イライジャ・ウッド映画一覧

イライジャ・ウッドが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「フリッパー」のネタバレあらすじ結末

フリッパーの紹介:1996年アメリカ映画。都会育ちの14歳、サンディは反抗期真只中の少年です。夏の間、伯父のポーターが住む南フロリダの小島に滞在することになったのですが、なかなか心を開かないサンディ。ですが彼が密猟者ダークの銃撃から命を助けた子イルカ、フリッパーや島の子供との友情を通して徐々に心を開きイルカを狙う密漁者に立ち向かいます。サンディ達の活躍で島とイルカに平和が戻るという動物と人間の垣根を超えた友情のお話です。
監督:アラン・シャピロ 出演:イライジャ・ウッド(サンディ・リックス)、ポール・ホーガン (ポーター・リックス)、ジョナサン・バンクス (ダーク・モーラン)、チェルシー・フィールド (キャシー)、ジェシカ・ウェッソン (キム)ほか

「ハッピー・フィート2」のネタバレあらすじ結末

ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊の紹介:2011年オーストラリア映画。「ハッピー・フィート」の続編として製作された本作は、タップダンスの名手であるペンギンの息子が、父の姿を見て成長していく物語。アメリカでヒットしているポップ音楽をふんだんに盛り込んでおり、映像の美しさは前作を超えるものに仕上がっている。サイドストーリーとして出演するオキアミの声はブラッド・ピットやマット・デイモンが務めた。
監督:ジョージ・ミラー 声優:イライジャ・ウッド(マンブル)、ロビン・ウィリアムズ(ラモン/ラブレイス)、ハンク・アザリア(スヴェン)、アレシア・ムーア(グローリア)、ブラッド・ピット(ウィル)、マット・デイモン(ビル)、ほか

「シン・シティ」のネタバレあらすじ結末

シン・シティの紹介:2005年アメリカ映画。フランク・ミラー原作の同名コミックを映画化したクライムサスペンス映画です。犯罪がはびこる架空の街「シン・シティ」を舞台に、様々な人間模様を3つの主要なエピソードからなるオムニバス形式で描き上げています。
監督:フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ(ゲスト) 出演者:ブルース・ウィリス(ハーティガン)、ジェシカ・アルバ(ナンシー)、ミッキー・ローク(マーヴ)、イライジャ・ウッド(ケビン)、クライヴ・オーウェン(ドワイト)、ロザリオ・ドーソン(ゲイル)ほか

「ダーティー・コップ」のネタバレあらすじ結末

ダーティー・コップの紹介:2016年アメリカ映画。ニコラス・ケイジとイライジャ・ウッド主演のクライム・サスペンス映画。ラスベガスで警察官として働く2人の刑事が、抱えている不満を吐き出すためにある犯罪に身を染めるのだが…。次第に狂気を帯びてくる警察官を描いた作品。
監督:アレックス・ブリューワー、ベンジャミン・ブリューワー 出演者:ニコラス・ケイジ(ストーン)、イライジャ・ウッド(ウォーターズ)、スカイ・フェレイラ(女)、ジェリー・ルイス(ストーンの父)ほか

「ディープ・インパクト」のネタバレあらすじ結末

ディープ・インパクトの紹介:1998年アメリカ映画。地球を滅亡させる彗星を発見した少年、地球を守るべく立ち上がった宇宙船の老パイロット、国民を救う責任を担った合衆国大統領。人々は、最期の日を前に何を想い、何を守るのか。
監督:ミミ・レダー 出演:ロバート・デュヴァル(スパージョン・“フィッシュ”・タナー船長)、ティア・レオーニ(ジェニー・ラーナー)、イライジャ・ウッド(レオ・ビーダーマン)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ロビン・ラーナー)、ほか

「ゾンビスクール!」のネタバレあらすじ結末

ゾンビスクール!の紹介:2014年アメリカ映画。汚染されたチキンナゲットを食べたことから、ゾンビへと変貌した子供たちに立ち向かおうとする先生たちの活躍が描かれている映画となります。
監督:ジョナサン・マイロット、キャリー・マーニオン 出演:イライジャ・ウッド(クリント)、レイン・ウィルソン(ウェイド)、アリソン・ピル(ルーシー)、ジャック・マクブレイヤー(トレイシー)、ほか

「背徳の囁き」のネタバレあらすじ結末

背徳の囁きの紹介:1989年アメリカ映画。ロサンゼルス市警に着任したエリート内務調査官が、暗躍する悪徳警官に挑発、翻弄されながらも悪事を暴いていくサスペンス。リチャード・ギアが初の悪役を演じた。
監督:マイク・フィギス 出演:リチャード・ギア(デニス・ペック)、アンディ・ガルシア(レイモンド ・アヴィラ)、ナンシー・トラヴィス(キャスリーン・アヴィラ )、ローリー・メトカーフ(エイミー・ウォーレス)、ほか

