「イーオン・フラックス」のネタバレあらすじ結末

2017/02/23掲載

イーオン・フラックスの紹介:2005年アメリカ映画。カルト的人気を持つ、アメリカの短編アニメ映画を元にしたSFアクション映画。2011年、人類の99%がウイルスで死滅後、科学者トレヴァー・グッドチャイルドが開発したワクチンで絶滅を回避した人類は、理想郷ブレーニャで不自由ない生活を営んでいます。2415年、グッドチャイルド一族に支配された政府に強い疑いを抱く、反政府組織モニカンの最強戦士イーオン・フラックスはトレヴァー8世の暗殺命令を受けます。二人の出会いが理想郷ブレーニャの根幹を揺るがすことになります。
監督:カリン・クサマ  出演者:シャーリーズ・セロン(イーオン・フラックス)、マートン・チョーカシュ(トレヴァー・グッドチャイルド8世)、ジョニー・リー・ミラー(オーレン・グッドチャイルド)、アメリア・ワーナー(ユナ・フラックス)、ソフィー・オコネドー(シサンドラ)ほか

「ねこタクシー」のネタバレあらすじ結末

2017/02/23掲載

ねこタクシーの紹介:2010年日本映画。永森裕二の小説を原作としたテレビドラマの劇場版。キャッチコピーは「やっかいなこともあるけれど、それでも人生はステキです」で、ある猫たちを飼うことで人付き合いが苦手な主人公が自分の生き方を考え直していく様子を描いたハートフル・ヒューマンドラマです。
監督 :亀井亨 出演:カンニング竹山(間瀬垣勤)、鶴田真由(間瀬垣真亜子)、山下リオ(間瀬垣瑠璃)、芦名星(丹羽仁美)、高橋長英(真泉平)、ほか

「ジャージの二人」のネタバレあらすじ結末

2017/02/23掲載

ジャージの二人の紹介:2008年日本映画。芥川賞作家・長嶋有の小説を原作とした映画です。キャッチコピーは「ワケあり父子の、何もしない夏休み」で、仕事が嫌いな父と無職になった息子との夏の北軽井沢の山荘でのアンチ・スローライフの日々を軽妙に描いたコメディ映画です。堺雅人と伝説のロックバンド“シーナ&ザ・ロケッツ”の鮎川誠出演で映画化された作品です。
監督:中村義洋 出演:堺雅人(息子)、鮎川誠(父親)、水野美紀(息子の妻)、田中あさみ(花子)、ダンカン(岡田さん)、ほか

「マダムと泥棒」のネタバレあらすじ結末

2017/02/23掲載

マダムと泥棒の紹介:1955年イギリス映画。身分を偽って部屋を借りた強盗団が、家主の老婦人に振り回される様子を描いた犯罪&コメディ作品。強盗団のリーダーマーカスは、何も知らない老婦人を巻き込んだ強盗計画を思いつく。しかし老婦人の度を越したお節介と正義感が原因で計画は破綻し始め、強盗団は自滅の道を進むことになる。イーリング・スタジオが送る「イーリング・コメディ」の傑作。
監督:アレクサンダー・マッケンドリック 出演者:アレック・ギネス(マーカス教授)、ケイティ・ジョンソン(ウィルバーフォース夫人)、セシル・パーカー(コートニー少佐)、ハーバート・ロム(ルイ)、ピーター・セラーズ(ハリー)、ダニー・グリーン(ワンラウンド)ほか

「待ち伏せ」のネタバレあらすじ結末

2017/02/23掲載

待ち伏せの紹介:1970年日本映画。藤木弓(稲垣浩のペンネーム)と小国英雄、高岩肇、宮川一郎の4人で執筆したオリジナル脚本をもとに、三船プロダクションが製作したアクション時代劇映画。三船敏郎が主演を務め、石原裕次郎、勝新太郎、中村錦之助、浅丘ルリ子などが共演した豪華キャスト時代劇です。
監督:稲垣浩 出演:三船敏郎(用心棒)、石原裕次郎(弥太郎)、勝新太郎(玄哲)、中村錦之助(伊吹兵馬)、浅丘ルリ子(おくに)、ほか

