「アフターマス」のネタバレあらすじ結末

2017/10/07掲載

アフターマスの紹介:2016年アメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガー主演のスリラードラマ。愛する妻と娘を飛行機衝突事故で失った父、お金や補償ではなく、責任者の心のこもった謝罪を要求します。事件の責任を問われる航空会社の担当者は悩みながらも、衝突を不運な事故ととらえます。この両者とその家族の悩みと悲しみ、葛藤を描いた映画です。
監督:エリオット・レスター 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(ローマン・メルニック)、スクート・マクネイリー(ジェイク・ボナノス)、マギー・グレイス(クリスティーナ)、グレン・モーシャワー(マット)、マーティン・ドノヴァン(ロバート)、ハンナ・ウェア(テッサ・コルベット)、ほか

「フライ,ダディ,フライ」のネタバレあらすじ結末

2017/10/07掲載

フライ,ダディ,フライの紹介:2005年日本映画。金城一紀の小説「フライ、ダディ、フライ」を映画化。後にSPシリーズでタッグを組むことになる、岡田准一と堤真一が初めて本格的に共演した作品。冴えないサラリーマンが娘の為に立ち上がる。
監督:成島出 出演:岡田准一(パク・スンシン/朴舜臣)、堤真一(鈴木一)、須藤元気(石原勇輔)、星井七瀬(鈴木遥)、松尾敏伸(南方)、愛華みれ(鈴木夕子)、ほか

「プロヴァンスの贈りもの」のネタバレあらすじ結末

2017/10/07掲載

プロヴァンスの贈りものの紹介:2006年アメリカ映画。ロンドンの敏腕金融トレーダー、マックスは仕事も順調、多忙な生活を送っており休暇を取る機会もありません。ある日、幼い頃毎年夏休みを共に過ごしたヘンリーおじさんの訃報を受け、彼から相続されたフランス、プロヴァンスの住居とワイン園を売却しに現地へ向かいます。すぐ売却するつもりが、家の手入れをするうちに、優しいおじさんとの楽しかった思い出や、ワイン園を守りたい醸造職人家族との交流、そしてカフェオーナーの美しい女性、ファニーとの出会いによって徐々に彼の気持ちは変化して行きます。
監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ(マックス・スキナー)、マリオン・コティヤール(ファニー・シュナル)、フレディ・ハイモア(少年時代のマックス)、アルバート・フィニー(ヘンリーおじさん)、アビー・コーニッシュ(クリスティ・ロバーツ)、ほか

「ザ・ゲスト」のネタバレあらすじ結末

2017/10/07掲載

ザ・ゲストの紹介:2014年アメリカ映画。戦争で長男を亡くした一家のもとに現れた長男の友人を名乗る男。悲嘆にくれていた家族を救ってくれた好青年かに見えた男の、恐るべき正体を描いたサスペンスミステリー。
監督:アダム・ウィンガード 出演:ダン・スティーヴンス(デイヴィッド)、マイカ・モンロー(アナ・ピーターソン)、リーランド・オーサー(スペンサー・ピーターソン)、シーラ・ケリー(ローラ・ピーターソン)、ブレンダン・マイヤー(ルーク・ピーターソン)、ほか

「ホタルノヒカリ」のネタバレあらすじ結末

2017/10/06掲載

映画 ホタルノヒカリの紹介:2012年日本映画。ひうらさとる原作漫画を2シーズンに渡るテレビドラマ放送から、その人気ゆえに映画版ホタルノヒカリとして製作された続編です。ドラマ版最終話から2年後、高野夫妻がローマへ新婚旅行にいくのですが、そこでまさかのドタバタ劇に巻き込まれていきます。
監督:吉野洋 出演者:綾瀬はるか(高野(雨宮)蛍)、藤木直人(高野誠一)、手越祐也(冴木優)、板谷由夏(二ツ木(山田)早智子)、安田顕(二ツ木昭司)、松雪泰子(冴木莉央)