「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形」のネタバレあらすじ結末

9<ナイン> 9番目の奇妙な人形の紹介:2009年アメリカ映画。9が目を覚ました世界は既に人間の滅びた荒廃した世界だった。街は荒れ果て所々で息絶えた人の姿が見える。そんな誰もいないと思われていたこの世界で9はある出会いをする。それは自分と同じ、まるで誰かに作られたかのような人形の姿をした仲間達だった。その出会いに喜ぶ9、しかしそれはすぐに絶望へと変わっていく。シェーン・アッカー監督の短編アニメーション「9<ナイン>」をティム・バートン製作シェーン・アッカー監督で長編アニメーション映画化。短編版「9<ナイン>」はアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート。
監督:シェーン・アッカー 出演:9(イライジャ・ウッド) 8(フレッド・タタショア) 7(ジェニファー・コネリー) 6(クリスピン・グローヴァー) 5(ジョン・C・ライリー) 2(マーティン・ランドー) 1(クリストファー・プラマー)

「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のネタバレあらすじ結末

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーの紹介:2003年アメリカ映画。3Dの映像技術を使ったファミリー映画で、スパイを引退したジュニが行方不明になったカルメンを探すためにビデオゲームの世界に飛びこみます。前作からのキャラクターも登場し、天才プログラマーのトイメイカーを捕まえます。
監督:ロバート・ロドリゲス 出演者:ダリル・サバラ(ジュニ・コルテス)、アレクサ・ヴェガ(カルメン・コルテス)、アントニオ・バンデラス(グレゴリオ・コルテス)、カーラ・グリノ(イングリット・コルテス)ほか

「ハッピーフィート」のネタバレあらすじ結末

ハッピーフィートの紹介:2006年オーストラリア,アメリカ映画。南極を舞台にしたコウテイペンギンのアメリカのアニメーション映画です。フルCGを使い美しい映像です。コウテイペンギンの白と黒の体は日本の学生服を思わせますし、みんな同じように育たなければ規格外にしてしまう教育体制の悪い面を指摘しています。それは日本だけでなく世界的にもしばしば見られる悪い面なのかなとも思います。教育関係に携わっている人や親子で見てほしい映画です。また音楽がすばらしいです。主題歌『Song of the Heart』は、2006年ゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞しています。
監督:ジョージ・ミラー  声優: イライジャ・ウッド(マンブル)、ブリタニー・マーフィ(グローリア)、ヒュー・ジャックマン(メンフィス)、ニコール・キッドマン(ノーマ・ジーン)、ヒューゴ・ウィーヴィング(ノア)、ロビン・ウィリアムズ(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ほか

「ブラック・ハッカー」のネタバレあらすじ結末

ブラック・ハッカーの紹介:2014年スペイン,アメリカ映画。日頃から人気女優ジルの追っかけをしているおかげで彼女との念願のディナーにありついたニック。しかしその時間を待つ間ジルの中継をネットで見ていると突然何者かが彼のパソコンに侵入してきた。そしてニックに指示を飛ばしそれは次第に過激さを増していく。ついにはジル本人を巻き込む騒動に発展してしまう。「ロード・オブ・ザ・リング」のイライジャ・ウッドが送る最先端スリラー。
監督:ナチョ・ビガロンド 出演:ニック・チェンバース(イライジャ・ウッド) ジル・ゴダード(サーシャ・グレイ) コード(ニール・マスケル) ピエール(アダム・キンテーロ) トニー・ヒルマン(イバン・ゴンザレス)

「バックトゥザフューチャー2」のネタバレあらすじ結末

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 の紹介:1989年アメリカ映画。1955年からやっと現代に戻って来たマーティのもとに、未来へと旅立ったドクが現れ「未来へ一緒に来て欲しい」と頼まれる。今度は未来のマーティの子供に問題が起きている事を知り、ジェニファーも一緒にデロリアンに乗り未来へと旅立つ。今回の物語は未来と過去を行き来する壮絶な旅になる。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ三部作として、三作目と同時に制作されていた作品。今作では2015年の未来が舞台であり、実際に2015年を迎えた事から、様々なイベントが開かれた。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン/グリフ・タネン)、エリザベス・シュー(ジェニファー・パーカー)ほか

「エターナル・サンシャイン」のネタバレあらすじ結末

エターナル・サンシャインの紹介:2004年アメリカ映画。失恋した彼らが記憶を除去しようとし、その中でお互いの良さが再びわかってくる物語で、アカデミー賞の脚本賞を受賞しています。
監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ケイト・ウィンスレット、ジム・キャリー、イライジャ・ウッド、キルスティン・ダンストほか

「ホビット 思いがけない冒険」のネタバレあらすじ結末

ホビット 思いがけない冒険(第1部)の紹介:2012年アメリカ/ニュージーランド映画。J・R・R・トールキンが指輪物語の前章として制作した物語「ホビットの冒険」を原作に映画化した作品です。「ロード・オブ・ザ・リング」の世界よりも60年前の同じ中つ国を舞台としています。「ホビットの冒険」を3部作として映画化するファンタジー超大作の第1弾。
監督:ピーター・ジャクソン 出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、 ジェームズ・ネスビット、イライジャ・ウッド、アンディ・サーキスほか

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還の紹介:2003年アメリカ・ニュージーランド映画。J・R・R・トールキンの小説、指輪物語の最終章で、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ3部作の完結編。今作は世界中で多くの人が鑑賞し、ファンタジー映画では史上初の快挙となるアカデミー賞11部門を受賞しました。
監督:ピーター・ジャクソン 出演:イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン)、ショーン・アスティン(サム)、リヴ・タイラー(アルウェン)、ビリー・ボイド(ピピン)、ドミニク・モナハン(メリー)、オーランド・ブルーム(レゴラス)ほか

1 2
TOP↑