ドイツ映画一覧

ドイツ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめドイツ映画から、最新映画まで様々なジャンルのドイツ映画を紹介しています。

「怒りの荒野」のネタバレあらすじ結末

怒りの荒野の紹介:1967年イタリア,ドイツ映画。メキシコに近い小さな町を舞台としたマカロニ・ウエスタン作品で、ガンマンに憧れを抱くゴミ掃除人が凄腕のガンマンと出会ったことから辿る数奇な運命を、“ガンマンの心得十ヶ条”と共に描いています。
監督:トニーノ・ヴァレリ 出演者:リー・ヴァン・クリーフ(フランク・タルビー)、ジュリアーノ・ジェンマ(スコット・マリー)、ウォルター・リラ(マーフ・アラン・ショート)、ルーカス・アマン(クッチャー判事)、アンドレア・ポジック(マーレイ)ほか

「ワイルド わたしの中の獣」のネタバレあらすじ結末

ワイルド わたしの中の獣の紹介:2016年ドイツ映画。オオカミに一目惚れした女性の愛を描く衝撃の官能ドラマ。内向的な性格の女性アニアは、ある日森で一匹のオオカミを見つける。その瞬間オオカミに心を奪われてしまった彼女は、自宅にオオカミを閉じ込め「同棲」を始めてしまった。アニアは次第に野性に引き込まれ、人間らしい習慣を捨て去っていく。出演しているオオカミは全て本物であり、その迫力で数々の映画祭において話題をさらった。
監督:ニコレッテ・クレビッツ 出演者:リリト・シュタンゲンベルク(アニア)、ゲオルク・フリードリヒ(上司ボリス)、ザスキア・ローゼンダール(妹ジェニー)、ジルク・ボーデンベンダー(キム)ほか

「リメインダー 失われし記憶の破片」のネタバレあらすじ結末

リメインダー 失われし記憶の破片の紹介:2015年イギリス,ドイツ映画。「パイレーツ・ロック」(2009)のトム・スターリッジ主演によるスパイラル・ミステリー。突然の事故で記憶を失くしてしまった青年。莫大な示談金を手にしたことから思いついたのは、記憶の断片を完璧に再現し、過去を掘り起こす作業だった。トム・マッカーシーによる原作小説「もう一度」を、映像作家のオマー・ファストがシュールな世界観で描く。
監督:オマー・ファスト 出演者:トム・スターリッジ(青年)、クーシュ・ジャンボ(キャサリン)、エドワード・スペリーアス(グレッグ)、ニコラス・ファレル(ドーバニー)、ジュメイン・ハンター(クリストファー)、アーシャー・アリ(ナズ)ほか

「生きうつしのプリマ」のネタバレあらすじ結末

生きうつしのプリマの紹介:2016年ドイツ映画。1年前に亡くした母親と、まるで瓜二つの女性を偶然ネットで発見したソフィ。女性はメトロポリタン・オペラで歌う有名プリマドンナだった。父親に頼まれ、女性に会うためソフィはニューヨークへ旅立つ。次第に明らかになる母親の秘密から、ソフィは人生に新たな意味を見出していく。「バンディッツ」(1997)や「帰ってきたヒトラー」(2015)などのヒット映画で知られるカッチャ・リーマン主演。劇中では自慢の歌声も聴かせている。
監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ 出演者:カッチャ・リーマン(ソフィ)、バルバラ・スコヴァ(カタリーナ/エヴェリン)、マティアス・ハビッヒ(パウル)、ロバート・ジーリゲル(フィリップ)、グンナー・モーラー(ラルフ)、カリン・ドール(ローザ)ほか

「婚約者の友人」のネタバレあらすじ結末

婚約者の友人の紹介:2016年フランス,ドイツ映画。戦死した婚約者の墓標の前で涙を流す青年、彼は婚約者の友人だと言う。しかし彼にはアンナと婚約者の両親には明かせない秘密があった。第1次世界大戦後のドイツが舞台となり、戦死した青年の友人と名乗る男と、遺族や残された婚約者の交流を描くドラマ。
監督:フランソワ・オゾン 出演:ピエール・ニネ(アドリアン)、パウラ・ベーア(アンナ)、エルンスト・シュトッツナー(ハンス)、マリー・グルーバー(マグダ)、ヨハン・フォン・ビューロー(クロイツ)、アントン・フォン・ルケ(フランツ)、ほか