「忘れられない人」のネタバレあらすじ結末

2017/10/06掲載

忘れられない人の紹介:1993年アメリカ映画。心臓の病を抱え、孤独に耐えて生きてきた孤児のアダムは、成長してキャロラインと出会い、恋心を抱きます。ある事件をきっかけに彼女と親しくなったアダムは、人生の最期に至福の時を過ごすのでした。
監督:トニー・ビル 出演:クリスチャン・スレイター(アダム)、マリサ・トメイ(キャロライン)、ロージー・ペレス(シンディ)、ほか

「へんげ」のネタバレあらすじ結末

2017/10/06掲載

へんげの紹介:2011年日本映画。発作により日々化け物に変貌してゆく夫を支え愛し続ける妻が、夫に人肉を与えるようになってしまいます。化け物夫と献身的な妻の夫婦の物語です。ありきたりのホラー映画とは一味違う内容です。最後は怪獣映画に映画自体も変貌します。
監督:大畑創 出演者:森田亜紀(門田恵子)、相澤一成(門田吉明)、信國輝彦(坂下稔)、ほか

「若草物語」のネタバレあらすじ結末

2017/10/06掲載

若草物語の紹介:1994年アメリカ映画。南北戦争を背景に、4姉妹の絆と成長を描いた少女文学の名作が、忠実かつ情感豊かに仕上げられた作品です。次女ジョーを演じるウィノナ・ライダーが、女流作家を志す強い意思を持つ役柄を好演しています。四女エイミーには当時子役として頭角を現していたキルスティン・ダンスト、ジョーに心を寄せる隣家の青年ローリー役を、「バットマン」シリーズなどで知られるクリスチャン・ベールが演じています。更に、4姉妹を愛情深く支える母親役に大女優のスーザン・サランドンが起用されるなど、超豪華キャストの競演が魅力です。アカデミー賞にもノミネートされたほどの、慎ましくも洗練された衣装デザインも見所の1つです。
監督:ジリアン・アームストロング 出演者:ウィノナ・ライダー(ジョー)、クリスチャン・ベール(ローリー)、スーザン・サランドン(母)、ほか

「フォーガットン」のネタバレあらすじ結末

2017/10/06掲載

フォーガットンの紹介:2004年アメリカ映画。公開当時、その予想外の展開と、テレビCMのインパクトの強さから「シックス・センス以来の衝撃」や「仰天映画」などと呼ばれた。飛行機事故で最愛の息子を亡くしたテリー。悲しみ続ける彼女に、あるとき夫が驚くべきことを告げる。「僕らにに子供などいない。君は妄想を見ているんだ」―― 日常が崩れ落ちる恐ろしさを描く、ミステリー・サスペンス。
監督:ジョセフ・ルーベン 出演者:ジュリアン・ムーア(テリー・パレッタ)、ドミニク・ウェスト(アッシュ・コレル)、アンソニー・エドワーズ(ジム・パレッタ)、ゲイリー・シニ―ズ(ジャック・マンス)ほか

「バラキ」のネタバレあらすじ結末

2017/10/06掲載

バラキの紹介:1972年イタリア,アメリカ映画。実在したマフィア、ジョゼフ・バラキが掟を破ってFBIに協力、巨大マフィア組織の実態をアメリカ議会で証言する過程を描いたピーター・マーズのノンフィクション・ドキュメンタリー『マフィア/恐怖の犯罪シンジケート』を史実に忠実に映画化した実録犯罪ドラマです。
監督:テレンス・ヤング 出演者:チャールズ・ブロンソン(ジョゼフ・バラキ)、リノ・ヴァンチュラ(ヴィト・ジェノヴェーゼ)、ジル・アイアランド(マリア・レイナ・バラキ)、ジョセフ・ワイズマン(サルヴァトーレ・マランツァーノ)、グイド・レオンティーニ(トニー・ベンダー)ほか

