浅野忠信映画一覧

浅野忠信が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「東京日和」のネタバレあらすじ結末

東京日和(とうきょうびより)の紹介:1997年日本映画。写真家荒木経惟と妻陽子のフォトエッセイを原作とした竹中直人監督、主演の作品。第21回日本アカデミー賞で、優秀作品賞を始め、数々の賞を受賞している。写真家が亡き妻との日々のエピソードを振り返る内容になっている。コメディを得意とする竹中のひと味違った演技が見られ、ヒロイン中山美穂の素の美しさが光る作品である。
監督:竹中直人 出演:竹中直人(島津巳喜男)、中山美穂(島津ヨーコ)、松たか子(水谷)、三浦友和(外岡)、鈴木砂羽(宮本)、ほか

「座頭市」のネタバレあらすじ結末

座頭市の紹介:2003年日本映画。盲目の剣客である男が復讐に燃える二人の姉弟や農民たちと出会い、やくざに立ち向かう姿を描いた時代劇・アクション映画。出演者が下駄を履いてタップダンスを踊るシーンが注目を集め、多くの映画祭で多数の賞を受賞した。なお、CG技術を使って流血シーンを多く描いているため、R-15に指定されている。
監督:北野武 出演者:ビートたけし(座頭市)、浅野忠信(服部源之助)、夏川結衣(おしの)、ガダルカナル・タカ(新吉)、柄本明(店主)、岸部一徳(銀蔵) ほか

「母べえ」のネタバレあらすじ結末

母べえ(かあべえ)の紹介:2007年日本映画。映画スクリプターの野上照代の実話を元にしたエッセイが原作。戦争中に父が思想犯として捕えられた父を信じ、希望を持って行きぬく母と子と、その親子をめぐる人々との感動の家族ドラマ。
監督:山田洋次 出演:吉永小百合(野上佳代)、浅野忠信(山崎徹)、檀れい(野上久子)、志田未来(野上初子)、佐藤未来(野上照美)、笑福亭鶴瓶(藤岡仙吉)、坂東三津五郎(野上滋)、

「沈黙 -サイレンス-」のネタバレあらすじ結末

沈黙 -サイレンス-の紹介:2017年アメリカ映画。遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師、フェレイラを捜すために、同僚のガルぺと共に日本に密航した宣教師ロドリゴ。彼の前に繰り広げられるおぞましいキリシタン迫害。しかし、神は「沈黙」を続けるままである。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(ロドリゴ神父)、アダム・ドライヴァー(ガルペ神父)、浅野忠信(通辞)、窪塚洋介(キチジロー)、リーアム・ニーソン(フェレイラ神父)、イッセー尾形(井上筑後守)ほか

「劔岳 点の記」のネタバレあらすじ結末

劔岳 点の記(つるぎだけ てんのき)の紹介:2008年日本映画。この作品は、明治時代末期に日本地図を完成させるために、陸軍陸地測量部(現在の国土地理院)により実際に北アルプスの立山連峰で行われた山岳測量計画を、信念と勇気をもち多難な山岳測量に挑んだ男たちを描いた新田次郎の同名小説を原作とした感動のヒューマンドラマ映画です。第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞、第52回ブルーリボン賞作品賞など多数の賞を受賞した作品でもあります。
監督:木村大作 出演:浅野忠信(柴崎芳太郎(陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、香川照之(宇治長次郎(測量隊案内人))、松田龍平(生田信(陸軍参謀本部 陸地測量部測夫))、宮崎あおい(柴崎葉津よ(柴崎芳太郎の妻))、小澤征悦(玉井要人(日本陸軍大尉))、石橋蓮司(岡田佐吉(立山温泉の宿の主人))、國村隼(矢口誠一郎(日本陸軍中佐))、役所広司(古田盛作(元陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、ほか

「御法度」のネタバレあらすじ結末

御法度の紹介:1999年日本映画。衆道(男色)をテーマに新選組を描いた時代劇だが、ミステリー色も強い作品となっている。1865年、新選組に加納惣三郎という前髪の美男子が入隊した。妖しい色香を纏う惣三郎に心惹かれる男は多く、次第に彼を巡って欲と嫉妬が渦巻いていく。松田龍平のデビュー作であり、巨匠大島渚監督の最後の作品ともなった。
監督:大島渚 出演者:ビートたけし(土方歳三)、松田龍平(加納惣三郎)、武田真治(沖田総司)、浅野忠信(田代彪蔵)、崔洋一(近藤勇)、坂上二郎(井上源三郎)、トミーズ雅(山崎烝)ほか

「47RONIN」のネタバレあらすじ結末

47RONINの紹介:2013年アメリカ映画。東洋の国日の本に将軍徳川が君臨した時代、緑豊かな地赤穂の藩主浅野内匠頭が長門の藩主吉良上野介の姦計はまり、切腹を命じられた。大石内蔵助は、その仇を討つ決意をするが、吉良は妖孤に守られて居た為、天狗の縁者である鬼子カイの力を借り、討ち入りに挑む。三大仇討ちの一つ忠臣蔵をモチーフに作られたオリンエントファンタジーのアクション映画。
監督:カール・リンシュ 出演:真田広之(大石内蔵助)、浅野忠信(吉良上野介)、菊地凛子(ミヅキ)、柴咲コウ(ミカ)、赤西仁(大石主税)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(徳川綱吉)、ほか

