫画「ゴーダ哲学堂 空気人形」を実写映画化。第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映されました。監督は「そして父になる」や「海街diary」の是枝裕和。
監督:是枝裕和 出演:ペ・ドゥナ(空気人形)、ARATA(レンタルビデオ屋の従業員・純一)、板尾創路(空気人形の持ち主、ファミレス従業員・秀雄)、高橋昌也(元高校国語教師・敬一)、余貴美子(受付嬢)、岩松了(レンタルビデオ屋の店長・鮫洲)、オダギリジョー(人形師)、富司純子(未亡人)、ほか

「ヒトラーの贋札」のネタバレあらすじ結末

2017/08/19掲載

ヒトラーの贋札の紹介:2007年ドイツ,オーストリア映画。実話であるドイツの史上最大の贋札事件であるベルンハルト大作戦の裏側を描いた作品です。この贋作事件には当時迫害されていたユダヤ人が利用されていたのでした。
監督:ステファン・ルツォヴィツキー 出演:カール・マルコヴィクス(サロモン・ソロヴィッチ/サリー)、アウグスト・ディール(アドルフ・ブルガー)、デーヴィト・シュトリーゾフ(フリードリヒ・ヘルツォーク)、マリー・ボイマー(アグライア)、ドロレス・チャップリン(カジノの令嬢)、ほか

「ブック・オブ・ライフ マノロの数奇な冒険」のネタバレあらすじ結末

2017/08/19掲載

ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~の紹介:2014年アメリカ映画。メキシコの架空の町を舞台に、劇中劇の主役の3人、マノロ、ホアキン、マリアが、それぞれの立場で成長し、自分の求めるものを探す物語です。劇中劇が、木彫りの人形の姿で作り上げられ、画面いっぱいに広がる色鮮やかな世界観は観客を圧倒します。メキシコで盛大に祝われる祝日「死者の日」をモチーフに、生と死、それぞれの意味を持たせる重厚なストーリーも良く練られています。主人公以外のキャラクターも丁寧に描かれ、マノロが熱唱する曲として、レディオヘッドの『creep』が使われるなど、細微に渡り魅力満載のアニメーション作品です。
監督:ホルヘ・グティエレス 声優:ディエゴ・ルナ(マノロ)、ゾーイ・サルダナ(マリア)、チャニング・テイタム(ホアキン)ほか

「きょうのキラ君」のネタバレあらすじ結末

2017/08/19掲載

きょうのキラ君の紹介:2017年日本映画。みきもと凜の原作漫画「きょうのキラ君」を実写映画化。学校の女子にモテモテの吉良ゆいじに恋をしたヒロイン、岡村ニノンが、他人とうまく付き合うのが苦手にもかかわらず、ある秘密を持っているキラ君を笑顔にするため奔走する様子が描かれるラブストーリー。どうか2人の恋が終わらないで!と願わずにはいられない。
監督:川村恭祐 出演者:中川大志(吉良ゆいじ/キラ)、飯豊まりえ(岡村二ノン)、葉山奨之(矢部和弘)、平佑奈(矢作澪)、安田顕(二ノンの父)、三浦理恵子(二ノンの母)、岡田浩暉(キラの父)

「ピーチガール」のネタバレあらすじ結末

2017/08/18掲載

ピーチガールの紹介:2017年日本映画。「ピーチガール」は少女漫画を原作とした実写化映画。見た目がガングロギャルなため、そのように普段は振舞っていますが、実は内面は全く違う性格で、本当の自分をさらけ出せずに日々を過ごしてきた主人公が恋をしたり、友情を育んだりして本当の自分を取り戻す物語。
監督:神徳幸治 出演:山本美月(安達もも)、伊野尾慧(岡安浬(カイリ))、真剣佑(東寺ヶ森一矢(とーじ))、永野芽郁(柏木沙絵)、本仮屋ユイカ(安芸操)、ほか

「インソムニア」のネタバレあらすじ結末

2017/08/18掲載

インソムニアの紹介:2002年アメリカ映画。事件の応援で白夜のアラスカを訪れたロス市警のベテラン刑事が捜査中に誤って相棒を射殺したことから不眠症に陥り、事件の犯人からも追い詰められていくサスペンス。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:アル・パチーノ(ウィル・ドーマー)、ロビン・ウィリアムズ(ウォルター・フィンチ)、ヒラリー・スワンク(エリー・バー)、モーラ・ティアニー(レイチェル・クレメント)、マーティン・ドノヴァン(ハップ・エクハート)、ほか

「動乱」のネタバレあらすじ結末

2017/08/18掲載

動乱の紹介:1980年日本映画。五・一五事件から二・二六事件までの時代を背景に、二・二六事件を決行するまでのいきさつや、軍の中でのやり取り、決行した青年将校とその妻との愛などを描いた映画です。
監督:森谷司郎 出演:高倉健(宮城啓介)、吉永小百合(溝口薫)、米倉斉加年(島憲兵曹長)、桜田淳子(高見葉子)、田村高廣(神崎中佐)、ほか

1 2 3 4 5 6 287
TOP↑