「ヒトラーの忘れもの」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーの忘れものの紹介:2015年デンマーク,ドイツ映画。第二次世界大戦後のデンマーク。元ナチス・ドイツ軍の少年兵たちが、ドイツ軍の埋めた地雷の撤去作業に駆り出される。幼い子供たちに戦争の後片付けをさせることに葛藤する指揮官と、命がけで地雷の撤去をする少年兵たちの物語。
監督:マーチン・サントフリート 出演:ローランド・ムーラー(ラスムスン軍曹)、ミケル・ボー・フォルスゴー(エベ大尉)、ルイス・ホフマン(セバスチャン・シューマン)、ジョエル・バズマン(ヘルムート・モアバッハ)、レオン・サイデル(ヴィルヘルム・ハーン)、エミール・ベルトン(エルンスト・レスナー)、オスカー・ベルトン(ヴェルナー・レスナー)、ほか

「消えた声が、その名を呼ぶ」のネタバレあらすじ結末

消えた声が、その名を呼ぶの紹介:2014年ドイツ,フランス,イタリア,ロシア,ポーランド,トルコ映画。原題は「The Cut」で、第71回ヴェネツィア国際映画祭でヤング審査員賞を受賞した。オスマン帝国による、1915年のアルメニア人大虐殺。奇跡的に生き残った若き父親が、離ればなれになった双子の娘達を探し求める。8年という歳月をかけ、故郷マルディンからレバノン、キューバ、アメリカへと旅する父親と、行く先々で出会うさまざまな人間達とのふれあいをドラマティックに描く歴史大作。父親役を熱演するのは、黒沢清監督の「ダゲレオタイプの女」(2016)で主演を務めたタハール・ラヒム。
監督:ファティ・アキン 出演者:タハール・ラヒム(ナザレット・マヌギアン)、ヒンディー・ザーラ(ラケル)、ララ・ヘラー(ルシネ)、マクラム・J・フーリ(オマル・ナスレディン)、シモン・アブカリアン(クリコル)、トリーヌ・ディルホム(孤児院の院長)、アルシネ・カンジアン(ナカシアン夫人)ほか

「上海の伯爵夫人」のネタバレあらすじ結末

上海の伯爵夫人の紹介:2005年イギリス,アメリカ,ドイツ,中国映画。ノーベル文学賞受賞者である日系英国人作家カズオ・イシグロのオリジナル脚本による歴史ロマンス映画です。1930年代、日中戦争前夜の上海を舞台に、没落したロシア貴族の未亡人が盲目のアメリカ人元外交官と出会い、彼が開いたバーで働き始めるうちに恋に落ちていく姿を描いています。
監督:ジェームズ・アイヴォリー 出演:レイフ・ファインズ(トッド・ジャクソン)、ナターシャ・リチャードソン(ソフィア・ベリンスカヤ)、真田広之(松田)、マデリーン・ポッター(グルシェンカ)、ジョン・ウッド(ピョートル・ベリンスキー公爵)ほか

「デスティニー 未来を知ってしまった男」のネタバレあらすじ結末

デスティニー 未来を知ってしまった男の紹介:2006年ドイツ,アメリカ映画。たまたま立ち寄った占いの店で、「近いうちに命を失う」と宣告されてしまったセールスマン。いつ、どこで、どんな形で“それ”は来るのか。彼の命を脅かすような事件がいくつか起こる中、精神をすりへらせたセールスマンは、再び占い師を訪ねて助けを求めるが…。「メメント」(2000)や「エイリアン コヴェナント」(2017)のガイ・ピアース主演。共演は「セッション」(2014)でアカデミー賞助演男優賞ほか多くの映画賞を受賞したJ・K・シモンズ。
監督:マーク・ガーファス 出演者:ガイ・ピアース(ジミー)、J・K・シモンズ(占い師)、パイパー・ペラーボ(ディアドラ)、ウィリアム・フィクナー(エド)、アダム・スコット(ヴィンセント)、ルース・レインズ(ロイ)、リック・ゴンザレス(ロペス)ほか

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」のネタバレあらすじ結末

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの紹介:2013年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。何世紀もの時を経て現代に生き、人を襲わずスタイリッシュに暮らしていたヴァンパイアのカップルがたどる愛と葛藤の異色ラブストーリー。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ティルダ・スウィントン(イヴ)、トム・ヒドルストン(アダム)、ミア・ワシコウスカ(エヴァ)、アントン・イェルチン(イアン)、ジョン・ハート(マーロウ)、ほか

