ドイツ映画一覧

ドイツ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめドイツ映画から、最新映画まで様々なジャンルのドイツ映画を紹介しています。

「ベルリン36」のネタバレあらすじ結末

ベルリン36の紹介:2009年ドイツ映画。ナチスがユダヤ人政策を始めた頃、ベルリンでオリンピックが行われました。その中で唯一のユダヤ人選手であるグレーテルと男性なのに女性選手として出場することを余儀なくされたマリーを巡る物語です。
監督:カスパル・ハイデルバッハ 出演:カロリーネ・ヘルフルト(グレーテル・バーグマン )、セバスチャン・ウレドフスキ(マリー・ケッテラー)、アクセル・プラール(ハンス・ワルドマン)、ほか

「誰でもない女」のネタバレあらすじ結末

誰でもない女の紹介:2012年ドイツ,ノルウェー映画。ナチスの生命の泉計画は秘密警察が隠そうと工作されていました。その隠ぺいに関わったせいで悲しい結末を迎えた二人の女性の物語です。
監督:ゲオルク・マース 出演:ユリアーネ・ケーラー(カトリーネ)、リヴ・ウルマン(オーヴ)、ケン・デュケン(スヴェン)、スヴェーン・ノルディン(ビャルテ)、ライナー・ボック(フーゴ)、ほか

「ゴーストライター」のネタバレあらすじ結末

ゴーストライターの紹介:2010年フランス,ドイツ,イギリス映画。名優、ユアン・マクレガーが挑む本格サスペンス作品。ゴーストライターである主人公に舞い込んできた一件の依頼。その依頼には、国家レベルの重大な秘密が隠されていた!?
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ユアン・マクレガー(ゴースト)、ピアース・ブロスナン(アダム・ラング)、キム・キャトラル(アメリア・ブライ)、オリヴィア・ウィリアムズ(ルース・ラング)、トム・ウィルキンソン(ポール・エメット)、ティモシー・ハットン(シドニー・クロール)、ほか

「ヘヴン」のネタバレあらすじ結末

ヘヴンの紹介:2002年ドイツ,イギリス,アメリカ,フランス映画。イタリア・ミラノを舞台に、爆破事件を起こした未亡人教師と、彼女に惹かれて逃亡の手助けをしてしまった若き憲兵の逃亡劇を描いた作品です。
監督:トム・ティクヴァ 出演者:ケイト・ブランシェット(フィリッパ)、ジョヴァンニ・リビシ(フィリッポ)、レモ・ジローネ(フィリッポの父)、ステファニア・ロッカ(レジーナ)、アレッサンドロ・スペルドゥーティ(アリエル)ほか

「ヒトラーへの285枚の葉書」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーへの285枚の葉書の紹介:2016年ドイツ,フランス,イギリス映画。ヒトラー政府に反対する葉書を2年余りにわたって建物の階段に置き続けた職工夫婦の実話に基づくハンス・ファラダの小説『ベルリンに一人死す』の映画化。監督は『王妃マルゴ』等の俳優であるヴァンサン・ペレーズ。英語作品。
監督:ヴァンサン・ペレーズ 出演者:エマ・トンプソン(アンナ・クヴァンゲル)、ブレンダン・グリーソン(オットー・クヴァンゲル)、ダニエル・ブリュール(エッシャリヒ警部)、ミカエル・パーシュブラント(親衛隊大佐プラル)、カトリン・ポリット(エーファ・クルーゲ)

「ウエディング宣言」のネタバレあらすじ結末

ウエディング宣言の紹介:2005年アメリカ,ドイツ映画。素敵な彼を夢見るチャーリーに理想通りの彼ケヴィンが現れ二人は結婚することになりますが、チャーリーの存在を面白く思わないのがケヴィンの母親ヴィオラでした。一人息子のケヴィンを溺愛するテレビで活躍するセレブですが、ある日自分の番組司会を若手女性に交代させられ不安定になり、さらに二人の結婚を邪魔することに時間を費やし始めます。
監督:ロバート・ルケティック 出演:ジェニファー・ロペス(チャーリー)、ジェーン・フォンダ(ヴィオラ)、マイケル・ヴァルタン(ケヴィン)、ワンダ・サイクス(ルビー)、アダム・スコット(レミー)、ほか

