ダスティン・ホフマン映画一覧

ダスティン・ホフマンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「トッツィー」のネタバレあらすじ結末

トッツィーの紹介:1982年アメリカ映画。売れない中年俳優が試しに女装してオーディションを受けてみたところ予想外にウケてしまい、一躍スターダムにのし上がってしまう姿を描いたコメディ映画です。
監督:シドニー・ポラック 出演者:ダスティン・ホフマン(マイケル・ドーシー/ドロシー・マイケルズ)、ジェシカ・ラング(ジュリー・ニコルズ)、テリー・ガー(サンディ・レスター)、ダブニー・コールマン(ロン・カーライル)、チャールズ・ダーニング(レス・ニコルズ)ほか

「素敵なウソの恋まじない」のネタバレあらすじ結末

素敵なウソの恋まじないの紹介:2015年イギリス映画。シャイでまじめなシニア男性が、恋した相手のハートを射止めるために奇想天外な方法を繰り出すハートフルコメディ。「チャーリーとチョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールの「ことっとスタート」を映画化。
出演:ジュディ・デンチ(シルバーさん)、ダスティン・ホフマン(ホッピーさん)、ジェームズ・コーデン(語り部の男性)、リチャード・コーデリー(プリングルス氏)、ほか

「ミート・ザ・ペアレンツ3」のネタバレあらすじ結末

ミート・ザ・ペアレンツ3の紹介:2010年アメリカ映画。パメラと結婚し双子を設けたグレッグは仕事も好調、新居も建設中です。双子の5歳を祝う誕生日パーティーの為、パメラの両親、ジャックとディナが訪ねて来ました。グレッグはある日、魅力的な製薬会社営業アンディから精力剤のプロモーション講演を行って欲しいと半ば強引に依頼され引き受けます。が、二人が不倫していると誤解したジャックは、パメラに元恋人ケヴィンとやり直すよう勧め、そのような誤解をされ、疑いを向けられたグレッグはジャックと喧嘩をします。
監督:ポール・ワイツ 出演:ロバート・デ・ニーロ(ジャック・バーンズ)、ベン・スティラー(グレッグ・フォッカー)、オーウェン・ウィルソン(ケヴィン・ローリー)、テリー・ポロ(パメラ・フォッカー)、ブライス・ダナー(ディナ・バーンズ)、ジェシカ・アルバ(アンディ・ガルシア)

「ミート・ザ・ペアレンツ2」のネタバレあらすじ結末

ミート・ザ・ペアレンツ2の紹介:2004年アメリカ映画。グレッグとパメラは結婚を控え両親同士を合わせる計画を立て、パメラの両親、ジャック&ディナ・バーンズ一家をグレッグのフロリダにある実家へ連れて行き両親バーニーとロズに会わせます。フォッカー家はバーンズ家と正反対で、明るくオープンな家族ですがお堅い元CIA捜査員ジャックは彼らを気に入りません。ジャックはグレッグの隠し子の存在を疑いグレッグに自白剤を飲ませたり、パーティーを潰したり、様々な問題を両家族の間へ巻き起こしていきます。
監督:ジェイ・ローチ 出演:ロバート・デ・ニーロ(ジャック・バーンズ)、ベン・スティラー(グレッグ・フォッカー)、ダスティン・ホフマン(バーニー・フォッカー)、バーブラ・ストライサンド(ロズ・フォッカー)、ブライス・ダナー(ディナ・バーンズ)、ほか

「スリーパーズ」のネタバレあらすじ結末

スリーパーズの紹介:1996年アメリカ映画。ニューヨーク・デイリー・ニュース紙の元記者ロレンゾ・カルカテラの実体験に基づいたノンフィクションを映画化した作品です。少年院時代に看守から暴力と性的虐待を受け、心に傷を負った若者たちの友情と復讐を描いた人間ドラマです。
監督:バリー・レヴィンソン 出演者:ジェイソン・パトリック(ロレンツォ・“シェイクス”・カルカテラ)、ブラッド・ピット(マイケル・サリヴァン)、ロバート・デ・ニーロ(ボビー神父)、ダスティン・ホフマン(ダニー・スナイダー弁護士)、ケヴィン・ベーコン(ショーン・ノークス)ほか

