フランス映画一覧

フランス映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめフランス映画から、最新映画まで様々なジャンルのフランス映画を紹介しています。

「ロスト・チルドレン」のネタバレあらすじ結末

ロスト・チルドレンの紹介:1995年フランス映画。どこかの寂れた港町。一つ目族と名乗る怪しげな集団が、子供を誘拐してはどこかへ横流ししています。一体何が目的なのでしょうか。一つ目族に弟を誘拐されたワンと、泥棒少女のミエットがその真相を探ります。
監督:ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ 出演者:ワン(ロン・パールマン)、ミエット(ジュディット・ヴィッテ)、博士、6人のクローン(ドミニク・ピノン)、クランク(ダニエル・エミルフォンク)、マルチェロ(ジャン=クロード・ドレフュス)ほか

「コロンビアーナ」のネタバレあらすじ結末

コロンビアーナの紹介:2011年アメリカ,フランス映画。コロンビアに住む9歳のカトレアは、マフィアの元で働いていた父ファビオと母をボスのルイスに殺害され、叔父エミリオが住むアメリカ、シカゴへ身を寄せます。成人し殺し屋となった彼女は両親の復讐をすべくルイスに関わる犯罪者達をすべて殺害していきます。彼女の危険なやり方にエミリオは何度も忠告しますが、カトレアはひたすら復讐に向かい殺人を繰り返します。
監督:オリヴィエ・メガトン 出演:ゾーイ・サルダナ(カトレア)、ジョルディ・モリャ(マルコ)、レニー・ジェームズ(ロス)、アマンドラ・ステンバーグ(カトレア(9歳))、マイケル・ヴァルタン(ダニー・デラネイ)、クリフ・カーティス(エミリオ・レストレポ)、ほか

「ジェラシー」のネタバレあらすじ結末

ジェラシーの紹介:2013年フランス映画。妻子と別れ貧乏ながら同じ役者業の恋人と同棲を始めたルイ。しかし役を貰う事のできない恋人は次第に不満を募らせてゆく。あるカップルの心の移り変わりをモノクロの美しい映像で描く。
監督:フィリップ・ガレル 出演:ルイ・ガレル(ルイ)、アナ・ムグラリス(クローディア)、レベッカ・コンヴナン、オルガ・ミルシュタイン、エステール・ガレル、ほか

「エヴァの告白」のネタバレあらすじ結末

エヴァの告白の紹介:2013年アメリカ,フランス映画。聖母マリアの祝日、戦禍のポーランドからアメリカへ逃げてきたエヴァは、告白を始める。それは妹のために行った彼女の罪という名の献身だった。より豊かな人生を求めてアメリカに移住した女性、様々な出来事に振り回されながらも逞しく生き抜く姿を描く。
監督:ジェームズ・グレイ 出演:マリオン・コティヤール(エヴァ・シブルスカ)、ホアキン・フェニックス(ブルーノ・ワイス)、ジェレミー・レナー(オーランド)、ダグマーラ・ドミンスク、アンジェラ・サラフィアン、ほか

「トカレフ」のネタバレあらすじ結末

トカレフの紹介:2014年アメリカ,フランス映画。娘を殺害された父親の復讐劇を描くクライム・アクション。元ギャングのポールは足を洗い、現在は妻子と共に平和に暮らしていた。ところがポールの留守中一人娘ケイトリンが誘拐され、遺体となって発見される。復讐を決意したポールはかつての仲間と共に犯人探しを始め、ロシア・マフィアとの戦争にまで発展。しかし真実は思わぬところに隠されていた。
監督:パコ・カベサス 出演者:ニコラス・ケイジ(ポール・マグワイア)、レイチェル・ニコルズ(ヴァネッサ・マグワイア)、マックス・ライアン(ケイン)、マイケル・マグレイディ(ダニー)、ピーター・ストーメア(オコネル)ほか

