藤原竜也映画一覧

藤原竜也が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「22年目の告白-私が殺人犯です-」のネタバレあらすじ結末

22年目の告白-私が殺人犯です-の紹介:2017年日本映画。韓国で大ヒットを飛ばした「殺人の告白」を藤原竜也と伊藤英明のW主演でリメイク。キャッチコピーは「すべての国民が、この男に狂わされる。」2017年のある日、日本全国民が震撼する。その日会見に現れたのは一人の男。彼は一冊の本を手に衝撃的な言葉を口にした。22年前に起きた5人の連続殺人、その犯人だと。男の名前は曾根崎雅人、いつまでたっても警察が捕まえに来ず時効を迎えたため自ら公の場に姿を現した。そしてその日から全国民が彼に惑わされることになる。そんな彼を険しい顔で見つめるのは警察官でありかつて彼を捕まえ損ねた牧村刑事(伊藤英明)。
監督:入江悠 出演:藤原竜也(曾根崎雅人)、伊藤英明(牧村航)、夏帆(岸美晴)、野村周平(小野寺拓巳)、石橋杏奈(牧村里香)、竜星涼(春日部信司)、早乙女太一(戸田丈)、ほか

「僕だけがいない街」のネタバレあらすじ結末

僕だけがいない街の紹介:2016年日本映画。漫画家を目指しながらピザ屋でバイトをしている悟はタイムリープ能力(リバイバル)を持っており、周囲に怒る事件を解決しなければずっと同じ時間を何度も何度も繰り返してしまいます。ある日、母親との買い物中にリバイバルが発生。そのせいで母親が殺害され息子の悟が犯人となってしまう。母親が死ぬ前に戻りたいと強く念じると、小学生だった頃へと時間が戻ることになってしまう。
監督:平川雄一朗 出演:藤原竜也(藤沼悟)、有村架純(片桐愛梨)、鈴木梨央(雛月加代)、及川光博(八代学)、杉本哲太(澤田真)、石田ゆり子(藤沼佐知子)、ほか

「聖の青春」のネタバレあらすじ結末

聖の青春(さとしのせいしゅん)の紹介:2016年日本映画。原作は大崎善生さんの「聖(さとし)の青春」。18年まで実在した天才棋士・・村上聖(1969~1998年:享年29歳)のフィクションを交えた、最後の4年間を映画化。幼少期からの難病と闘いながら棋士の道へと進んだ村山の壮絶な人生を描く。羽生善治など同世代の棋士との闘いや、周りの人たちの愛を通して描かれる。
監督:森義隆 出演:松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢)、安田顕(橘正一郎)、竹下景子(村山トミコ)、リリー・フランキー(森信雄)、ほか

「デスノート Light up the NEW world(詳解版)」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW worldの紹介:2016年日本映画。デスノートシリーズの前作から10年経った、正統続編としての新作デスノートは、原作にある、「人間世界に持ち込める死神ノートは6冊のみ」を使って、デスノート保有者同士のバトルロワイアルが行なわれる?そんな予感のする映画です。東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演、夜神月とLの死から10年後の情報社会が舞台となる。
監督:佐藤伸介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、ほか

「デスノート Light up the NEW world」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW world(デスノート ライトアップザニューワールド)の紹介:2016年日本映画。大ヒットを記録したジャンプ漫画原作の「デスノート」実写映画最新作。キラを名乗る大量殺人から10年、平和を取り戻したと思われたこの地上に再び惨劇が繰り返されることになる。繁華街で起きたデスノートによる大量殺人、その容疑者は犯行の途中で死んでしまった。そしてそのデスノートに付く一人の死神から伝えられたのは今地上にデスノートが6冊存在する、ということだった。
監督:佐藤信介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、川栄李奈(青井さくら)、松山ケンイチ(L・竜崎)、中村獅童(リューク)、藤原竜也(夜神月)、戸田恵梨香(弥海砂(ミサミサ))、船越英一郎(御厨賢一)、松坂桃李(ベポ)、ほか

「君が踊る、夏」のネタバレあらすじ結末

君が踊る、夏の紹介:2010年日本映画。よさこい踊りを踊りたいという難病の少女のために、情熱を賭けてよさこいを踊る若者たちの姿を描いた感動作。劇中で描かれる、若者たちの迫力あふれるよさこい踊りも見どころの一つとなっています。
監督:香月秀之 出演:溝端淳平(寺本新平)、木南晴夏(野上香織)、五十嵐隼士(大滝司)、大森絢音(野上さくら)、DAIGO(石黒智也)、藤原竜也(高木四郎)、ほか

「バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム)」のネタバレあらすじ結末

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム)の紹介:2003年日本映画。中学3年生の生徒たちが、最後の1人になるまで同級生達と殺し合いを繰り広げるという恐怖のサバイバル・ゲームを描いたバトルロワイヤルの続編。バトルロワイヤルで生き残った主人公が、主人公を殺すよう戦場へと送られてきた学生達と手を組み、政府軍と戦闘を繰り広げる様子を描いたアクション作品です。
監督:深作欣二、深作健太 出演:藤原竜也(秋也)、前田愛(シオリ)、忍成修吾(拓馬)、前田亜季(典子)、酒井彩名、ビートたけし、加藤夏希、竹内力、三田佳子、津川雅彦ほか

