浅野忠信映画一覧

浅野忠信が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「殺し屋1」のネタバレあらすじ結末

殺し屋1の紹介:2001年日本,香港,韓国映画。いじめられっこだったイチは大人になって鍛えた体で切れると殺人を犯すようになっていました。そのころ安生組の組長が行方不明になり3億円が消えていました。若頭の垣原らは組長を探すため同じ系列の組員を拷問し始めます。やがてイチの仕業とわかり対決することに・・・という話です。過激なバイオレンス映画です。
監督:三池崇史 出演者:浅野忠信(垣原)、大森南朋(イチ)、SABU(金子)、塚本晋也(ジジイ)、松尾スズキ(二郎・三郎)、菅田俊(高山)、寺島進(鈴木)ほか

「マイティ・ソー バトルロイヤル」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソー バトルロイヤルの紹介:2017年アメリカ映画。オーディンの死と共にソーの前に現れたのは死の女神ヘラ。彼女はソーを辺境の地へと追いやり同時にアスガルドを支配するため侵略を開始する。アスガルド支配は始まりに過ぎない、彼女の目的は全宇宙の支配である。マーベルシネマティックユニバースから人気シリーズ「マイティ・ソー」の第3弾。本作に登場する最強の敵ヘラ役にはケイト・ブランシェットが起用されている。
監督:タイカ・ワイティティ 出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ジェフ・ゴールドブラム(グランドマスター)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)、カール・アーバン(スカージ)、浅野忠信(ホーガン)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、ほか

「鮫肌男と桃尻女」のネタバレあらすじ結末

鮫肌男と桃尻女の紹介:1998年日本映画。望月峯太郎の同名漫画を鬼才石井克人がスタイリッシュに映画化。ハードボイルドなサメハダと冴えない女トシコの危険な逃走劇。過激なバイオレンスに加えて独特のファッションや音楽も秀逸なオフビートのアクション映画。この世界観に酔いしれろ!
監督:石井克人 出演:浅野忠信(サメハダ)、小日向しえ(桃尻トシコ)、岸部一徳(田抜)、我修院達也(殺し屋・山田)、島田洋八(叔父ソネザキ道夫)、ほか

「母と暮せば」のネタバレあらすじ結末

母と暮せばの紹介:2015年日本映画。長崎医科大学に通う浩二は長崎に投下された爆弾によって被爆死してしまう。3年後、一人で暮らしている母親の伸子の元に亡くなったはずの浩二が幽霊として現れ、二人の不思議な生活が始まるのでした。原爆で亡くなった家族が、亡霊となって戻ってくる様子を描く人間ドラマ。
監督:山田洋次 出演:吉永小百合(福原伸子)、二宮和也(福原浩二)、黒木華(佐多町子)、浅野忠信(黒田正圀)、加藤健一(上海のおじさん)、広岡由里子(富江)、ほか

「東京ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

東京ゾンビの紹介:2005年日本映画。ゴミ捨て山の黒富士のふもとの工場で柔術をする男二人が、黒富士で大量発生したゾンビと格闘しながらあてもなく逃げる話で、途中からフジオは格闘戦士になるという遊び心満点の作品です。哀川翔と浅野忠信が共演する和製ゾンビコメディ映画です。
監督:佐藤佐吉 出演者:浅野忠信(フジオ)、哀川翔(ミツオ),奥田恵梨華(ヨウコ)、松岡日菜(フミヨ)、古田新太(石原)、志賀廣太郎(本社の藤本)、中村靖日(ヨッチャン)、曽根晴美(マーさん)、高樹マリア(ヨッチャンの嫁)、谷村美月(ユカリン)、楳図かずお(秋山先生/王子)ほか

「魔女の宅急便(実写版)」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便(実写版)の紹介:2014年日本映画。魔女として生きることを決めたキキは13歳の満月の夜、両親の元を離れ故郷を旅立った。辿り着いたある港街は自然も美しくたくさんの人で賑わっている。キキは相棒の黒猫ジジと共にこの街での生活を決めることにした。そこで出会った一人の女性おソノに住む場所を紹介してもらいキキは空飛ぶ「宅急便」を始めることにする。しかし上手くは事は運ばなかった。角野栄子原作「魔女の宅急便」を実写映画化。監督はホラー映画「呪怨」などを製作した清水崇。
監督:清水崇 出演:キキ(小芝風花) とんぼ(広田亮平) ジジ(寿美菜子)  おソノ(尾野真千子) フクオ(山本浩司) すみれ(吉田羊) ナヅル(新井浩文) タカミ・カラ(YURI) ラジオDJ(LiLiCo) イシ先生(浅野忠信) オキノ(筒井道隆) コキリ(宮沢りえ) 

「新宿スワンII」のネタバレあらすじ結末

新宿スワンIIの紹介:2017年日本映画。スカウトマンが増えた新宿でバーストと渋谷のスカウトパラサイツが縄張り争いをしていた。そんな中バースト社長が島を増やすと言いだす。横浜進出だ。横浜には白鳥龍彦と関玄介が行くことになった。横浜には関の因縁の相手で横浜を仕切る滝正樹、突然バーストから姿を消した洋介がいるという。そして滝が仕切る横浜ウィザードと新宿バーストの戦いが始まる。
監督:園子温 出演:綾野剛(白鳥龍彦)、浅野忠信(滝マサキ)、伊勢谷友介(真虎)、深水元基(関玄介)、金子ノブアキ(葉山豊)、ほか

