フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「パーソナル・ショッパー」のネタバレあらすじ結末

パーソナル・ショッパーの紹介:2016年フランス映画。女優キーラのパーソナル・ショッパーとしてパリで働くモウリーンは三か月間、あるサインが送られるのを待っていた。前作『アクトレス〜女たちの舞台〜』に続いてクリステン・スチュワートを起用したオリヴィエ・アサイヤス監督が第69回カンヌ国際映画祭で監督賞に輝いた作品。
監督:オリビエ・アサイヤス 出演者:クリステン・スチュワート(モウリーン)、ラース・アイディンガー(インゴ)、自グリッド・ブアジズ(ララ)、ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン(キーラ)、アンデルシュ・ダニエルセン・リー(アーウィン)

「愛のコリーダ」のネタバレあらすじ結末

愛のコリーダの紹介:1976年日本,フランス映画。昭和史に残る「阿部定事件」を題材にしたハードコア・ポルノ作品。昭和初期、料亭「吉田屋」の女中として働いていた定は、店主吉蔵に惹かれ男女の仲となる。所かまわず淫蕩に耽る2人の行動はエスカレートし、ついに衝撃的な結末を迎えることになる。過激な性描写のために日本では大幅な修正が加えられ公開されたが、2000年にノーカット版がリバイバルされている。
監督:大島渚 出演者:藤竜也(吉蔵)、松田暎子(定)、中島葵(トク)、松井康子(「田川」のおかみ)、九重京司(大宮先生)ほか

「南から来た用心棒」のネタバレあらすじ結末

南から来た用心棒の紹介:1966年イタリア,フランス,スペイン映画。イタリア・スペイン・フランスの合作によるマカロニウェスタン映画です。とある西部の町に用心棒として雇われた凄腕の賞金稼ぎが、悪の限りを尽くす賞金首の一味と壮絶な死闘を繰り広げます。
監督:ミケーレ・ルーポ 出演者:ジュリアーノ・ジェンマ(アリゾナ・コルト)、フェルナンド・サンチョ(ゴルドン・ウォッチ)、コリンヌ・マルシャン(ジェーン)、ネロ・パッツァフィーニ(クレイ)、アンドレ・ボシック(ペドロ)ほか

「淵に立つ」のネタバレあらすじ結末

淵に立つの紹介:2016年日本,フランス映画。平凡で穏やかな暮らしを送っていたごく普通の家庭が、ある前科者の男の出現を機に崩壊に向かっていく姿を二部構成で描いた衝撃のサスペンス映画です。
監督:深田晃司 出演者:浅野忠信(八坂草太郎)、筒井真理子(鈴岡章江)、古舘寛治(鈴岡利雄)、太賀(山上孝司)、三浦貴大(設楽篤)ほか

「おとなの恋の測り方」のネタバレあらすじ結末

おとなの恋の測り方の紹介:2016年フランス映画。別れた元夫ブルーノと弁護士事務所を経営しているディアーヌは、携帯を忘れたことをきっかけに建築士のアレクサンドルと知り合います。ディアーヌは知的でユーモアに溢れるアレクサンドルに惹かれるも、アレクサンドルが自分よりもずっと身長が低いと言う事が頭の隅にあり周囲の目が気になってしまう。ディアーヌの恋の行方が気になるロマンティックコメディ。
監督:ローラン・ティラール 出演者:ジャン・デュジャルダン(アレクサンドル)、ビルジニー・エフィラ(ディアーヌ)、セドリック・カーン(ブルーノ)、セザール・ドンボワ(ベンジー)、エドモント・フランキ(モニク)、他

「イヴ・サンローラン」のネタバレあらすじ結末

イヴ・サンローランの紹介:2014年フランス映画。フランスを代表する天才ファンションデザイナー、イヴ・サンローランの光と影に彩られた生涯を、イヴ・サンローラン財団および生前の彼の公私のパートナーであったピェール・ベルジュの全面協力により描き上げた伝記ドラマです。
監督:ジャリル・レスペール 出演者:ピエール・ニネ(イヴ・サンローラン)、ギヨーム・ガリエンヌ(ピェール・ベルジュ)、シャルロット・ルボン(ヴィクトワール・ドゥトルロウ)、マリアンヌ・バスレール(ルシエンヌ・サンローラン)、ほか

「ゴール・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ゴール・オブ・ザ・デッドの紹介:2014年フランス映画。サッカーとゾンビが一緒になったという、異色のホラー映画。今では落ち目のサッカー選手ロリが、故郷の田舎町で行われる試合へと向かう。ロリのライバルだったジャンがある事件でゾンビ化し、スタジアムで大暴れしたことから小さな町は大混乱に。そんな最悪の状況下、ロリの前に、彼の娘だと名乗る少女が現れる。
監督:バンジャマン・ロシェ 出演者:アルバン・レノア(サム・ロリ)、パトリック・リガルデ(クベール)、ティファニー・ダビオ(クレオ)、シャーリー・ブランオー(ソレーヌ)、アーメド・シラ(イドリス・ディアゴ)、セバスチャン・ヴァンデンべ(ジャノ)、ベノワ・モレ(ミシェル)、フィリップ・デュ・ジェネラン(ベルボー)ほか

「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」のネタバレあらすじ結末

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命の紹介:2016年アメリカ,チリ,フランス映画。アメリカのジョン・F・ケネディ元大統領の夫人だったジャクリーン・ケネディ。最愛の夫の暗殺事件からの4日間、彼女が取った行動とは…。かつてジャッキーの愛称で親しまれた元ファーストレディの知られざる姿に迫った歴史ドラマです。
監督:パブロ・ラライン 出演:ナタリー・ポートマン(ジャクリーン・”ジャッキー”・ケネディ)、キャスパー・フィリップソン(ジョン・F・ケネディ)、グレタ・ガーウィグ(パメラ・ターナー)、ピーター・サースガード(ロバート・F・ケネディ)、マックス・カセラ(ジャック・ヴァレンティ)ほか

