グウィネス・パルトロウ映画一覧

グウィネス・パルトロウが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「スパイダーマン:ホームカミング」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ホームカミングの紹介:2017年アメリカ映画。スパイダーマンシリーズでは初のマーベルコミックのクロスオーバー作品。トニーから子ども扱いされていることに嫌気がさし、アベンジャーズの仲間入りを目指して強くなろうとするピーターがたくましく描かれる。シビル・ウォー後、トニー・スタークより贈られたスパイダーマンのハイテクスーツも見所。アベンジャーズとチタウリの戦いで破壊されたニューヨーク。解体工事を委託されていたエイドリアンの会社は当局より仕事を取り上げられる。腹を立てたエイドリアンはチタウリが残した兵器の残骸から密かに兵器を開発。一方、ピーターはトニー・スタークよりアベンジャーズへの再招集がかかる日を待ち、街のパトロールを続けていた。ある日、ATM強盗に遭遇したピーターは果敢に立ち向かうが、これまでに見たこともない強力な武器を目にする。トニーに認めてもらいたいピーターはこの兵器をめぐり1人で追跡を開始する。
監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド(ピーター・パーカー / スパイダーマン)、マイケル・キートン(エイドリアン・トゥームス / バルチャー)、ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク / アイアンマン)、マリサ・トメイ(メイ・パーカー)ほか

「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」のネタバレあらすじ結末

オースティン・パワーズ ゴールドメンバーの紹介:2002年アメリカ映画。ドクター・イーブルが再び地球滅亡を図ろうとした事を知ったオースティンは彼を逮捕しお手柄をあげますが、その表彰式に現れなかった彼の父親が何者かに誘拐されている事を知ります。その誘拐にドクター・イーブルの仲間、ゴールドメンバーが関与していると分かると、1975年のニューヨークへタイムマシーンで父親を助けに行きますが失敗に終わり2002年に連れて行かれる父親を追うオースティン。 そんな中、うまく脱獄に成功したドクター・イーブルは日本の新基地へと向かいます。オースティンも彼を追い、彼の地球滅亡計画を阻止しようとします。
監督:ジェイ・ローチ 出演:マイク・マイヤーズ(オースティン・パワーズ、ドクター・イーブル、ファット・バスタード、ゴールドメンバー)、ビヨンセ・ノウルズ(フォクシー・クレオパトラ)、マイケル・ケイン(ナイジェル・パワーズ)、ヴァーン・J・トロイヤー(ミニ・ミー)、松久信幸(ミスター・ロボト)ほか

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

プルーフ・オブ・マイ・ライフの紹介:2005年アメリカ映画。舞台劇「プルーフ/証明」の映画化作品で、天才数学者の父親をもち同じく数学を学んで育ったキャサリン。精神を病みながらも数学の証明をしようとする父を看病していましたが彼はなくなってしまいます。そして教え子であったハルは、彼の机から数学の歴史に残るであろう証明を見つけます。
監督:ジョン・マッデン 出演者:グウィネス・パルトロー(キャサリン)、アンソニー・ホプキンス(ロバート)、ジェイク・ジレンホール(ハル)、ホープ・デイヴィス(クレア)ほか

「恋におちたシェイクスピア」のネタバレあらすじ結末

恋におちたシェイクスピアの紹介:1998年アメリカ映画。若かりし頃のシェイクスピアと、富豪の娘ヴァイオラとのロマンスが、名作「ロミオとジュリエット」の物語と巧みに交差させて描かれています。ストーリーはフィクションでありながら、セットや衣装などの時代背景は丁寧に再現され、実在の人物を多数盛り込むことで、現実味のある作品に仕上がっています。劇中劇の主役ロミオを演じるために、男装を披露するグウィネス・パルトロー他、圧倒的な存在感を醸し出すジュディ・デンチなど、名俳優の競演を見るのも楽しい、アカデミー賞作品賞を始め多数の賞を受賞した秀作です。
監督:ジョン・マッデン 出演:ジョゼフ・ファインズ(シェイクスピア)、グウィネス・パルトロー(ヴァイオラ)、ジュディ・デンチ(エリザベス女王)、コリン・ファース、ベン・アフレック、ほか

「ダイヤルM」のネタバレあらすじ結末

ダイヤルMの紹介:1998年アメリカ映画。富豪の実業家が妻の不倫相手に妻の殺害を依頼するが・・・。ヒッチコック監督の「ダイヤルMを廻せ!」をリメイクしたサスペンス。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者: マイケル・ダグラス(スティーヴン・テイラー)、グウィネス・パルトロウ(エミリー・ブラッドフォード・テイラー)、ヴィゴ・モーテンセン(デイヴィッド・ショー)、デヴィッド・スーシェ(モハメド・カラマン)、ほか

「コンテイジョン」のネタバレあらすじ結末

コンテイジョンの紹介:2011年アメリカ映画。専門家からの助言も得て作成されたウイルス感染に伴うパニック状態を描いた作品で、観客、批評家ともに高評価を得た作品となります。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マリオン・コティヤール(ドクター・レオノーラ・オランテス)、マット・デイモン(ミッチ・エムホフ)、ローレンス・フィッシュバーン(エリス・チーヴァー博士)、ジュード・ロウ(アラン・クラムウィディ)、グウィネス・パルトロー(ベス・エムホフ)、ケイト・ウィンスレット(ドクター・エリン・ミアーズ)、ほか