「バトルシップ」のネタバレあらすじ結末

バトルシップの紹介:2012年アメリカ映画。ついに太陽系外地球型惑星を発見した人類は、その星と交信する為の大プロジェクトを敢行する。それから数年後、地球に謎の物体が飛来、おりしも14カ国が参加した合同演習中のハワイに落下した。それは太陽系外惑星から送り込まれた尖兵だった。地球存亡の危機を戦う人類を現代海戦劇で描くSFミリタリーアクション映画。
監督:ピーター・バーグ 出演者:アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)、ユウジ・ナガタ(浅野忠信)、サマンサ・シェーン(ブルックリン・デッカー)、ストーン・ホッパー(アレクサンダー・スカルスガルド)、シェーン提督(リーアム・ニーソン)ほか

「グラスホッパー」のネタバレあらすじ結末

グラスホッパーの紹介:2015年日本映画。伊坂幸太郎の「最強」と名高い小説、グラスホッパーの映画化作品。ハロウィンの夜、渋谷のスクランブル交差点の事故で恋人を失った元教師の鈴木は、真犯人への復讐のためにある組織に潜入した。組織を取り巻く殺し屋たちと事件に巻き込まれていく。
監督:瀧本智行  出演者:生田斗真(鈴木)、浅野忠信(鯨)、山田涼介(蝉)、麻生久美子(すみれ)、波瑠(百合子)、菜々緒(比与子)、村上淳(岩西)、吉岡秀隆(押し屋)、石橋蓮司(寺原)、佐津川愛美(元教え子)ほか

「五条霊戦記 GOJOE」のネタバレあらすじ結末

五条霊戦記 GOJOEの紹介:2000年日本映画。平家物語で有名な源義経と弁慶の話を大胆な解釈で再構築し、映像化した作品で、激しいワイヤーアクションが見ものとなっています。
監督:石井聰亙 出演:隆大介(武蔵坊弁慶)、浅野忠信(遮那王(源義経))、永瀬正敏(鉄吉)、岸部一徳(平忠則)、國村隼(朱雀法眼)ほか

「清須会議」のネタバレあらすじ結末

清須会議の紹介:2013年日本映画。三谷幸喜が執筆した小説を映画化したものです。歴史的に有名な清州会議を個性あふれるキャストがコミカルに演じています。登場人物の思惑を感じつつ、俳優達の演技に笑わせられます。重要で後に歴史的には大きな意味を持つ会議ですが、現在社会にもよく見られる人と人との駆け引きが上手く描かれています。
監督:三谷幸喜 出演:役所広司(柴田勝家)、大泉洋(羽柴秀吉)、小日向文世(丹羽長秀)、佐藤浩市(池田恒興)、妻夫木聡(織田信雄)、浅野忠信(前田利家)、鈴木京香(お市の方)、中谷美紀(寧々)、戸田恵子(なか)ほか

「ルパン三世(2014)」のネタバレあらすじ結末

ルパン三世の紹介:2014年日本映画。ルパン三世の実写版が豪華メンバーで実写化!メインテーマは日本が世界に誇るアーティスト布袋寅泰氏。アニメと一味違ったルパン三世はいかがですか?
監督:北山龍平 出演:小栗旬(ルパン三世)、玉山鉄二(次元大介)、綾野剛(石川五ェ門)、黒木メイサ(峰不二子)、浅野忠信(銭形警部)ほか

「ステキな金縛り」のネタバレあらすじ結末

ステキな金縛りの紹介:2010年日本映画。三谷幸喜監督と深津絵里が再びタッグを組んだ。殺人事件の容疑者になってしまった依頼人のアリバイを証明するため、三流弁護士のエリが落武者の幽霊(西田敏行)を法廷に立たせる前代未聞のドタバタ法廷映画!
監督 ・脚本:三谷幸喜 出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信ほか

「茶の味」のネタバレあらすじ結末

2004年日本映画 監督:石井克人 出演:坂野真弥、佐藤貴広、浅野忠信ほか
茶の味の紹介:日本のとある地方に住む、とある家族の日常を描いた作品。映像がとてもきれいで暖かいのが印象的。日常と言ってもどこか奇妙であり、泣いたり笑ったり、疑問が残ったり…。ハートフルコメディ作品。

「ルパン三世」のネタバレあらすじ結末

2014年日本映画 監督:北村龍平 主演:ルパン三世役「小栗旬」 次元大介役「玉山鉄二」 石川五右衛門役「綾野剛」 峰不二子役「黒木メイサ」 銭形警部役「浅野忠信」
『ルパン三世』の実写映画は、1974年に公開された『ルパン三世 念力珍作戦』以来40年振りとなる。また、『念力珍作戦』では登場しなかった石川五ェ門も、本作で実写映画に初登場する。制作には4年以上の歳月がかけられ、日本・タイ・香港・フィリピン・シンガポールで撮影が行われ興行収入は24億円を記録。

1 2
TOP↑