瑛太映画一覧

瑛太が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「アヒルと鴨のコインロッカー」のネタバレあらすじ結末

アヒルと鴨のコインロッカーの紹介:2006年日本映画。今や人気作家である伊坂幸太郎の初期作品を実写化。現代に流される若者達の苦悩と青春を見事に描き出し、見終わった後何処か物悲しくも美しい気持ちにさせる名作。
監督:中村義洋 出演:濱田岳(椎名)、瑛太(河崎)、田村圭生(ドルジ)、関めぐみ(琴美)、松田龍平(謎の男)、大塚寧々(麗子)

「東京フレンズ The Movie」のネタバレあらすじ結末

東京フレンズ The Movieの紹介:2006年日本映画。歌手・大塚愛の主演によるDVDドラマの続編にあたる劇場版です。田舎から上京してきた女性が、音楽や仲間たちとの出会いを通じて成長していく姿を描いています。
監督:永山耕三 出演者:大塚愛(岩槻玲)、松本莉緒(羽山ひろの)、真木よう子(藤木涼子)、小林麻央(我孫子真希)、瑛太(新谷隆司)ほか

「サマータイムマシン・ブルース」のネタバレあらすじ結末

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年日本映画。劇団ヨーロッパ企画の舞台作品を基にした青春SFコメディ。大学のSF研究会に所属する甲本は、仲間と共にだらしなく愉快な日々を送っていた。ある夏の日、SF研究会の部室に突然タイムマシンが現れる。興奮した甲本達は気軽に過去を変えようとするが、それは思わぬ危険性を孕んでいた。
監督:本広克行 出演:瑛太(甲本拓馬)、上野樹里(柴田春華)、与座嘉秋(新見優)、川岡大次郎(小泉俊介)、ムロツヨシ(石松大悟)、ほか

「僕達急行 A列車で行こう」のネタバレあらすじ結末

僕達急行 A列車で行こうの紹介:2011年日本映画。鉄道を通じて意気投合した2人の若者が、恋や仕事に奮闘する姿を描いたヒューマン・コメディ。鉄道会社の協力を得て行われた本作には、多くの列車や駅が登場し、物語だけでなく鉄道も楽しめる鉄道ファン必見の内容となっています。
監督:森田芳光 出演:松山ケンイチ(小町圭)、瑛太(小玉健太)、貫地谷しほり(相馬あずさ)、ピエール瀧(筑紫雅也)、村川絵梨(日向みどり)、星野知子(日向いなほ)、ほか

「ワイルド7」のネタバレあらすじ結末

ワイルド7の紹介:2011年日本映画。1969年から1979年にかけて漫画雑誌『週刊少年キング』に連載された漫画を原作にした映画です。キャッチコピーは「悪を撃ち抜け、愛を守り抜け」で、「ワイルド7」とは「法では裁けない悪党を、裁判にかけずに殺すことを許された超法規的警察組織」のグループ名で、様々な分野からスカウトされた7人のアウトローたちで構成されています。メンバーには、それぞれオートバイを与えられ、それに乗り悪党を追撃するという実写アクション映画です。
監督:羽住英一郎 出演:瑛太(飛葉大陸)、椎名桔平(セカイ)、丸山隆平(パイロウ)、阿部力(ソックス)、宇梶剛士(オヤブン)、深田恭子(本間ユキ)、中井貴一(草波勝)、ほか

「ディア・ドクター」のネタバレあらすじ結末

ディア・ドクターの紹介:2009年日本映画。山奥の村で、村人から信頼され、慕われている医師。彼は村人の家を訪問し、親身なって診察する一方で、ある秘密を抱えています。その医師と村人、村にやってきた若い研修医との織りなす人間ドラマです。
監督:西川美和 出演:笑福亭鶴瓶(伊野治)、瑛太(相馬啓介)、余貴美子(大竹朱美)、香川照之(斎門正芳)、八千草薫(鳥飼かづ子)、ほか

「土竜の唄 香港狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲の紹介:2016年日本映画。交番勤務だったダメ巡査、菊川玲二は潜入捜査官・モグラとして日浦匡也と兄弟の契りを交わし極道世界に深く潜ることになりながらも、轟周宝の尻尾をつかむ為に動いていた。その頃、警視庁では組織犯罪対策部のエースとして正義感あふれるエリート警官・兜真矢が就任する。兜は執拗に玲二を追いかけていた。そんな玲二に轟周宝にチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすことを命じられる…。
監督:三池崇史 出演者:生田斗真(菊川玲二)、瑛太(兜真矢)、本田翼(轟迦蓮)、菜々緒(胡蜂)、上地雄輔(黒河剣太)、仲里依紗(若木純奈)、ほか

「殿、利息でござる!」のネタバレあらすじ結末

殿、利息でござる!の紹介:2016年日本映画。貧困に喘ぐ宿場町を救うため東奔西走する庶民達の姿を、実話を元に描いた作品。1766年、仙台藩吉岡宿は貧しさから夜逃げが相次いでいた。何とか町の未来を繋ぎたい男達は、大金を藩に貸し利息を得るという前代未聞の奇策に出る。笑いあり、涙ありの人情時代劇。仙台市出身のフィギュアスケート選手羽生結弦が特別出演したことでも話題を集めた。
監督:中村義洋 出演者:阿部サダヲ(穀田屋十三郎)、瑛太(菅原屋篤平治)、妻夫木聡(浅野屋甚内)、竹内結子(とき)、寺脇康文(遠藤幾右衛門)、千葉雄大(千坂仲内)、羽生結弦(伊達重村)ほか