「ニューオーリンズ・トライアル」のネタバレあらすじ結末

ニューオーリンズ・トライアルの紹介:2003年アメリカ映画。銃の乱射事件で家族を失った遺族が銃器メーカーを訴えました。銃器メーカーは凄腕の陪審コンサルタントを雇って裁判を有利に進めようとしますが…。ジャン・グリシャムの原作を映画化した法廷サスペンスです。
監督:ゲイリー・フレダー 出演者:ジョン・キューザック(ニコラス・イースター)、ジーン・ハックマン(ランキン・フィッチ)、ダスティン・ホフマン(ウェンドール・ローア)、レイチェル・ワイズ(マーリー)、ブルース・デイヴィソン(ダーウッド・ケーブル)ほか

「新しい人生のはじめかた」のネタバレあらすじ結末

新しい人生のはじめかたの紹介:2008年アメリカ映画。離婚して独り身のハーヴェイ・シャインは、一人娘の結婚式に出席するためにロンドンを訪れますが、娘にバージンロードは義父と歩くと言われショックを受けます。そして同じく独り身のケイトと知り合い2人で行動を共にするようになります。
監督:ジョエル・ホプキンス 出演:ダスティン・ホフマン(ハーヴェイ・シャイン)、エマ・トンプソン(ケイト・ウォーカー)、アイリーン・アトキンス(マギー)、ジェームズ・ブローリン(ブライアン)、キャシー・ベイカー(ジーン)、ほか

「カルテット!人生のオペラハウス」のネタバレあらすじ結末

カルテット!人生のオペラハウスの紹介:2012年イギリス映画。原作は、ダニエル・シュミット監督のドキュメンタリー映画「トスカの接吻」を原案とした舞台「想い出のカルテット~もう一度唄わせて~」です。長く人生を歩んできた、音楽を愛する老人たちが、いろいろないざこざを乗り越えながら、かつての輝きを取り戻そうとする映画です。コメディもありますが、ドラマ的要素の方が強い気がします。美しい音楽とコンサートの様子が見どころです。生きるすばらしさと、老いてもいつでも、人間は輝けるチャンスを持っていることを教えてくれる映画です。
監督: ダスティン・ホフマン 出演: マギー・スミス(ジーン・ホートン)、トム・コートネイ(レジー・パジェット)、ビリー・コノリー(ウィルフ・ボンド)、ポーリン・コリンズ(シシー・ロブソン)、マイケル・ガンボン(シドリック・リビングストン))ほか

「卒業」のネタバレあらすじ結末

卒業の紹介:1967年アメリカ映画。アメリカン・ニュー・シネマの代表的傑作。全く無名の俳優だったダスティン・ホフマンがいきなり主演に抜擢され、これ一作でスターとなった。マイク・ニコルズがアカデミー賞監督賞を受賞。
監督:マイク・ニコルズ 出演:ダスティン・ホフマン(ベン)、アン・バンクロフト(ミセス・ロビンソン)、キャサリン・ロス(エレーン)、マーレイ・ハミルトン(ミスター・ロビンソン)

「レインマン」のネタバレあらすじ結末

レインマンの紹介:1988年アメリカ映画。中古車のディーラーの仕事をするチャーリーは、長年恨んでいた父親の訃報を聞く。葬儀の際、父親の遺言状を聞き、自分の兄レイモンドが財産を受け取ることを知る。レイモンドは重度の自閉症患者で、長い間専門の病院に入院していた。チャーリーはレイモンドの後見人になって、財産を横取りしようとたくらむ。しかし、チャーリーはレイモンドの不思議な力を知る。障がいと兄弟愛をシリアスに取り扱った話題作。
監督:バリー・レヴィンソン
出演者:ダスティン・ホフマン(レイモンド・バビット)、トム・クルーズ(チャーリー・バビット)、ヴァレリア・ゴリノ(スザンナ)、ボニー・ハント(サリー・ディブス)、ジェリー・モレン(Dr. ブルーナー)、ジャック・マードック(ジョン・ムーニー)ほか