「もうひとりのシェイクスピア」のネタバレあらすじ結末

もうひとりのシェイクスピアの紹介:2011年イギリス,ドイツ映画。数多くの名作を世に送り出した天才劇作家ウィリアム・シェイクスピアの作品が別人によって書かれていたという「シェイクスピア別人説」をベースに、英国王室の権力争いも絡めて描いた歴史ミステリーです。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演者:リス・エヴァンス(オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア)、ヴァネッサ・レッドグレイヴ(エリザベス1世)、デヴィッド・シューリス(ウィリアム・セシル)、セバスチャン・アルメスト(ベンジャミン・ジョンソン)、レイフ・スポール(ウィリアム・シェイクスピア)ほか

「K-19」のネタバレあらすじ結末

K-19の紹介:2002年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。冷戦時代の1961年にソ連の原子力潜水艦「K-19」が北海のグリーンランド付近で実際に起こした事故を映画化したドラマです。
監督:キャスリン・ビグロー 出演者:ハリソン・フォード(アレクセイ・ボストリコフ)、リーアム・ニーソン(ミハイル・ポレーニン)、ピーター・サースガード(ヴァディム・ラドチェンコ)、クリスチャン・カマルゴ(パベル・ロクテフ)、ジョージ・アントン(コンスタンティン・ポリアンスキー)ほか

「素粒子」のネタバレあらすじ結末

素粒子の紹介:2006年ドイツ映画。奔放な母の元生まれた異父兄弟、ブルーノとミヒャエル。真逆の願望を抱く彼らが苦悩と悲劇の末に行き着いた愛の形とは。ミシェル・ウエルベックの同名ベストセラーを映画化、ヨーロッパでセンセーションを起こした問題作。
監督:オスカー・レーラー 出演:モーリッツ・ブライブトロイ(ブルーノ)、クリスティアン・ウルメン(ミヒャエル)、マルティナ・ゲデック(クリスティアーネ)、フランカ・ポテンテ(アナベル)、ニーナ・ホス(ジェーン)、ほか

「インフォーマーズ セックスと偽りの日々」のネタバレあらすじ結末

インフォーマーズ セックスと偽りの日々の紹介:2008年アメリカ,ドイツ映画。1994年に出版されたブレット・イーストン・エリスの短編小説集「インフォーマーズ」を映画化した作品で、1980年代を舞台に薬物依存・セックス・家族崩壊・犯罪など退廃的な日々を送るセレブたちの姿を描いています。
監督:グレゴール・ジョーダン 出演者:ビリー・ボブ・ソーントン(ウィリアム・スローン)、キム・ベイシンガー(ローラ・スローン)、ミッキー・ローク(ピーター)、ウィノナ・ライダー(シェリル・ムーア)、ブラッド・レンフロ(ジャック)ほか

「50年後のボクたちは」のネタバレあらすじ結末

50年後のボクたちはの紹介:2016年ドイツ映画。14歳のマイクはクラスメイトからサイコと呼ばれ変人扱いをされている。母親は愛情いっぱいにマイクと接してくれるが、アルコール依存症。父親は豊かな暮らしを与えてくれるが不倫中。密かに想いを寄せるタチアナからは相手にもされず毎日を退屈に過ごしていた。そんなある日、マイクの学校にチックと呼ばれる風変わりな転校生がやってきた。夏休み初日、チックはどこからか無断で借用してきたオンボロ車でマイクの家へやってきてドライブに誘う。目指すはドイツ語で未開の地を意味するワラキア。窮屈な生活を脱出し、これまでに見たことのない景色を目にしていく2人。旅の途中、警察に追われたりガス欠になったりとハプニングは続くが、様々な人たちとの出会いによって次第に2人は自分の居場所を見つけていく。原作はベストセラー小説『14歳、ぼくらの疾走』。世界三大映画祭を制覇したドイツの名匠ファティ・アキンが原作に惚れ込み完成させた作品。
監督:ファティ・アキン 出演:トリスタン・ゲーベル(マイク・クリンゲンベルク)、アナンド・チョローンバータル(チック)、メルセデス・ミュラー(イザ)、アニャ・シュナイダー(マイクの母)、ウーヴェ・ボーム(マイクの父 / ヨーゼフ・クリンゲンベルク)、アニヤ・ウィンデル(タチアナ)ほか

1 2 3 4 5 9
TOP↑