イーサン・ホーク映画一覧

イーサン・ホークが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「いまを生きる」のネタバレあらすじ結末

いまを生きるの紹介:1989年アメリカ映画。厳格な全寮制エリート校に赴任してきた型破りな英語教師キーティング。彼の破天荒な教え方は、教科書通りに教えられてきた学生達の殻を打ち破り、自分の意思を自覚させていきます。従順だった学生達をそそのかしたとして、校長を始め、子供をエリートに育てたい親からも批判されるキーティング。反発するかのように意固地になっていく学生達と、校長・親との対立がやがて悲劇を生み、キーティングは学校を辞めさせられるのです。エンディングで、キーティングを慕う学生達が、机に立って敬礼する場面が心を打つ名作です。
監督:ピーター・ウィアー 出演者:ロビン・ウィリアムズ(キーティング)、ロバート・ショーン・レナード(ニール)、イーサン・ホーク(トッド)ほか

「マグニフィセント・セブン」のネタバレあらすじ結末

マグニフィセント・セブンの紹介:2016年アメリカ映画。ある目的で賞金首を追うサムの前に一人の女性が現れた。彼女はサムの腕を見込んで自分の故郷を助けてほしいと願っていた。彼女の故郷のある町は金の取れる鉱山がありその土地を狙って一人の男が大群と共にやってきた。そしてあっという間に町を牛耳ってしまい彼女の夫も殺されてしまった。町を牛耳るその男の名に身に覚えがあるサムは数人の仲間を集い町の奪還に挑む。黒澤明監督の「七人の侍」を原作にした「荒野の七人」、そのリメイクとして新たに作成された。
監督:アントワーン・フークア 出演:デンゼル・ワシントン(サム)、クリス・プラット(ジョシュ)、イーサン・ホーク(グッドナイト)、ヴィンセント・ドノフリオ(ジャック)、イ・ビョンホン(ビリー)、マヌエル・ガルシア=ルルフォ(ヴァスケス)、マーティン・センスマイヤー(レッドハーベスト)、ほか

「デイブレイカー」のネタバレあらすじ結末

デイブレイカーの紹介:2009年オーストラリア,アメリカ映画。近未来。世界は、永遠の命を持つヴァンパイアによって支配されている。ヴァンパイアが生きるために、必要な餌である人類は、絶滅寸前までに追い込まれている。餌である血液の代用を捜すヴァンパイアの研究者エドは、人類の生き残りであるオードリーと出逢うのだが・・・
監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ 出演:イーサン・ホーク(エドワード・ダルトン)、ウィレム・デフォー(ライオネル・コーマック)、クローディア・カーヴァン(オードリー・ベネット)、マイケル・ドーマン(フランキー・ダルトン)、ほか

「プリデスティネーション」のネタバレあらすじ結末

プリデスティネーションの紹介:2014年オーストラリア映画。バーテンダーとしてバーで働く男の前に一人の客が現れる。ハンサムだがどこか闇を抱えたようなその客はバーテンダーに言われ自身の過去の話を始める。女として生まれ、ある出来事をきっかけに男性へと性転換したというにわかには信じられない話。しかし話はそれだけでは終わらなかった。バーテンダーにはある目的があった。それは街をにぎわす爆弾魔の逮捕。彼は時間を飛び爆弾魔を逮捕するためその客と出会ったのだ。ロバート・A・ハインラインの「輪廻の蛇」を原作にしたSF大作。
監督:マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 出演:バーテンダー(イーサン・ホーク) ジョン/ジェーン(サラ・スヌーク) ロバートソン(ノア・テイラー)

「フッテージ」のネタバレあらすじ結末

フッテージ(原題:SINISTER)の紹介:2012年アメリカ映画。ある男が一家揃って新たな家に引っ越すも、その家で見つかった8ミリフィルムにはとんでもないことが映っていたという全米でヒットを記録した映画です。
監督:スコット・デリクソン 出演:イーサン・ホーク(エリソン・オズワルト)、ジュリエット・ライランス(トレイシー・オズワルト)、フレッド・ダルトン・トンプソン(保安官)、ジェームズ・ランソン(副保安官)、ほか

「ガタカ」のネタバレあらすじ結末

ガタカの紹介:1997年アメリカ映画。産まれる前の遺伝子操作を行うことにより優秀な人間「適正者」が造れる近未来。この世界では遺伝子操作を受けていない「神の子」は勉強、スポーツ、ビジネスあらゆる面で、適正者より劣ると判断され、就職などで差別を受けていた。「神の子」であるヴィンセントは、宇宙飛行士の夢を叶える為に「適正者」に成りすまし、宇宙局ガタカに就職する。宇宙局で働く中で、偽者だとバレないように必死に努力し、宇宙に旅立つことを目指す。
監督:アンドリュー・ニコル 出演者:イーサン・ホーク(ヴィンセント)、ユマ・サーマン(アイリーン)、ジュード・ロウ(ジェローム)、ローレン・ディーン(アントン・フリーマン)ほか

「ロード・オブ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ウォーの紹介:2005年アメリカ映画。1980年代初めから「死の商人」として活動を始めた男の運命は。実在の複数の武器商人への取材から作られたフィクション映画。
監督:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ(ユーリ・オルロフ)、ジャレッド・レト(ヴィタリー・オルロフ)、イーサン・ホーク(ジャック・バレンタイン)、ブリジット・モイナハン(エヴァ・フォンテーン・オルロフ)、イーモン・ウォーカー(アンドレイ・バプティスト)ほか

「パージ」のネタバレあらすじ結末

パージの紹介:2013年アメリカ映画。経済が崩壊した後のアメリカで、1年に一度の合法的な殺人が行われる中、1つの金持ち家族が襲われる恐怖を描いた作品になります。
監督:ジェームズ・デモナコ 出演:イーサン・ホーク(ジェームズ・サンディン)、レナ・ヘディ(メアリー・サンディン)、アデレイド・ケイン(ゾーイ・サンディン)、マックス・バークホルダー(チャーリー・サンディン)ほか

TOP↑