「バトル・ロワイアル」のネタバレあらすじ結末

バトル・ロワイアルの紹介:2000年日本映画。中学3年生の生徒たちが、最後の1人になるまで同級生達と殺し合いを繰り広げるという恐怖のサバイバルバイオレンスを描いた作品。高見広春の同名小説『バトル・ロワイアル』が原作となっており、その衝撃的な内容で世間を騒がせました。
監督:深作欣二 出演:藤原竜也(七原秋也)、前田亜季(中川典子)、山本太郎(川田章吾)、栗山千明(千草貴子)、塚本高史(三村信史)、高岡蒼佑(杉村弘樹)、柴咲コウ(相馬光子)、安藤政信(桐山和雄)、ビートたけし(教師キタノ)、ほか

「カイジ2 人生奪回ゲーム」のネタバレあらすじ結末

カイジ2 人生奪回ゲームの紹介:2011年日本映画。講談社にて連載されている『カイジ』シリーズの実写映画。前作『カイジ人生逆転ゲーム』の続編に当たる。原作者である福本伸行が脚本に参加し、オリジナルゲームである「姫と奴隷」が追加され、ファンの間では話題の中心となった。
監督:佐藤東弥 出演:藤原竜也(伊藤カイジ)、伊勢谷友介(一条聖也)、吉高由里子(石田裕美)、生瀬勝久(坂崎孝太郎)、香川照之(利根川幸雄)、ほか

「神様のカルテ2」のネタバレあらすじ結末

神様のカルテ2の紹介:2014年日本映画。本庄病院で毎日忙しく勤務している一止。 ある日、大学の同窓で有能だといわれていた友達辰也が東京の大学病院から 本庄病院に来る。そして二人がトラブルに。櫻井翔と宮崎あおいが夫婦役で、ヒットした感動ドラマ『神様のカルテ』の続編。
監督:深川栄洋 出演者: 櫻井翔(栗原一止)、宮崎あおい(栗原榛名)、 藤原竜也(進藤辰也)、吹石一恵(辰也の妻)ほか

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

インシテミル 7日間のデス・ゲームの紹介:2010年日本映画。インシテミルは、米澤穂信による日本の推理小説を映画化したものです。多少の変更はあるものの原作に沿ってストーリーは作られています。クローズド・サークルを舞台とした殺人ゲームを主題とした作品であり、心理戦を繰り広げる出演者達は、ホリプロ出身の個性あふれる有名俳優をキャスティングしたことで話題となりました。最後までハラハラさせる内容です。
監督:中田秀夫 出演:藤原竜也(結城理久彦)、綾瀬はるか(諏訪名祥子)、石原さとみ(関水美夜)、阿部力(大迫雄大)、平山あや(橘若菜)、武田真治(岩井荘助)片平なぎさ(渕佐和子)、北大路欣也(安東吉也)ほか

「カイジ 人生逆転ゲーム」のネタバレあらすじ結末

映画 カイジ 人生逆転ゲームの紹介:2009年日本映画。ひょんなことから、命賭けのゲームに参加することになったフリーターの青年カイジが、ゲームに挑む中で、成長していく姿を描いたサバイバル・ドラマ。最後まで勝敗が分からない勝負の行方に、目が離せません。
監督:佐藤東弥 出演者:藤原竜也(カイジ)、天海祐希(遠藤)、山本太郎(船井)、光石研(石田)、松山ケンイチ(佐原)ほか

「借りぐらしのアリエッティ」のネタバレあらすじ結末

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年日本映画。借りぐらしのアリエッティは、児童書「床下の小人たち」を原作として作られた、スタジオジブリの長編アニメーション映画です。「借り」をして暮らす小人達の掟は、決して人間に見つかってはいけないこと。アリエッティは、初めての借りで、少年に見つかってしまいます。家族を守りたいアリエッティと、彼女を守りたい少年の思いは、事件を起こしながらも、次第に惹かれて行きます。2人の関係はどうなっていくのか。自分の家にも小人がいたのなら、と思わず考えてしまう作品です。
監督:米林宏昌 声優:アリエッティ(志田未来)、翔(神木隆之介)、ホミリー(大竹しのぶ)、スピラー(藤原竜也)、ハル(樹木希林)ほか

「MONSTERZ モンスターズ」のネタバレあらすじ結末

MONSTERZ モンスターズの紹介:2014年日本映画。視界に入った人を自分の思うように操ることが出来る超能力者と、なにがあっても操られない男が出会ってバトルを繰り返す作品です。
監督:中田秀夫 出演:藤原竜也(超能力者)、山田孝之(田中終一)、石原さとみ(雲井叶絵)、落合モトキ(ジュン)、太賀(晃)ほか

「藁の楯」のネタバレあらすじ結末

藁の楯(わらのたて)の紹介:2013年日本映画。小説家の木内一裕のデビュー小説である警察小説、藁の楯を三池崇史監督が映画化した作品で、10億円の懸賞金がかかる幼女殺人鬼を東京まで護送するSPと刑事たちの奮闘が描かれます。
監督:三池崇史 出演者:大沢たかお(銘苅一基)、松嶋菜々子(白岩篤子)、岸谷五朗(奥村武)、伊武雅刀(関谷賢示)、永山絢斗(神箸正貴)、藤原竜也(清丸国秀)、山崎努(蜷川隆興)、ほか

1 2
TOP↑