渇いた太陽の紹介:1962年アメリカ映画。テネシー・ウィリアムズの戯曲「青春の甘き小鳥」をリチャード・ブルックスが脚色・演出した作品。ブロードウェイ初演で主役を務めたポール・ニューマンが同じ役を演じている。エド・ベグリーがアカデミー賞の助演男優賞を受賞。
監督:リチャード・ブルックス 出演:ポール・ニューマン(チャンス・ウェイン)、ジェラルディン・ペイジ(アレクサンドラ・デル・ラーゴ)、シャーリー・ナイト(ヘブンリー・フィンレー)、エド・ベグリー(フィンレー)