ブラッド・レンフロ映画一覧

ブラッド・レンフロが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「BULLY ブリー」のネタバレあらすじ結末

BULLY ブリーの紹介:2002年フランス,アメリカ映画。1993年にアメリカで実際に発生した、少年少女7人による殺人事件を題材としたジム・シュッツの小説「なぜ、いじめっ子は殺されたのか?」を映画化した作品です。同級生に凄惨ないじめを受けてきた主人公が仲間たちと共に殺害計画を立てる様子が描かれています。
監督:ラリー・クラーク 出演者:ブラッド・レンフロ(マーティ・プッチオ)、ニック・スタール(ボビー・ケント)、レイチェル・マイナー(リサ・コネリー)、ビジュー・フィリップス(アリ・ウィリス)、マイケル・ピット(ドニー・セメネック)ほか

「インフォーマーズ セックスと偽りの日々」のネタバレあらすじ結末

インフォーマーズ セックスと偽りの日々の紹介:2008年アメリカ,ドイツ映画。1994年に出版されたブレット・イーストン・エリスの短編小説集「インフォーマーズ」を映画化した作品で、1980年代を舞台に薬物依存・セックス・家族崩壊・犯罪など退廃的な日々を送るセレブたちの姿を描いています。
監督:グレゴール・ジョーダン 出演者:ビリー・ボブ・ソーントン(ウィリアム・スローン)、キム・ベイシンガー(ローラ・スローン)、ミッキー・ローク(ピーター)、ウィノナ・ライダー(シェリル・ムーア)、ブラッド・レンフロ(ジャック)ほか

「スリーパーズ」のネタバレあらすじ結末

スリーパーズの紹介:1996年アメリカ映画。ニューヨーク・デイリー・ニュース紙の元記者ロレンゾ・カルカテラの実体験に基づいたノンフィクションを映画化した作品です。少年院時代に看守から暴力と性的虐待を受け、心に傷を負った若者たちの友情と復讐を描いた人間ドラマです。
監督:バリー・レヴィンソン 出演者:ジェイソン・パトリック(ロレンツォ・“シェイクス”・カルカテラ)、ブラッド・ピット(マイケル・サリヴァン)、ロバート・デ・ニーロ(ボビー神父)、ダスティン・ホフマン(ダニー・スナイダー弁護士)、ケヴィン・ベーコン(ショーン・ノークス)ほか

「マイ・フレンド・フォーエバー」のネタバレあらすじ結末

マイ・フレンド・フォーエバーの紹介:1995年アメリカ映画。冷めきった親子関係の中に、突如現れた親友。彼の秘密はHIV感染者だったこと。冒険、そして、死。一生の友達に出会えるために必要な映画。
監督:ピーター・ホートン 出演:ブラッド・レンフロー(エリック)、ジョセフ・マッゼロ(デクスター)、アナベラ・シオラ(リンダ/デクスターの母)、ダイアナ・スカーウィッド(ゲイル/エリックの母)、ブルース・デイヴィソン(スティーヴンス医師)、ほか

「依頼人」のネタバレあらすじ結末

依頼人の紹介:1994年アメリカ映画。ある弁護士の自殺を目撃してしまった11歳の少年・マークはマフィアに命を狙われることになる。裁判で証言をすれば家族の命も危ないと思ったマークは女弁護士に弁護を頼むことにした。
監督:ジョエル・シューマカー 原作:ジョン・グリシャム 出演:スーザン・サランドン(レジー)、トミー・リー・ジョーンズ(ロイ)、ブラッド・レンフロー(マーク)、メアリー=ルイーズ・パーカー、アンソニー・エドワーズ、ほか

「ゴーストワールド」のネタバレあらすじ結末

ゴーストワールドの紹介:2001年アメリカ映画。日本でも多くのファンを持つ「アメコミ」(アメリカの漫画)が原作のサイケで切なくもなるティーン映画になりました。周りに上手く馴染めないイーニドとレベッカ。高校卒業後に一緒に暮らす計画を立てます。ふらふらと暮らしていく生活の中で、自分を見つめ、傷つき、傷つけ、前後不覚になりながらも懸命にもがく歪んだ青春の日々。痛々しく、悲しく、そしてどこか可笑しい雰囲気が残ります。
監督:テリー・ツワイゴフ 出演:ソーラ・バーチ(イーニド)、スカーレット・ヨハンソン(レベッカ)、スティーヴ・ブシェミ(シーモア)、ブラッド・レンフロ(ジョシュ)、ほか

TOP↑