「リピーテッド」のネタバレあらすじ結末

リピーテッドの紹介:2014年アメリカ,イギリス,フランス,スウェーデン映画。S・J・ワトソンの小説「わたしが眠りにつく前に」を原作とするミステリースリラー映画です。ある事故がきっかけで1日しか記憶を保てない女性が、自らの過去を探っているうちに衝撃の事実に遭遇します。
監督:ローワン・ジョフィ 出演者:ニコール・キッドマン(クリスティーン)、コリン・ファース(ベン)、マーク・ストロング(ナッシュ)、アンヌ=マリー・ダフ(クレア)、ディーン=チャールズ・チャップマン(アダム)ほか

「ビッグ・ガン」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・ガンの紹介:1972年イタリア,フランス映画。妻子を殺害された殺し屋の復讐劇を描くサスペンス・アクション。巨大マフィア組織に雇われている凄腕の殺し屋トニー。彼は家族のために裏稼業から足を洗うことにした。組織を知り過ぎているトニーの離脱を幹部達は許さず、抹殺を計画する。しかし手違いでトニーの妻子が殺害されてしまい、絶望を味わったトニーは組織を相手に孤独な復讐を始めるのだった。アラン・ドロンの怒りと悲しみが鈍く光る傑作。
監督:ドゥッチオ・テッサリ 出演者:アラン・ドロン(トニー・アルゼンタ)、リチャード・コンテ(ニック・グスト)、カルラ・グラヴィーナ(サンドラ)、マルク・ポレル(ドメニコ・マッジオ)、ロジェ・アナン(カーレ)ほか

「アデルの恋の物語」のネタバレあらすじ結末

アデルの恋の物語の紹介:1975年フランス映画。『レ・ミゼラブル』で知られるヴィクトル・ユゴーの次女アデルの実話に基づく映画。一人のイギリス人士官への徹底的に一方的な恋に生きるアデルを撮影時18歳のイザベル・アジャーニが演じる。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演者:イザベル・アジャーニ(アデル・ユゴー)、ブルース・ロビンソン(イギリス騎兵中尉、アルバート・ピンソン)、シルヴィア・マリオット(サンダース夫人)、ジョゼフ・ブラッチリー(本屋、ホイッスラー氏)、イヴリー・ギトリス(催眠術師)

「われらが背きし者」のネタバレあらすじ結末

われらが背きし者の紹介:2016年イギリス,フランス映画。スパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名小説を映画化したサスペンス作品です。偶然ロシアンマフィアの男と知り合った大学教授がマフィアの機密情報を手に入れたために、妻をも巻き込んで世界を股にかけた危険な逃亡劇を繰り広げていきます。
監督:スザンナ・ホワイト 出演者:ユアン・マクレガー(ペリー)、ステラン・スカルスガルド(ディマ)、ダミアン・ルイス(ヘクター)、ナオミ・ハリス(ゲイル)、ジェレミー・ノーサム(オーブリー・ロングリッグ)ほか

「フェイク・ライフ 顔のない男」のネタバレあらすじ結末

フェイク・ライフ 顔のない男の紹介:2014年フランス,ベルギー映画。「クリムゾン・リバー」(2000)では監督。その後、スピルバーグの「ミュンヘン」(2005)では役者として登場したマチュー・カソヴィッツが、異常人格者とバイオリニストという2役をこなすミステリー・サスペンス。パリに暮らす孤独な中年男。唯一の楽しみは、特殊メイクで見知らぬ他人になりきることだった。そんな男の人生が、ある有名人になりきったことから狂い始める。
監督:マチュー・デラボルト 出演者:マチュー・カソヴィッツ(セバスチャン・ニコラ/アンリ・モンタルト)、マリ=ジョゼ・クローズ(クレマンス)、ディエゴ・ル・マルトレ(ヴァンサン)、シヴォーン・フィネラン(トラヴェン)ほか