「向田邦子 イノセント きんぎょの夢」のネタバレあらすじ結末

2017/02/23掲載

向田邦子 イノセント きんぎょの夢の紹介:2012年日本映画。男女の愛をテーマに、不倫相手との結婚を夢見る女の切ない恋の行方を描いた作品。向田邦子の短編小説を現代風にリメイクしたストーリーとなっており、長年連れ添った妻に勝てない愛人の切ない立場を、中越典子が好演しています。
監督:三原光尋 出演者:中越典子(砂子)、田中哲司(殿村)、富田靖子(みつ子)、金子さやか(砂子の妹)

「向田邦子 イノセント 愛という字」のネタバレあらすじ結末

2017/02/23掲載

向田邦子 イノセント 愛という字の紹介:2012年日本映画。男女の愛をテーマに、平凡な主婦の不倫の恋を描いた作品。向田邦子の短編小説を現代風にリメイクしたストーリーとなっており、主人公の出した決断に、夫婦の穏やかな愛情の大切さに気づかされます。
監督:森淳一 出演者:原田美枝子(夕子)、村上淳(新木)、光石研(夕子の夫)、麻生祐未(晴美)

「愚行録」のネタバレあらすじ結末

2017/02/23掲載

愚行録(ぐこうろく)の紹介:2016年日本映画。妹が逮捕されまだ気持ちの整理がつかない田中は自身の仕事に打ち込むことでなんとか気持ちを紛らわせようとしていた。来月でちょうど1年になる未解決事件の調査。週刊誌の記者として働く田中はその事件を再度調べるため被害者の近辺を探り始める。そして調査を続けるうちに次第に被害者の素顔が浮き彫りにされていく。石川慶監督の長編デビュー作。原作は直木賞の候補にもなった貫井徳郎「愚行録」。
監督:石川慶 出演:妻夫木聡(田中武志)、満島ひかり(田中光子)、小出恵介(田向浩樹)、臼田あさ美(宮村淳子)、市川由衣(稲村恵美)、松本若菜(夏原友季恵)、中村倫也(尾形孝之)、ほか

「キャデラック・レコード」のネタバレあらすじ結末

2017/02/22掲載

キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~の紹介:2008年アメリカ映画。1960年代、実在したシカゴのR&Bレーベル「チェス・レコード」の生い立ちと、数々のアーティストたちの人間模様を描いたミュージカル映画。ビヨンセが製作総指揮を務め、第66回ゴールデングローブ賞歌曲賞にノミネートされました。
監督:ダーネル・マーティン 出演:エイドリアン・ブロディ(レナード・チェス)、ジェフリー・ライト(マディ・ウォーターズ)、ビヨンセ・ノウルズ(エタ・ジェイムズ)、コロンバス・ショート(リトル・ウォルター)、モス・デフ(チャック・ベリー)、ほか

「くろねこルーシー」のネタバレあらすじ結末

2017/02/22掲載

くろねこルーシーの紹介:2012年日本映画。倉木佐斗志・十月サクヒ著による小説を原作とした、日本初の黒猫をメインにした動物実写映画で、キャッチコピーは「きっと大丈夫。猫もそう言ってます」というハートフル・ヒューマンドラマです。
監督:亀井亨 出演:鴨志田賢(塚地武雅)、鴨志田幸子(安めぐみ)、里中渚(大政絢)、ガリンシャ(濱田マリ)、似顔絵師(サコイ)、鴨志田陽(山本耕史)、鴨志田美紀(京野ことみ)、新藤三郎太(佐戸井けん太)、鮫島修一(生瀬勝久)、母猫ルーシー(ジャック)、子猫ルーとシー(スモークとモア)、ほか

