「ハート・ロッカー」のネタバレあらすじ結末

2017/04/22掲載

ハート・ロッカーの紹介:2008年アメリカ映画。イラク戦争下、爆弾処理班として派遣されたジェレミー一等軍曹。凄腕の彼の仕事振りは、時には周囲をも危険に曝すほど際どいものでした。彼は、ただ任務に忠実なだけか、それとも狂気に取りつかれているのか?
監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー(ウィリアム・ジェームズ二等軍曹)、アンソニー・マッキー(J・T・サンポーン軍曹)、ブライアン・ジェラティ(オーウェン・エルドリッジ技術兵)、レイフ・ファインズ(請負チームリーダー)、ガイ・ピアース(マット・トンプソン軍曹)、ほか

「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」のネタバレあらすじ結末

2017/04/22掲載

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃の紹介:2016年日本映画。ある日、野原一家は全員が理想的な夢を見ますが、その内ひろし、みさえは悪夢を見るようになります。しかしそれは野原一家だけではなく、春日部中の人間が同じように悪夢にうなされていきます。そんな中、幼稚園に転入してきたサキと一緒にカスカベ防衛隊はこの集団悪夢について立ち上がりますが、サキにはある秘密を抱えていました。劇団ひとりさんが共同脚本に加わり、ゲスト声優には安田顕さん、吉瀬美智子さんが参加しています。
監督:高橋渉 声の出演:矢島晶子(しんのすけ)、ならはしみき(みさえ)、藤原啓治(ひろし)、こおろぎさとみ(ひまわり)、城咲仁(城咲仁)、とにかく明るい安村(とにかく明るい安村)、安田顕(貫庭玉夢彦)ほか

「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」のネタバレあらすじ結末

2017/04/21掲載

名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊の紹介:2002年日本映画。ゲーム業界の新作発表会に招待されたコナン達は体験型ゲームに参加します。しかしゲームでは人工知能が発達したノアズ・アークがゲームを支配し、もし誰か1人でもゲームにゴールしなければ参加者全員の脳を破壊すると宣告します。そして同時に現実の世界でも殺人事件が起こり、コナンの父、工藤優作が解決のために捜査します。人気アニメ「名探偵コナン」シリーズの第6弾で舞台が100年前のロンドンでコナン達が活躍します。脚本には江戸川乱歩賞を受賞している野沢尚さんが参加しています。
監督:こだま兼嗣 出演:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、神谷明(毛利小五郎)、山口勝平(工藤新一)、林原めぐみ(灰原哀)、ほか

「裏切りのサーカス」のネタバレあらすじ結末

2017/04/21掲載

裏切りのサーカスの紹介:2011年イギリス,フランス,ドイツ映画。ゲイリー・オールドマンを主演に、コリン・ファースやジョン・ハート、ベネディクト・カンバーバッチといった有名俳優ばかりを揃えた一作。そのあまりに深すぎる内容は、一度見ただけでは理解出来ない、何度見ても楽しめる作品。
監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:ゲイリー・オールドマン(ジョージ・スマイリー)、コリン・ファース(ビル・ヘイドン)、トム・ハーディ(リッキー・ター)、ジョン・ハート(コントロール)、トビー・ジョーンズ(パーシー・アレリン)、マーク・ストロング(ジム・プリドー)、ベネディクト・カンバーバッチ(ピーター・ギラム)、ほか

「本物の家族になれるまで」のネタバレあらすじ結末

2017/04/21掲載

本物の家族になれるまで(We Are Pregnant)の紹介:2016年スペイン映画。アリーナとフランは仲良しカップル。しかし二人にはまだ子供がいませんでした。そろそろ子供が欲しいアリーナでしたが、フランはまだまだ父親になる覚悟ができていませんでした。
監督:フアナ・マシアス 出演:アイノーア・アイルべ(アルマ)、アルベルト・アマリージャ(ギレルモ)、アレクサンドラ・ヒメネス(アリーナ)、イニャキ・フォント(コルド)、パコ・レオン(フラン)、ほか

「MARCO 母をたずねて三千里」のネタバレあらすじ結末

2017/04/21掲載

劇場版 MARCO 母をたずねて三千里の紹介:1999年日本映画。出稼ぎをしなければならなかった厳しい時代背景を元に、連絡のつかなくなった母の身を案じて息子のマルコがイタリアからアルゼンチンという長い長い道のりで過酷な旅を描いた物語。
監督:楠葉宏三 出演:樋口智恵子(マルコ)、菅生隆之(父・ピエトロ)、榊原るみ(母・アンナ)、田中伸幸(兄・トニオ)、なべおさみ(ペッピーノ)、井上倫宏(30年後のマルコ)、ほか

「あの日の声を探して」のネタバレあらすじ結末

2017/04/21掲載

あの日の声を探しての紹介:2014年フランス,グルジア映画。ロシアの侵攻が原因で、両親がこの世を去り、さらに声まで失ってしまったチェチェン人の少年が、EUで職員をしている女性と出会い、生き別れの姉弟を捜すべく必死に生きる様子を映く感動ドラマ。
監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:ベレニス・ベジョ(キャロル)、アネット・ベニング(ヘレン)、マクシム・エメリヤノフ(コーリャ)、アブドゥル・カリム・マムツィエフ(ハジ)、ほか