「ブンミおじさんの森」のネタバレあらすじ結末

ブンミおじさんの森の紹介:2010年イギリス,タイ,フランス,ドイツ,スペイン映画。タイの田舎を舞台に、死期の迫った男が亡き妻の霊や行方不明になっていた息子との邂逅や不思議な出来事に遭遇していくファンタジーです。
監督:アピチャートポン・ウィーラセータクン 出演者:タナパット・サーイセイマー(ブンミ)、ジェンチラー・ポンパス(ジェン)、サックダー・ケァウブアディー(トン)、ナッタカーン・アパイウォン(フエイ)、(ブンソン)ほか

「アクトレス 女たちの舞台」のネタバレあらすじ結末

アクトレス 女たちの舞台の紹介:2014年フランス,ドイツ,スイス映画。若い頃の役を新進女優に奪われ、世代交代に直面する大物女優の葛藤と挑戦を、スイスの美しい自然を舞台に描いた人間ドラマです。
監督:オリヴィエ・アサヤス 出演者:ジュリエット・ビノシュ(マリア・エンダース)、クリステン・スチュワート(バレンティン)、クロエ・グレース・モレッツ(ジョアン・エリス)、ラース・アイディンガー(クラウス)、ジョニー・フリン(クリストファー)ほか

「スペシャル・フォース」のネタバレあらすじ結末

スペシャル・フォースの紹介:2011年フランス映画。アフガニスタン・カブールで武装集団に拉致された女性ジャーナリストを救出するために派遣されたフランス軍特殊部隊「スペシャル・フォース」の戦いを描く戦争アクション映画です。
監督:ステファン・リュボジャ 出演者:ダイアン・クルーガー(エルサ)、ジャイモン・フンスー(コバックス)、ブノワ・マジメル(ティクタク)、ドゥニ・メノーシェ(リュカ)、ラズ・デガン(ザイエフ)ほか

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のネタバレあらすじ結末

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船の紹介:2011年フランス,アメリカ,イギリス,ドイツ映画。時は17世紀フランス。フランス宮廷で三銃士と呼ばれる三人、アトス、ポルトス、アラミスは、ダ・ヴィンチの残した兵器の設計図を手に入れようとするが、仲間であったミレディの裏切りで失敗する。宰相リシュリューは、その設計図で英国と密約を交わし、国の実権を握ろうと陰謀を張り巡らせる。立身出世を夢見る若い剣士ダルタニアンと共に、三銃士は王と国を英国の魔の手から守る為に冒険を繰り広げる。有名冒険小説三銃士を原作とした冒険アクション映画。
監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演者:アトス(マシュー・マクファディン)、ポルトス(レイ・スティーブンソン)、アラミス(ルーク・エヴァンズ)、ダルタニアン(ローガン・ラーマン)、プランシュ(ジェームズ・コーデン)、ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)、コンスタンス(ガブリエラ・ワイルド)、アンヌ王妃(ジュノー・テンプル)、ルイ13世(フレディ・フォックス)ほか

「エヴォリューション」のネタバレあらすじ結末

エヴォリューションの紹介:2015年フランス,スペイン,ベルギー映画。少年と女性しか住んでいない謎めいた小さな島。ひとりの少年が島に隠された驚愕の秘密を知ってしまい…。装飾や説明を省き、観る者に解釈を委ねた芸術志向のシンプルなフレンチホラーです。
監督:ルシール・アザリロヴィック 出演者:マックス・ブレバン(ニコラ)、ロクサーヌ・デュラン(ステラ)、ジュリー=マリー・パルマンティエ(ニコラの母親)、ニッシム・レナード(フランク)、マシュー・ゴールドフェルド(ヴィクトル)ほか

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のネタバレあらすじ結末

ティエリー・トグルドーの憂鬱の紹介:2015年フランス映画。「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」(1986)で好演、「母の身終い」(2012)で二度目のセザール賞主演男優賞ノミネートを果たしたフランスの名優、ヴァンサン・ランドン主演作。現代のフランスが抱える深刻な失業問題を、真正面からとらえたシリアス・ドラマ。フランス国内で大ヒットを記録した。50才を過ぎて突然会社を解雇されたティエリー。1年半の無職生活の末、ようやくありついた仕事はスーパーマーケットの監視員だった。毎日毎日、万引き犯を見つけ出すという仕事に彼の心はすり減っていく。
監督:ステファヌ・ブリゼ 出演者:ヴァンサン・ランドン(ティエリー・トグルドー)、カトリーヌ・ドゥ・ミルベック(ティエリーの妻)、マチュー・シャレール(マチュー)、イヴ・オリィ(カウンセラー)、グザビエ・マチュー(同僚)、カトリーヌ・サン=ボネ(銀行融資係)ほか

「パリ、恋人たちの影」のネタバレあらすじ結末

パリ、恋人たちの影の紹介:2015年フランス映画。ドキュメンタリー映画の監督の夫ピエールと、献身的に映画製作を助ける妻マノン。二人は同じ目的に向かっているはずだったが…。夫は若いフィルム保存係のエリザベットと肉体関係をもち、妻も心の隙間を別の男で埋める。ピエールとマノンの関係は、そして二人の作る映画はどうなるのか。
監督:フィリップ・ガレル 出演者:クロティルド・クロー(マノン)、スタニスラス・メラール(ピエール)、レナ・ポーガム(エリザベット)、ヴィマーラ・ポンズ(リサ)、ほか

1 2 3 4 5 14
TOP↑