「64 (ロクヨン) 後編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)後編の紹介:2016年日本映画。64の時効まであと1年となった時に、あらたに64を模倣するような誘拐事件が発生する。マスコミと県警、家庭で葛藤する三上が真相に近づく。
監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市(三上義信)、夏川結衣(三上美那子)、芳根京子(三上あゆみ)、綾野剛(諏訪)、金井勇太(蔵前)、榮倉奈々(美雲)、三浦友和(松岡勝俊)、筒井道隆(柿沼)、吉岡秀隆(幸田一樹)、窪田正孝(日吉浩一郎)、滝藤賢一(赤間)、仲村トオル(二渡真治)、永瀬正敏(雨宮芳男)、小橋めぐみ(雨宮敏子)、平田風果(雨宮翔子)、瑛太(秋川)、柄本佑 (落合)、緒形直人(目崎正人)

「64 (ロクヨン)前編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)前編の紹介:2016年日本映画。日本映画最高峰のオールスターキャストが集結し、横山秀夫の究極ミステリー作が映画化。昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件。身代金を奪われ、少女は殺され犯人がわからぬまま時は過ぎ去り、現在平成14年。ついに時効まで1年となった。当時刑事だった三上は、現在は広報官として64に再び関わることになる。
監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市(三上義信)、夏川結衣(三上美那子)、芳根京子(三上あゆみ)、綾野剛(諏訪)、金井勇太(蔵前)、榮倉奈々(美雲)、三浦友和(松岡勝俊)、筒井道隆(柿沼)、吉岡秀隆(幸田一樹)、窪田正孝(日吉浩一郎)、滝藤賢一(赤間)、仲村トオル(二渡真治)、永瀬正敏(雨宮芳男)、小橋めぐみ(雨宮敏子)、平田風果(雨宮翔子)、瑛太(秋川)

「世界から猫が消えたなら」のネタバレあらすじ結末

世界から猫が消えたならの紹介:2016年日本映画。ある日突然病気を告げられ残り少ない命を告げられた僕が、僕とそっくりの悪魔との契約で世界から一つ何かをなくすことで、一日の命を与えてもらう。だが無くなっていくものにかかわる自分の思い出も消されることに悩みながら、何が大切かに気づいていく感動ストーリーです。
監督:永井聡 出演:佐藤健(僕/悪魔)、宮崎あおい(彼女)、濱田岳(ツタヤ)、奥野瑛太(トムさん)、石井杏奈(ミカ)、奥田瑛二(父さん)、原田美枝子(母さん)ほか

「どろろ」のネタバレあらすじ結末

どろろの紹介:2007年日本映画。魔物に取られた自分の体48か所を取り戻す旅をする百鬼丸と盗人のどろろ。魔物を倒すうちに絆が生まれる二人に百鬼丸の出生の秘密が明らかになる。
監督:塩田明彦 出演者:百鬼丸(妻夫木聡)、どろろ(柴咲コウ)、醍醐景光(中井貴一)、多宝丸(瑛太)、寿海(原田芳雄) ほか

「64 (ロクヨン)後編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)後編の紹介:2016年日本映画。わずか七日間で幕を閉じた昭和64年。そこで起きた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年が過ぎ、時効まであと1年。当時、刑事として捜査に加わっていた三上は、現在、県警広報官として別の職務に就いていた。しかし「ロクヨン」事件の遺族である雨宮の元を訪れたことをきっかけに、独自に「ロクヨン」事件の調査を始める。「ロクヨン」事件の裏に警察の組織ぐるみの隠蔽が隠されていることを突き止めた三上。さらに匿名報道を巡り、県警記者クラブのリーダー・秋川らと広報室は対立。三上は窮地に立たされていた。事態の収拾に奔走する三上。そんな矢先、「ロクヨン」を模倣した誘拐事件が発生。14年前「ロクヨン」に関わった者たちが封印できなかったある秘密。二つの事件の衝撃の真相とは?「ロクヨン」事件に隠された最大の謎が今明らかに。日本映画界最高峰の超豪華オールスターキャストが集結!横山秀夫の究極のミステリーが感動の人間ドラマとして、ついに完結。

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のネタバレあらすじ結末

のだめカンタービレ 最終楽章 後編の紹介:2010年日本映画。二ノ宮知子の原作漫画を映画化。のだめと千秋の恋愛模様を軸に、オーケストラを取り扱ったドラマ版から続く二人の関係の、グランドフィナーレ!!
監督:川村泰祐 出演:上野樹里(野田恵)、玉木宏(千秋真一)、瑛太(峰龍太郎)、水川あさみ(三木清良)、小出恵介(奥山真澄)、竹中直人(フランツ・シュトレーゼマン)、蒼井優(ヤドヴィ)ほか

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のネタバレあらすじ結末

のだめカンタービレ 最終楽章 前編の紹介:2009年日本映画。二ノ宮知子の原作漫画を映画化。ドラマの続編として、5カ国を股にかけ、ロケを行った、のだめと、千秋の、音楽を通して愛を語り合う、オーケストララブストーリー。
監督:武内英樹 出演:上野樹里(野田恵)、玉木宏(千秋真一)、瑛太(峰龍太郎)、水川あさみ(三木清良)、小出恵介(奥山真澄)、ウエンツ瑛士(フランク)、竹中直人(フランツ・シュトレーゼマン)ほか

1 2
TOP↑