「婚約者の友人」のネタバレあらすじ結末

婚約者の友人の紹介:2016年フランス,ドイツ映画。戦死した婚約者の墓標の前で涙を流す青年、彼は婚約者の友人だと言う。しかし彼にはアンナと婚約者の両親には明かせない秘密があった。第1次世界大戦後のドイツが舞台となり、戦死した青年の友人と名乗る男と、遺族や残された婚約者の交流を描くドラマ。
監督:フランソワ・オゾン 出演:ピエール・ニネ(アドリアン)、パウラ・ベーア(アンナ)、エルンスト・シュトッツナー(ハンス)、マリー・グルーバー(マグダ)、ヨハン・フォン・ビューロー(クロイツ)、アントン・フォン・ルケ(フランツ)、ほか

「女神の見えざる手」のネタバレあらすじ結末

女神の見えざる手の紹介:2016年フランス,アメリカ映画。ロビーストとは企業などから依頼を受け、政治家に働きかけ、法律などを実現する人たちを言います。トランプ大統領はその影響力を懸念しています。エリザベスはやり手のロビースト、ロビー会社に勤めています。ある日、拳銃業界からの銃の所持に有利なロビー活動の依頼を断ります。エリザベスはライバル社に移籍し、銃を規制する政治活動を行ったことから、拳銃業界、政治家、元の会社と対立することになります。アメリカで社会問題化する、ロビー活動と銃の規制をあつかった社会派ドラマです。
監督;ジョン・マッデン 出演:ジェシカ・チャステイン(エリザベス・スローン)、マーク・ストロング(ロドルフォ・シュミット)、ググ・ンバータ=ロー(エズメ・マヌチャリアン)、アリソン・ピル(ジェーン・モロイ)、マイケル・スタールバーグ(パット・コナーズ)、ほか

「エル ELLE」のネタバレあらすじ結末

エル ELLEの紹介:2016年フランス映画。『ロボコップ』『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、『ベティ・ブルー / 愛と激情の日々』の原作者、フィリップ・ジャンの小説を映画化。一人の女性が強姦被害を受けていながら、全く回りに共感されない異色な女性をイザベル・ユペールが演じています。
監督:ポール・ヴァーホーヴェン 出演者:イザベル・ユペール(ミシェル)、ローラン・ラフィット(パトリック)、アンヌ・コンシニ(アンナ)、シャルル・ベルリング(リシャール)、ビルジニー・エフィラ(レベッカ)、ジョナ・ブロケ(ヴァンサン)

「獣は月夜に夢を見る」のネタバレあらすじ結末

獣は月夜に夢を見るの紹介:2014年デンマーク,フランス映画。デンマークの閉ざされた小さな漁村を舞台に、ある衝撃的な秘密を抱えた孤独な少女とその過酷な運命を、周囲の人間模様も含めて描いた北欧発のミステリー・ホラー作品です。
監督:ヨナス・アレクサンダー・アーンビー 出演:ソニア・ズー(マリー)、ヤーコブ・オフテブロ(ダニエル)、ラース・ミケルセン(マリーの父)、ソニア・リクター(マリーの母)、スティグ・ホフメイヤー(ラーセン医師)ほか

「ハイドリヒを撃て!」のネタバレあらすじ結末

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の紹介:2016年チェコ,イギリス,フランス映画。古くはフリッツ・ラング監督の『死刑執行人もまた死す』(1943年)によってあつかわれた1942年のハイドリヒ暗殺事件。冷酷さから「金髪の野獣」とあだ名されたナチスNo.3の男の暗殺の顛末をレジスタンスの悲劇的最期に至るまで描いた実録サスペンス映画。
監督:ショーン・エリス 出演者:キリアン・マーフィ(ヨゼフ・ガブチーク)、ジェイミー・ドーナン(ヤン・クビシュ)、シャルロット・ル・ボン(マリー・コヴァルニコヴァー)、アンナ・ガイスレロヴァー(レンカ・ファフコヴァー)、ハリー・ロイド(アドルフ・オパルカ)、トビー・ジョーンズ(ヤン・ゼレンカ=ハイスキー)、ほか

1 2 3 4 5 20
TOP↑