「淵に立つ」のネタバレあらすじ結末

淵に立つの紹介:2016年日本,フランス映画。平凡で穏やかな暮らしを送っていたごく普通の家庭が、ある前科者の男の出現を機に崩壊に向かっていく姿を二部構成で描いた衝撃のサスペンス映画です。
監督:深田晃司 出演者:浅野忠信(八坂草太郎)、筒井真理子(鈴岡章江)、古舘寛治(鈴岡利雄)、太賀(山上孝司)、三浦貴大(設楽篤)ほか

「寄生獣 完結編」のネタバレあらすじ結末

寄生獣 完結編の紹介:2014年日本映画。岩明均の同名漫画を映画化したSFホラー作品で、今回は2014年公開の「寄生獣」の続編にして完結編となります。謎の生命体「パラサイト」を右腕に宿す主人公が、人類の存亡をかけて最強最悪のパラサイトと対決することになります。
監督:山崎貴 出演者:染谷将太(泉新一)、阿部サダヲ(ミギー(声・モーションキャプチャー))、深津絵里(田宮良子)、橋本愛(村野里美)、浅野忠信(後藤)ほか

「東京日和」のネタバレあらすじ結末

東京日和(とうきょうびより)の紹介:1997年日本映画。写真家荒木経惟と妻陽子のフォトエッセイを原作とした竹中直人監督、主演の作品。第21回日本アカデミー賞で、優秀作品賞を始め、数々の賞を受賞している。写真家が亡き妻との日々のエピソードを振り返る内容になっている。コメディを得意とする竹中のひと味違った演技が見られ、ヒロイン中山美穂の素の美しさが光る作品である。
監督:竹中直人 出演:竹中直人(島津巳喜男)、中山美穂(島津ヨーコ)、松たか子(水谷)、三浦友和(外岡)、鈴木砂羽(宮本)、ほか

「座頭市」のネタバレあらすじ結末

座頭市の紹介:2003年日本映画。盲目の剣客である男が復讐に燃える二人の姉弟や農民たちと出会い、やくざに立ち向かう姿を描いた時代劇・アクション映画。出演者が下駄を履いてタップダンスを踊るシーンが注目を集め、多くの映画祭で多数の賞を受賞した。なお、CG技術を使って流血シーンを多く描いているため、R-15に指定されている。
監督:北野武 出演者:ビートたけし(座頭市)、浅野忠信(服部源之助)、夏川結衣(おしの)、ガダルカナル・タカ(新吉)、柄本明(店主)、岸部一徳(銀蔵) ほか

「母べえ」のネタバレあらすじ結末

母べえ(かあべえ)の紹介:2007年日本映画。映画スクリプターの野上照代の実話を元にしたエッセイが原作。戦争中に父が思想犯として捕えられた父を信じ、希望を持って行きぬく母と子と、その親子をめぐる人々との感動の家族ドラマ。
監督:山田洋次 出演:吉永小百合(野上佳代)、浅野忠信(山崎徹)、檀れい(野上久子)、志田未来(野上初子)、佐藤未来(野上照美)、笑福亭鶴瓶(藤岡仙吉)、坂東三津五郎(野上滋)、

「沈黙 -サイレンス-」のネタバレあらすじ結末

沈黙 -サイレンス-の紹介:2017年アメリカ映画。遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師、フェレイラを捜すために、同僚のガルぺと共に日本に密航した宣教師ロドリゴ。彼の前に繰り広げられるおぞましいキリシタン迫害。しかし、神は「沈黙」を続けるままである。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(ロドリゴ神父)、アダム・ドライヴァー(ガルペ神父)、浅野忠信(通辞)、窪塚洋介(キチジロー)、リーアム・ニーソン(フェレイラ神父)、イッセー尾形(井上筑後守)ほか

「劔岳 点の記」のネタバレあらすじ結末

劔岳 点の記(つるぎだけ てんのき)の紹介:2008年日本映画。この作品は、明治時代末期に日本地図を完成させるために、陸軍陸地測量部(現在の国土地理院)により実際に北アルプスの立山連峰で行われた山岳測量計画を、信念と勇気をもち多難な山岳測量に挑んだ男たちを描いた新田次郎の同名小説を原作とした感動のヒューマンドラマ映画です。第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞、第52回ブルーリボン賞作品賞など多数の賞を受賞した作品でもあります。
監督:木村大作 出演:浅野忠信(柴崎芳太郎(陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、香川照之(宇治長次郎(測量隊案内人))、松田龍平(生田信(陸軍参謀本部 陸地測量部測夫))、宮崎あおい(柴崎葉津よ(柴崎芳太郎の妻))、小澤征悦(玉井要人(日本陸軍大尉))、石橋蓮司(岡田佐吉(立山温泉の宿の主人))、國村隼(矢口誠一郎(日本陸軍中佐))、役所広司(古田盛作(元陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、ほか

「御法度」のネタバレあらすじ結末

御法度の紹介:1999年日本映画。衆道(男色)をテーマに新選組を描いた時代劇だが、ミステリー色も強い作品となっている。1865年、新選組に加納惣三郎という前髪の美男子が入隊した。妖しい色香を纏う惣三郎に心惹かれる男は多く、次第に彼を巡って欲と嫉妬が渦巻いていく。松田龍平のデビュー作であり、巨匠大島渚監督の最後の作品ともなった。
監督:大島渚 出演者:ビートたけし(土方歳三)、松田龍平(加納惣三郎)、武田真治(沖田総司)、浅野忠信(田代彪蔵)、崔洋一(近藤勇)、坂上二郎(井上源三郎)、トミーズ雅(山崎烝)ほか

1 2
TOP↑