アシュトン・カッチャー映画一覧

アシュトン・カッチャーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ベガスの恋に勝つルール」のネタバレあらすじ結末

ベガスの恋に勝つルールの紹介:2008年アメリカ映画。婚約中の彼氏に、結婚目前で振られてしまったジョイ。失恋の腹いせとして、親友のティッパーとラスベガスに行くことに。カジノで泥酔したジョイは、ラスベガスで出会ったジャックと結婚してしまう。すぐに婚約解消をしなきゃと思う二人だが、最後に1回ジョイのあげた小銭でジャックが回したスロットが大当たりし、300万ドルを当てる。二人はお金を平等に分けるべく、偽装の結婚生活を送ることになる。
監督:トム・ヴォーン 出演:キャメロン・ディアス(ジョイ・マクナリー)、アシュトン・カッチャー(ジャック・フラー)、ロブ・コードリー(スティーヴ・“ヘイター”・ハーダー)、トリート・ウィリアムズ(ジャック・フラー・ジュニア)、デニス・ミラー(ワッパー判事)、ほか

「オープン・シーズン」のネタバレあらすじ結末

オープン・シーズンの紹介:2006年アメリカ映画。ベスと気楽に楽しく過ごす熊のブーグが荒くれハンターに捕らえられた鹿のエリオットと知り合った事から始まった山での暮らしと友情を知り、オープン・シーズンには山の皆で協力してハンターを追い返し成長したブーグはベスのお迎えも断り、山でファミリーを作った幸せな熊と相棒の鹿の話でベスとの別れは涙を誘います。
監督ロジャー・アラーズ、ジル・カルトン、アンソニー・スタッチ 声優:マーティン・ローレンス(ブーグ)、アシュトン・カッチャー(エリオット)、デブラ・メッシング(ベス)、ジョン・ファヴロー(ライリー)、ゲイリー・シニーズ(ショー)、ほか

「抱きたいカンケイ」のネタバレあらすじ結末

抱きたいカンケイの紹介:2011年アメリカ映画。15年前、林間学校で知り合ったアダムとエマ。二人はその後も何度も偶然出会うことになる。しかし、まったく性格が違う二人の間に恋が芽生えることはなかった。二人が互いに社会人になったある日、アダムはひどく泥酔して気が付くとエマのシェアハウスにいた。そのことをきっかけに体を重ねた二人。アダムはエマに惚れこんでしまうが、エマにとって恋愛とは面倒事。体のカンケイのみを条件に二人はセックス フレンドとなる。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演者: ナタリー・ポートマン(エマ)、アシュトン・カッチャー(アダム)、ケヴィン・クライン(アルヴィン)、レイク・ベル(ルーシー)

「スティーブ・ジョブズ」のネタバレあらすじ結末

スティーブ・ジョブズの紹介:2015年アメリカ映画。「最低な男が、最高の未来を創った。」というキャッチコピーで、1971年から2011年までのスティーブ・ジョブズを描いたヒューマン・ドラマ映画です。2013年サンダンス映画祭でクロージング作品として上映された。主人公のスティーブ・ジョブズ役をアシュトン・カッチャーが、Apple社の共同設立者のスティーブ・ウォズニアック役をジョシュ・ギャッドが演じました。
監督:ダニー・ボイル 原作:ウォルター・アイザックソン 出演:マイケル・ファスベンダー(スティーブ・ジョブズ)、ケイト・ウィンスレット(ジョアンナ・ホフマン)、セス・ローゲン(スティーブ・ウォズニアック)、ジェフ・ダニエルズ(ジョン・スカリー)、ほか

「ニューイヤーズ・イブ」のネタバレあらすじ結末

ニューイヤーズ・イブの紹介:2011年アメリカ映画。ある年の大晦日。一年の終わりと始まりを告げるこの日に街の至る所で様々な出来事が起こる。ニューヨークの大晦日は毎年恒例のボール・ドロップ、その大役を任されたクレアだったが当日ボールに不具合が発生。さらに予定していた歌手ジェンセンのライブまでも危うくなる。一年の最後を迎えるこの日に彼らに奇跡はやってくるのか。監督は「バレンタインデー」のゲイリー・マーシャル。監督は2016年に81歳で亡くなっている。
監督:ゲイリー・マーシャル 出演:ハル・ベリー(エイミー看護師)、ジェシカ・ビール(テス)、ジョン・ボン・ジョヴィ(ジェンセン)、アビゲイル・ブレスリン(ヘイリー)、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(ブレンダン)、ロバート・デ・ニーロ(スタン)、ザック・エフロン(ポール)、ほか

「バタフライ・エフェクト」のネタバレあらすじ結末

バタフライ・エフェクトの紹介:2004年アメリカ映画。バタフライ効果と呼ばれる理論をもとに制作された本作は、斬新な設定と素晴らしい脚本のおかげでアメリカでは大ヒットを記録する映画となりました。
監督:エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー 出演:アシュトン・カッチャー(エヴァン)、エイミー・スマート(ケイリー)、ウィリアム・リー・スコット(トミー)、エルデン・ヘンソン(レニー)ほか

「キス&キル」のネタバレあらすじ結末

キス&キルの紹介:2010年アメリカ映画。お嬢様のジェン(キャサリン・ハイグル)は、旅行先の南フランスで理想の男性スペンサー(アシュトン・カッチャー)と出会い、あっという間に結婚してしまう。郊外で幸せな新婚生活をスタートさせるジェンだったが、スペンサーがすご腕の元CIAのエージェントだったため一緒に命を狙われ、銃を手にして戦うハメになってしまう。
監督:ロバート・ルケティック 出演:アシュトン・カッチャー(スペンサー・エイムス)、キャサリン・ハイグル(ジェン・コーンフェルド)、トム・セレック(ミスター・コーンフェルド)、キャサリン・オハラ(ミセス・コーンフェルド)、ほか

TOP↑