「ショート・ターム」のネタバレあらすじ結末

2017/10/06掲載

ショート・タームの紹介:2013年アメリカ映画。家族から虐待を受けるなどした未成年者を保護する施設「ショート・ターム」を舞台に、共に心の傷を抱えた職員と子供達との交流を描いたヒューマンドラマで、自身も児童養護施設のスタッフだったデスティン・ダニエル・クレットン監督が自らの体験を元に映画化した作品です。
監督:デスティン・ダニエル・クレットン 出演者:ブリー・ラーソン(グレイス)、ジョン・ギャラガー・Jr(メイソン)、ケイトリン・ディーヴァー(ジェイデン)、キース・スタンフィールド(マーカス)、ラミ・マレック(ネイト)ほか

「リービング・ラスベガス」のネタバレあらすじ結末

2017/10/06掲載

リービング・ラスベガスの紹介:1995年アメリカ映画。ジョン・オブライエンの半自伝的小説を映画化したもので、アルコール依存症の元脚本家の男がラスベガスで出会った孤独な娼婦と恋に落ち、残された日々を過ごすというラブストーリーです。主演のニコラス・ケイジはこの作品でアカデミー賞とゴールデングローブ賞で主演男優賞を獲得しています。
監督:マイク・フィギス 出演者:ニコラス・ケイジ(ベン)、エリザベス・シュー(サラ)、ジュリアン・サンズ(ユーリ)、リチャード・ルイス(ピーター)、スティーヴン・ウェバー(マーク)ほか

「デッド or キル」のネタバレあらすじ結末

2017/10/05掲載

デッド or キルの紹介:2012年アメリカ映画。高額賞金を獲得できるゲームに参加した男女8人は大富豪の屋敷に招待されました。そのゲームとは生か死の究極の選択でした。そして最後まで生き残った者に大金が与えられるのでした。誰も逃げ出すことにできない密室でサバイバルゲームが始まりました・・・という内容の映画です。
監督:デイビット・ガイ・レビー 出演者:ブリタニー・スノウ(アイリス)、ジェフリー・コムズ(ランプリック)、ジョニー・コイン(ランプリックの子分)、ローレンス・ギリアード・ジュニア(バーデン)、エンヴェア・ジョカイ、ジョン・ハード、サーシャ・グレイほか

「阿修羅城の瞳」のネタバレあらすじ結末

2017/10/05掲載

阿修羅城の瞳の紹介:2005年日本映画。原作・劇団☆新感線の“中島かずき”、演出・“いのうえひでのり”で「いのうえ歌舞伎」と呼ばれるシリーズの演目名で、正式名称『阿修羅城の瞳 BLOOD GETS IN YOUR EYES』という舞台劇を映画化したものです。キャッチコピーは「宿命の恋が、最強の敵か」で、SFXを駆使して描いた絢爛豪華な映像美の中で、“鬼”と“鬼殺し”との悲恋と壮烈な戦いを描いたファンタジー・アクション・ホラー映画です。
監督:滝田洋二郎 出演:市川染五郎(病葉出門)、宮沢りえ(つばき)、大倉孝二(俵蔵)、皆川猿時(滝次)、二反田雅澄(奥田庄兵衛)、桑原和生(伊藤喜四郎)、内藤剛志(国成延行)、渡部篤郎(安倍邪空)、ほか

「ミス・ブロディの青春」のネタバレあらすじ結末

2017/10/05掲載

ミス・ブロディの青春の紹介:1968年イギリス映画。全体主義が世界に影を落としている時代、スコットランドの古都を舞台として、美しく情熱に満ち芸術を愛しおしゃれで、しかし危険な女性教師ジーン・ブロディと女生徒たちとの交流と別れが描かれる。
監督:ロナルド・ニーム 出演者:マギー・スミス(ジーン・ブロディ)、パメラ・フランクリン(サンディ)、シリア・ジョンソン(マッケイ校長)、ゴードン・ジャクソン(ゴードン・ラウザー)、ロバート・スティーブンス(テディ・ロイド)

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 319
TOP↑