「1001グラム ハカリしれない愛のこと」のネタバレあらすじ結末

1001グラム ハカリしれない愛のことの紹介:2014年ノルウェー,ドイツ,フランス映画。ノルウェー国立計量研究所に勤めるマリエはあらゆる計測に通じていますが、私生活では夫と離婚協議中です。測量研究の大先輩でもあるマリエの父が病で倒れたため、彼女が代理でキログラム原器(キログラムの質量をもつ標準分銅)を携えてパリでの国際セミナーに出席します。 あまり馴染みの薄い“キログラム原器”という重さの基準をテーマに、理系女子マリエが悩み葛藤しながらも、自由な心を取り戻す姿を繊細にかつ丁寧に描いています。
監督:ベント・ハーメル 出演者:アーネ・ダール・トルプ(マリエ)、ロラン・ストッケル(パイ)、スタイン・ヴィンゲ(アーンスト・アーンスト)、ヒルデグン・リーセ(ヴェンケ)、ピーター・ハドソン(ウィンクラー)ほか

「ヒトラーの贋札」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーの贋札の紹介:2007年ドイツ,オーストリア映画。実話であるドイツの史上最大の贋札事件であるベルンハルト大作戦の裏側を描いた作品です。この贋作事件には当時迫害されていたユダヤ人が利用されていたのでした。
監督:ステファン・ルツォヴィツキー 出演:カール・マルコヴィクス(サロモン・ソロヴィッチ/サリー)、アウグスト・ディール(アドルフ・ブルガー)、デーヴィト・シュトリーゾフ(フリードリヒ・ヘルツォーク)、マリー・ボイマー(アグライア)、ドロレス・チャップリン(カジノの令嬢)、ほか

「善き人のためのソナタ」のネタバレあらすじ結末

善き人のためのソナタの紹介:2006年ドイツ映画。アカデミー賞外国語映画賞を受賞。ベルリンの壁崩壊前の東ドイツの監視社会をテーマにした作品。共産主義体制の中枢を担っていた、旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)の実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を描く。
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ミューエ(ヴィースラー大尉)、マルティナ・ゲデック(クリスタ=マリア・ジーラント)、セバスチャン・コッホ(ゲオルク・ドライマン)、トーマス・ティーメ(ハムプフ大臣)、ウルリッヒ・トゥクル(グルビッツ部長)、フォルクマー・クライネルト(アルベルト・イェルスカ)

「ハイヒールを履いた女」のネタバレあらすじ結末

ハイヒールを履いた女の紹介:2012年イギリス,ドイツ,フランス映画。シャーロット・ランプリングとガブリエル・バーン共演によるサスペンス・ミステリー。夫と離婚したアンナは、一人娘に勧められてお見合いパーティに参加する。そこでジョージという男性と意気投合して彼のマンションで一夜を過ごすが、ジョージは翌朝死体となって発見される。ジョージを殺害したのはアンナなのか。彼女に心惹かれる刑事のバーニーは密かに尾行を開始するが…。監督・脚本を担当したバーナビー・サウスコームはシャーロット・ランプリングの実の息子。本作で監督デビューを飾った。
監督:バーナビー・サウスコーム 出演者:シャーロット・ランプリング(アンナ・ウェルズ)、ガブリエル・バーン(バーニー・リード)、エディ・マーサン(ケヴィン・フランクス)、ラルフ・ブラウン(ジョージ・ストーン)、マックス・ディーコン(スティーヴィー・ストーン)、ほか