「スライディング・ドア」のネタバレあらすじ結末

スライディング・ドアの紹介:1997年アメリカ映画。もしも電車に乗れていたら…乗れていなかったら…。分岐した2つの道をだどるひとりの女性の運命を同時進行で見せるラブ・ストーリー。
監督:ピーター・ハウイット 出演:グウィネス・パルトロー、ジョン・ハナー、ジョン・リンチ、ジーン・トリプルホーン、ザーラ・ターナ、ダグラス・マクフェランほか

「セブン」のネタバレあらすじ結末

セブンの紹介:1995年アメリカ映画。カトリックの7つの罪をモチーフに連続猟奇殺人を取り扱ったサスペンス映画の傑作で、ダークかつ先鋭的な作品から全米では大ヒットを記録しました。引退まであと七日と迫った老刑事サマセット。彼は、自分と入れ替わりに配属された新米刑事ミルズは、怪事件を担当する事になる。その事件は、聖書に示された七つの大罪に沿った連続殺人事件の序章であり、二人の刑事はその事件を追い引き込まれて行く。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット(デヴィッド・ミルズ刑事)、モーガン・フリーマン(ウィリアム・サマセット部長刑事)、グウィネス・パルトロー(トレイシー・ミルズ)、ジョン・C・マッギンレー(カリフォルニア)ほか

「リプリー」のネタバレあらすじ結末

リプリーの紹介:1999年アメリカ映画。パトリシアハイスミスによる小説の映画化で、これまではアランドロンが演じた太陽がいっぱいという映画で一度映像化されており、今回は二度目の映像化となります。マットデイモンによる二つの変化を楽しむことができるのが特徴です。
監督:アンソニー・ミンゲラ 出演:マット・デイモン(トム・リプリー)、グウィネス・パルトロー(マージ・シャーウッド)、ジュード・ロウ(ディッキー・グリーンリーフ)、ケイト・ブランシェット(メレディス・ローグ)ほか

「アイアンマン1」のネタバレあらすじ結末

アイアンマンの紹介:2008年アメリカ映画。マーベルコミックスの人気ヒーロー「アイアンマン」の実写化で、現在も続くマーベル・シネマティック・ユニバース初期の名作。主人公のトニー・スタークは、本作以降もさまざまな作品に登場し、シリーズ全体に原作同様の強い影響力を発揮している。
トニー・スターク/アイアンマン/ロバート・ダウニー・Jr、ジェームズ・ローズ/テレンス・ハワード、オバディア・ステイン/ジェフ・ブリッジス、ペッパー・ポッツ/グウィネス・パルトローほか

「アイアンマン(2008)」のネタバレあらすじ結末

アイアンマン の紹介:2008年アメリカ映画。マーベル・コミックが刊行している同名のアメリカン・コミックの実写化作品で、別々の作品のマーベルヒーロー達をクロスオーバー(共演)させる一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』の記念すべきシリーズ1作目。
監督・脇役は同じくマーベル・コミック原作映画『デアデビル』に俳優として出演した(縁から)ジョン・ファヴロー、主演はロバート・ダウニー・ジュニア、ヒロインはグウィネス・パルトロー。

「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」のネタバレあらすじ結末

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密の紹介:2015年アメリカ映画。美術商チャーリー・モルデカイがイギリスの諜報機関MI5の依頼で捜索していた絵画に財宝の謎が隠されていたためマフィアや国際テロリストも絡む争奪戦に巻き込まれる。キリル・ボンフィリオリの小説であるチャーリー・モルデカイを映画化した作品で、ジョニーデップがコミカルに演じていますが、彼の出演作の中でも最低の評価となっています。
監督:デヴィッド・コープ 出演:ジョニー・デップ、グウィネス・パルトロウ、ユアン・マクレガー、ポール・ベタニー、オリヴィア・マンほか

「愛しのローズマリー」のネタバレあらすじ結末

愛しのローズマリーの紹介:2001年アメリカ映画。幼いころ父を病気で亡くしたハルは、父が亡くなる前に残した3つの遺言をずっと守り続けていた。それは「いい女と付き合え」という遺言だった。冴えない男に成長していたハルだが、良い女とばかり付き合いたがったが、ことごとく降られる始末。そんな折、有名な催眠術師と出会いハルの運命は大きく変わる。
監督:ピーター・ファレリー 出演:ジャック・ブラック、シャナハン グウィネス・パルトロー、ジェイソン・アレクサンダー、スーザン・ウォード、レネ・カービーほか

「アイアンマン3」のネタバレあらすじ結末

アイアンマン3の紹介:2013年アメリカ作品。アイアンマンの完結作となる本作では中国との協力が行われた。アイアンマンシリーズ2作と全世界で大ヒットした「アベンジャーズ」に続く物語が描かれる。また、アイアンマン3は体感型の4DXでの上映も行われた。
監督 :シェーン ブラック 出演者: ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク(アイアンマン))、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ドン・チードル(ジェームズ・ローディ(ウォーマシーン))、ガイ・ピアース(アルドリッチ・キリアン)、レベッカ・ホール(マヤ・ハンセン)ほか

「アイアンマン2」のネタバレあらすじ結末

アイアンマン2の紹介:2010年アメリカ作品。自らアイアンマンであると公表したトニースタークは、世界の不安要素であるテロリストと戦い続け、人々を守るヒーローとして活躍していた。しかし、あるとき、彼を逆恨みする人物が強力な兵器でもって彼を襲撃する。
監督:ジョン・ファヴロー 出演:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、ドン・チードル、スカーレット・ヨハンソン、ミッキー・ローク、サミュエル・L・ジャクソンほか

1 2
TOP↑