ヘイデン・クリステンセン映画一覧

ヘイデン・クリステンセンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「クライム・スピード」のネタバレあらすじ結末

クライム・スピードの紹介:2014年アメリカ映画。再び犯罪に手を染める前科者の兄弟を描いたクライムアクションです。刑期を終え、更正を誓った弟でしたが、ならず者の兄と再会してから彼の人生の歯車が狂っていきます。
監督:サリク・アンドレアシアン 出演者:ヘイデン・クリステンセン(ジェームズ・ケリー)、エイドリアン・ブロディ(フランキー・ケリー)、ジョーダナ・ブリュースター(エミリー)、エイコン(シュガー)、トリー・キトルズ(レイ)ほか

「テイカーズ」のネタバレあらすじ結末

テイカーズの紹介:2010年アメリカ映画。高級スーツに身を包んだスタイリッシュな5人組銀行強盗集団と、彼等を追う刑事たちのロシアマフィア絡みの大金強奪計画を巡っての対決を、両者の視点から描いたクライムサスペンス映画です。
監督:ジョン・ラッセンホップ 出演者:マット・ディロン(ジャック・ウェルズ)、ポール・ウォーカー(ジョン・ラーウェイ)、イドリス・エルバ(ゴードン・コジエ)、ジェイ・ヘルナンデス(エディ・”ハッチ”・ハッチャー)、マイケル・イーリー(ジェイク・アッティカ)、ヘイデン・クリステンセン(A.J.)ほか

「海辺の家」のネタバレあらすじ結末

海辺の家の紹介:2001年アメリカ映画。反抗期の息子と、離婚して離れた末期癌の実父とのぶつかりながらもやがてお互いが素直になり、絆を育んでいく物語。血というものはやはり切っても切り離せない存在なのだと気付かされる。
監督:アーウィン・ウィンクラー 出演:ケヴィン・クライン(ジョージ・モンロー)、ヘイデン・クリステンセン(サム・モンロー)、クリスティン・スコット・トーマス(ロビン)、ジェナ・マローン(アリッサ)、ジェイミー・シェリダン(ピーター)、ほか

「ニュースの天才」のネタバレあらすじ結末

ニュースの天才の紹介:2003年アメリカ映画。1998年に実際に起こった記事捏造事件を映画化した社会派ドラマです。アメリカの権威ある政治雑誌の若手記者がスクープ記事を掲載して好評を得ますが、同僚らが記事のソースを調べていくうちに捏造の事実が浮かび上がります。脚本に惚れ込んだトム・クルーズが製作総指揮に携わっています。
監督:ビリー・レイ 出演者:ヘイデン・クリステンセン(スティーブン・グラス)、ピーター・サースガード(チャールズ・“チャック”・レーン)、クロエ・セヴィニー(ケイトリン・アヴィー)、スティーヴ・ザーン(アダム・ペネンバーグ)、メラニー・リンスキー(エイミー・ブランド)ほか

「ジャンパー」のネタバレあらすじ結末

ジャンパーの紹介:2008年アメリカ映画。ある日事故を切っ掛けに空間跳躍能力を持つ事に目覚めた少年デヴィットは、そのまま事故を装って失踪する。銀行から盗みを働くなど、その力を悪用してリッチな生活を続けていたが、ある日、彼を暗殺しようとする謎の一団狙われる。その一団は彼をジャンパーと呼び、世界の何処であろうとも執拗に追い続けてくるきた。逃避行が世界をまたに駆ける為、撮影場所が世界中に渡り、日本でも撮影が行われた。
監督:ダグ・リーマン 出演:デヴィット・ライス(ヘイデン・クリステンセン)、ミリー・ハリーズ(レイチェル・ビルソン)、ローランド・コックス(サミュエル・L・ジャクソン)、グリフィン・オコナー(ジェイミー・ベル)、メアリー・ライス(ダイアン・レイン)ほか

「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の紹介:2005年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第6作(第3話)です。前作「エピソード2/クローンの攻撃」から始まった銀河を二分する“クローン大戦”の最中、ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーはフォースの暗黒面に堕ち、シスの暗黒卿ダース・ベイダーとしての道を歩んでいきます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ(声))、ジミー・スミッツ(ベイル・オーガナ)、クリストファー・リー(ドゥークー伯爵/ダース・ティラナス)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の紹介:2002年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの第5作(第2話)です。前作「エピソード1/ファントム・メナス」から約10年後、ジェダイとして成長したアナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)は初恋の人パドメ・アミダラと禁断の恋に落ちていき、やがて銀河を二分する“クローン大戦”に巻き込まれていきます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ)、テムエラ・モリソン(ジャンゴ・フェット)、クリストファー・リー(ドゥークー伯爵/ダース・ティラナス)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「アウェイク」のネタバレあらすじ結末

アウェイクの紹介:2007年アメリカ映画。スターウォーズでアナキン・スカイウォーカーの青年時を演じ注目を集めたヘイデン・クリステンセンを主演に、手術中の昏睡覚醒により隠された真実が明らかになるサスペンスストーリー。実際の医療現場でも稀に起こることのある術中覚醒(アネセシア・アウェアネス)による激しい痛みとの戦いの中で、主人公クレイトンが知った本当の痛みとは。
監督:ジョビー・ハロルド 出演: ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ、テレンス・ハワード、レナ・オリンほか

TOP↑