「カンフー・パンダ3」のネタバレあらすじ結末

カンフー・パンダ3の紹介:2016年アメリカ映画。大ヒットシリーズ「カンフー・パンダ」の第3弾。カンフーマスターとして成長したパンダのポー。仲間と平和に暮らしていましたが、遥か昔に消えたはずの悪党カイが蘇り、カンフーマスターを次々と倒していきます。ポーは、生き別れた実の父親との再会を喜ぶ間も無く、生まれ故郷のパンダ村に戻り、カイを待ち受けます。ポーの師匠でもあるシーフー老師までも倒したカイは、パンダ村に辿り着きます。手に汗握る緊迫の戦いと、パンダ達の愛くるしさがコントラストを成す、前作2作を上回る作品です。
監督:ジェニファー・ユー・ネルソン、アレッサンドロ・カルローニ 声の出演: ジャック・ブラック(ポー)、ダスティン・ホフマン(シーフー老師)、アンジェリーナ・ジョリー(タイガー)、J・K・シモンズ(カイ) ほか

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」のネタバレあらすじ結末

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋の紹介:2007年アメリカ映画。鮮やかな色彩で彩られる前半と、後半で見せる色彩を失った映像が、対照的に作品の中で描かれていきます。描かれる人物像も対照的で、夢見がちで自分の感情に正直に生きるモリーと、冷静で現実的な会計士のヘンリーが描かれています。そんな二人がお互いの本当の姿に気付き恋に不器用な恋に落ちて行くところも見どころです。騒動の中で登場人物がそれぞれ成長し、それぞれに自分なりの幸せを手に入れていきます。魔法がちりばめられているおもちゃ屋さんでしたが、本当の魔法は人間の心にかかったのではないのかなと思われるような心温まる作品です。
監督: ザック・ヘルム :出演者: ダスティン・ホフマン(エドワード・マゴリアム)、ナタリー・ポートマン(モリー・マホーニー)、ジェイソン・ベイトマン(ヘンリー・ウェストン)、ザック・ミルズ(エリック・アップルバウム)、テッド・ルジック(ベリーニ)ほか

「わらの犬」のネタバレあらすじ結末

わらの犬の紹介:1971年アメリカ映画。イギリスに引っ越して来た学者夫妻。暴力を否定する夫は周囲の仕打ちにもひたすら耐え続けるも、かくまった精神薄弱者に牙をむいた村人を相手に怒りを爆発させる……。温和な男が暴力に目覚めた時、静かな田舎町に血の雨が降る!
監督:サム・ペキンパー 出演:ダスティン・ホフマン、スーザン・ジョージ、ピーター・ヴォーン、ピーター・アーン、T・P・マッケンナ、ほか

「マラソンマン」のネタバレあらすじ結末

マラソンマンの紹介:1976年アメリカ映画。ダスティン・ホフマンとローレンス・オリヴィエという米英の名優が演技合戦を見せるサスペンス映画。歯を使っての拷問場面が話題となった。シュレシンジャー監督とホフマンとは名作「真夜中のカーボーイ」以来の顔合わせとなる。
監督:ジョン・シュレシンジャー・出演:ダスティン・ホフマン(トーマス・リービ(ベイブ))、ローレンス・オリヴィエ(クリスチャン・スツェル)、ロイ・シャイダー(ヘンリー・リービ(ドク))、ウィリアム・ディヴェイン(ジェーンウェー)、マルト・ケラー(エルサ・オペル)、ほか

「真夜中のカーボーイ」のネタバレあらすじ結末

真夜中のカーボーイの紹介:1969年アメリカ映画。成人指定(エックス指定)の映画として初めてアカデミー作品賞を得た名作。ダスティン・ホフマンが出世作「卒業」とは全く違う役柄で名演技を見せ、スターとしての地位を確立した。
監督:ジョン・シュレシンジャー 出演:ジョン・ヴォイト(ジョー)、ダスティン・ホフマン(ラッツォ)、シルヴィア・マイルズ(キャス)、ジョン・マッギーヴァー(オダニエル)、ほか

1 2
TOP↑