「裸足の季節」のネタバレあらすじ結末

裸足の季節の紹介:2015年フランス,トルコ,ドイツ映画。世界中の映画祭で数々の賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた作品。古い慣習がはびこるトルコの村に住む5人の美しい姉妹。周囲の大人達は、思春期を迎えた彼女らに結婚を強要することが当然だと考えている。自由に生きる道を求めて、末っ子のラーレは村からの脱出を試みる。エルギュヴェン監督の実体験も影響したという本作は、女性ならではの繊細な視点とやわらかな色彩映像が際立っている。
監督:デ二ズ・ガムゼ・エルギュヴェン 出演者:ギュネシ・シェンソイ(ラーレ)、イライダ・アクドアン(ソナイ)、トゥーバ・スングルオウル(セルマ)、エリット・イシジャン(エジェ)、ドア・ドゥウシル(ヌル)、ニハル・コルダシュ(祖母)、アイベルク・ペキジャン(エロル)ほか

「ザ・ドア 交差する世界」のネタバレあらすじ結末

ザ・ドア 交差する世界の紹介:2009年ドイツ映画。自分の浮気により娘を失ったことから運命が狂い始めるSFサスペンスです。主人公はもう一度幸せな未来を手に入れることができるのか、最後まで目が離せないハラハラするドイツ映画です。
監督:アノ・サオル 出演:マッツ・ミケルセン(ダビッド・アンデルナッハ)、ジェシカ・シュヴァルツ(マヤ・アンデルナッハ)、ヴァレリア・アイゼンバルト(レオニー・アンデルナッハ)、トーマス・ティーメ(シギー)、ティム・ザイフィ(マックス)、ハイケ・マカチュ(ジア)、ほか

「デューン 砂の惑星」のネタバレあらすじ結末

デューン 砂の惑星の紹介:2000年アメリカ,カナダ,ドイツ映画。長寿と宇宙旅行に用いるスパイスを巡り、惑星デューンの覇権争いが起こっていた。デューンに住まうフレメンの民は救世主が現れるという予言を信じその存在を待っていた。時の皇帝シャダムは公爵レトの人気が自分の身を滅ぼすと危惧し、宿敵ハルコネン家に暗殺を依頼する。超能力を操る母の血ジェシカの力を受け継ぎ、レトとジェシカと共にデューンへ舞い降りた息子ポールは、否応なしにこの戦いに巻き込まれていく…。
監督:ジョン・ハリソン 出演:ウィリアム・ハート、アレック・ニューマン、サスキア・リーヴス、イアン・マクニース、ラズロ・I・キッシュ、ほか

「福福荘の福ちゃん」のネタバレあらすじ結末

福福荘の福ちゃんの紹介:2014年日本,イギリス,台湾,イタリア,ドイツ映画。森三中の大島美幸が男性の役に挑戦した作品です。誰にでも優しいが女性に奥手な独身男の福ちゃんは、かつて想いを寄せていたものの自分をいじめていた女性と再会します。大島美幸はこの作品で、第18回ファンタジア国際映画祭の最優秀女優賞を受賞しています。
監督:藤田容 出演者:大島美幸(福田辰男)、水川あさみ(杉浦千穂)、荒川良々(島木拓郎)、芹澤興人(馬渕典彦)、飯田あさと(野々下彰)ほか

「クリスマスのその夜に」のネタバレあらすじ結末

クリスマスのその夜にの紹介:2010年ノルウェー,ドイツ,スウェーデン映画。スウェーデンのとある町、様々事情の人々がそれぞれのクリスマス・イブを過ごす。一夜を切り出した人間味あふれる群像劇。
監督:ベント・ハーメル 出演:トロンド・ファウサ・アウルヴォーグ(パウル)、クリスティーネ・ルイ・シュレッテバッケン(トネ)、フリチョフ・ソーハイム(クヌート)、セシル・モスリ(エリサ)、サラ・ビントゥ・サコール(ビントゥ)、ほか

1 2 3 4 5 7
TOP↑