「ゲッタウェイ (1972年)」のネタバレあらすじ結末

2017/02/22掲載

ゲッタウェイの紹介:1972年アメリカ映画。銀行強盗を犯した夫婦の逃走劇を描くサスペンス・アクション。ドク・マッコイは地元の顔役の指示で小さな銀行に強盗に入った。しかし少しずつ計画は破綻し始め、ドクは妻キャロルと共に逃走を余儀なくされる。バイオレンスとラブストーリーを融合させたサム・ペキンパー監督最大のヒット作。
監督:サム・ペキンパー 出演者:スティーブ・マックイーン(ドク・マッコイ)、アリ・マッグロー(キャロル・マッコイ)、ベン・ジョンソン(ジャック・ベニヨン)、アル・レッティエリ(ルディ・バトラー)、サリー・ストラザース(フラン・クリントン)ほか

「ジェーン・エア(2011年)」のネタバレあらすじ結末

2017/02/22掲載

ジェーン・エアの紹介:2011年イギリス,アメリカ映画。イギリス人作家シャーロット・ブロンテの同名の作品を映画化した恋愛映画です。孤児として育ち、フランス語の家庭教師として屋敷にやってきたジェーンエアが、困難を乗り越え屋敷の主人であるロチェスターと結ばれるまでの日々を描きます。
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ 出演者:ミア・ワスコウシカ(ジェーン・エア)、マイケル・ファスベンダー(エドワード・ロチェスター)、ジェイミー・ベル(セント・ジョン)ほか

「ハングオーバー!!!最後の反省会」のネタバレあらすじ結末

2017/02/22掲載

ハングオーバー!!!最後の反省会の紹介:2013年アメリカ映画。人気シリーズ、ハングオーバー3作目。父が急死し、家族からの要望で精神療養施設に入ることが決まったアラン。義兄ダグとその親友フィル、ステュの見送りで、アリゾナに連れて行くことに。しかし道中、謎の男たちに捕まる。マフィアのボスであるマーシャルに、4人の知人ウォン氏を探し出せと命令される。保険としてダグが拘束され、フィルたち3人はウォン氏を探し始める。
監督:トッド・フィリップス 出演:ブラッドリー・クーパー(フィル)、エド・ヘルムズ(ステュ)、ザック・ガリフィナーキス(アラン)、ケン・チョン(ミスター・チャウ)、ヘザー・グレアム(ジェイド)、ほか

「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」のネタバレあらすじ結末

2017/02/22掲載

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越えるの紹介:2011年アメリカ映画。人気シリーズ、ハングオーバー2作目。ステュの結婚式に出席するため、彼の花嫁の故郷であるタイに、フィル、ダグ、アランは飛んだ。ラスベガスでの失態のような事件を避けるべく、慎重に行動したはずだったのだが、結局バンコクの見知らぬマンションで目が覚める。汗だくのフィル、なぜか丸刈りになったアラン、顔にタトゥーが入ったステュ、そして誰かの指…。ダグは無事なようでホテルから連絡が来たのだが、今度はステュの義弟のテディがいなくなったと聞き、3人は彼の行方を追うことに。
監督:トッド・フィリップス 出演:ブラッドリー・クーパー(フィル)、エド・ヘルムズ(ステュ)、ザック・ガリフィナーキス(アラン)、ケン・チョン(ミスター・チャウ)、ジェフリー・タンバー(シド)、ほか

「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のネタバレあらすじ結末

2017/02/22掲載

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの紹介:2009年アメリカ映画。結婚を前に花婿ダグと仲間たちが独身最後の羽目外しに向かった先はラスベガス。カジノで最高の夜を過ごしたはずが、翌朝ダグは失踪!残る3人の記憶も無く、部屋の中には荒れ放題。記憶を取り戻し、ダグを探すため、3人はラスベガス中を駆け回ることに!
監督:トッド・フィリップス 出演:ブラッドリー・クーパー(フィル)、エド・ヘルムズ(ステュ)、ザック・ガリフィナーキス(アラン)、ヘザー・グレアム(ジェイド)、ジャスティン・バーサ(ダグ)、ほか

1 2 3 4 5 6 191
TOP↑