「ウッドストックがやってくる!」のネタバレあらすじ結末

2017/04/21掲載

ウッドストックがやってくる!の紹介:2009年アメリカ映画。脚本家のエリオット・タイバーと、トムモンテによる回想録『ウッドストックがやってくる』をもとに描かれた映画。「ウッドストック・フェスティバル」開催40周年を記念して製作されました。田舎町に住む青年が、地元に大規模音楽フェス「ウッドストックフェスティバル」を誘致する物語です。イベントを成功させるために奮闘する様子を描いた、青春ドキュメンタリー。
監督:アン・リー 出演者:エリオット・タイチバーグ(ディミトリ・マーティン)、ジェイク・タイチバーグ(ヘンリー・グッドマン)、ソニア・タイチバーグ(イメルダ・スタウントン)、マイケル・ラング(ジョナサン・グロフ)他

「オレンジと太陽」のネタバレあらすじ結末

2017/04/21掲載

オレンジと太陽の紹介:2010年イギリス映画。大人たちのあまりにも身勝手な行動により多くの子供が離れた土地で辛い労働を虐げられていたという、非現実的な本当にあった物語を映画化。
監督:ジム・ローチ 出演:エミリー・ワトソン(マーガレット・ハンフリーズ)、デヴィッド・ウェナム(レン)、ヒューゴ・ウィーヴィング(ジャック)、ほか

「美女と野獣(2017年)」のネタバレあらすじ結末

2017/04/21掲載

美女と野獣の紹介:2017年アメリカ映画。ディズニーの名作「美女と野獣」を忠実に再現した実写版映画最新作。美しい心を持つ女性ベルと野獣の恋の行方を描く。オリジナルの魅力を損ねることなく、ストーリーとキャラクター描写に更に厚みを持たせて、美女と野獣がなぜ惹かれあったのか、観客が納得できる作りになっています。
監督:ビル・コンドン 出演:エマ・ワトソン(ベル/美女)、ダン・スティーヴンス(王子/野獣)、ルーク・エヴァンス(ガストン)、ケヴィン・クライン(モーリス)、ジョシュ・ギャッド(ル・フウ)、ユアン・マクレガー(ルミエール)、ほか

「名探偵コナン から紅の恋歌」のネタバレあらすじ結末

2017/04/20掲載

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)の紹介:2017年日本映画。大阪のテレビ局にやってきたコナン達。平次と和葉の姿もあるそこでは百人一首のデモンストレーションが行われていた。しかし突如テレビ局に爆破予告が送られてくる。脅威はそれだけではなかった、その背後で起こる殺人、そして次々起こる殺人予告。百人一首の裏で起こる数々の事件はある人物の失踪に絡んでいた。そして巻き込まれる和葉の想い。人気コミック「名探偵コナン」の劇場版シリーズ21作目。脚本に小説家の大倉崇裕。ゲスト声優に宮川大輔が参加。
監督:静野孔文 声の出演:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、堀川りょう(服部平次)、宮川大輔(関根康史)、吉岡里帆(枚本未来)ほか

「ミンボーの女」のネタバレあらすじ結末

2017/04/20掲載

ミンボーの女の紹介:1992年日本映画。ホテル・ヨーロッパはサミットを開催する為にホテル内にいるヤクザを全て追い払う事を決意する。しかし、対策チームの鈴木と若杉はヤクザに脅される毎日を送ってしまう。そんな中、ミンボー対策の弁護士として井上まひるが二人の前に現れる。三人は、ホテルの為にヤクザ達と対決をする事となる。
監督:伊丹十三 出演者:宮本信子(井上まひる)、宝田明(小林総支配人)、大地康雄(鈴木勇気)、村田雄浩(若杉太郎)、伊東四朗(入内島)

「マルサの女2」のネタバレあらすじ結末

2017/04/20掲載

マルサの女2の紹介:1988年日本映画。1987年公開「マルサの女」の続編。脱税を取り締まる国税局査察部、通称マルサに勤務する女性査察官の板倉が、宗教法人を利用して脱税する地上げ屋や、権力者達と繰り広げる攻防を描いています。
監督:伊丹十三 出演:宮本信子(板倉亮子)、津川雅彦(花村)、三國連太郎(鬼沢鉄平)、加藤治子(赤羽キヌ)、中村竹弥(漆原)、ほか

「マルサの女」のネタバレあらすじ結末

2017/04/20掲載

マルサの女の紹介:1987年日本映画。国税局査察部、通称マルサに勤務する女性査察官が、脱税者の脱税のカラクリを捜査し解明していく過程での攻防をコミカルに描いています。
監督:伊丹十三 出演:宮本信子(板倉亮子)、山崎努(権藤英樹)、津川雅彦(花村)、大地康雄(伊集院)、金子(桜金造)、ほか

「タンポポ」のネタバレあらすじ結末

2017/04/20掲載

タンポポの紹介:1985年日本映画。伊丹十三監督による人情コメディ作品です。売れないラーメン屋を立て直そうと奮闘する行きずりの二人のトラック運転手らの姿を、周りの人間模様と共に描いています。
監督:伊丹十三 出演者:山崎努(ゴロー)、渡辺謙(ガン)、宮本信子(タンポポ)、ピスケン(安岡力也)、センセイ(加藤嘉)、ショーヘイ(桜金造)ほか

1 2 3 4 5 6 222
TOP↑